錬金術師の宝の中の宝

ページ名:錬金術師の宝の中の宝

錬金術師の宝の中の宝


フィリップス テオフラストゥス ボンバストゥス、大パラケルスス著



 自然は地底に鉱物を授けたが、それには二つの種類があり、ヨーロッパの多くの場所に見つけられる。私が得た最良のものは、それは正当な試みによって見つけられてきたものでもあるが、大世界の外側の形のもので、太陽の圏の東の部分にあるものである。もう一つの種類の方は南極星にあり、今はその最初の風解*1にある。地底ではこれらを、その表面へと押し出している。これは最初の凝固作用の時には赤くなり、鉱物の全ての花と色の中にこれは隠れている。これについて哲学者らは多くの事を書いており、冷たく湿気の性質があり、水エレメントと共同する。


 この知識や試みに関して、私の以前の全ての哲学者らはこれを彼らの弓の標的としたが、その矢は様々な方向へと見当違いに飛ばされた。彼らは水銀と硫黄が全ての金属の母であると信じたが、第三の物については夢にも思わなかった。だが、水がこれからスパジリクス*2の術により分離されたら、真実は明白になる。もっとも、これはガレノスやアヴィケンナにも未知であった。優れた医者らのために、これらの名前、合成、溶解、凝固作用についてのみを私は書かねばならなかった。世界の始まりより自然が育てた全ての物について述べるとしたら、一年全体かけてもほとんど足りず、それらを説明するためには夥しい数の牛の皮紙でも充分で無かっただろう。


 さて、鉱物には三つの原理があると私は主張する。それらは水銀、硫黄、自然な凝固として仕える鉱水である。スパジリクスの学は最後のものを、秋の半ばにまだ成熟していない木からナシの実を採るように、その適切な液から摘出する事が出来る。この木は潜在的にナシの実を持っており、天の星々や自然と共同するならば、まず三月に若芽を出し、それから芽が伸び、花が開き、その後には実が熟する。鉱物も同様である。これらは同様に地底で生まれる。宝の中の宝を求める錬金術師はこれを慎重に注記するのだ。私は彼らにこの道の始まり、半ば、終わりを示すであろう。以下の論文において、私は適切な水、硫黄、それらから造られる香膏について記すであろう。これら三つにより、分解と混合は一つのものへと固められるのである。


辰砂の硫黄について


 鉱物の辰砂(水銀の原鉱)を手に入れ、以下の方法により準備せよ。まずそれらを石の器に入れて、雨水によって三時間沸騰させよ。それから慎重に純化させ、アクア レギス(王水)へ入れて分解させよ。この水は、硫酸、硝石、塩化アンモニウムを同等に配分して作られる。別の処方は、硫酸、硝石、明礬、普通の塩である。


 これらを蒸留器の中で蒸留させ、再び注ぎ、慎重に純粋なものを不純なものから分離させよ。それから馬の糞の中でこれを一ヶ月腐敗させ、次に以下の方法によりエレメンツを分離させよ。これが腐敗の兆候を見せたならば、蒸留器の中で弱火で蒸留を始めよ。水と風のエレメントは上昇し、火と土は底に留まるだろう。その後、再び混ぜ合わせ、灰によって徐々に処理せよ。それにより再び水と風がまず上昇し、火エレメントが続くのを卓越した術者は見るだろう。だが地は瓶の底に留まるだろう。これは正しきものであり、多くの者らが求めて、少数が見つけたものである。


 この反射炉の中の死んだ地を術の規則に従って汝は準備し、その後に5日の昼夜、弱火を与えよ。それらが過ぎたら、次には中火で同じ期間続け、取り囲む物質とともにこの術に従って進めよ。最後には、汝は薄いアルカリのような揮発性の塩を見つけるだろう。それには、火と地の星を含むだろう。先に保存しておいた水と地の二つのエレメンツとこれを混ぜ合わせよ。再び、これを灰の上に8日の昼夜置いておくなら、汝は多くの術者によって見過ごされてきたものを見つけるであろう。汝の経験と、スパジリクスの術の規則に従って、これらを分離させるなら、汝は白い地を得るだろう。これから、その色は抜き取られてきた。このアルカリの地に、火のエレメントと塩を加えよ。そのエッセンスを摘出させるために、ペリカン*3の中で消化させよ。それにより、新しい地が沈澱しているので、それを保管する。


