天の哲学の書

ページ名:天の哲学の書

天の哲学、あるいは苛立ちの書


フィリップス テオフラストゥス パラケルスス著

錬金術の学と自然、および形成すべき意見について


七つの一般に知られる金属における七つの規則あるいは本質的基準により定められる。

また序文と幾つかの論文、付録も含む



本書の読者と錬金術師ら全てへのテオフラストゥス パラケルススの序文


 錬金術に熟達している読者の中には他の多くの者らと同様に、錬金術の様々な方法により約束し教えている、大いなる富や金や銀を造る約束を自らに下しているか、あるいは約束された報酬に到達し満たすまでは苦難と苛立ちの中を進む覚悟を決め、それらから逃げないよう決意する者もいよう。
 日々の経験が教えるのは、それらの数千人の中の一人すらも彼の願望に達成出来ない事である。では錬金術とは偽りなのであろうか? 私は否と言いたい。むしろそれは、運が悪かったり、作業者の未熟さが原因なのである。
 ゆえに、星々と惑星のサインの印章、他の名前、逆読みにする言葉、レシピ、物質、道具などは、この術を達成するために必要だと良く知られているので、それらを本書で再び説明するのは余分であろう。もっとも、そのようなサイン、名前、印章を適切な時間に用いるのは不要という訳ではない。
 だが本書においては、錬金術を先の方法とは違った方法で扱い、七つの金属から七つの基準(カノン)により分割する。これは無論、大袈裟な言葉のために範囲を与えているのではない。だが、これらの基準には、錬金術から離しておくべき概念は充分な長さで扱われており、さらに他のものの多くの秘密もここに含まれているのだ。ゆえに、結果は特別な驚異的な推測があり、新しい作業もある。これは今までの古代の書や自然哲学者らが書いたものとは大きく違い、完全な証明と実験によって確認され発見されたものなのである。
 さらに、この術において、本書以上に真実なものは無い。もっとも、本書はあまり知られておらず、わずかしか信じられていないが。錬金術での失敗と難行全て、多くの者が貧困に落ちたり、無駄な作業になるのは、作業者の技術の不足のみが原因だったり、物質を多く入れ過ぎたり少な過ぎたり、量や質に問題があったりして、作業の間に物質が無駄になったり無に減ったりするからである。真のプロセスが発見されたなら、物質は日々完全に向けて変容しようとするだろう。直線の道は容易であるが、ごくわずかな者しか見つけていない。
 時には、思弁的な者が、彼自らの奇抜さから、錬金術の新しい方法を思いつく事がある。結果は様々である。彼は物質を無に減らしたり、そこから再び物質を戻したりするのに、何もする必要が無い。だがこの信じがたい逸話は、全てが偽りでは無い。破壊は良きものを完全にする。良きものは隠れているものに現れられないからである。良きものは隠れているうちはほとんど価値が無い。良きものが自由に自らを輝かせるためには、隠すものは取り去らなければならない。例えば、金属が育つ山脈や砂地や大地や石が隠すものである。それぞれの見える金属は、他の六つの金属を隠すものである。
 火のエレメントにより、不完全なものは破壊され取り去られる。例えば、五つの金属、水星(水銀)、木星(スズ)、火星(鉄)、金星(銅)、土星(鉛)といったものらである。一方では完全な金属、太陽(金)と月(銀)は同じ火によって食い尽くされない。これらは火の中に留まるのである。同時に、破壊された他の不完全な金属らから、目に見える自らの体を露にするのである。どのように、何の方法により、これらが行えるのかは、この七つの基準の書の中に集められるだろう。それぞれの金属の自然と特性、他の金属に対する効果、これらを混ぜたら何の力が得られるかを学べるからである。
 だがこの前文で注記しなくてはならないのは、この七つの基準は一読のみでは興味本位の読者には完全には理解できないだろうことだ。劣った知性の者は、容易にはこの秘められた深遠な主題を理解できない。この基準それぞれは、わずかな議論も必要としない。多くの者は、プライドにより偉ぶりたいから、本書に含まれたもの全てを容易に理解できると自惚れる。ゆえに、彼らは本書の内容を無用で偽りのものとし、自らのものが遥かに優れていると考え、それにより彼らは本書に含まれるものを見くびる事が出来るのである。



