Goetia 21-30

ページ名:Goetia 21-30

21:モラクス (מאראץ)

 第21の霊は偉大な伯爵にして議長モラクス*1と呼ばれ、人間の顔をした大きな牡牛のような姿で現れる。その権能は人を天文学や他の自由科学すべてに非常に博識にさせる。また良き使い魔を与え、薬草や宝石の性質にも詳しい。この霊は36*2の霊の軍団を率いている。作って身に着ける印はこれである。



22:イポス (יפוש)

 第22の霊は力ある伯爵にして大公イポス*3と呼ばれ、獅子の頭でガチョウの足を持ち尻尾がある人の姿で現れる。その権能は過去、現在、未来の事柄を知り、人を賢く勇敢にする。この霊は36の霊の軍団を率いる。その印、印章はこれであり、汝はラメンとして前に身に着けなくてはならない。



23:アイム (אים)

 第23の霊は偉大にして強大な公爵アイム*4と呼ばれ、非常に美しい男であるが、三つの顔を持つ姿で現れる。第1は蛇のようで、第2は人のようで2つの星を額に持ち、第3は猫のようである。この霊は毒蛇に乗り、片手に燃える松明を持ち、それにより街や城、大いなる場所に放火するのである。また人を全ての方法により賢くし、個人的な問題に真の答えを与える。この霊は26の霊の軍団を率いている。ラメンとして前に身に着ける印はこれである。



24:ナベリウス (נבר)

 第24の霊は最も勇敢な侯爵ナベリウス*5と呼ばれ、黒いカラス*6の姿で現れ、円の周りを羽ばたく。喋る時には、かすれた声がする。その権能は人を全ての技芸と学問、特に修辞学に卓越させる。また失われた権力と名誉を回復させる。この霊は19の霊の軍団を率いている。身に着ける印はこれである。



25:グラーシャ ラボナス (גלאסלבפל)

 第25の霊は力ある議長グラーシャ ラボナス*7と呼ばれ、グリフィンのような翼を持つ犬として現れる。その権能は全ての技芸を即座に習得させ、流血と虐殺の原因を作る。また望むならば過去と未来のすべてを語り、友と敵に愛情を作る。また人間を不可視にする。この霊は30の霊の軍団を率いている。ラメンとして身に着ける印はこれである。



26:ブネ (בים)

 第26の霊は強く力ある偉大な公爵ブネ*8と呼ばれ、3つ首の竜として現れる。首の1つは犬のようで、もう1つはグリフィンのようで、3つ目は人のようである。また甲高く丁寧な声で喋る。その権能は死者の場所を変えて、支配下の霊たちを墓から集める。また人を豊かにし、賢く流暢にさせる。さらに望んだ真の答えを返す。この霊は30の霊の軍団を率いている。印はこれであり、この霊はこれに従わねばならない。



 あるいは、別の印、印章もあり、望むならばこれを使ってもいいが、第1のものの方が良いとソロモン王は述べている*9



27:ロノヴェ (רינוו)

 第27の霊はロノヴェ*10と呼ばれ、怪物の姿で現れる。その権能は修辞学の技芸を非常に良く教え、言語の知識がある良き使い魔を与える。また友や敵との友誼をもたらす。この霊は侯爵にして偉大な伯爵であり、19の霊の軍団を率いる。その印はこれである。



28:ベリト (נרית)

 ソロモン王が封印した第28番目の霊は、偉大にして恐るべき公爵ベリトと呼ばれる。また後の時代にはベアルやボルフリィという2つの別の名前も人々から与えられている。この霊は赤い馬に乗り、黄金の冠をかぶる赤い衣の兵士の姿で現れる。その権能は過去、現在、未来の事柄すべての真の答えを与える。汝はベリトと話す前に召喚するために指輪を使わねばならない。また全ての金属を金に変え、人々に権力と確信を与える。この霊は非常に清澄で微細な声音で話すが、大いなる嘘つきであり、それ程信用してはいけない。この霊は26の霊の軍団を率いている。ラメンとして身に着ける印はこれである。



29:アスタロト (אשתרית)

 第29番目の霊は力ある公爵アスタロトと呼ばれており、竜のような地獄の生き物に乗る醜い天使の姿で現れる。右手には毒蛇を握っている(汝はこやつの毒の息で被害を受けないように、近づかせてはならない)。それゆえ、エクソシストは魔術の指輪*11をこの霊の顔の近くへと向けて保持するなら身を護る事が出来よう。その権能は望むならば過去、現在、未来の出来事の真の答えを与え、また全ての秘密を明らかにする。また汝が望むならば、これらの霊達がどのように堕天したか、また自身の堕天についても望んで語るだろう。また人々を全ての自由諸学について博識にさせる。この霊は40の霊の軍団を率いている。その印はこれであり、ラメンとして前に身に着けよ。さもなければこの霊は汝に従わないだろう。



30:フォルネウス (פורנאש)

 第30の霊は偉大な力ある侯爵フォルネウス*12と呼ばれ、巨大な海獣の姿で現れる。その権能は人々を修辞学に博識にさせ、良き名前と、言語の理解を与える。また人々をその敵や友から愛されるようにする。この霊は29の霊の軍団を率いており、その一部は座天使スローンズ、一部は天使エンジェルズである。先に述べたように作り、身に着けるその印はこれである。



Goetia 31-40
ゴエティア


*1 Harley 6483とSloane 3648では「Marax」。マサース版も「Marax」とし、脚注で「一部の文書ではMoraxと書かれているが、私は上記の方が綴りとしては正しいと考える。」とある。ヴァイヤーは「Morax、またの名をForaii」。
*2 Harley 6483では「3」、マサース版では「30」。
*3 ヴァイヤーは「Ipes、またの名をAyperos」。スコット訳では「Ipos、またの名をAyporos」。
*4 ヴァイヤーは「Aym、あるいはHaborym / Haborim」。
*5 ヴァイヤーは「Naberus、またの名をCerberus」。スコット訳では「Naberius、またの名をCerberus」。
*6 マサース版では「黒い鶴」。
*7 ヴァイヤーは「Glasya Labolas、またの名を Caacrinolaas あるいは Caassimolar」。
*8 Sloane 3825とヴァイヤーの両方とも「Bune」で、Harley 6483とSloane 3648は「Bime」。Sloane 2731では(余白に)「別の文書ではBimeともいう」と加えている。マサース版では「Bune、あるいはBime。26番目の霊はBune(あるいはBIm)」とある。
*9 Sloane 3648では「この霊には別の印章もある。より大きく描かれているが、小さい方が良い」とある。この文書では第1の印章の方が大きく描かれている。Harley 6483では第1の方は載せていない。Sloane 2731では、「別の文書では、小さい方が良いとある」と余白に追記している。マサース版では「後者の方が良い」とある。
*10 ヴァイヤーは「Roneve」、スコット訳では「Ronove」、マサース版では「Ronovē」。
*11 ヴァイヤーは「魔術の銀の指輪(annulum argenteum magicum)」とあるが、スコット訳では単に「魔術の指輪」である。
*12 Harley 6483では「Forners」。