赤い獅子について


 その後に、ペリカンからこのチンキを見つけた時に、獅子、すなわち水、風、地エレメンツの上にある火エレメントもまた見つかるので取り、摩砕により沈澱物からこれを分離する。それにより汝は真の金の水を得るだろう。これにワインのアルコールを注いで甘くして、蒸留器で沸騰させ、汝がこの王水の中に酸性のものが何も残らなくなるのを見るまで続けよ。


 この太陽の油を蒸留器の中に入れ、ヘルメス的に封印をする。次に汝はこれを暑い場所へ置き、その温度が高められ、倍増するようにする。それから、この瓶、なおもきつく締めているものを、冷たい場所へ保管する。これにより、これは分解する事無く固まるだろう。これを三回繰り返す。これにより、太陽のチンキは作られ、完全なものとなるだろう。これを自身の場所へと保存するようにせよ。


緑の獅子について


 金星(銅)の硫酸を用意し、スパジリクスの術の規則に従って慎重に準備せよ。それから、汝が前に保管しておいた水と風エレメントを加えよ。分解し、教授に従って、一ヶ月保管して腐敗させよ。腐敗が完了したら、汝はエレメンツの徴を見るであろう。分離させたら、汝はすぐに白と赤の二つの色を見るだろう。赤は白の上にある。この硫酸の赤いチンキはとても強力で、全ての白い物質を赤化させ、全ての赤い物質を白化させ、それらは驚異的である。


 このチンキを蒸留器に入れて蒸溜させるなら、汝はこれから黒いものが生み出されるのを見るだろう。再び蒸溜させるのを繰り返し、やがては白くなるまで続けよ。熱心に進め、この作業に絶望するなかれ。汝が真に透明な緑の獅子を見つけるまで、精留させよ。汝はこれを大いなる重さにより認識するだろう。汝はこれがとても重くて大きいのを見るだろう。これはチンキ、透き通る金である。汝はローマ教皇レオ*4の宝物庫にも無いような、この緑の獅子の素晴らしい徴を見るだろう。このチンキを見つけ、使う方法を知る者はなんと幸福な事か!


 これは真に正当なバルサムであり、天の星々のバルサムで、肉体を衰えさせず、らい病や通風や水腫が起きるのを防ぐ。金の硫黄により発酵されていたなら、少量の服薬でこれらをなすのである。


 ドイツ皇帝カール*5よ、汝の宝はいずこにありや? いずこに汝の哲学者らは居るのか? いずこに汝の博士らは? 樹々を煮出する者、少なくとも通じをつけて安堵させられる者はいずこにありや? 汝の天地はひっくり返っているのか? 汝の目はカーバンクル石の輝きや他の装飾品、美、虚栄に打たれたかのように、かくも盲目ゆえ、汝の(運命を司る)星々は軌道を離れて、限界線から遠ざかっているのか? 汝の術者らが、古代の医聖ガレノス――彼らは並ぶ者なきと呼ぶ――のみを知るならば、彼は今は地獄に墜ちており、そこから私に手紙を送ってきていたが、彼らは狐の尻尾で十字架の印を自らのために結んでいよう。同様に汝の愛するアヴィケンナも地獄の入り口に座っており、私は彼の黄金水、哲学者のチンキ、精髄、哲学者の石、ミトリダテス王の解毒剤、万能薬、残り全てについて議論をしていた。汝偽善者どもよ、自然から自ら学んだ真の医師*6にして神の子より汝に教えられた真理を嘲る者らよ! 来て聴くのだ、汝の高い地位の権威によってのみ勝ち誇る偽物どもよ! 我が死の後には、我が弟子らは汝らを吹き飛ばし、日の光の下に晒し、汝の邪悪な薬らを露にし、その時には汝らはキリスト教世界の不敗の有力者らと君主らの死を企てたのも明るみになろう。汝の首は審判の日には災いである! 私は君主は私の側に付くだろう事を知っている。私も名誉と栄光とともにあろう。私自身が自らを称えるのではなく、自然が私を称えるのである。自然より私は生まれ、自然に私は従ってきた。自然は私を知り、私は自然を知る。自然の中にある光を私は見たし、その外側もである。私は小宇宙ミクロコスムとこの宇宙の中で見つけた事についても同じことを証しできる。