天の哲学 第一部

金属の七つの基準


第一の基準 水星(水銀)の自然と特性について


 全ての物は全ての中に隠れている。その中の一つは、残り――その物質的な入れ物、外面的な、視覚的な、動くもの――を、隠すものである。全ての流体的な性質は、この入れ物の中に現れている。この入れ物は生きる物質的な霊であり、それゆえ流れたり巡るのを止められても、これを取り囲むものの凝固や凍結は無いのである。この液化にはどのような名前も見つけられない。だが、この起源をわずかに見つける事は出来る。この中ほど高い温度は無いので、これはゲヘナ(地獄)の火と比較する事が出来よう。この種の液化は自然の火により作られた他のものや、凝固や凍結が自然な冷却により作られた他のもののとの繋がりは無い。これらの凝固では、その弱さを通じて、水星を得る事は出来ないので、彼は全般的にこれらを軽蔑する。破壊のプロセスを通じてこのエレメンツの諸力を集められるが、天上の諸力(いわゆる精髄ともそのエレメンツとも呼ばれる)からは何も追加したり取り去ったりできず、その働きの能力も無い。天上と地獄の諸力は、四大エレメンツ、乾いているもの、湿ったもの、熱いもの、冷めたものには服従しない。これらの何れもが、精髄に対して影響する力を持たないのである。だが、それぞれの中には、自らの諸力と行動の方法を持っているのである。


第二の基準 木星(スズ)の自然と特性について


 これ(すなわち、木星の体)が発現したとき、他の六つの物質的な金属はより深く頑強に霊的に隠される。木星はその構成要素の中に精髄は無く、四大エレメンツの自然によるものである。それにより、液化は平均的な火によりもたらされ、同様に凝固も平均的な冷却によりなされる。木星は、他の金属全てと親和性がある。他の金属の性質と近ければ近い程、より容易にそれらと合する事により統一される。近い物との作業の方が遠いものよりも容易でより自然である。離れた天体は、他のものを押す事は無い。同時に、それは非常に強力であろうが、それは恐れられない。人々が創造の上位の位階を、それが遠すぎて、その栄光を見ないゆえに熱望しないゆえにである。同様に、彼らは低位の位階を恐れない。彼らは遠くて、生きている者らは、それらの状態を知らず、その懲罰の悲惨さを経験しないからである。この理由から、地獄の霊らは存在しないかのように扱われている。より遠いものは、その為、より安っぽく、低位の存在に置かれている。その場所の関係で、それぞれのものは良くなったり変容したりするからである。これらは様々な例によって証明されている。
 ゆえに、木星(スズ)は火星(鉄)や金星(銅)からより遠くにあり、太陽(金)や月(銀)に近い程、その黄金性や銀性は強まり、言うなれば、その中により多く強く、より見えるようになり、より明白で心地よく、より同意でき、より区別でき、より真実として遠くにあるものよりも見つけられる。同様に、より遠くにあるならば、先に述べたものらはより少なくなっていく。その場にあるものは、無いものよりも常に好まれるからである。近くにあるものは明らかであり、遠くにあるものは隠されている。それゆえ、これらは汝、錬金術師として、真剣に自らに問うべきである。どのように、木星を太陽と月がある離れた難解な場所へと置けるか、今度はどのように、太陽と月を離れた場所から木星のある近くへと呼べるか。それによって、同じ方法で、太陽と月はまた汝の目の前で物質的に存在するだろう。この不完全なものから完全なものへの金属の変容には、様々な実践的なレシピがある。お互いに混ぜよ。それから、再び他から純粋なものを分離せよ。これは完全な錬金術の工房による秩序立てた置き換えのプロセス以外の何物でもない。なお、木星はより多く金があり銀が少ないのに注意せよ。土星(鉛)と月を木星に加えよ。それにより月は拡張されるだろう。


