ディーの日記 1583年4月6日 後編

ページ名:ディーの日記 1583年4月6日 後編

同日 午後


 テーブル、椅子、書、火が現れ、余が祈るために我が小礼拝堂へと行っている間、火は水晶玉から我が研究室のテーブルにて祈っていたケリーの中へと入った。
 エドワード ケリーは火から声がするのを聴いた。
声「人の子らは、なぜその完全な偽りの時を伸ばそうとするのか、なぜ彼らは虚栄に捧げているのか? 多くの事はまだ来ていない。だが、(終末までの)時は短くされねばならぬ。
 我は在りて在りし者である。
 その声は来るであろう。そして人の子らに何が来るのかを語るであろう」
ケリー「白い者がいて、近づいてきます。まず水晶玉へと来たのはウリエルのようです」
ディー「主の御名によりて来る者に祝福あれ」
ウリエル「アーメン。我は教えよう」
 ケリーは彼が余の方へと向いたと述べた。


ウリエル「汝は何を望むか? 我はこの作業に関して汝に答えよう」
ケリー「彼は左手に火の玉を持ち、右手には火の三角形を持っています」



ディー「これらで余らが学ぶのに最も必要なものが、余の主な望みです」
ウリエル「4ヶ月はまだ来ない。だが5ヶ月目は天と地と全ての生き物らの大いなる苦難の始まりである。それゆえ、汝は神の意志に従う必要がある。それから全て事をなすのだ。多くの天の徳を含む力のものだ。それゆえ、これらを行う中で、これらの事は素早く畏敬を持ってなすべきだ。
 これは光である。これにより汝は灯されよう*1
 これは汝を再生させよう。真に繰り返し、繰り返し、7の70倍と繰り返し。
 そして、汝の目は不明瞭から清められるだろう。汝はこれまで見えなかった物、人の子らが見なかった物を見るようになろう。
 今我が持ちあげた、こちら*2は、77の最初の部分の70番目を授けるであろう。残りも汝の中で、汝と共に、満たされよう。見よ(主が述べた)、我は人の子らに息を吹きかけ、彼らは理解の霊を持つであろう。



 40日間*3で、この諸秘密の書と、この世界の鍵は書かれなくてはならない。これが汝らの片方には見え、もう片方には信仰の中にあるとしてもである。それゆえ我はこれを汝の感覚の窓、想像力の扉からもたらした。最後には、神の時、その要約を見て、満たされるであろう。その適切で聖別された識別により、汝はこれらを書き記さねばならない*4
 それからもう片方(エドワード ケリーを指さす)は、常に彼(ディー)の前にこれを持たねばならず、彼の命ずることを日々行わねばならない。汝がなさないならば、主は祝福された者の数から汝の名を取り除き、汝の血で塗られた者となろう*5
 見よ、人が神の霊に何を語れようか? その雷鳴の声が身近にあれば、どの肉(の生き物)も立つ事が出来ない。
 汝らには揺れる心があり、この世界に引き寄せられている。だが、それらは脆く、小さく、その幻の虚栄である。
 良き信仰とともにあれ。信じよ。信仰深い者らには大きな報酬がある。神は不名誉とされず、聖性とともに神を称える者らも不名誉を被ったりはしないであろう。
 見よ、見よ、書き記して、見よ。それぞれの線は神自身から伸ばされ、その最後までもである。その中心には、栄光は良き者に、不名誉は悪しき者にある。天と地が崩れようとも、この証言の言葉はそうはならない」
ディー「見よ、この僕にして、惨めな小さな者を。我らが神よ、その意志に最も喜ばしいように我が近づかん事を」


 ウリエルは左手から小さな火を取り出すと、エドワード ケリーへと投げ、それは彼の口へと入った*6


ウリエル「我がメッセージはなされた」
ディー「余が今、余らと対処する汝の名前のために、Ur(ウリエルを意味する)と書くのでよろしいか?」
ウリエル「我がそうである」
ディー「余らの作業で、余らが行うべき事について助言を与えるよう祈ります」
ウリエル「それは語れよう」


