Goetia 41-50

ページ名:Goetia 41-50

41:フォカロル (פוכלור)

 第41の霊は偉大にして強き公爵フォカロル*1と呼ばれ、グリフィンの翼を持つ人の姿で現れる。その権能は人々を殺し、彼らを海で溺死させ、船を転覆させる。この霊は風と海を支配する力があるからである。だがエクソシストから命令されたら、どの人も物も傷つける事は無いだろう。この霊は1000年後に第7天へと帰りたいと望みを持っていた。この霊は30*2の霊の軍団を率いている。ラメンとして身に着けるべき印はこれである。



42:ヴェパール (ופאר)

 第42の霊は偉大にして強き公爵ヴェパール*3と名付けられており、女の人魚のような姿で現れる。その権能は武器を積んだ船と海を守る。またエクソシストが望むならば、海に嵐を引き起こす。さらに、完全な船隊を出現させる。また傷口からの腐敗によりウジ虫を引き起こし、三日で人を殺す。この霊は29の霊の軍団を率いている。作ってからラメンとして身に着ける印はこれである。




43:サブナク (שבנוך)

 ソロモン王が真鍮の壺に入るよう命令した第43番目の霊は力ある偉大な侯爵サプナク*4と呼ばれ、青白い馬に乗り、獅子の頭を持つ屈強な兵士として現れる。その権能は高い塔、城、町を建て、そこに武具を備え付ける。また人々にウジ虫に満ちた傷口を数日間作り出す。さらにエクソシストの命令があれば良き使い魔を与える。この霊は50の霊の軍団を率いている。作ってからラメンとして身に着ける印はこれである。



44:シャックス (שץ)

 第44番目の霊は偉大な侯爵シャックス*5と名付けられており、野鳩の姿で現れ、かすれた微細な声で喋る。その権能はエクソシストの命令により、どんな男女からも視覚、聴覚、理解の機能を取り去る。また王の宝物庫から金を盗み出し、命令されるならば1200年後に元に戻す。この霊はエクソシストの命令により、馬やどんな物も連れてくるが、三角形の中で命令されねばならず、そうでなければ欺き、汝に多くの嘘をつくであろう。また隠されてたり、悪霊によって守られていない全ての物を見つけるだろう。さらに時には良き使い魔を汝に与えよう。この霊は30の霊の軍団を率いている。作ってからラメンとして身に着ける印はこれである。



45:ヴィネ (וינא)

 第45の霊は偉大な王にして伯爵のヴィネ*6と呼ばれ、黒い馬に乗り、片手に毒蛇を持つ獅子の姿で現れる*7。その権能は隠された物や魔女を見つけ、過去、現在、未来の事を告げる。またエクソシストの命令により、塔を建てたり、巨大な石壁を破壊し、海で嵐を引き起こす。この霊は35*8の霊の軍団を率いている。作ってからラメンとして身に着ける印はこれである。



46:ピフロンス (ביפרו)

 第46の霊は伯爵ビフロンス*9と呼ばれ、最初は怪物の姿で現れるが、しばらくしてからエクソシストの命令により、人の姿になる。その権能は人を占星学と幾何学、その他の化学や技芸に博識にさせ、全ての薬草と宝石、木材の性質について教える。また死体を別の場所へと移動させ、その死体のものと思える墓場のロウソクに火を点ける。この霊は6*10の霊の軍団を率いている。そして従う印はこれである。



47:ヴアル (אואל)

 第47の霊は偉大な力ある強力な公爵ヴアル*11と呼ばれ、最初はヒトコブラクダの姿で現れるが、しばらくしてから人の姿になり、エジプト語で喋るが、完全なものではない*12。その権能は女の愛を引き起こす。また、過去、現在、未来の事柄を語る。また、友人や敵の間で友情を作る。この霊はかつて能天使ポテンタテスの位階にあり、37の霊の軍団を率いている。作ってからラメンとして前に身に着ける印はこれである。




48:ハアゲンティ (העגנת)

 第48の霊は偉大な議長ハアゲンティと呼ばれ、最初はグリフィンの翼を持つ力ある雄牛として現れる。だが後にエクソシストの命令により、人の姿に変わる。その権能は人を賢くして、神託について教える。また全ての物質を金へと変え、ワインを水に、水をワインに変える。この霊は33の霊の軍団を率いている。作ってからラメンとして身に着ける印はこれである。



49:クロセル (כרוכל)

 第49の霊はクロセル*13と名付けられており、天使の姿で現れる。この霊は偉大で強力な公爵であり、隠された事柄の神秘を語る。また幾何学と自由諸学を教え、エクソシストの命令があれば、滝のような大きな騒音を作るだろう。だがそこには何の水も無いのだ。この霊は(ソロモン王に述べたように)堕天する前は能天使ポテンタテスの位階にあり、48の霊の軍団を率いている。作ってからラメンとして前に身に着けるその印章はこれである。



50:フルカス (פוך)

 第50の霊は騎士フルカス*14と呼ばれ、青白い馬に乗り、鋭い武器を片手に持ち、毛深い髪に長い髭を持つ邪険な老人の姿で現れる。その権能は哲学、天文学、修辞学、論理学、手相、火占いを完全に教える。この霊は20の霊の軍団を率いている。作ってからラメンとして身に着ける印、署名はこれである。



Goetia 51-60
ゴエティア


*1 Harley 6483では「Focalor」。マサース版では「Focalor、あるいはForcalor、Furcalor」。
*2 マサース版でも30だが、脚注で「幾つかの文書では、30以外もあるが、30がおそらくは最も正しいだろう」とある。
*3 ヴァイヤーは「Vepar、またの名をSepar」。マサース版では「Vepar、あるいはVephar」。
*4 Sloane 2731では「Sabnack」。別版では「Sabnock」。Sloane 3648では「Sabnock」。マサース版では「Sabnock、あるいはSavnok」。ヴァイヤーは「Sabnac、またの名をSalmac」。スコット訳では「Sabnacke、またの名をSalmac」。
*5 ヴァイヤーは「Chax、またの名をScox」。スコット訳では「Shax、またの名をScox」。
*6 マサース版では「Vinē、あるいはVinea」。
*7 マサース版では、脚注で「一部の文書では、獅子の頭を持つと記されている」とある。
*8 Sloane 2731とマサース版では「36」。
*9 Sloane 3648では「Bifrovs」、Sloane 2731では余白に「別の文書ではBifrousとある」。マサース版では「Bifrons、あるいはBifröus、Bifrovs」。
*10 ヴァイヤーは「26」。マサース版は脚注で「6ではなく60だった可能性が高い」とある。
*11 ヴァイヤーは「Wal / Vuall」。Sloane 2731と3648、Harley 6483では「Vuall」。マサース版では「Uvall、あるいはVual、Voval」。
*12 これはスコットの誤訳から来ており、原文では「エジプト語を深い声で喋る」。
*13 ヴァイヤーは「Procell」。Sloane 3648とHarley 6483は「Crocell」、Sloane 2731は「Procel。別の文書ではCrocell」。マサース版では「Crocell、あるいはCrokel」。
*14 ゴエティアの72の霊のうち、騎士の称号を持つのはフルカスのみである。