第三の基準 火星(鉄)の自然と特性について


 六つの秘められた金属は七番目を追い出している。そしてそれを物質的にし、少しの効能のままにする。そして、それに大いなる硬さと重量を与えている。それにより、それらは全ての自らの凝固作用と硬度の力を取り除いて、この他の体へと現わしている。一方では、その色や液化は、その高貴さとともに保持している。王や大公が不適当な平民達から出てくるのは非常に難しく、苦難に満ちているようにである。だが火星は主権を獲得している。その強く好戦的な手により、玉座を占拠しているのだ。火星はしかし罠に対して自らを守らねばならない。それにより彼は突然に予想せずに捕らえられたりしないようにである。また、どの方法により火星が王の座を得るのか、太陽と月が土星とともに、火星の場所を保持するかも考慮しなくてはならない。


第四の基準 金星(銅)の自然と特性について


 他の六つの金属は金星に、自らの色や液化の方法により、外部の体を与えている。これを理解するためには、私は例により、どのように明白なものが秘められたものへと隠され、隠されたものが火により明らかにされるかを示す必要があろう。可燃性のものは火によって自然と別のものへと変容させられる。すなわち、石灰、煤、灰、ガラス、色、石、粘土などへと変えられる。これらはまた、新しい金属の体へと戻す事も出来る。金属が焦げていたり、古い錆により脆弱になっていたら、火を用いる事で再び属性を獲得することが出来る。


第五の基準 土星(鉛)の自然と特性について


 自らの性質から土星はかく語りき。他の六つは私を彼らの審判官として放った。彼らは私を彼らとその霊的な場所から追いやった。彼らはまた、上の場所として腐敗しやすい体を私に与えた。それにより私は彼らとは違い、彼らのようになろうとも思わない。我が六人の兄弟らは、霊的であり、しばしば私を火に入れると、彼らは私の体を貫き、私と共に火により滅びるが、太陽と月は別である。これらは我が水により浄化され高尚となる。我が霊は我が兄弟らの堅く凝結された体を柔らかくする水である。だが私の体は地へ向かう傾向がある。私の中に受け取ったものは何であれ私に従うようになり、我々の方法により、一つの体へと変容する。私の中に何が横たわっているのか、私が効果を与えるのが何かを学ばねばならなかったり、少なくとも信じなくてはならないなら、ほとんど使い物にならないだろう。むしろ、私自身で何が行えるのかを確かめる方がより利益となるだろう。錬金術の全ての方法を捨てたら、唯一私の中にあるものと、私によって行えるものを用いるだろう。冷たい石は私の中にある。これは六つの金属の霊らを第七のエッセンスに凝固させる水である。そしてこれは、太陽を月へと上げるものである。


 二つの種類のアンチモンがある。一つは一般的な黒いもので、これにより太陽はこの中に液化する事で浄化される。これは土星と密接な関係がある。もう一つの種類は白いもので、これはまたマグネシアとも蒼鉛とも呼ばれる。これは木星と大いに関連しており、他のアンチモンと混ぜ合わせたら、月を強化する。


