オカルト哲学 2-56

ページ名:オカルト哲学 2-56

第56章 これらは理性によっても確証される


 世界、天、星々、エレメンツには魂があり、それらは低位物と混合した体の魂に影響を与える。また私が先の書で述べたように霊もあり、その仲介によって魂は肉体と統一する。世界を体全体だとしたら、そこに住む生き物は体の部分であり、体全体はその部分よりも高貴で完全であるように、世界の体もその個々の生き物の体よりも高貴で完全なのである。
 全ての不完全な体と世界の部分、蠅やウジ虫といったあらゆる低位の生き物に命の価値があり、命と魂を持つと考え、一方で最も完全で、最も高貴な体である世界には命も魂も無いとしたならば不条理であろう。さらに、万物に命と多くの魂を与えている天や星々やエレメンツが、それ自体には命も魂も無いというのも同様である。そしてあらゆる植物、木が、それらの自然の原因である天、星々、エレメンツよりも高貴な状態にあるというのもである。
 そして数えきれない木々や植物、生き物を生み出し、活性化させ、養い、増大させている水や土にも命があるのを、生きている者で否定できる者はいようか? また、自ら産まれる種もあり、物質的な種を持たない生き物もあるのに、エレメンツに命や魂が無かったとしたら、それらの生き物を作り出したり養ったりは出来ないであろう。
 だが一部の者らは、その種の生き物は地や水の魂からではなく、天の魂の影響から生まれるとたまに述べている。それらについてプラトン学派は答えるのは、偶然では形質を生み出す事は出来ず、たまたま道具が形質と隣同士になり従わない限りである。技工から道具を取られたなら、術の効果をもたらさないように、天の影響力も、生命の形質や命そのものから遥かに遠くで特定の出来事により取り除かれるので、これらの低位物への生命の形質を作り出せないのである。
 そしてメルクリウス(ヘルメース)も、「世界について」と呼ぶ書の中で述べるには、世界の中にある万物は、増大や減少により動かされているという。次に、動くものは命を持つ必要がある。そして、万物や地球ですら動いており、通常と異常な動きをするので、これら自身にも命が無くてはならない。そしてテオプラストスが言うに、天が生きている事に疑いを持つ者は、哲学者と見做すべきではない。そして天に命があるのを否定し、動者(神)がそこに自らを形成していないとする者は、全ての哲学の基盤を破壊している。ゆえに、世界は生きており、魂と感覚を持つ。世界は種を生み出さない植物にも命を与え、性交により産まれない動物らにも感覚を与えているからである。


オカルト哲学 2-57
↑ オカルト哲学 第二の書