占星術入門

ページ名:占星術入門


 本書はウィリアム リリー(William Lilly。1602年 - 1681年)が、1647年にキリスト教占星術( Christian Astrology)として出版したものを、二百年経ってから1852年に編者のザドキエル(ペンネームで本名はリチャード ジェームズ モリソン(1795年 - 1874年)。この人も当時の有名な占星術師だった)が占星術入門(An Introduction to Astrology)と改名した改訂版を出版している。
 ここでは、1781年に発見された天王星(当時は発見者ウィリアム ハーシェル卿の名からハーシェル星と呼ばれる)はこの改訂版に記されているものの、1846年に発見されたばかりの海王星は記されていない。
 古代ローマ時代のプトレマイオスの「テトラビブロス」が古典占星術を大成させたのに比して、本書は現代占星術の基礎を確立させ、そのためリリーは現代占星術の父と呼ばれる。占星術の歴史的に重要な書である。さらに現代でも本書は一部の占星術師らに使われており内容的には古びていない。
 本書で主に解説するホラリー占星術は、特に未来を予知するための占星術として知られている。これは質問者の出生時でホロスコープを書くのではなく、質問を受けた時で書くやり方で、リリーもこの術によって、1666年のロンドンの大火を予知した話は有名である。あまりにその内容が正確すぎたので、当局に放火の張本人ではないかと疑われたというエピソードがある(無論、リリーは無実であり、すぐに釈放される。未来予知は外れればインチキ呼ばわりされて、当たれば自作自演を疑われるから、割に合わない商売である)。
 リリーはまた、この占星術を病気の診断にも応用していた事でも有名であり、本書の中にもそれらは書かれている。


占星術入門 序文
占星術入門 ウィリアム リリーの生涯

占星術入門 1 第1章 惑星、黄道12宮のサイン、竜頭と竜尾、フォーチュン
占星術入門 2 第2章 ハウス、ホロスコープ作成法
占星術入門 3 第3章 アスペクトについて
占星術入門 4 第4章 12のハウス、その性質と意味
占星術入門 5 第5章 土星とその意味合い
占星術入門 6 第6章 木星とその意味合い
占星術入門 7 第7章 火星とその意味合い
占星術入門 8 第8章 太陽とその意味合い
占星術入門 9 第9章 金星とその意味合い
占星術入門 10 第10章 水星とその意味合い
占星術入門 11 第11章 月とその意味合い
占星術入門 12 第12章 竜頭と竜尾
占星術入門 13 第13章 惑星の姿形に関する別の簡潔な説明
占星術入門 14 第14章 惑星やサインの色
占星術入門 15 第15章 12宮が表す性質、場所、国、人体の説明、病
占星術入門 15-2
占星術入門 16 第16章 先の12宮の内容をどう用いるかの解説
占星術入門 17 第17章 惑星の本質的な品位について
占星術入門 18 第18章 惑星の本質的な品位の図
占星術入門 19 第19章 占断の前に考慮すること
占星術入門 20 第20章 表現星、質問者、質問とは何か。そして質問の占断の入門
占星術入門 21 第21章 求められた事柄が成功するか否かを知るには

質問や要求への全ての方法の解答
占星術入門 22 第22章 第1ハウスについての質問。質問者は長生きできるか否か
占星術入門 23 第23章 家で話しかけられる人物を見つけられるか?
占星術入門 24 第24章 船とその航海の安全や破滅について
占星術入門 25 第25章 第2ハウスに関する占断
占星術入門 26 第26章 第3ハウス、すなわち兄弟、知らせ、短い旅などについて
占星術入門 27 第27章 第4ハウスと、その占断について
占星術入門 28 第28章 第5ハウスと、その質問
占星術入門 29 第29章 第6ハウスについて
占星術入門 29-2
占星術入門 30 第30章 第7ハウスとその質問
占星術入門 30-2
占星術入門 30-3
占星術入門 30-4
占星術入門 31 第31章 第8ハウスとその質問、死、持参金、妻の資産など
占星術入門 32 第32章 第9ハウスとその質問。長い旅、学問、教会の登用など
占星術入門 33 第33章 第10ハウスとその質問。権能、昇進、交易、仕事など
占星術入門 34 第34章 第11ハウスとその質問。友人、望み、王の資産など
占星術入門 35 第35章 第12ハウスとその質問、捕囚、私的な敵、行方不明の人物など
占星術入門 36 第36章 ザドキエルによる格言

付録
占星術入門 付録1  2つのヒエログリフの説明


トップページ