第六の基準 月(銀)の自然と特性について


 月から土星や火星を作り出す試みは、非常な苦労とともに、水星、木星、火星、金星、土星から月を作り出す試みよりも軽くも簡単でもない。完全な金属から不完全なものに変容させるのは、後者から前者にするほど役に立たない。にも拘らず、月の金属とは何か、どこから導かれたかを知るのは良いことである。これらについて知らない者は、月を造る事は出来ないだろう。では、月とは何であろうか? これは霊的に隠された七つの金属の中で、それ自体は七番目で、外的な、物質的な、形質的なものである。この第七のものは、常に自らの中に霊的な六つの金属を含んでいる。そしてこの六つの霊的な金属は、外的で物質的な金属無しには存在出来ない。同様に、外的な金属は、これらの六つの霊的な金属無しには場所やエッセンスが無い。第七の物質的な金属は、液化により容易に混ぜられるが、この混合物は、太陽や月を造るのには役に立たない。そのような混合物の中には、それぞれの金属は自らの性質を残しているか、火によって固められているか、あるいはそこから逃れている。例えば、汝が行える方法により、水星、木星、土星、火星、金星、太陽、月を混ぜたとして、太陽と月がその力により他の五つの金属を太陽や月へと変える事は無い。液化により一つの物体にしても、それぞれの性質は残っている。これは物質的な混合物を経過しなくてはならない審判である。だが、霊的な混合物と金属の合一については、分離や抑制は霊的ではない。そのようなスピリットは体無しには決して存在出来ないからだ。体はこれらから取り去られて一時間に百回は抑制しなくてはならないが、それにより、これらは常に別のより高貴な体を前者よりも得る事ができるだろう。そしてこれは、一つの死から別のものへの金属の変位である。すなわち、低位のものからより高位なもの、つまり月にするのである。そして、そこから最良のもの、最も完全なもの、すなわち太陽の、輝く高貴な金属を作り出す。しばしば上記で言われているように、六つの金属は常に七番目を生成する。あるいは、エッセンスの中で明白に彼らより生成するのは最高の真理である。
 ここで疑問が湧くだろう。月とあらゆる金属がその起源を導き出せ、他の六つの金属から生成されるのなら、その特質と自然は何であろうか? 私の返答は、土星、水星、木星、火星、金星、太陽からは、月以外の金属は生成されない。原因は、それぞれの金属には他の六つの二つの良い性質を持っている。これらが重なる事で十二の性質がある。それらは月の霊であり、それらはごく僅かな言葉のみが知られている。月は六つの霊的な金属とそれらの性質から作られており、それぞれには二つずつの性質を持っている。これらが一つとする事で、十二の性質は一つの金属へと混ざり合い、それらは七つの惑星と十二の黄道十二宮と比べられる。月は水星の惑星と宝瓶宮と双魚宮から流動性と輝く白い光を得ている。また月は木星と人馬宮、金牛宮から白い光と火の中での大いなる堅固さを得ている。月は火星と巨蟹宮、白羊宮から堅さと清澄な音を得ている。月は金星と双児宮、天秤宮から凝固作用の方法を得て、土星と処女宮、天蝎宮から重力において等質的な体を得ている。太陽と、獅子宮、処女宮から、汚れなき純粋さと火の力への耐性を得ている。これらが、大まかに述べた関連する自然と知恵とともに、月の体と霊の流れの自然なエキサルテーションの知識である。さらに、天の影響により原始的な生成によって金属の霊らが得るような、どのような体を得るかも指し示さなくてはならない。鉱夫が、相応しい大きさに石を砕いて、火により液化させ、崩して、形成させる。するとこの金属の霊は、この解体のプロセスにおいて、より良き高貴な体を得る。壊れやすいものではなく柔軟なものとなる。そして錬金術師のもとへと来ると、再び金属の体を崩して融かして人工的に準備する。すると再び金属の霊は、より高貴で完全な体を獲得し、太陽や月以外は、自らを光へと向ける。そしてようやく、金属の霊と体は完全に統一され、腐敗や火のエレメントから安全となり、腐敗しなくなる。


