オカルト哲学

ページ名:オカルト哲学


 ハインリヒ コルネリウス アグリッパ フォン ネテスハイム(1486年 - 1535年)は、ドイツのケルン(あるいはその近くのネテスハイム村)に生まれたルネッサンス期を代表するオカルティスト、魔術師である。そのオカルト知識はシュポンハイム修道院長のヨハンネス トリテミウスから伝授されたという(ちなみに、7歳年下の同時代人だったパラケルススもトリテミウスの下で学んでいる。当時トリテミウスはヨーロッパ最大のオカルト図書館を修道院に持っており、多くのオカルト学者らがそれを目当てに集まっていた)。かの人文主義者エラスムスから炎の如き天才と称されたアグリッパは、軍人として神聖ローマ帝国の北イタリア戦役に参加したり、占星術師としてフランス王に仕えたりと、様々な職業を遍歴しヨーロッパ中を放浪したが、やがて家族を持ってからは故郷のケルンに戻り落ち着く事になった。
 その主著であるオカルト哲学(De Occulta Philosophia Libri Tres)は当時のオカルト、魔術の文献を集めた百科全書である。下書きは23歳の時に既に完成していたが、20年かけて書き加え続け、初版は1531年にパリで出版された。
 ところでオカルト哲学というタイトルであるが、この時代にPhilosophiaは狭義の哲学のみならず(神学を除いた)諸学一般の意味でも使われていたので、厳密に題名を直訳すると「オカルト学について」となる。
 本書は三冊で構成され、それぞれエレメンタル界(この地上の現実世界)、天上界(天の惑星と星座)、知性界(プラトンのいうイデア、原型の世界。神の領域)とその魔術に対応している。当時のルネッサンス知識人らが好んだ新プラトン主義の影響が濃い内容になっている。
 訳の原書は、Joseph H. Petersonのサイトにあるものにしたが、Donald Tyson編版の詳細な脚注も参考にした。


