明かされたカバラ

ページ名:明かされたカバラ

 本書「明かされたカバラ」 (The Kabbalah Unveiled)は、ソロモンの鍵、アブラメリンの翻訳でこのwikiでもお馴染みのサミュエル リデル マクレガー マサースの代表作の一つである。
 マサースは19世紀末の魔術結社、黄金の夜明け団の創設メンバーの一人であり、魔術的カバラにおいては当時の第一人者といえる。
 本書はマサースの詳細な序説で、カバラを知らない読者にも丁寧にこのユダヤ神秘思想の概念を教えた後に、カバラの代表の書のゾーハル(זהר 光輝の書)の中から特選した3冊を、クロル フォン ローゼンロートが1677年に出版したラテン語訳版から英訳している。


 ゾーハルは2世紀の有名な賢者であるラビ シモン ベン(または バル) ヨハイ(? - 160年)が書いたとされているが、実際には編者と称する13世紀のスペインのラビ モーシェ デ レオン(1240年 – 1305年)が、中世アラム語で自分で書いたようである(もっともショーレム教授らが唱える複数著者説もある)。その内容には生命の樹や4文字の神名テトラグラマトン(יהוה、ヨド ヘー ヴァウ ヘー)の解説を始め、カバラの重要な内容が多く含まれている。長い間、ゾーハルはカバラ学者らにとっては最も重要な、そして多くの場合、唯一の書として大切に読まれ、研究され、黙想されてきた。
 これまで、「アリ」イツハク ルーリアなど多くの高名なカバラ学者らが、このゾーハルの各文を瞑想して、霊的な直観、啓明を得ようと努めていた。言い方を変えれば、理性によって単に読むだけでは理解できない難解な(あるいは曖昧な)文として知られている。またカバラのヘブライ語の文字変換の術を多数用いているので、ヘブライ語で直に読んでのみ、その真の意味が理解できるとされている。そのため、この訳文はあくまで導入のための参考程度でしかないとご了承願いたい。
 マサース訳では、ヘブライ語の単語は、ヘブライ文字を知らない英語圏読者の便宜のために、英アルファベットで表記されているが、ここではヘブライ文字も併記しておいた。
 なお、本書は国書刊行会から(カバラの本では珍しく)邦訳が昔出ているので、興味のある読者は参照するのを勧める。