第七の基準 太陽(金)の自然と特性について


 これら六つの霊的な金属の次の七番目は物質的な太陽である。これ自体は純粋な火である。外側の姿で、太陽よりもより美しく輝き、透明で知覚され、重く、冷たく、等質的な体を持っているものはあるだろうか? これらの原因を容易に知覚出来る。すなわち、太陽は自らの中に他の六つの金属を凝固させており、それらにより最も完全な体を形成しているのである。流体性は火エレメントや水星と双魚宮、宝瓶宮の流体性が原因となっており、自らの中に霊的に隠している。その最も明らかな証明は、水星は容易に太陽と抱きかかえるように混ざるからである。だが太陽は、液化した後に熱が引いて冷たさに覆われたら、凝固して固くなる。木星、土星、火星、金星、月の他の五つの金属も必要であり、それらの性質も中に含まれる。これらの五つの金属の中に冷たさが留まるのは特に見つけられる。先に述べた冷たさの理由から、太陽は火の熱無しには液化は難しいからである。水星はその自然の熱や液化の性質によって助ける事は出来ないし、自らを五つの金属の冷たさから守る事も出来ない。水星の熱は太陽を液化状態に維持するには充分では無いからである。ゆえに太陽は水星のみよりも、他の五つの金属に従わなくてはならない。水星自体は、常に流れるように自らを世話する事は出来ない。他の金属らが凝固作用をしていると、それは何の効果も無くなる。この性質は何かを固くするのではなく、液化させるからである。液化を与えるのは、熱と生命の性質であるが、冷たさは固さ、凝固、不動の性質であり、それらは死と比べられる。例えば、六つの冷たい金属、木星、金星、土星、火星、金星、月を液化させたいなら、火の熱によりその状態にもたらさねばならない。冷たい雪や氷はその効果をもたらさず、むしろ固める。火によって液化した金属から火を取り除いたら、冷たさが征服し、それらを堅くし、凝固させ、不動にする。だが、水星が液体のままであり、継続的に生きているなら、私は汝に願うが、これは冷たさに熱が影響したのだろうか? これが冷たさと湿気からもたらされ、その生命は冷たさから来ているという意見は、自然への何の知識も持っていない庶民により推進されている。庶民の判断は過ちのみであり、常に失敗しているからである。ゆえに真理を愛する者は、この意見から離れていよう。水星は実際には冷たさからのみ生きているのではなく、温かさや火の自然においても生きている。生きているものは火である。なぜなら、熱は命であり、冷たさは死だからである。太陽の火は自らが純粋で、それ自体は生きていないが、激しく、硫黄の黄色と赤がその比例により混ざった色を示す。五つの冷たい金属は、木星、火星、土星、金星、月であり、それらの性質を太陽に与えている。冷たさに関してや、その体自身、火に関して、色、乾燥性、硬さ、湿気、主さ、輝き、音などである。だが金は地上の火のエレメントにより燃やされる事も無く、腐敗すらしないが、天上の太陽の堅固さの影響を受ける。一つの火では他を燃やす事はおろか、食い尽くす事すら出来ない。だが火に火を加えたら増大し、より強力になる。太陽よりこの地上へと流れてくる天上の火は天にある火とは違い、また地にあるものとも違う。だが我々のこの天上の火は冷たく凝固であり、それは太陽の体である。ゆえに太陽は我らの火により征服される事は無い。だが天上の太陽からのみ、これらは雪や氷のように液化するのだ。火はゆえに、燃やす火の力は無い。太陽は天で分解した火であり、我らにより凝固となったものだからである。


七つの基準 終



天の哲学 第二部


七つの基準から導かれた特定の論文と付録


神と自然の行いは無には帰さない


 万物の永遠の場所は時の流れから独立しており、始まりも終わりも無く、万物に作用する。本質的に、そこに何の希望も無い場所で働く。それは一見して不可能に思える事を達成する。信念や希望を超えたものが、驚異的な事柄の後に真理を明らかにする。


生ける水星の注記


 白色は生命の性質であり、生命を生み出す原因となる光の力と性質がある。一方では、黒色や黒を生み出すものは、一般的には死の性質があり、闇の特質と死を生み出す力である。この冷たさのある地はこの種の堅さによる凝固と堅固さである。家は常に死んでいるが、その家に住む者は生きている。汝がここで示した力を見つけたなら、汝は征服者となろう。

 液化性の粉末を試し、バーベナの花の脂肪を燃やせ。

 レシピ――塩硝石 四オンス、硫黄半分、歯石 一オンスを混ぜて液化せよ。


水星の凝固についてどう考えるべきか


 水星を抑制し凝固させ、その後に月にしたり、大いなる辛苦の末に昇華させるのは、無駄な労働である。なぜなら、作業の途中で中にある太陽と月を失わせるからである。別の方法があり、それは大きく違っており、より簡潔である。そこでは水星をわずかに失わせて、労苦はより少なくて済む。これは凝固させる事無く月へと変容させる。この錬金術は誰でも学ぶ事が出来る。これはシンプルで容易だからである。そして短い期間で、彼はどれだけの量の銀と金も造れるようになるだろう。長い説明を読むのは大変だし、誰もが直接的な言葉で示されるのを望む。ゆえにそうしよう。以下のように行うなら、汝は太陽と月を得るであろう。その助けにより、汝は非常に豊かな人間となれるだろう。ちょっと待つよう懇願する。このプロセスはわずかな言葉で汝に示せ、それらの言葉は良く消化されるだろう。では言うぞ。土星、水星、木星から、汝は太陽と月を造れる。世界にはこれ以上に簡単に見つけて実践でき、効果的な術は無い。この錬金術により太陽と月を造る方法は迅速であり、去年の雪について書くよりも、書物も入念な教授も必要としない。