第一の書

オカルト哲学 1-1 第一章 三界より賢者らが発見した性質が、これら三部の書に記される
オカルト哲学 1-2 第二章 魔術とは何か、何が含まれるのか、その博士達はどのように認められるべきか
オカルト哲学 1-3 第三章 四大エレメンツ、その性質、相互の混合について
オカルト哲学 1-4 第四章 エレメンツの三要素の考察について
オカルト哲学 1-5 第五章 火と地の驚異的な自然について
オカルト哲学 1-6 第六章 水と風の驚異的な自然について
オカルト哲学 1-7 第七章 混合物の種類、エレメンツとの関連、混合したエレメンツ自身との関連、そして人間の魂、感覚、気質について
オカルト哲学 1-8 第八章 天空、星々、悪魔、天使、さらに神自らの中にどのようにエレメンツはあるのか
オカルト哲学 1-9 第九章 エレメンツに従属する自然物の性質について
オカルト哲学 1-10 第十章 ものの隠された性質について
オカルト哲学 1-11 第十一章 どのように秘められた性質はイデア、世界魂を通じ、星々の光線により物事の種類へ影響したか。また、この性質を多く含む物は何か
オカルト哲学 1-12 第十二章 たとえ同じ種の中でも、特定の性質はどのようにして特定の個体に影響するか
オカルト哲学 1-13 第十三章 物のオカルトの性質はどこから発するか
オカルト哲学 1-14 第十四章 世界霊とは何か、媒体としてどのように秘められた性質と物とを繋げているのか
オカルト哲学 1-15 第十五章 類似の方法により我々はどのようにして物の性質を見つけ調べるか
オカルト哲学 1-16 第十六章 どのように、一つのものから別のものへと様々な性質は作用し、また相互に影響するのか
オカルト哲学 1-17 第十七章 ものの性質はどのように友好や対立を作るか、それをどう見つけるか
オカルト哲学 1-18 第十八章 対立の傾向について
オカルト哲学 1-19 第十九章 ものの特別な性質や個人の特別な才能をどのように見つけるか
オカルト哲学 1-20 第二十章 もの全体やその部分にある自然の性質
オカルト哲学 1-21 第二十一章 ものに一生の間ある性質と死後も残る性質について
オカルト哲学 1-22 第二十二章 どのように低位のものが高位の星々に影響されるか、また人間の肉体、行動、気質はどのように星々とサインに帰するか
オカルト哲学 1-23 第二十三章 自然物に影響する星々をどうやって知るべきか。また太陽の影響下にあるもの
オカルト哲学 1-24 第二十四章 月的なもの、あるいは月の力の影響下にあるもの
オカルト哲学 1-25 第二十五章 土星的、あるいは土星の力の影響下にあるもの
オカルト哲学 1-26 第二十六章 木星的、あるいは木星の力の影響下にあるもの
オカルト哲学 1-27 第二十七章 火星的、あるいは火星の力の影響下にあるもの
オカルト哲学 1-28 第二十八章 金星的、あるいは金星の力の影響下にあるもの
オカルト哲学 1-29 第二十九章 水星的、あるいは水星の力の影響下にあるもの
オカルト哲学 1-30 第三十章 地上の世界全体と、そこにある惑星により影響されるもの
オカルト哲学 1-31 第三十一章 地方や諸王国はどのように惑星に関連づけられているか
オカルト哲学 1-32 第三十二章 サイン、星座、それらの像の下にあるもの
オカルト哲学 1-33 第三十三章 自然のものの印と印章について
オカルト哲学 1-34 第三十四章 自然の物とその性質により、我々はどのように力を引き、影響力や天体の性質を引き寄せるか
オカルト哲学 1-35 第三十五章 混合されたものと、その利益
オカルト哲学 1-36 第三十六章 混ざったものの合一と、より高貴な形態と生命の感覚を導入する
オカルト哲学 1-37 第三十七章 どのように、ある自然と人工的な準備により特別な天上の活力ある贈物を得るか