 彼はエドワード ケリーに述べ、我は彼に語ったと言うと、笑みを浮かべたように見えた。


ディー「それから、ハワード嬢(女王陛下の側近の女官である)について、彼女が来る事についての警告を受けられるかを余は知る事は叶いましょうや? 彼女が余らの試みを、1、2時間ほど中断する事にはなりましょうや? これは神の意志でありましょうか。彼女は大いに多くの者ら(女王陛下の多くの者への施しに近い程)に慈善をなし、主が彼女への慈悲を広げたゆえに? 今(汝により)語られている、これらの大いなる神秘が中断されるのかという意味です。そして彼女により、余は女王陛下の喜びのために良く仕える事が出来ましょうか?」
ウリエル「誰が汝の口を開き、それらが来ると汝に語ったのか? 汝が語った事は言われよう。この終わりを記せ*7。これで充分に答えられた。
 これを見よ」


 彼はエドワード ケリーに言った。ケリーは見ると、そこに書と椅子と球が、その一部が水晶玉から出ているのを見た。それから水晶玉には何も見えなくなった。それから火が先のように彼の元へと近づき、燃やした。
ウリエル「では、汝が見たものを書き記せ」
 この書とそこに書かれたものは、彼には非常に明白となった。
ウリエル「汝が見たものを、彼(ディー)に伝えよ。
 彼の意志は汝のものでもある。
 汝の心がどう動こうとも、汝の任務をなせ。
 それで充分であろう。
 しばらくは、さらばだ」
ケリー「今や、白い雲で全ては覆われました。今まで私が見た事の無いものです」


 余らは水晶玉を凝視し、先の書や他の道具がテーブルの上に現れたのをケリーは見た。そして彼は(書の中の内容を)見た通りにそれを書いて、(天使の)文字と言葉により行い始めた。しかしそれは彼には困難だったので、ラテン文字によってのみそれらを書いた。
 彼が書のページにある28行を書いた後に、最初の言葉「Arney」から最後の言葉「nah」までが突然に彼の視野から消えた。そして彼は自らが書いたものの理解も深まっていった。常に彼が書いているうちに、この天使の言語とそれらの感覚は、それが英語であるかのように理解したからである。
 彼が第1の見開きの2ページ目を終えた後、余は以下のようにそれらを書写した。



 49.*8 Arney(Asney) vah nol gadeth(Iadeth) adney ox vals nath gemseh ah orza val gemáh, oh gedvá on zembáh nohhad vomfah olden ampha nols admácha nonsah vamfas ornad, alphol andax o’rzadah vos ansoh hanzah voh adma iohá notma goth vamsed adges onseple ondemax orzan, vnfa onmah vndabra gonsah gols nahad NA.


(2ページ目)
 1. Oxar varmol pan sampas os al pans orney andsu alsaph oucha*9 cosdám on-za-go-les natmátatp max, olnah von ganse pacath olnoh vor nasquah loth adnay nonsah oxansah vals nodax vonqueth lan sandquat ox arda’nh onzâbel ormach douquin astmax arpagels ontipodah omvah nosch als mantquts, armad*10 notgals. Vantantquah +


 余は自ら答えが思いつけない幾つかの疑いを見つけた*11


 1. 余が得た見開きのうち、どれだけを最初の見開きに書いてあるものとして余は取るべきか?
 2. 最初の見開きの最後の9行を、どのように先の言葉ら全てと同意するように区別すべきか。200以上や、時には300以上の文字があり、最初の9行は49文字しかない。
 3. どのように余は真の正字法を行うか。gとCとpなどは、多くの音を持っており、常に1つとは限らないからだ。gは時にはghや、時にはJのようになるし、Cは時にはKに、時にはSのようになるし、pは時にはphのように、時にはp、時にはfのようになるのだ。
 4. 最初の見開きのあらゆる行の言葉の数が一致しているとは限らず、49とも限らない。
 5. 第2の図で、以下の全ての図と合わせても、全てが同意して集まらず、完全に全ての場所が合わさるとも限らない。


 2. Ondroh als vrh. panchah orn sandvah loh andah nol pan, sedmah zugeh als ab-mi-cad-am-pâget ordomph, axah gethol vav axel anthath gorsan vax parsah vort lanq an‘damsah getheol, vrchan navádah o’xembles armax lothar, vos antath, orsé vax alnoth, other mals olnah gethom várdamach, alls;*12 Orgeth