明かされたカバラ 新版への前書
明かされたカバラ 序説
明かされたカバラ 序説2
明かされたカバラ 序説3


ゾーハル

隠された神秘の書

ゾーハル 隠された神秘の書 1
ゾーハル 隠された神秘の書 2
ゾーハル 隠された神秘の書 3
ゾーハル 隠された神秘の書 4
ゾーハル 隠された神秘の書 5


大聖会の書

ゾーハル 大聖会の書 1 第1章 導入と序文
ゾーハル 大聖会の書 2 第2章 虚無の世界の状態について
ゾーハル 大聖会の書 3 第3章 老いたる者、広大な顔と、その部分、特にその頭蓋骨について
ゾーハル 大聖会の書 4 第4章 老いたる者、広大な顔の露、脳の湿気について
ゾーハル 大聖会の書 5 第5章 広大な顔の頭蓋骨のさらなる説明について
ゾーハル 大聖会の書 6 第6章 広大な顔の脳の膜について
ゾーハル 大聖会の書 7 第7章 広大な顔の毛について
ゾーハル 大聖会の書 8 第8章 広大な顔の額について
ゾーハル 大聖会の書 9 第9章 広大な顔の目について
ゾーハル 大聖会の書 10 第10章 広大な顔の鼻について
ゾーハル 大聖会の書 11 第11章 広大な顔の髭の全体の説明について
ゾーハル 大聖会の書 12 第12章 広大な顔の髭の特別な説明、まず第1の部分について
ゾーハル 大聖会の書 13 第13章 広大な顔の髭の第2の部分について
ゾーハル 大聖会の書 14 第14章 広大な顔の髭の第3の部分について
ゾーハル 大聖会の書 15 第15章 広大な顔の髭の第4の部分について
ゾーハル 大聖会の書 16 第16章 広大な顔の髭の第5の部分について
ゾーハル 大聖会の書 17 第17章 広大な顔の髭の第6の部分について
ゾーハル 大聖会の書 18 第18章 広大な顔の髭の第7の部分について
ゾーハル 大聖会の書 19 第19章 広大な顔の髭の第8の部分について
ゾーハル 大聖会の書 20 第20章 広大な顔の髭の第9の部分について
ゾーハル 大聖会の書 21 第21章 広大な顔の髭の第10と11の部分について
ゾーハル 大聖会の書 22 第22章 広大な顔の髭の第12の部分について
ゾーハル 大聖会の書 23 第23章 広大な顔の髭の第13の部分について
ゾーハル 大聖会の書 24 第24章 広大な顔についての結論
ゾーハル 大聖会の書 25 第25章 小さな顔の導入
ゾーハル 大聖会の書 26 第26章 エドムの王たちについて
ゾーハル 大聖会の書 27 第27章 小さな顔の頭蓋骨と、その付属物、すなわち微細な風、火、露について
ゾーハル 大聖会の書 28 第28章 小さな顔の脳と、その膜について
ゾーハル 大聖会の書 29 第29章 小さな顔の髪について
ゾーハル 大聖会の書 30 第30章 小さな顔の額について
ゾーハル 大聖会の書 31 第31章 小さな顔の目について
ゾーハル 大聖会の書 32 第32章 小さな顔の鼻について
ゾーハル 大聖会の書 33 第33章 小さな顔の耳について
ゾーハル 大聖会の書 34 第34章 小さな顔の髭について
ゾーハル 大聖会の書 35 第35章 小さな顔の髭の第1の部分について
ゾーハル 大聖会の書 36 第36章 小さな顔の髭の第2の部分について
ゾーハル 大聖会の書 37 第37章 小さな顔の髭の第3の部分について
ゾーハル 大聖会の書 38 第38章 小さな顔の髭の残りの7つの部分について
ゾーハル 大聖会の書 39 第39章 小さな顔の両性具有者としての体全体について
ゾーハル 大聖会の書 40 第40章 小さな顔の女性の部分について
ゾーハル 大聖会の書 41 第41章 小さな顔の個別化した四肢、特に腕について
ゾーハル 大聖会の書 42 第42章 男女の分離と、それらの結合について
ゾーハル 大聖会の書 43 第43章 裁きについて
ゾーハル 大聖会の書 44 第44章 上位の人についての更なる解説
ゾーハル 大聖会の書 45 第45章 結論


小聖会の書

ゾーハル 小聖会の書 1 第1章 序文
ゾーハル 小聖会の書 2 第2章 老いたる者の頭蓋骨、脳、3つの頭、髪、区別される諸小路について
ゾーハル 小聖会の書 3 第3章 最も聖なる老いたる者の額について
ゾーハル 小聖会の書 4 第4章 最も聖なる老いたる者の目について
ゾーハル 小聖会の書 5 第5章 最も聖なる老いたる者の鼻について
ゾーハル 小聖会の書 6 第6章 最も聖なる老いたる者の髭について
ゾーハル 小聖会の書 7 第7章 この脳と知恵全般について
ゾーハル 小聖会の書 8 第8章 父と母について
ゾーハル 小聖会の書 9 第9章 小さな顔とその花嫁全般について
ゾーハル 小聖会の書 10 第10章 小さな顔の特別な脱線と、エドムの王たちについて
ゾーハル 小聖会の書 11 第11章 小さな顔の脳と、その繋がりについて
ゾーハル 小聖会の書 12 第12章 小さな顔の髪について
ゾーハル 小聖会の書 13 第13章 小さな顔の額について
ゾーハル 小聖会の書 14 第14章 小さな顔の目について
ゾーハル 小聖会の書 15 第15章 小さな顔の鼻について
ゾーハル 小聖会の書 16 第16章 小さな顔の耳について
ゾーハル 小聖会の書 17 第17章 小さな顔の顔について
ゾーハル 小聖会の書 18 第18章 小さな顔の髭について
ゾーハル 小聖会の書 19 第19章 小さな顔の唇と口について
ゾーハル 小聖会の書 20 第20章 小さな顔の体について
ゾーハル 小聖会の書 21 第21章 小さな顔の花嫁について
ゾーハル 小聖会の書 22 第22章 小さな顔の残った部分について


トップページ