オカルト哲学 1-38 第三十八章 天上と生命的なものだけでなく、上からの知的、神性の贈物をどう引き寄せるか
オカルト哲学 1-39 第三十九章 特定のものにより我々は世界の神々とその配下の霊らを刺激する
オカルト哲学 1-40 第四十章 縛るものとはどんな物なのか、どのような方法で行われるか
オカルト哲学 1-41 第四十一章 妖術師とその力について
オカルト哲学 1-42 第四十二章 妖術の種類の驚異的な性質について
オカルト哲学 1-43 第四十三章 香の使用方法と力について
オカルト哲学 1-44 第四十四章 惑星に相応しい香の構成
オカルト哲学 1-45 第四十五章 目薬、塗り薬、惚れ薬とそれらの性質について
オカルト哲学 1-46 第四十六章 自然の混合と吊るすものについて
オカルト哲学 1-47 第四十七章 指輪とその構成物について
オカルト哲学 1-48 第四十八章 場所の性質と星々に向いている場所について
オカルト哲学 1-49 第四十九章 光、色、ロウソク、ランプについて。また何の星々、ハウス、エレメンツ、色が帰するのか
オカルト哲学 1-50 第五十章 魅了とその術について
オカルト哲学 1-51 第五十一章 驚異的な性質を産み出す特定の行いについて
オカルト哲学 1-52 第五十二章 顔つき、仕草、癖、体の形と、これらの何の星々が答えるか。観相、人相、手相、占いの術について
オカルト哲学 1-53 第五十三章 占いとその種類について
オカルト哲学 1-54 第五十四章 特定の動物や占者には意味がある他の事柄からの予兆について
オカルト哲学 1-55 第五十五章 自然の直観の光により、予兆を確証する方法と、それを見つけるための幾つかの規則について
オカルト哲学 1-56 第五十六章 閃光や稲妻の予言と奇怪で驚異的な事柄を解釈する方法について
オカルト哲学 1-57 第五十七章 地占術、火占術、風占術、水占術、四大エレメンツの占術について
オカルト哲学 1-58 第五十八章 死者や長い間食べずに眠っている者の復活について
オカルト哲学 1-59 第五十九章 夢による神託について
オカルト哲学 1-60 第六十章 人々が目覚めている時に起きる狂気と神託について。また、それにより時には霊が人体に憑依するメランコリー気質の力について
オカルト哲学 1-61 第六十一章 人の形成、外側の感覚、また内側の感覚と心、魂の三つの欲望、意志の情熱について
オカルト哲学 1-62 第六十二章 心の情熱、その源、違い、種類について
オカルト哲学 1-63 第六十三章 心の情熱が性質の変化と霊の動きによって、どのように適切な体を変化させるか
オカルト哲学 1-64 第六十四章 心の情熱が類似からの模倣によって体をどう変化させるか。人の変容と変換について。そして想像力の何の力が肉体のみならず魂にも影響するか
オカルト哲学 1-65 第六十五章 心の情熱が他人の体にどう働くか
オカルト哲学 1-66 第六十六章 天の活動によって心の情熱が助けられる事と、あらゆる作業で不変の心がいかに必要であるかについて
オカルト哲学 1-67 第六十七章 人の心が天の星々の心と知性体といかに加わり、共に低位の物への特別で驚異的な性質を与えるか
オカルト哲学 1-68 第六十八章 我々の心がどのように低位の物を望むように変えたり縛ったりするか
オカルト哲学 1-69 第六十九章 発言と言葉の性質について
オカルト哲学 1-70 第七十章 適切な名前の性質について
オカルト哲学 1-71 第七十一章 文、詩編として多くの言葉が組み合わされる事と、その魅惑の性質と収斂について
オカルト哲学 1-72 第七十二章 魅惑の驚異的な力について
オカルト哲学 1-73 第七十三章 書く事の性質と、呪文と銘を作る事について
オカルト哲学 1-74 第七十四章 ここで示す図表とともに様々な言語に従った、天のサインや惑星と比例、照応、縮図した文字について

