ソロモンの鍵 2-17

ページ名:ソロモンの鍵 2-17

第17章 真新しい羊皮紙や紙と、どのように準備すべきか


 真新しい紙やカードとは、新しく、純粋で、清潔で、聖別されており、他の目的に決して使われた事の無いものである。

 真新しい羊皮紙は、多くの魔術の作業において必要であり、適切に準備され聖別されるべきである。羊皮紙には2つの種類があり、1つは真新しいもので、もう1つは生まれていないものである。真新しい羊皮紙は、子羊、子牛、その他の動物にせよ、交尾の年齢にまで達していない動物の皮から取られたものである。そして生まれていない羊皮紙は、母から出る前の胎内の動物から取られたものである。

 この2種類のうちの汝が好むどちらから取るにせよ、それは雄から取られたものでなくてはならず、水星の日と時間に行う。動物を誰も作業を見ない秘密の場所へと連れて行く。そして葦を新しいナイフにより一撃で伐り、葉を全部そぎ落としながら、以下の祈願を繰り返す。

葦の祈願

 我は万物の創造主と天使らの王エル シャダイにより、汝がこの動物の皮をはぎ、そこから神の聖なる御名を書く羊皮紙を造るための力と徳を得るように祈願せん。我が書くものに大いなる徳の効果を得んことを。世々限りなく生きる方を通じて。アーメン。

 葦を伐る前に、以下の詩篇を唱える。

  • (詩篇 第72篇)神よ、あなたの公平を王に与え…

 その後、術のナイフにより、葦をナイフの形へと整えよ。そこに、汝はこれらの御名、アグラ、アドナイ、エロヒ(図87参照)を書かねばならない。これによりナイフを得たら、以下のように唱えよ。


図87


 ナイル川のほとりの葦の沼と水から子供の頃のモーセを愛し運んだ神よ、我にその偉大な慈悲と憐れみにより、この葦が我が望む力と効果を持つようにしたまえ。その聖なる御名とその聖なる天使らの御名を通じて。アーメン。

 これらが行われたら、汝はこのナイフで、真新しいか生まれていないにせよ、動物の皮を剥ぎ始めよ。その間、以下を述べよ。

 ゾハル、ジオ、タルマイ、アドナイ、シャダイ、テトラグラマトン、そして聖なる神の天使らよ、ここにとどまり、この羊皮紙に力と徳を与えたまえ。御身に聖別されることで、ここに我が書く事すべてが効果を得るようにしたまえ。アーメン。

 動物の皮が剥がされたら、塩を手に取り、それに向かって以下を唱えよ。

 神々の中の神よ、主の中の主よ、万物を無より創造された方よ、この塩に恵みと聖別を与えるよう懇願す。それにより、これを置いた我が造りし羊皮紙に徳が与えられ、我が書いた事全てが望んだ結果を得るようにしたまえ。アーメン。

 その後、聖別された塩を羊皮紙に擦りつけて、1日の間、太陽の光で乾して塩が馴染むようにする。それから大きな土器を用意し、その内外に周囲を囲むように図88の以下の印章を描く。


図88 Additional 10862より


 その後、汝は粉末状にした石灰を壺へと入れて、以下を述べよ。

 オロイー、ザロン、ザイノン、ゼヴァロン、ザイフィル、エリオン。御身らはここにいて、この石灰に祝福を与え、望む効果が出るようにしたまえ。天の王、天使らの神を通じて。アーメン。

 聖別された水を手に取り、石灰に向かって振りまけ。そして皮をこの中に3日間入れておく。その後、汝はこれを取り、石灰と付着したものを、葦のナイフにより剥ぎ取れ。

 その後、汝はハゼルの枝を、それにより円を形成するのに充分な長さの分だけ一撃で伐る。また若い処女が紡いだ糸と、小川から小石も幾つか用意する。以下の言葉を唱えよ。

 聖なる力ある父、神アドナイよ、これらの石に、この羊皮紙を引き伸ばす徳を与えたまえ。それにより、御身の全能の力により、全ての偽りを追い払う徳を得るようにしたまえ。

 その後、羊皮紙を円に引き伸ばし、糸と石で結びつける。それから汝は述べよ。

 アグラ、ヨド、ヘー、ヴァウ、ヘー、エマニュエル。この羊皮紙に恵みと保護を与え、いかなる亡霊も中に入らないようにしたまえ。

 羊皮紙はそのまま3日間、暗い影の場所へ置いておき、それから術のナイフで糸を切って、羊皮紙を円から離す。そして述べよ。

 アンコール、アマコール、アミデス、テオドニアス、ファゴール、アニトール。この羊皮紙の守護のためにここに留まれ。

 それから香でまぶして、シルクの布で包んで保管せよ。

 この羊皮紙を非処女の女性に見せてはならない。さもなければ、羊皮紙は徳を失うだろう。これを造る者は、純粋で清浄、準備されていなければならない。


 だが、前記の準備が大変すぎるなら、汝は以下の方法で造る事も出来よう。だが、それほど良い物では無い。

 どのような種類の羊皮紙も手に取り、聖別し、香炉で香を焚くべく準備し、図89の印章を羊皮紙に描け。そして香の煙の上に保持し、以下を述べよ。

 ここに留まり、我を助け、我が作業が御身らを通じて達成されるようにせよ。ザザイー、ザルマイー、ダルマイー、アドナイ、アナファクエトン、ケドリオン、クリポン、プリオン、アナイレトン、エリオン、オクティノモン、ゼヴァニオン、アナザイオン、ジデオン、アグラ、オン、ヨド ヘー ヴァウ ヘー、アルトール、ディノトール、神の聖なる天使らよ、ここに留まり、この羊皮紙に徳を与えたまえ。御身らを通じてここに書かれた名前や印章全てに力が与えられ、全ての偽りと障害はここから離れん。世々限りなく生き統治する慈悲深き神を通じて。アーメン。


図89 Additional 10862より


 それから羊皮紙に向かってこれらの詩篇を唱えよ。

  • (詩篇 第72篇)神よ、あなたの公平を王に与え…
  • (詩篇 第117篇)諸々の国よ、主を褒め称えよ…
  • (詩篇 第134篇) 見よ、夜、主の家に立って…
  • (ダニエル記 第3章57節*1)主の働き全てを称えよ…

 それから以下を述べよ。

 我は汝、羊皮紙を全ての聖なる御名により祈願せん。汝は効果と力を得て、聖別され清められ、汝に書かれた事全てが真理の書より消される事が無いようにせよ。アーメン。

 それから聖水を撒き、先に述べたように保管せよ。

 新生児の大網膜もまた、よく聖別されたなら、真新しい羊皮紙の代わりに使うことも出来よう。また、紙、絹、シルク、似たような物質も、よく聖別されて清められていたなら、それほど重要でない儀式で使うことも出来よう。


ソロモンの鍵 2-18
↑ ソロモンの鍵


*1 現在では、「アザルヤの祈りと三人の若者の賛歌」として分けられている。