オカルト哲学 3-39

ページ名:オカルト哲学 3-39

第39章 どのように良い性質のある上位物の影響が、低位物の中で堕落し、不幸の原因となるか


 あらゆる力や性質は上なる神や知性体や星々から来ており、これらは悪や過ちをなすことは出来ないゆえ、全ての悪や不和は低位のものにある必要がある。上が悪しき影響を持つのではなく、受け取った側の悪の傾向から来るのである。よって、クリュシッポス*1は正しく詠った。


「彼らは愚者のように神々を誤って告発し、
 これらが自らの全ての不幸の原因であるように。
 彼らの行いが自らを痛めつけている時に――」


 ゆえにユーピテルはアイギストスがオレステースに殺された時に、彼の心がその原因だと呼んだ。ホメーロスによる詩の中で、神々の会議で神王はかく述べる。


「我ら神々は人々から告発される(何という悪徳か?)
 彼らの不幸の原因、根源であると。
 彼ら自身の悪行により危険へと走る時に――」


 そのため、捻じ曲がった者が上位者の影響を捻じ曲げて受け取ったり、弱った者が上位者の影響に耐えられなかったりすると、天の影響は完全な不和となり、結果は何らかの不和で不調和で悪しきものとなる。それでいて、天の諸力は常に善のままとどまり、これらの間で存在するのである。また、光の与え手(太陽)は聖なる知性体や天らにより影響を持ち、それが月まで来ても、これらの影響は最初のと同様に善いものであるが、これを悪しき者が受け取ると、これもまた悪しきものとなる。また受け取り側の様々な性質から、様々な形で受け取り、これらの間で同じものが時には不和になったりする。また、これは様々であり、部分的に対象者を傷つける事もある。
 これら全ての事を考慮すると、上位者から降りてくるものよりも、何らかの他の事が原因である。そのため、低位者の中にある有害な性質は、天の影響とは大いに異なっており、そのため、 ただれ眼が光のせいには来ず、燃えるのを火のせいに、傷を剣のせいに、足枷や監獄を裁判官のせいに出来ないように、悪しき者の不幸を、天の影響のせいには出来ないのである。
 ゆえに、良き性質を持つ者には、天の影響は全てにおいて良く調和する。だが悪しき者、罪ある者には、我らの中にある神の善は去り、全ては悪しき働きとなるのである。そのため、我らの不幸の全ての原因は罪にあり、それらが我々の魂と不和となり病となるのである。ゆえに、悪が支配する者や、天の影響が求めるものから堕落したら、万物は背くようになり、我々の破滅へと向かって病むようになるのである。
 そうなると、通常は最も調和され、甘美な調和とともに構成される人の体にて、エレメンツの不和が始まり、悪しき気質が起き上がり、良き部分すらも不調和となって、お互いに妨害し合うようになり、特定の変化が肉体を悩まし痛めつけるようになる。そして、過剰さや少なさや、何らかの病のアクシデントや、過剰な食事などで最も大きな不調和を受け取り、過剰な気質が造り出され、病弱がそれに続くようになる。そして動物的な霊らの拘束が壊れ、争いへと落ちるのである。
 この場合、通常は善なる天の影響は、太陽の光すら目を傷めるように、我々に害をなすようになる。よって、土星は怒り、退屈、憂鬱、狂気、悲しみ、頑固さ、強情、冒涜、自暴自棄、嘘、幻覚、恐れを引き起こし、死者が歩き、悪魔らが活動するようになるのである。木星は貪欲さや、富や権力のために悪行をなすようにさせる。火星は激怒、冒涜的な傲慢、暴力的な大胆さ、炎のような頑固さとなる。太陽は傲慢なプライド、飽く事を知らない野望となる。金星は情欲の欺き、淫らな愛と性欲となる。水星は欺き、詐欺、嘘、悪の巧みな望み、罪への傾向となる。月は万物の気まぐれな進展、人の性質と常に反対となる。
 そしてこれらにより、人自身も天の事柄への対立する理由から、本来は利益を刈り取るべきものが、自らを痛めつけるようになる。この天との不調和の同じ理由から、プロクロスが述べるように、人は神から懲罰のための任を与えられてる悪霊らに支配されるようになり、悪霊らに苦しめられ、やがては(懲罰の)期間が過ぎたら、浄化されることにより、人は神的な性質へと帰還するようになる。
 そのため卓越した魔術師は、星々の悪しき配置から彼に降ってくる多くの不幸を防ぐことが出来る。彼がこれらが起きるのを予知すると、予防し、気を付け、防衛することで、これらはほとんど彼には影響せず、わずかしか損傷を受けず、私が述べたように通常は損傷を受け取る時に、利益を刈り取れるのである。


オカルト哲学 3-40
↑ オカルト哲学 第三の書


*1 紀元前279年 - 紀元前207年。古代ギリシアの哲学者。クレアンテースの弟子でストア派の学頭となり、「ストア主義第二の創設者」と呼ばれるほど興隆させた。ちなみに、最期は笑い死にしたと言われる。