錬金術のレシピについて


 では錬金術のレシピと、その多様な入れ物と道具について私は何を言うべきであろうか? 錬金術で用いる道具には、炉、眼鏡、瓶、水、オイル、石灰、硫黄、塩、硝石、明礬、硫酸、 珪孔雀石、緑銅、黒インク、石黄、大青毒、鉛白、赤土、ツキア、蝋、封泥、ガラスの粉末、緑青、煤、卵の殻、火星のクロッカス草、石鹸、水晶、チョーク、砒素、アンチモン、鉛丹、エリクサー、青金石、金箔、硝酸塩、塩化アンモン石、異極鉱、マグネシア、アルメニア土、その他多くのものが使われる。さらに、準備、腐敗、同化、観察、解決、接合、濾過、反射、焼成、目盛、精溜、融合、浄化などについては、多くの錬金術書に詰め込まれている。そして、ハーブ、根、種、木材、石、動物、ウジ虫、骨粉、爪、その他の殻、樹脂といったようなものの中には、錬金術においてこじつけめいたものもあり、作業に苦労する。たとえ太陽と月がこれらから造られたとしても、それらはむしろ防いだり遅らせたりする。だが、――真実を語るならば――それらの中には太陽や月を造る術は無いのだ。ゆえに、これらの事は全て無視せよ。これらには太陽と月に関しては、五つの金属に対して何の効果も無いからだ。ある者は尋ねるかもしれない。ならば、短くて簡単に太陽と月を造る方法はあるのか? 私の答えは完全に開けっ広げに七つの基準の中で示している。これらを理解しない者に教えても、無駄な事だろう。そのような人物に、これらの事柄はかくも容易に理解できるが、それらは秘められたやり方であり、開かれた感覚の方法ではないと納得させるのは不可能であろう。


 「これがこの術である」。天あるいは土星の圏を造り、その生命を地の上に走らせ、それを惑星全ての上に一回か汝が望むならば数回置くなら、その比例に応じて月の大きさが決まろう。天あるいは土星が完全に消えるまで、全てを走らせよ。そしてこれらの惑星全ては古い腐敗する体のまま残り、その間に新たな完全な腐敗しない体を得るであろう。
 この体は天の霊である。これより、これらの惑星全ては再び、体と生命を得て、前のように生きる。この体を生命と地より取れ。それを保持せよ。これは太陽と月である。私はこの術を全て完全に明白に示した。汝がこれでも理解できないならば、あるいはそれらを実践しないならば、まあ良かろう。これは大衆の前には隠した方がいいだろう。


水晶の中に万物を見るための方法


 この方法とは、何かを知り理解するために正しく観察する以外の何物でもない。水晶は風の存在である。風の中に動くもの、動かないもの何であれ現れるなら、同様に鏡や水晶の中にも波として現れる。風や水や水晶では、幻視に関しては一つである。鏡が物を左右対称に映すようにである。


水星の熱について


 水星は湿っていて冷たい性質を持つと考える者は大きく間違っている。これは最も高い熱を持つ性質があり、それにより継続的な液化の状態にあるからだ。これが湿って冷たい性質があるなら、氷のように表れ、常に硬く堅固であろう。よって液化するには他の金属のように火を使う必要があったろう。だが水星には不要である。これは自然と生まれた時から流体であり、この流体を維持し続けて、「素早く」それを与える。よって、これは死ぬことも腐敗することも凝固することもない。また注記する価値あることは、七つの金属の霊らは、あるいはこれらの多くを混ぜ合わせ火に近づけたら、他のもの、特に水星の性質を含むようになる。それにより、それぞれは液化と変容に関する力と性質の熟達を得るようになる。一つのものが、他の性質、生命、形態を得て、ほかの性質と形態をこのものへと与える。それにより、金属の霊ないし蒸気は、熱によりお互いに混ざり合い、一つの性質から別のものへと変容し、やがて完全と純粋を得るようになる。
 だが熱と湿気を取り去り、大きな冷気により水星に腐敗と凝固と抑制を与えるためには、水星のそばで何をすべきであろうか? 以下の言葉に忠実に従え。純粋な水星を銀の箱の中に入れ、壺を鉛の断片で満たし、その真ん中に銀の箱を置く。自然な日に二十四時間置いておく。これにより水星から秘められた熱を取り去り、外的な熱を加え、土星と月(どちらの惑星も冷たい性質がある)の内なる冷たさを与える。これにより水星は凝固し硬くなる。
 また、冷たさ(水星が凝固し制約されるためには必要である)は、雪や氷のような外的な感覚において知覚するものではないのに注意せよ。むしろ、外的には特定の量の熱がある。水星が液化するための熱と同様にである。これは外的な知覚可能な熱ではない。また、外的には冷たさも知覚可能ではない。詭弁家ら(真の知恵よりも議論を好む連中だ)は水星は冷たく湿った性質があると間違って断言しているが、彼らは熱の方法により凝固させるよう勧めている。だが彼らが日々自らのものが増えるのではなく減っているのを見つけているように、熱はより液化させるのみである。
 真の錬金術それ自体は、その唯一な術により、どのように五つの不完全に金属から太陽と月を造り出すかを教える。これら以外にレシピを必要としない。これらはかように良く真実に述べられよう。唯一、金属から、金属に、金属により、金属とともに、完全な金属が造られる。それらの一つは月であり、もう一つの金属は太陽である。


