タロット図解

ページ名:タロット図解


 本書は19-20世紀の高名なオカルト著者、訳者*1にして黄金の夜明け団のメンバー*2のアーサー エドワード ウェイト(1857年 - 1942年)の"The Pictorial Key to the Tarot"の訳である。
 ウェイトが考案し、パメラ コールマン スミス嬢*3がイラストを描き、ライダー社によって出版されたライダー・ウェイト・スミスデッキ*4は、タロットの全てのカードデッキの中でも最も普及し、タロットの世界の代表デッキとなった。
 その作者による唯一の解説書*5である本書は、全てのタロット解説書の中でも歴史的に最も重要な一冊であるので邦訳しておくことにした。
 ただ、分かり易いとは言いづらいし*6、ウェイトの主要分野であるオカルト、神秘学に突っ込んだ内容であり、直接占断に向けられた内容でもないので、初心者がタロット占いを学ぶ「最初の一冊」には向いていない(この分野はもっと分かり易い入門書が多い)。中~上級者のウェイトタロット使いが、より歴史的なタロット知識を深めたい時に読むのが最適だろう。
 ウェイトの(いつもの)勿体ぶった文体には辟易するかもしれないが、そこは適当に読み飛ばしつつ、本書の要点を掴んでいって欲しい。


タロット図解 序文

第一部 ヴェールとその象徴

タロット図解 1-1 第一章 導入と概論
タロット図解 1-2 第二章 第一クラス。大アルカナ
タロット図解 1-3 第三章 第二クラス。四種のスーツ、あるいは小アルカナ
タロット図解 1-4 第四章 歴史の中のタロット

第二部 ヴェールの背後の教義

タロット図解 2-1 第一章 タロットと秘伝
タロット図解 第二章 大アルカナとその内なる象徴

タロット図解 I 魔術師(The Magician)
タロット図解 II 女高祭司(The High Priestess)
タロット図解 III 女帝(The Empress)
タロット図解 IV 皇帝(The Emperor)
タロット図解 V 教皇(The Hierophant)
タロット図解 VI 恋人たち(The Lovers)
タロット図解 VII 戦車(The Chariot)
タロット図解 VIII 力(Strength)
タロット図解 IX 隠者(The Hermit)
タロット図解 X 運命の輪(Wheel of Fortune)
タロット図解 XI 正義(Justice)
タロット図解 XII 吊るされた男(The Hanged Man)
タロット図解 XIII 死(Death)
タロット図解 XIV 節制(Temperance)
タロット図解 XV 悪魔(The Devil)
タロット図解 XVI 塔(The Tower)
タロット図解 XVII 星(The Star)
タロット図解 XVIII 月(The Moon)
タロット図解 XIX 太陽(The Sun)
タロット図解 XX 審判(The Last Judgement)
タロット図解 0 愚者(The Fool)
タロット図解 XXI 世界(The World)

タロット図解 2-3 第三章 大いなる鍵に関する結論

第三部 一般的な占術技法

タロット図解 3-1 第一章 大アルカナと小アルカナの違い
第二章 小アルカナ、あるいはタロットカードの四つのスーツ

タロット図解 ワンド
タロット図解 カップ
タロット図解 ソード
タロット図解 ペンタクル

タロット図解 3-3 第三章 大アルカナの占術の意味合い 
タロット図解 3-4 第四章 小アルカナの幾つかの追加の意味
タロット図解 3-5 第五章 複数のカードによる循環
タロット図解 3-6 第六章 タロット占術
タロット図解 3-7 第七章 占術の古代ケルト技法
タロット図解 3-8 第八章 タロットカードを読む別の技法
タロット図解 3-9 第九章 三十五枚のカードを用いてリーディングする方法


トップページ


*1 エリファス レヴィのフランス語本やラテン語の薔薇十字団やパラケルススの錬金術書など、多くの重要な本を英訳している。このwikiでもウェイトは大活躍している。
*2 団の分裂後は自らの派である聖黄金の夜明け団を率いた。
*3 1878年 - 1951年。イラストレーター。彼女とウェイトとは、黄金の夜明け団で知り合う。生涯独身で、自ら描いたタロットの大ブームとは裏腹に晩年は貧困に苦しむ。ライダー社がきちんと印税を払っていれば、と今でも多くのタロットファンが義憤を感じている。
*4 かつては、ライダー・ウェイトデッキと呼ばれていたが、近年タロットの絵師の重要性も良く認識されるようになったので、パメラ スミスの名も加えられるようになった。
*5 もとは、1910年のデッキの付属解説書「The Key to the Tarot」の増補版として、1911年にカードが付かない単独で発行された。
*6 ウェイトがわざと仄めかす文にしているのもその一因である。黄金の夜明け団のオカルト守秘義務の誓いにより、タロットのアルカナの奥義については曖昧に語るしか無かったからだろう。