ソロモンの鍵 2-19

ページ名:ソロモンの鍵 2-19

第19章 針と他の鉄の道具について


 多くの試みにおいて、糸を縫うためや突くためや他の必要のための針のような特別な道具を必要とする。針や他の道具を造るのは、木星の日と時間に準備されなくてはならない。そしてその時間内に終わらせずに、金星の日と時間にする。終わったら、以下の祈願を唱える。

 我は汝、針(や他の道具)を全能なる父なる神により、天と星々と天使らの徳により、石、植物、動物の徳により、雹、雪、風の徳により、祈願せん。汝は偽りなく我が汝を使う目的を得る徳を得ん。世々限りなく生き、天使らの皇帝である神を通じて。アーメン。

 その後、これらの詩篇を何度も唱えよ。

  • (詩篇 第3篇)主よ、私に敵する者のいかに多いことでしょう…
  • (詩篇 第7篇)我が神、主よ、私はあなたに寄り頼みます…
  • (詩篇 第9,10篇)私は心を尽くして主に感謝し…
  • (詩篇 第42篇)神よ、鹿が谷川を慕いあえぐように…
  • (詩篇 第60篇)神よ、あなたは我らを捨て…
  • (詩篇 第51篇)神よ、あなたの慈しみによって…
  • (詩篇 第130篇)主よ、私は深い淵からあなたに呼ばわる…

 これを香でまぶして、聖別された水を撒いて、シルクの布で包んでから、以下を唱えよ。

 ダニ、ズメク、アガラマトゥロド、ガディエル、パニ、カネロアス、メロド、ガミドイ、バルドイ、メトラトル。最も聖なる天使らよ、ここにいて、この道具を守りたまえ。


ソロモンの鍵 2-20
↑ ソロモンの鍵