第二の書

オカルト哲学 2-1 第一章 数学の学習の必要性と数学によってのみ行われる多くの驚異的な働きについて
オカルト哲学 2-2 第二章 数と、それらの力と性質について
オカルト哲学 2-3 第三章 自然物と超自然物において、数がどれだけ偉大な性質を持つか
オカルト哲学 2-4 第四章 1の数とその表について
オカルト哲学 2-5 第五章 2の数とその表について
オカルト哲学 2-6 第六章 3の数とその表について
オカルト哲学 2-7 第七章 4の数とその表について
オカルト哲学 2-8 第八章 5の数とその表について
オカルト哲学 2-9 第九章 6の数とその表について
オカルト哲学 2-10 第十章 7の数とその表について
オカルト哲学 2-11 第十一章 8の数とその表について
オカルト哲学 2-12 第十二章 9の数とその表について
オカルト哲学 2-13 第十三章 10の数とその表について
オカルト哲学 2-14 第十四章 11、12の数と、カバラとオルペウスによる2つの12の数の表について
オカルト哲学 2-15 第十五章 12を超える数と、その力と性質について
オカルト哲学 2-16 第十六章 特定の指のしぐさで示される数への記述について
オカルト哲学 2-17 第十七章 ローマ人が行ってきた数の様々な記述法について
オカルト哲学 2-18 第十八章 ギリシア人の様々な記述法や文字について
オカルト哲学 2-19 第十九章 ヘブライ人とカルデア人の記述法と、マギの特別な他の記述法について
オカルト哲学 2-20 第二十章 文字に何の数が割り当てられているのかと、これらによる占術について
オカルト哲学 2-21 第二十一章 神々とエレメンツに捧げられた数について
オカルト哲学 2-22 第二十二章 諸惑星と、その性質、形、その神名、知性体、霊の図
オカルト哲学 2-23 第二十三章 幾何学図形や立体の、何の性質が魔術において強力なのか、いずれが個々のエレメントや天と共同するかについて
オカルト哲学 2-24 第二十四章 音のハーモニーとその力について
オカルト哲学 2-25 第二十五章 音、ハーモニーと、その働きの驚異について
オカルト哲学 2-26 第二十六章 天の諸惑星と同意するものと、星々と照応するハーモニーや音について
オカルト哲学 2-27 第二十七章 人体の比率、計測、ハーモニーについて
オカルト哲学 2-28 第二十八章 人の魂の構成とハーモニーについて
オカルト哲学 2-29 第二十九章 あらゆる魔術作業に不可欠な天の観測について
オカルト哲学 2-30 第三十章 諸惑星が最も強力な影響のある時について
オカルト哲学 2-31 第三十一章 恒星の観察や、それらの性質について
オカルト哲学 2-32 第三十二章 太陽、月とそれらの魔術的な考慮について
オカルト哲学 2-33 第三十三章 月の28宿と、その性質について
オカルト哲学 2-34 第三十四章 第8圏で観察される天体の真の動きと惑星時間の図について
オカルト哲学 2-35 第三十五章 像、印といった人工的なものが、天の諸惑星からどのように性質を得るか
オカルト哲学 2-36 第三十六章 黄道十二宮の像と、何の性質が刻まれ、星々から受け取るかについて
オカルト哲学 2-37 第三十七章 フェイスの像と、黄道に含まれない像について
オカルト哲学 2-38 第三十八章 土星の像について
オカルト哲学 2-39 第三十九章 木星の像について
オカルト哲学 2-40 第四十章 火星の像について
オカルト哲学 2-41 第四十一章 太陽の像について
オカルト哲学 2-42 第四十二章 金星の像について
オカルト哲学 2-43 第四十三章 水星の像について
オカルト哲学 2-44 第四十四章 月の像について
オカルト哲学 2-45 第四十五章 月の竜頭と竜尾の像について
オカルト哲学 2-46 第四十六章 月の宿の像について
オカルト哲学 2-47 第四十七章 ベヘニアの恒星の像について
オカルト哲学 2-48 第四十八章 像と文字の中間である地占術の形について
オカルト哲学 2-49 第四十九章 その姿が天の形象に似たものではなく、作業者の心が望むものに似たものである像について
オカルト哲学 2-50 第五十章 一部の像の特別な天の観測と実践について
オカルト哲学 2-51 第五十一章 天の規則と模倣により造られた文字と、図とともに、どのように幾何学模様からこれらを導くかについて
オカルト哲学 2-52 第五十二章 特定の類似性から描かれる文字について
オカルト哲学 2-53 第五十三章 占星術無しにはどの占断も完全では無いこと
オカルト哲学 2-54 第五十四章 いつ、どこで占術の性質がくじに起こるかについて
オカルト哲学 2-55 第五十五章 詩人や哲学者らの伝統に従った世界魂と天について
オカルト哲学 2-56 第五十六章 これらは理性によっても確証される
オカルト哲学 2-57 第五十七章 世界魂と天の魂らは、理性的で神的な理解を共にしていること
オカルト哲学 2-58 第五十八章 天の魂らの名前と、この小宇宙、すなわち人体への影響について
オカルト哲学 2-59 第五十九章 世界の7惑星の支配者と、魔術の言葉に仕えるそれらの様々な名前について
オカルト哲学 2-60 第六十章 人間の印象はそれらの力を外的なものに自然と印象付けること。そして、どのように人の心が知性界の各段階を通過しつつ上昇し、より深遠な霊や知性体となるか

