召喚魔術の実践 2-地球を取り巻く帯

ページ名:召喚魔術の実践 2-地球を取り巻く帯

2. 地球を取り巻く帯の一部のオリジナルの知性体達


 儀式魔術を実践する魔術師が、エレメンツの霊的存在らの真のマスターとなったら、彼は自らの魔術開発のさらに先を進み、次の圏である地球を取り巻く帯(すなわち、我々の星のメンタル、アストラル圏)を扱い始める。この地球帯、地球を取り巻く帯には、多くの霊的存在が住んでおり、それらと接触する事で魔術師は自らの知識と力を増大させられる。これらの圏のうち、ここでも私が大昔に接触した者らについて、以下で記す事にしよう。勿論、魔術師はメンタルやアストラルの旅により、この圏の他の霊的存在との繋がりも確立させる事が出来る。



 図 1:アシュムナダイ Aschmunadai――は地球を取り巻く帯の強力な秘儀参入者である。彼は絶対君主のランクにある。図1で示した彼の普遍的な印は、非常に複雑なものであるが、地球を取り巻く帯と我々の物理世界と関連して、この高次の知性体が持つ本質的な性質の全てが絵的に表わされている。最初の召喚では、この印は青、赤、緑、黄色で描かれ、魔術の円の外側で、魔術師の前の三角形の中に置く必要がある。魔術師がアシュムナダイとの接触を得たら、彼から省略された印(図 2/8を参照せよ)を与えられ、この助けにより魔術師はこの知性体を呼べる。このアシュムナダイの単純化させた印は、アシュムナダイの承認があるまでは使ってはならない。アシュムナダイは魔術師に地球を取り巻く帯のメンタル、アストラル界を動かす全ての法を教え、それらを用いられるようにする。アシュムナダイの助けにより、魔術師は地球を取り巻く帯全てを支配下に置き、多くの知識を得る事が出来る。アシュムナダイは多くの従者を持っているので、彼は魔術師に求められたら与え、それらの従者は地球を取り巻く帯と我々の物理世界で魔術師を助けて、望む何事も行うだろう。





 図 2:アラディアー Aladiah――と、図 3:コノロム Kolorom――は、アシュムナダイの代理であり、彼の第一の腹心である。最初の召喚では彼らの印は黒色で描く。アラディアーは地球を取り巻く帯のエレメンツを巧みに制御している。その証明として私は図 4:ギボラ Giboraを指し示し、私のアラディアーとの先に接触では、強風と雷嵐を支配するために彼からこの名前と印の両方を与えられた。ギボラの名を唱えて空中に魔術の手により印を描いたら、アラディアーは魔術師に強風や雷嵐を瞬時に静めさせるようにする。無論、アシュムナダイと彼の二人の腹心との接触がされない限り、この印には魔術的な効果は無い。



 図 5:シーナ Siilla――(印の色は緑)は地球を取り巻く帯の別の頭領であり、魔術師に全ての象徴を説明出来る。つまり彼は魔術師に象徴的言語の形式を完全に理解できるように教える。魔術師が象徴言語の堅固な形式を良く知るならば、彼はまた普遍的法則、アカシャ原理とのそれぞれの形式の類推の繋がりも知るだろう。



 図 6:リリサ Lilitha――(印の色は赤)は地球を取り巻く帯の女性のオリジナルの知性体である。アシュムナダイと似て、彼女もこの圏と我々の惑星に関する全ての魔術の実践を知る。



 図 7:アサマルク Asamarc――(印の色は赤と青)は地球を取り巻く帯のオリジナルの知性体であり、真の合法性、つまり地球を取り巻く帯と物理世界の類推の法則を制御し、魔術師にこれらを教えられる。高次の知性体として、彼は魔術師に地球を取り巻く帯の至高の知識を得られるようにし、同時にこの知識の実践的使用の方法についても教える。



 図 8:これはアシュムナダイの単純化した印である。



 図 9:エムエル Emuel――(印の色は赤、青、黒)は魔術師に、遺伝における肯定と否定の総合、つまり生命の原初の秘密を説明できる。



 図 10:ウビヴェー Ubiveh――(印の色は赤と青)は魔術師に地球を取り巻く帯と我々の物理世界に月の圏がメンタル、アストラル、物理的に影響する仕組みについて教える。



 図 11:アサエル Asael――(印の色は赤、青、緑)は魔術師に地球を取り巻く帯の電流と磁気流の振動の基礎を教え、我々の物理世界でのこれらの振動の影響への彼の制御と理解を助ける。またこの知性体は魔術師にメンタル界と物理世界の真の電磁気流を獲得させ、それらを正しく用いる方法について教える。アサエルは特定の目的のための電磁ボルトを作る達人であり、魔術師にそれらの教授も与えられよう。



 図 12:ゴイェル Gojel――(印の色は赤、黒、緑)は創造された万物の化学的調合の専門家である。魔術師はこの知性体から、様々な化学的調合とその力などと、この魔術知識の実践的応用について学べるだろう。



 図 13:アルミエル Armiel――(印の色は赤、青、黒)は全ての錬金術のプロセスを知る。彼は魔術師に金属の変容の秘密を教えられる。例えば、彼に乾燥のプロセスにより哲学者の石を作る方法や、そのために必要な準備などの情報を与えられる。