 3. Or pasquah omzádah vorts, ange‘nodah varsáua onch aldúmph, ánget ónsaual gálta oth aneth ax pa gesné ouád ax orneh al-dum-bá-ges vos-cómph alze ax, orzad andah gost astoh nadah vortes, astmah notesma goth nathad omza, geth altéth ox, degáth onda voxa gemnaché adna dansa als alst


 4. arsah. Orthath ols gast ardoh max vármah doth novámq lath, adnab gothan, ardri’noh astómagel arpáget asteth arde obzá, ols NA*13 gem-na-pá-la-ba-m’i-da orsat nahah Odmázen an’dulphel, ox ambrássah oxah géth nor vamfah genoh daqueth als astna, oh tatóh, alsah goth necor andeoh neo alda nah*14


 5. Vanlah oha demagens on sunfah, paphah olemneh, ózadcha lax ornah vor adme ox vastmah gu labazna, gamnácho asthmah ochádo landrídah vons sah, lúgho iahat nabscham nohads vandispa rossámod androch alphoh, zúmbloh ásnah gonfageph aldeh lo dah vax orh asmo, gad au dansequa deo, dath vax nograh vor segbat Mon.


 6. Arni olbah galpa lohánaha gáu-pu-ma-gén-sah ollo var se darsah goho ál-bu-mi-clá-máca-pá-loth ieho nad veslah vors ardno inmony asquam rath als vásmah génda loggahah astmu*15.


 7. Arnah notah lax vart luhoh désmaph, ol ca-pra-mi-na-cah(Ce-) ox-and-an-vah gem-ne-lori-pli-ton-pha ac-cam-plah-no-stapha or-max-a-da-ha-har or-zem-bli-zad-mah pan-chefe-lo-ge-doh áschah ólmah ledóh vaxma


 8. Gans na cap lan seda ax nor vorza vo laspral onsa gem gemah noph gázo na von santfa nostradg ansel vnsa pah vort velsa or alda viax nor adroh semneh ols vandésqual olzah nolpax pahah lothor ax ru vansar glímnaph gath ardot ardri axa noh gaga leth arde maxa.


 9. Corsal mabah noplich alps arsod vord vanfax oriox nabat gemnepoh laphet Ióda nat vombal nams ar geth alloah néphirt. lauda noxa voxtaf ardno ándroch labmageh ossu állmaglo ardot nalbar vanse dar-to vorts parsan vr vnrah vor gádeth leth orze nax vomreh agelpha, legar or nembla ar vah Su*16.


 10. Zanchcumáchaseph, ol-za-mi-nó-ah Vals-e-bú-ra-ah no-da-ligá-nax or-sáp-na-go darság-na-pha nob-si-blith ar-mi-pyth ar-se-pó-lo-ni-tan-tons Jem-búl-sa-mar le-bó-ge axpar or-ná-za ol-dax-ar-da-co-ah*17


 11. Semno ah al-chi-do-á-cha-da Sel-pag-in-o-dah a-da-hu-bámi-ca-noh dam pah gli ás cha nor ox-om-pa-mi-na-pho lemp, na, gón sa pha ne co ál pha as pa gé mo cal na tú ra ge*18


 12. Sen gál se quar rus fa glan súx taft ormaca ox i no dál ge brah nop tar ná gel vom na ches pál ma cax, arsep as dón sadg asc lan fán che dah nor vi car máx coh zum bla zánpha ad geh do ca ba ah


 13. Ar gém na ca pál fax, orr-nído hab cás pigan alpuh gágah loth ral sá bra dan go sá pax vólsan qués tan ondapha opicab or zy lá pa a-chra-pa-má-les ad má car pah oxalps on dá pa, gém na de vór guse


 14. Lat gans sa par sat lastéah lor ádah nóxax ardéphis nónson andoh gv‘mzi vor sab líboh ad ni sa pa loth gaho lar va noxa oho lan sempah noxa Vriah sephah lúsaz odgálsax nottaph ax v’rnoc árpos arta zem zubah lothor gas lubah vom zá da phi cár no


 15. As-só-ta-phe on-dah vor ban sanphar pa loth agno iam nésroh am algórs vrrábah geuseh alde ox nah vors púrblox ámphicab nóstrohh admág(Admad) or napsú asmo Ion gamphi arbel nof ámphi on Saubloth aschi nur laffax las doxa pra gem a Sestrox amphi nax var sembbh(Sembeth)


 16. Angésel oxcapácad onz adq ochádah ólzah vor náh orpogógraphel al sa gem ua ca pí coh vl da pa pór sah naxor vonsa rons vrbanf lab dún zaph algadef loh gem vortaóh amph ahoha za vaxorza leph(Lefe) oxor neoh ah va du-na-ca pi ca lodox ard nah.