錬金術に何の金属と道具が必要か


 鋳物所、空ごう、はさみ道具、トンカチ、釜、壺、そしてブナの灰から造った幾つかのもの以外に必要な物はない。これらを集めたら、土星、木星、火星、太陽、金星、水星、月を置いて、最終的に土星へとこれらを作業させよ。


金属を探す方法


 これらを地と石より見つける希望はほとんど無く、大きな辛苦を伴う。だが、これは得るための最初の行動ゆえ、避けるべきでなく、勧められるものである。そのような望みや欲望は、若者らの結婚生活を望む性向よりも取り除くべきでない。蜂が蜜と蝋を造るためにバラや他の花に長くいるように、人も――金への貪欲や自らの名誉欲は別として――大地より金属を取るべく探すべきである。探さない者は決して得る事は無いだろう。神は人に金と銀のみならず、貧しさ、みすぼらしさ、窮状も与えている。神は一般的に行われるような掘ったり匂いを嗅いだりする必要もなく、これらの原始的な体から取り出す事により、金と銀を容易に短期間に得られる金属と鉱物の知識を幾つか与えている。これは地下の物質についてのみならず、特別な知識と技術により五つの一般的な金属(すなわち、不完全で金属と呼ばれる鉱物より抽出された金属)から取り出せる。すなわち、水星、木星、土星、火星、金星、これら全てから、そしてそれぞれ個別から、太陽と月は造る事が出来る。だがより容易に行えるものもある。太陽と月は水星、土星、木星からは容易に造れるが、火星と金星からは難しいと注意せよ。これらを造るのは可能であるが、太陽と月に加える事によってである。マグネシウムと土星から月は生まれる。木星と純粋な辰砂から太陽は起き上がる。有能な術師はしかし(私はよく覚えているが!)金属の準備の素晴らしい考慮と思索の真の方法により、七つの惑星と十二のサインにより、より優れた金属の変容を完成させるのが可能となろう。この方法では、これらの軌道、そのアスペクト、日と時間の吉凶、これらの惑星の幸福や不幸な状態、それによって自然錬金術ではその惑星の作業がうまく行きやすかったり失敗しやすかったりする、を詳細に観測する。これらを使わなくても汝がうまく行きそうならば、好む時に作業せよ。だが汝が望むことや汝の作業の状態や、汝の理解で、惑星と天の星々は汝の作業に大きく影響しよう。
金属が地下に充分に長く埋められていたら、錆に覆われるのみならず、これらは自然な石へと変容する。それらは多くあるが、知られているのはごく僅かである。異教徒の貨幣と呼ばれる古い石が見つかっており、そこには違った人物像が描かれている。これらのコインは当初は金属であったが、自然により長い変容の結果、石となったのである。