 図 14:アムティム Amuthim――(印の色は赤、青、緑)は魔術師に形を魔術的に別の形へと変化させる方法を教える。つまり彼は魔術師に物体の非物質化と再物質化の秘密を明らかに出来る。



 図 15:コエル Coel――(印の色は赤と青)は魔術師に動物界の類推の法則を知らせ、彼に類推の法則の力により魔術的に動物に影響を与える方法を教える。



 図 16:ヨド・ヘー・ヴァウ・ヘー――(印の色は赤、青、緑)は魔術師に地球を取り巻く帯における電磁気の影響の象徴的な表れを示す。地球を取り巻く帯のあらゆる霊的存在に対して、三界に影響するこの象徴により魔術師は精通できる。だが魔術師がこの象徴について充分に瞑想していたら、自ら象徴的類推の詳細を見つける事が出来るだろう。



 図 17:アエオイウ Aeoiu――(印の色は赤、青、緑)は地球を取り巻く帯に自らを置いた魔術師に、他の圏から地球を取り巻く帯に、そしてそこから物理世界へと三次元での電磁気流の諸力を引き寄せる方法を教える。この知性体はあらゆる物に対して、先に述べた諸力を三次元の方法により充填させる方法を知り、魔術師に教える。



 図 18:ユオエア Juoea――(印の色は赤、青、緑、スミレ色)は魔術師にあらゆる存在の意識と無意識を貫く方法と、それらを制御する方法を示す。



 図 19:ナフム Nahum――(印の色は赤、青、スミレ色)は魔術師に人であろうと動物であろうと男女いずれにせよ、どんな存在も眠らせられる特別な魔術実践を明らかにする。彼は催眠術の素晴らしい専門家である。魔術師は彼かその従者により、どんな男性にも望む夢や幻視を起こさせる方法を教えられる。



 図 20:ルンミカト Lmmicat――(印の色は赤と緑)は夢の世界のマスターであるナフムと対称的で、地球を取り巻く帯の女性の知性体である。彼女は魔術師に意志により人間を心地よい夢の無い眠りに落とす方法を教える。また魔術師はルンミカトか彼女の従者を用いて、どんな人間に対しても上記の現象を起こす事も出来る。ルンミカトは眠りの女主人で君主である。彼女は眠りと関連している全ての事柄を魔術師に教える。催眠や深い無意識の状態での魔術的な防御を彼女は魔術師に与え、それにより魔術師はそのような、あるいは似た状態でどんなリスクも無く確実に目覚める事が出来るだろう。



 図 21:オスライル Osrail――(印の色は赤とスミレ色)は地球を取り巻く帯の非常に強力で恐ろしい知性体であり、この帯の死の天使と見做されている。この地球を取り巻く帯と物理世界で死に関係するすべての事柄はこの知性体の影響によるものである。この知性体を召喚するのは賢明では無い。高度な経験のある魔術師のみがこれを行うべきである。彼がオスライルを自らの制御下に置くのに成功したら、この魔術師はあらゆる人間の生と死を完全に支配する。だが、宇宙的、カルマ的な意味での倫理的重荷を背負わないためにも、魔術師はこの機能を決して利用しようとはしないだろう。オスライルの印を悪用する者がいたとしたら、この知性体は彼の死の宿命となるだろう。そのため魔術師はこの霊的存在に対して非常に慎重であるべきである。私は魔術師にオスライルについて知らせ、警告するためにのみ、この存在をこのリストに加えている。



 図 22:アドス Ados――(印の色は赤、青、緑、スミレ色、黒)は多くの魔術の宝の守護者である。彼は魔術師に地エレメントの助けによる真の魔術を教える。また彼は魔術師に物理世界の電磁気流を魔術的な方法で実践的に使用する方法を示す。



 図 23:サタ・ペッサヤー Sata-Pessajah――(印の色は赤、スミレ色、黄色)は魔術師に地球を取り巻く帯にどのようにアカシャ原理が発現するかを知らせ、この圏からアカシャ原理、いわゆる原因の原理へと自らを置く方法も教える。サタ・ペッサヤーは非常に強力な知性体であり、魔術師に多くの可能性を明らかにし、自らを地球を取り巻く帯へ置いた時に、メンタルとアストラル体へのあらゆる危険に対して、アカシャ原理の方法によって身を護る方法も教える。同時にサタ・ペッサヤーは魔術師に別の秘密、彼のメンタルとアストラル体を地球を取り巻く帯で透明にする秘儀伝授を与える。それにより、彼はこの圏から来た存在から見られることがなくなる。この知性体により魔術師にはさらに多くの秘密が明かされるだろう。



 図 24:ラオサ Laosa――(印の色は赤、青、緑)もまた地球を取り巻く帯の女性の知性体である。彼女は魔術師に濃度の度合いの様々な小区分の世界を、危険もなく自由に動く方法を教える。また、彼女は魔術師に特別な魔術実践の秘儀伝授を与える。それにより、彼は望むいつでも、地球を取り巻く帯へと赴くために、自らの肉体からメンタルとアストラル体を離脱させられるようになる。ラオサはメンタルとアストラルの旅の魔術実践の素晴らしい秘儀伝授者である。



召喚魔術の実践 2-白羊宮の頭領達
↑ 召喚魔術の実践