 17. Iahod vox ar pi cah lot tár pi ges nol zim na plah ge ó gra plih ne gó ah va lu gán zed am phí la doh zan veh al nex oh al pha ze goth gedóth axor van zebá al cá pa Luma ges ard de oh ah*19


 18. Onchas lagod van Sebageh oxangam pah gos dah manzeh ocondah vardol Sebagh ol madan NA ohal Sepaget, otoxen narvah lubatan ansem nofet au naba notoh ax arsah mans Vstgam pahod pah mal sednah gestons amphes al manso gapalebâton arra nax vamfes amah dot agen nalphat ar zamne oh Sages


 19. nax lerua nath Zembloh axpadabamah Sanzápas gunzanquah*20 ona var demneh gah lod vmnah doxa val tarquat mans ol gem nageph au zanbat vx anzach al pambóha naxtath ol nada vam nonsal aua nal gedot vorx alge lah despa gu prominabâmîgah olpaz ord gamnat lem paz cath normadah on demq


 20. Laffah ie ogg dalseph abrimanadg oldomph ledothnar ymnachar onze vam sepno voxauaret ol zantqur amph nas Sages om nartal vor miscam bemcax lappad gesso drux capgol ass letnar vom*21 sausah or gamprida ornat vol asmd onza duh get hansa gorh hubra galsaropah nequax dap gemno ab pnidah noxd lumbam


 21. al gethroz ax arvan oh zempal guh arvax no demnat ar pambals nop nonsal geh axor pam vartop ab vbrah cardax Ion songes au dumax ar nephar lu gemne om Asda vorts vmrod val manqh noh Sam, naga vrbrast Lurvandax vpplod dam zurtax loa an avarn nar gemplicabnadah oxa


 22. nooa Babna ampha dum nonsap vrs daluah marsasqual orma nabath Sabaothal netma vol sempra isch laue ondeh noh semblax or mansa macapal vngenel vorsepax vrsabada noxanquah vndalph asmoh vxa na Gaspar vmpaxal Lapproh Iadd nomval vp setquam nol astma vors: vrdem gnasplat bef affafefafed noxtah Volls laydam ovs nac


 23. cedah or manveh geh axax nolsp damva dor demgoh apoxan Subliganaxnarod orchal vamnad vez gemlehox ar drulalpa ax vr samfah oladmax vr sappoh Luah vr pabmax luro lam faxno dem vombres adusx or sembal on vamne oh lemne val se quap vn nap nastosm dah voz mazax lumato games on neda*22.


 24. voh gemse(Iemse) ax pah losquan nof afma dol vamna vn samses oh set, quamsa ol danfa dot santa on anma ol subracah Babalad vansag olso pas gonred vorn chechust axaroh rugho am nadom val sequot ne texpa vors vrs al pam vans na tomvamal ansipamals notems anqearxe al


 25. pangef offd ne pamfah aliboh a nostâfâges almesed vrmast geus vrmax au semblox satq quayntah luzez arne noh pamna sams bantes orn volsax vors vnisapa monsel dah nax ah pah vomreb doth danséqox anzazed onz anfal nom vamreh volts vrnacapácapah noshan yalt gelfay nor sentqbt onbanzar luntaf val sentepax


 26. ornisa nor Pampals anz alpah nox noxa gendah von gamne dah vors ad na lepnazu acheldaph var honza gune alsaph nal vomsan vns alpd a domph ar zemnip ans vrnach vancef ban yanzem ob aha vons nabrah vh asmo drat vormez al pasquar no gems nah zem lasquith apsantah


 27. Vol zans alphi ne gansad ol pam ro dah vor vngef a deoh nad vnsemel apodmacah vnsap val vndar ban cefna dux hansel yax nolpah volts quayntah gam vemneg oh asq al panst ans vntah hunsansa Apnad ratq a sanst nel odogamanázar. olzah guh oh nah varsa vpangah neoh aho


 28. Notgah ox vr auonsad vl dath nox lat ges orn val sedcoh leth arney vas ars galep odámpha nol axar vox apracas nolph admi adpálsah noh vrh gednach vax varsablox vrdam pagel admax lor vamtage oxandah lamfó nor vorsah axpáa, ols nugaphar ádras vxár nostrílgan ampacoh vortes lesqual exoh.


