占星術入門 34

ページ名:占星術入門 34

第34章 第11ハウスとその質問、すなわち友人、望み、王の資産など


 このハウスの主が強く、良いアスペクトがあれば、望んでいたものを得るのを示す。また、友人との愛や調和の質問ならば、その成功も示している。


望むものが得るか否か?


 アセンダントと第11ハウスの主らの間に良いアスペクトがあるか、光の転移があるか、アセンダントの主が第11ハウスにいたり、第11ハウスの主がアセンダントにあるかを観察せよ。これら全てやそのいずれかは、成功を期待する理由を与える。だがこれらの全てが無いならば、☽月を観察せよ。☽月が第11ハウスの主と良い関係に無かったり、利益を得ていなかったり、第11ハウスに☊竜頭があれば、その逆と占断せよ。


 第11ハウスの主がアンギュラーにあり、アセンダントの主からの光を受けていたら、あなたは肯定と占断できよう。


 ☽月の光を受け取る星が柔軟サインにあれば、質問者は望んだものの一部を得ると占断せよ。それが活動サインにあれば、僅かしか得られない徴である。だが光を受け取る星が不動サインにあれば、質問者は望んだ全てを得るだろう。だが☽月の光を受け取る星が凶星ならば、質問者がそれを得た後に、損傷を受けたりするだろう。


 ☽月とその光を受け取る星の間に相互歓迎があれば、質問者は望んだ以上のものを得るだろう。そして、アセンダントの主も受け取っていたら、質問者は得るのが可能かと恐れていたものも得るだろう。


 質問者の表現星や☽月が吉星とアスペクトがあり、カデントにないならば、質問者は望んだものを得られると期待できよう。


 注意。質問者が望むものを述べていたら、その適切なハウスによって占断せよ。例えば、それが金ならば第2ハウス、子供ならば第5ハウスなどである。


友人の誠実さについて*1


 吉星や☊竜頭が第11ハウスにあったり、第11ハウスとアセンダントの主の間で良いアスペクトがあれば、質問者の友は誠実であるのを示している。そして、第2ハウスのカスプ、その主、⊕フォーチュンとの良いアスペクトもあれば、それにより(富を)得るのを示している。そして凶星や悪しきアスペクトは、偽りの友人やそれによる損失を示している。第12ハウスの主が第11ハウスにあれば、友人のフリの下での秘密の敵を示している。☿水星が第11ハウスにあれば、それが不動サインにない限りは、不安定な友情を示している。


占星術入門 35
↑ 占星術入門


*1 原注。これらの規則は、我らの著者(のこれまでの内容)には見い出せない。