ディーの日記 1583年4月5日

ページ名:ディーの日記 1583年4月5日

1583年4月5日 金曜日 午後5時15分


 余やエドワード ケリーが何も喋らないうちに幕が引き上げられた。書と全ての先の家具が非常に明るく現れた。
 余は神への祈りをなし、「我は耐え忍んで主を待ち望んだ」*1などを唱え始めた。


ケリー「私は楽器や声によって歌っている人々の音を聴きました」
声「神に仕え、怒りを持つのに気を付けよ」


 これは昨夜、激しい怒りをもったエドワード ケリーに向かっての言葉である。ある者が我がテーブルの席にて彼を言葉で傷つけたのである。


ケリー「ここで多くの者らが遠く、家のてっぺんを超えて現れました。水晶玉からはかなり遠くに思えます。そして彼らは頭が無いように見えます」
声「これは特別な民で、彼らは回復するであろう*2


 この声の後、先に述べた頭の無い民は消えた。それから全てが火に包まれ、雲がそれら全てを覆った。椅子の中にある火の頂点に、3つの顔が現れ、1つに合わさっていったように見えた。これらの顔は回転しているように見え、その後に1つに加わっていった。


声「神の栄光を称え、その真理とともに崇拝せよ」
 火はエドワード ケリーの中へと入っていった。
声「祈るのだ」
 余らは祈った。すると、文章が現れた。


 36. gedóthar argo fa adóphanah gamsech olneh várasah iusmach(= 生まれる)


声「汝の理解が満たされるまでは解釈するな」


(続き)Vschna pháol doa vah oho lazed la-zu-red ámma donax valesto acaph lámphages ronox ganma iudreth loth adágma gonsaph godálga phareph iadsma zema loa ag-náph-ag-on zu-na-ha(Zunah) al me io-náp-hacas zeda ox arni


 37. Adgzelga(Ag-zel-ia) olms vánaph osma vages otholl dox an ga had*3 latqui dónaphe zu gar. phamah*4 nordeph gasmat gasque gasla gas NA gasmaphés gasmagél gasnúnabe vamsech ábsechel gúlapha axnécho demsa pámbochaph iehúsa gadaámah nosad iurés chy almse orsa vax marde zun éffa mochoéffa zuréheffa asga Lubeth bethlémcha máxiche iehúscoth iaphan órnada vamne od ghim-noh


 38. Arphe*5 lamse gaphnedg(Gaphned) argaph zonze zumcoth O’mdopadáphaab*6 nulech(Nuleg) gaartha ancáphama soldémcah casdra vges lapha ludasphándo ga-lú-ba-noh ap-á-cha-na*7 iedeph zembloh zamgýssel chéuacha laquet lozódma ierinth onaph uzad máspela gýman orphámmagah iu-mes-ba-lé-go archánphame. zamcheth zoach*8


 39. Am’chama zeuoth luthámba ganeph iamda ox oho iephad made noxa voscaph bámgephes noschol apeth iale lod ga NA-zuma datques vorzad nu-mech*9 apheth nudach caseth iotha lax arseth armi pli ca tar bám a co*10 zamgeph gaseth vrnod arispa iex ban Setha. oh lagnaph dothoth brazed vamchach odoámaäh zembles gunza naspolge gáthme orsoth zurath vámeth anseh*11.


 40. Zalpe íedmacha ámphas nethoth alphax durah gethos aschéph nethoth iubad laxmah ionsa max dan do násdoga mátastos*12 lateth vnchas amse Jacaph zembloágauh(Zembloágaf) ad-pha-má-gel ludcha-dam-sa am-phí-ca-tol ar-nó-pa-a a-da-pa-gé-moh no-dás-ma mac-hes-tép-ho-lon


 41. Lumbor iemásch onzed gam-phi-dá-rah. gom-ás-cha-pa zeba zun amph naho zucath uomplínanoháhal machal lozma dauangeth búches lauax orxod maches donchaph luzath marpheth oz lanva don gáuah oschol lúmasa phedeph omsa nax do-má-ge-re an-ge-no-phá-cha pha-cha-dó-na


 42. óschala zamges onphá gemes phaches nolpha daxeth machésmachoh vastnalpoh gemas nach loscheph daphmech noth chales zunech maschol Lu*13 gasnaph malces gethcaph madena(Madna) oäh gemsah pa luseth iorbástamax elcaph rusam phanes domsath gel(Iel) pachadóra amáxchano lu-ma-gé-no ar-ma-cha-phá-me-lon adro micho natath iamesebáchola donádocha.


 それから火はエドワード ケリーの目から出て水晶玉へと再び戻っていき、ケリーの理解もまた去っていった。


ディー「全ての称賛、誉れ、栄光は世々限りなく神のみにある。アーメン」


ディーの日記 1583年4月6日
↑ ディーの日記


*1 詩篇 第40篇1節。
*2 ディー注。おそらくユダヤ人は回復するのであろう。 訳注。ディーは「頭が無い」のはユダヤ人には教皇のような中央の権威が無い事の隠喩であると考えていた。ユダヤ人は1290年にイングランドから追放されていたが、ディーはこの幻視はその帰還の預言と解釈していた。ユダヤ人は1655年にイングランドに帰還するが、ディーは自らの生前にそれが起きると信じていたようである。
*3 ディー注。Doxaniahadの1つの言葉である。
*4 ディー注。Fama = 我は与えるであろう。
*5 ディー注。我は御身、神を望むを意味する。
*6 ディー注。この言葉はエドワード ケリーが読むために完全に見れるまで、浮かんだり沈んだりしていた。
*7 ディー注。塵を造るスライム的な物を意味する。
*8 ディー注。Zoah。ここでは5、6の言葉が足りないように思える。
*9 ディー注。Nu-mechは2つの言葉である。
*10 ディー注。armi pli ca tar bám a coで1つの言葉である。
*11 ディー注。この最後の2つの言葉は1つの正方形の中にある。
*12 ディー注。激しく永遠の火が、栄光から消え去った者らへの懲罰として取り囲む。do násdoga mátastosは7つの音節のある1つの言葉である。最初の部分は4音節、残りは3音節である。
*13 ディー注。Lu = 我から。