第三の書

オカルト哲学 3-1 第一章 宗教の必要性、力、利益について
オカルト哲学 3-2 第二章 宗教の中で秘密の事柄について
オカルト哲学 3-3 第三章 真の魔術師と奇跡の働き手であるために何の威厳ある行いが必要か
オカルト哲学 3-4 第四章 儀式魔術の助けとなる宗教と迷信について 
オカルト哲学 3-5 第五章 真理の道へと導く宗教の3つの導き手について
オカルト哲学 3-6 第六章 これらの導き手により、どのように人の魂は神の性質へと上昇し、奇跡の働き手となるか
オカルト哲学 3-7 第七章 真の神の知識は魔術師には不可欠であることと、古の魔術師と哲学者らは神についてどう考えていたか
オカルト哲学 3-8 第八章 古の哲学者らは神の三位一体についてどう考えていたか
オカルト哲学 3-9 第九章 神と最も聖なる三位一体について、何が真にして最も正統な信仰か
オカルト哲学 3-10 第十章 ヘブライ人が数を、他の者らが異教の神々の属性を当てはめている神の流出について。また10のセフィロトと、それらを司る10の最も聖なる神名と、その解釈について
オカルト哲学 3-11 第十一章 神名と、その力と性質について
オカルト哲学 3-12 第十二章 全ての仲介者を通しての、下位のものへの神名の影響について
オカルト哲学 3-13 第十三章 神の部分と、我々の部分へのこれらの影響について
オカルト哲学 3-14 第十四章 異教の神々と、天の諸惑星の魂について。また古においてどの場所が神々へ捧げられた聖地だったか
オカルト哲学 3-15 第十五章 天の魂らについて、我々の神学者らはどう考えているのか
オカルト哲学 3-16 第十六章 知性体と霊ら、それらの3つの種類と様々な名前、さらに地獄と地下の霊らについて
オカルト哲学 3-17 第十七章 これら天使についての神学者らの意見について
オカルト哲学 3-18 第十八章 悪霊らの位階と、その堕天や様々な性質について
オカルト哲学 3-19 第十九章 悪魔の体について
オカルト哲学 3-20 第二十章 悪霊の不快さについてと、善霊により我々が持つ保護について
オカルト哲学 3-21 第二十一章 適切な守護神に従うのと、それらの性質を調べる事について
オカルト哲学 3-22 第二十二章 人の3体の守護者らと、それぞれがどこから現われたか
オカルト哲学 3-23 第二十三章 天使の言語と、彼ら自身の間や我々との対話について
オカルト哲学 3-24 第二十四章 霊らの名前とこれらに様々に課せられたものついて、また星々、宮、天の四方、エレメンツに配置された霊らについて
オカルト哲学 3-25 第二十五章 ヘブライの賢者らはどのように聖書から天使の御名を導いたか、またジルフの図と文字と数の変換を用いて導きだした神名を含む72の天使について
オカルト哲学 3-26 第二十六章 天の諸惑星の配置から霊や守護神の名前を見つける方法について
オカルト哲学 3-27 第二十七章 カバラ学者の伝統による、これらの名前を計算する方法について
オカルト哲学 3-28 第二十八章 どのような時に霊らの名前がそれが置かれたものから取られるか
オカルト哲学 3-29 第二十九章 霊の文字や印章について
オカルト哲学 3-30 第三十章 カバラ学者による文字を作る別の方法
オカルト哲学 3-31 第三十一章 文字の別の伝統と、啓示により受け取った霊らの印章について
オカルト哲学 3-32 第三十二章 どのように善霊を呼ぶかと、どのように悪霊を服従させるか
オカルト哲学 3-33 第三十三章 霊らを縛るものと、それらの厳命と追放について
オカルト哲学 3-34 第三十四章 魂の位階と英雄について
オカルト哲学 3-35 第三十五章 死すべき定めの地上の神々について
オカルト哲学 3-36 第三十六章 人はどのように神の像として造られたか
オカルト哲学 3-37 第三十七章 人の魂と、どのようにして肉体と結びつくかについて
オカルト哲学 3-38 第三十八章 人は上位の世界、様々な知性体の位階や諸天から何の神的な賜物を受け取るか
オカルト哲学 3-39 第三十九章 どのように良い性質のある上位物の影響が、低位物の中で堕落し、不幸の原因となるか
オカルト哲学 3-40 第四十章 あらゆる人には神的な印が植え付けられており、その性質により人は奇跡の働きを得られること
オカルト哲学 3-41 第四十一章 人の死後についての様々な意見
オカルト哲学 3-42 第四十二章 どのような魔術師や降霊術師の方法によって、死者の魂を呼べると彼らは考えるか
オカルト哲学 3-43 第四十三章 精神と理性と想像力の中にある人の魂の力について
オカルト哲学 3-44 第四十四章 魂の段階とそれらの破壊や不死について
オカルト哲学 3-45 第四十五章 予言と熱狂について
オカルト哲学 3-46 第四十六章 ムーサイによる第1の種類の熱狂について
オカルト哲学 3-47 第四十七章 ディオニューソスによる第2の種類の熱狂について
オカルト哲学 3-48 第四十八章 アポローンによる第3の種類の熱狂について
オカルト哲学 3-49 第四十九章 ウェヌスによる第4の種類の熱狂について
オカルト哲学 3-50 第五十章 病や卒倒や感情の激発にある者らに起きる忘我、恍惚、未来予知について
オカルト哲学 3-51 第五十一章 予知夢について
オカルト哲学 3-52 第五十二章 神託の確実な力を持つ、くじや徴について
オカルト哲学 3-53 第五十三章 神託を受ける者はどう備えるべきか
オカルト哲学 3-54 第五十四章 清めと、どのように行うかについて
オカルト哲学 3-55 第五十五章 節制、断食、禁欲、隠居、精神の平穏と高める事について
オカルト哲学 3-56 第五十六章 告解と施しについて
オカルト哲学 3-57 第五十七章 高揚をもたらす外的に用いるものについて
オカルト哲学 3-58 第五十八章 崇拝と誓約について
オカルト哲学 3-59 第五十九章 供犠、寄進と、それらの種類と方法について
オカルト哲学 3-60 第六十章 古人が供犠や寄進のために用いていた祈りや儀礼について
オカルト哲学 3-61 第六十一章 神や低位の神々に対して、何を行うべきか
オカルト哲学 3-62 第六十二章 聖別とその方法について
オカルト哲学 3-63 第六十三章 何が聖と呼ばれたり聖別された物か。どのようにこれらが我々と神々との間のものになるか。また聖なる時について
オカルト哲学 3-64 第六十四章 香や塗油といったものの特有の宗教の行い、儀礼、儀式について
オカルト哲学 3-65 第六十五章 本書全体の結論


トップページ