 29. Ses vah nómre gal sables orzah, get les part, ox ar se de cólmachu ardéh lox gempha lar vamra goh naxa vors admah gebah, semfúgel admá geod alzeh orzam vánchet(Vanket). oxam prah geh orzad Val nexo, vam seleph oxa, noha par gúmsah askeph nox adroh lestof ad moxa nonsúrrach


 30. Vomchál as pu gán san var, sem quáh lah set gedoh argli oranza vor zina sedcátah zuréhoh admich, ors arsah varsab, oliba vortes lúnsanfah, adnah vor semquáx, vorsan lap varsah gebdah voxlar geoh, gemfel ad gvns. aldah gor vanlah, gehudan vor sableth, gedvel ax ors, manch var sembloh*23.


 31. Ar dam fa gé do hah Luxh arcan Mans lubrah vor semblas adna gor partat, nor vílso ádchu apri sed amphle nox arua getol. Vor sambla geth, arse pax vor sah. gelh aho gethmah or gemfa nah prax chilad ascham na prah oxáh var setqua lexoh vor sámbleh zubrah.


 32. Lax or setquáh vah lox rémah Nol sadma vort, famfa le gem nah or sepah vartef a geh Oha Ion gaza Onsa ges adrux: vombalzah ah vaxtal. noh sedo lam, vom tántas oxárzah Mechól va zebn geth adna vax, ormacha lorni adrah, Gens arnah vor, Arsad odiscoh alidah nepho.


 33. Hastan bah ges loh ru mal; vrabro den varsah, Mah rox idah ru gebna demphe, ors amvi ar, Genbá, óxad va ges lath vriop: nal pas vi me ró to ád-na-vah ged anse lah verbrod vn gelpa, lux árd do ah vast vor Ge-ma-fá-noh


 34. Amles ondanpha noxt vradah gel núbrod Arb á cha lo pe go há pa ra zem che pár ma la Na bu-rá doh gem la pa or-zín fax nol ad micápar vó si pi cá la ton andrah vox ardno, get na ca ploh gál-zun


 35. O‘r ge mah luza cá poh nox tráh víoxah nebo hu ge o mí lah cox chá dah or na hú da vol sa pah: No bro ch, ál pa chídomph náb la grux la vx ar gá fam gel ne do gá lah vo sa pah


 36. Gu la gé dop áx ix óx a max lun fá gem pah orsa dev’lmah Gé pa cha vor sí ma coh alduth gempfa: Nox gal max ar hú gaf gli no rob va gen lá car du zum ox am’ pli zam zu latmah ge gé ma ohahah


 37. Ga lá pa drux váx ma geb lá geb or ché plon gan zéd ah Vox ár vox gelet ar gahad, gan pá gan doruminaplah vor zinach cû pa chef ardrah óx ox pol sa gal máx nah guth ardéth on zupra cró cro gash var sa má nal


 38. Ar sa bá choas noh al geh oh, ax ár pa gal olza déh or za zú max exoh eh, or cah pal donzahá onza zethas: nor sáp se pah onzap a palmah aldoh voh náblebah gemnápam os malsa or naoh zar bu lagém pah ne-ó ha brah


 39. Tal gep ar sep nah doh, vors alsa doh necoh am ar geth na ges alpran odox malsápnah, gohor ahoh gadmah ol dáneph aludar dón-za-gab ól-sa-gah nebthuh or sapnar balgonph nep gemloh, ax amna*24 duth achár laspá, vohá, náxvolh gas vergol ah pratnom geá(Iea) nostúamph


 40. Va’n sa pal sah gón so gon gé la bu rá doh tato lang, ge mé fe ran ón da pans ge lá brah: or pa gé mal on sán’ fan gen ólc ma cha lan Von sé gor a prí cas nor vá gel om brá cau cohadal.


