ヴェールを剥がれたカバラ

ページ名:ヴェールを剥がれたカバラ

 このヴェールを剥がれたカバラ (The Kabbalah Unveiled)は、ソロモンの鍵の翻訳でこのwikiでもお馴染みのサミュエル リデル マクレガー マサースの代表作の一冊である。
 マサースは19世紀末の魔術結社、黄金の夜明け団の創設メンバーの一人であり、魔術的カバラにおいては当時の第一人者といえる。
 本書はマサースの詳細な序説で、カバラを知らない読者にも丁寧にこのユダヤ神秘思想の概念を教えた後に、カバラの代表の書のゾーハル(זהר 光輝の書)の中から特選した三冊を、クロル フォン ローゼンロートが1677年に出版したラテン語訳版から英訳している。
 ゾーハルは13世紀のスペインのラビ、モーゼス デ レオンが中世アラム語で書いた著作とされ(もっともショーレム教授らが唱える複数著者説もある)、生命の樹やその天使らの解説を始め、カバラには重要な内容が多く含まれている。長い間、ゾーハルはカバラ学者らにとっては最も重要な、そして多くの場合、唯一の書として大切に読まれ、研究され、黙想されてきた。
 なお、これは国書刊行会から(カバラの本では珍しく)邦訳が昔出ているので、興味のある読者は買うとよいだろう。
 今回は、読者のカバラ理解のために、マサースの序説のみの翻訳をしている。ゾーハル本文はいずれ時間が空いた時に続けるとしよう。


ヴェールを剥がれたカバラ 新版への前書
ヴェールを剥がれたカバラ 序説
ヴェールを剥がれたカバラ 序説2
ヴェールを剥がれたカバラ 序説3


隠された神秘の書
大聖会の書
小聖会の書



トップページ