錬金術とは何か


 錬金術とは金属を一つのものから別のものへと変容させる目的、意図、鋭敏な努力以外の何物でもない。これらに従い、個々の人物は、彼自身の精神的な理解に応じて、術とより良い方法を選ぶ事が出来る。そして真理を見つける。物事により厳しく従う者は真理を見つけるからだ。星々と石の正しい分析は大いに必要である。星は全ての石の霊を教えるからである。天の星々の中の太陽と月は、それ自身の石以外の何物でもない。そして地上の石は天の石から来たものである。天の石と同様の火、炭、灰、同じ爆発と浄化によりである。これらは分離されもたらされ、その輝きは純粋で清澄である。地球全体は、何らかの物を放り出し、固め、混ぜ、腐敗させ、地上に置き、そして再び凝固させる。そして徐々に一つの質量へと液化させたり、石にしたりして炎の圏の中央に置く。さらなる注記として、これらの宝石は、天上や星座のものの完全、純粋、美、輝き、徳、火に対する力、腐敗しない性質に類似しており、これらは他の地上の石により固定される。
 それゆえ、これらは天上の石や星々と強い親和性がある。これらの性質は星々からもたらされたからである。これらは荒い地形で見つけられる。そして大衆は(彼らは常に間違った視点を持つので)これらが見つけた場所と同じ場所で造られたと信じている。そして、これらは磨かれて動かされ固められ、これらの色や美、その他の性質により、大いなる富を得られるとされる。以下に置いて簡潔な説明をする。


 エメラルド。これは緑色の透明な石である。これは目と記憶を強化するのに良い。これは貞節を守り、これを持つ者によって破られたら、石は完全さを維持しなくなる。

 アダマント。黒い水晶で、アダマントとも喜びの石とも呼ばれる。これを持つ者に喜びを与える効果がある。これは曖昧で透明な黒さ、鉄の色を持つ。これは最も硬い石である。だが、山羊の血によって溶ける。最も大きいものでも、ハゼルの実より大きくはならない。

 磁石は鉄の石であり、鉄を引き寄せる。

 真珠は海の貝殻から生まれるので石では無い。白色をしており、人にせよ魚にせよ、動くものがこれを持ち運ぶと育っていくように見える。これは石そのものの性質というより、堕落した(あるいは変異した)完全な作業に介入した自然による性質である。

 風信子石は黄色で透明な石である。同じ名前の花もあるが、詩人らの寓話によれば、人間だったという。

 サファイアは天の色と性質を持つ石である。

 ルビーは激しく赤く輝く。

 カーバンクル石は太陽の石であり、太陽のように自ら輝く。

 珊瑚は白か赤い石であり、透明では無い。これは海で水と風により育ち、樹や低木の形となる。これは風で硬くなり、火によっては破壊されない。

 玉髄は違った色が混ざった石であり、曖昧さと透明さの中間にある。また曇りと生き生きした色とも混ざり合っている。これは全ての宝石の中で最低のものである。

 トパーズは夜に輝く石である。これは岩の辺りで見つかる。

 アメジストは紫と血の色をした石である。

 翡翠は夜に火のように見え、昼には黄金のように見える。

 水晶は氷に非常に似ている白い透明な石である。これは他の石から摘出され生み出される。


 この事柄の堅固な基礎として、以下の結論を記す。誰にせよ知的に合理的に金属や、それらが何であるか、どこでこれらは生み出されるのかを学んだなら、我々の金属は一般的な石、すなわち樹脂、獣脂、脂肪、オイル、石の最良の部分以外の何物でもないと知るであろう。だがこれは石に隠れたり混ざっている限りにおいて、不純で汚染され不完全である。それゆえ、石の中で見つけて摘出して力づくで引き寄せて液化する必要がある。それにより、これはもはや石ではなく、完全な金属であり、それ自体が地上のとは違う石である天の星々と比べられる。
 それゆえ誰にせよ鉱物と金属を学ぶには、山脈の深みで見つけられるような一般的で知られている金属のみではなく、他のものも知るべきである。それらは、地上の非常に浅い表面で見つけられる。そして、見つけたあらゆる石は、その大きさに関わらず、たとえ火打石や単純な岩にせよ、その自然と特質に応じて慎重に観察して正しい秤により重さを量るのだ。しばしば捨て去られて顧みられない一般的な石が、雌牛よりも価値があるのだ。この石が見つかった場所のみに注視すべきではない。天の影響が勝っているからだ。地にせよ塵にせよ砂にせよ、どこであろうとも金や銀がしばしば含まれている石を汝は見つけるであろう。


これにて、天の哲学は終わる



↑ パラケルスス
↑ トップページ