a d r o s,a, c l o d f a c,d o g é p n a h,l a p c a h,m o c d á c o d e,f a m ó n,t u a l c,d o m, v r á s n a g e p h,a m p h i d o n,g á n s e l,v a x,ó r e h a m a h,v ó r s a f a n s a,u c a s d a m í f a g a,n á b u l a x,o r s a g e h,n a m’v a h,o c a r,l u n s a n g e l,c a r p a c o a. l u n s e m n e p h,o d á r n a c h o h,z e m b l o h,o b l í c a n d o n,g a l s o r x v l á g a, f ó m n a p h,a p á n s a g e h,l o n s ú g a l a n,g r a s t,v b l á n s o,a r n o x,v o n s á o t a l t é m a p h e c h,ó r m a c h a d á g e n o x,v r s t á m v a h,n a d v a r e h,o n s,a r g z u c á n z u,n a p l i o r a h,n o r g e,h a h a n a h a,v s p l a h,g r a d ú n v a h,n a v i o, a r s a h,v ó n r o g e n,d a h v a l a h,o r z a p,c v l,c a r s e d,a p o r s a l,q á s t a v a, g a n f ú m a r a b ó m o n a h,g á s t a g e s,ó r d o l p h,n a q a s,o r g e m v a h,n o x a d*25.


 そしてこれが、この素晴らしい書の最初の見開きの2ページ目の最後である。他の現れたページについては、余は別の書に分けて書いている*26。そしてこれら9行と、先の41行を合わせると、50行となり、(規定の)49行以上となっている。それだけではなく、様々な他の不完全さも、このページには残っており、余は解決と改革を尋ねた。
 余がこの我が疑いをエドワード ケリーに話すと、これらの50行のうちの最初の行は、実際には最初の見開きの1ページ目の最後のものだと答えた。確かに、最初のページには48行のみしかなく、そのうちの48行目はAmgédphaの言葉から始まるものだった。そのため、次の行(Arney vah nol gadethなどで始まる行)は、最初のページの49行目で、そのためこのページの最後の行なのである。ゆえに最初の見開きの2ページ目は、ここで記されている49行である。これによって、我が疑いの1つは晴れた。他の疑いは、2ページ目の49行の一部の言葉の数についてである*27


ディーの日記 1583年4月10日
↑ ディーの日記


*1 ディー注。ウリエルはこの時に三角の火を持ち上げた。
*2 ディー注。ウリエルは今度は火の玉を持ち上げた。
*3 ディー注。最初に書いた日を聖金曜日だとすると、それから40日後までである。
*4 ディー注。これは余に向かっての言葉である。
*5 ディー注。ケリーが彼の任務を行わなかったら、危険に陥る。
*6 ディー注。火の白玉の、この以前の力と理解との比率を注意せよ。
*7 ディー注。フランシス ハワード嬢は、その慈善の心などから、神の大いなる慈悲を味わうべく高められた。
*8 原書では1から50まで番号付けがされているが、終わりの部分で実際には1ページ目の49行目と2ページ目の1-49行と説明される。
*9 ディー注。余はnとuのどちらであるかに疑いがある。
*10 ディー注。「ar made」が1つか2つの言葉なのか疑いがある。
*11 上の余白には、治癒を意味するsolgarsとある。
*12 ディー注。オメガの事である。
*13 この言葉は原書では丸で囲んである。
*14 ディー注。ここには他の幾つかの行のように、50の名前があるように見える。
*15 ディー注。この行は38の言葉しかない。
*16 ディー注。この行は48の言葉である。
*17 ディー注。この行は54の言葉である。
*18 ディー注。この行は50の言葉である。
*19 ディー注。この行は50の言葉に思える。
*20 ディー注。この言葉の「n」と「u」には疑いがある。
*21 ディー注。vomの後ろには行の最後にa+とある。だが両方で49の名前を記す。
*22 ディー注。51の言葉である。
*23 ディー注。48の言葉である。
*24 アシュモール注。原書では「ouhna」とあるが、余はそう思えない。
*25 これらは原書では言葉に分けられていないが、41行から49行と思われる。
*26 大英図書館のSloane 3189文書には、それらの天使の書の集まりが含まれている。
*27 ここで唐突に、今日の会合は終わっている。元は続きのページがあったのが、メイドのパイとなって焼失したのかもしれない。