 だが今は私は弟子らが望みを完全に満たして満足させるために、我がデザインを進めなくてはならぬ。私は彼らのために喜んで行おう。彼らが自然の光の下で技量を高め、アストラルの形質の下で完全に実践をするならば、最終的にはこの哲学の達人となり、あらゆる種類の水についての性質を知る事となろう。


 ではまず、私が先に述べた鉱水をその重みにより四部を、赤い太陽の地は二部を、太陽の硫黄は一部を用意する。これらをペリカン瓶の中で混ぜ合わせて、凝固させ分解させるのを三回繰り返す。これにより汝は錬金術師のチンキを得るであろう。私はその用いる量については記していないが、「変容の書」でそれは与えている*7


 これにより、黄金水の1000オンスを持つ者は、自らの太陽(金)の物質も染められよう。


 汝が水銀の星を保有するなら、同様のやり方によって、普通の水銀の物質全体を染められるであろう。汝が金星(銅)の星を持つならば、同様のやり方で、金星の物質全体を染めたり、これを最良の金属へと変えられよう。これらの事実は全て証明されている。土星(鉛)、木星(スズ)、火星(鉄)、月(銀)、残りの星も同様に理解すべきである。チンキもこれらのために用いられる。これらについて、ここでは何の記述も無いが、それらは私が既に物質の性質と解毒剤についての書で充分なだけ記しているからである。これらの金属と地の鉱物の原初の形質が作られるなら、錬金術師らにとってはチンキを作れるようにするのには充分に明白なのである。


 錬金術師のチンキを造るこの作業には九か月も必要とはせず、速やかに遅れる事無く、汝は錬金術のスパジリクスの術により進められ、40日間もあれば、この錬金術の形質を固定させ、高め、腐敗させ、発酵させ、一つの石へと固め、錬金術のフェニックスを造り出せるだろう。だが、注記すべき事は、辰砂の硫黄が飛翔する鷲となったら、それらの翼は風も無く飛び去り、親の巣へとフェニックスの体を運び、そこで火エレメントにより養われ、若鳥は目を見開こう。そこから、白化が起き、その球を割り、その球の中から、バルサムによりその内なる部分より、自らの心臓から命が現れると、カバラ学者らの説では述べられている。


これにて、錬金術師の宝を終える


↑ パラケルスス
↑ トップページ


*1 塩分を含んだ結晶が空気中で水分を失って塩分を吹き出ること。
*2 医薬を薬草などから造る錬金術の部門。この言葉はパラケルスス自身の造語と言われる。
*3 これはペリカンのような曲がった形をした錬金術の瓶のことかと思われる。
*4 おそらく同時代人だったレオ10世(1475年 - 1521年)。メディチ家出身で贅沢好きで多数の芸術品を集めたが、ドイツの免罪符売りに激怒したルターにより宗教改革を起こされる。
*5 神聖ローマ帝国皇帝カール5世。在位1519年 - 1556年。またスペイン王としては1516年 - 1556年。ハプスブルグ朝の全盛期を作った。
*6 パラケルスス自身の事を言いたいようである。
*7 現在では残っておらず不明。「哲学者のオーロラ」では、自然と人工物の量についての記述がある。