占星術入門 28

ページ名:占星術入門 28

第28章 第5ハウスと、その質問


子供を持つか否か?


 これらについて一般的に考慮する事は、アセンダントと第5ハウスのサインが豊穣なものか*1、アセンダントの主や月☽が、第5ハウスの主とアスペクトがあるか、あるならば第5ハウスの主は強いか、また第5ハウスの中にある惑星らが、その主とアスペクトにあるかを見る。これらは質問者が死ぬ前に子供を持つだろう徴である。また第5ハウスの主がアセンダントにあったり、アセンダントの主が第5ハウスにあれば、子供を持つと強く主張する。これらの表現星らの間で光の転移や集積があれば、子供らを持つとあなたは占断できようが、先に述べたものよりも速やかではない。


女性から自分が子供を持つか尋ねられたら?


 既婚女性から尋ねられたら、アセンダントの主が第5か7ハウスにあったり、第5ハウスの主がアセンダントか第7ハウスにあったり、第7ハウスの主が第5ハウスにあったり、☽月と関連していたり、吉星らがアセンダントにあったり、第5ハウスの主と関連していたり、アンギュラーにあったりすれば、この女性は妊娠するだろう。だが、これらの条件のいずれも無く、先の状況で不毛なサインや惑星があれば(特に凶星がアンギュラーにあったり、吉星がカデントにあれば)、この女性は今も未来も妊娠しないだろう。吉星や凶星が混ざり合っていたら、この女性は子供らを持つが、長生きできないだろう。♊双児宮、♌獅子宮、♍処女宮がアセンダントや第5ハウスにあったり、♅天王星、♄土星、♂火星、☉太陽が第5ハウスにあれば、それは不毛の強い徴である。だが☉太陽は子供らの誕生を防ぐというより、その死の原因となる。


男がその妻や意図した妻により子供を持つか? 女性がその夫などによって得るか?


 その場合、アセンダント、その主、☽月を観察せよ。アセンダントの主や☽月が第5ハウスの主と合していたら、質問対象の人物により子供を持つだろう。そうでなければ、これらの表現星の間で光の転移や集積があるか、☽月やアセンダントの主が第5ハウスにあるか、第5ハウスの主がアセンダントにあるかを観察せよ。これらの条件全ては成功を確証している。そして♃木星や♀金星が第5ハウスにあり、苦しめられていなければ、子供は非常に速やかに生まれるだろう。これらのいずれかがアセンダントや第11ハウスにあれば、子供は生まれるが、それほど早くはない。だが、これらの場所にある吉星が苦しめられていたら、子供が死産したり、生まれてすぐに死ぬ危険がある。子供が生まれる徴がありつつも、♀金星が♄土星や♂火星により苦しめられていたら、誕生前に母が何らかの事件に巻き込まれる危険がある。


 ♄土星、♂火星、☋竜尾(あるいは苦しめられていたら♅天王星)が第5ハウスにあったり、先の2つの星が第5ハウスのカスプと☍オポジションにあれば、この女性は今も未来も子供がいないだろう。凶星が第5ハウスのカスプと☐スクエアにあれば、これらが強くて、他の良い条件がない限り、妊娠が無いのを示す。第5ハウスの主が弱かったりすれば、病んだ子供が生まれるのを表している。


子供があるか否かを女性から尋ねられたら?


 以下の場合、子供が生まれるだろう。アセンダントの主、☽月が第5ハウスの主との良いアスペクトにあったり、それらの間に光の転移がある。その他にも、アセンダントの主や☽月が第5ハウスにあって、凶星らや第5、8、12ハウスの主らや☋竜尾により苦しめられていない。♃木星が第1、5、7、11ハウスにあり、♄土星や♂火星とのアスペクトや、動きが遅かったり逆行してたりしない。アセンダントや第5ハウスの主が、アンギュラーにある惑星と良いアスペクトにあり、相互歓迎されている。☽月がアンギュラーにある何らかの惑星と相互歓迎され、本質的に強められている。アセンダントの主が良いハウスのカスプと良いアスペクトにある。☽月が第7ハウスにあり、第11ハウスにある第7ハウスの主を見ていたり、☽月が第11ハウスにあり、第7ハウスにいる第7ハウスの主を見ている。アセンダントの主が、ある惑星とハウス、3つ組、高揚、タームで相互の歓迎を受け、この惑星も正確に同じ歓迎を受けている、すなわちそれぞれがお互いのハウスにある。☽月が第10ハウスからのアセンダントの主、第5ハウスの主との良いアスペクトを受けていたり、悪いアスペクトでも、相互歓迎を受けている。アセンダントのサインが不動サインだったり、そこに吉星があったり、第5ハウスの主がアセンダントや第10ハウスで強かったりするならば、あなたは真の妊娠を予期できよう。


 だが上の条件のいずれもあなたが見つけられなかったり、第5ハウスやアセンダントに不毛なサインがあったり、凶星がそこにあったり、それらの主や☽月に苦しみがあるならば、この女性は子供を持たないだろう。


男性が未知の女性について質問があれば


 以下の場合、この女性は子供を持つだろう。第5ハウスの主がアンギュラーにある惑星と、相互歓迎されていたり、アセンダント、第5、7の主、♃木星、♀金星、☉太陽、☽月、☿水星、☋竜尾が第5ハウスにあり、吉星である――注記。☿水星については、凶星とのアスペクトにあったり、吉星とのアスペクトになければ、信頼できないだろう。


 以下の場合、この女性は子供を持たないだろう。♃木星や♀金星が苦しめられている。♀金星が♄土星や♂火星と合していたり悪しきアスペクトにあったり、それらが燃焼、逆行していたり、♌獅子宮、♍処女宮、♑磨羯宮にある。♄土星や♂火星が第5ハウスにあり、その主との☐スクエアや☍オポジションにあれば、妊娠しないのを表している。またこれらがあり、妊娠を表す他の条件がより強力であるなら、流産の危険があるのを示す。


 アセンダントの主が、逆行する惑星と合していたり、カデントのハウスにあったり、逆行や燃焼する惑星と関連していたり、第1、5ハウスの主らの間にアスペクト、光の転移が無ければ、これら全ては妊娠が無い徴である。だが、これらの条件の多数によって占断せよ。


子供は男か女か?


 アセンダントや第5ハウスの主、☽月、アセンダントや第5ハウスのサインが男性であるなら、男の子が生まれるのを表す。反対にこれらが女性ならば、子供は女の子だろう。――注意。これが質問に含まれていない限り、これらの条件の大半が片方にない限りは、占断を与えようとしてはならない。☽月のサインにある惑星もまた、考慮に入れるべきであろう。


子供は生きるか死ぬか?


 第5ハウスの主が逆行、燃焼、カデントにあったり、没落、放浪したり、第8ハウスの主により苦しめられていたり、第5から8つ隣(すなわち第12ハウス)が死のサインならば、また第5ハウスの主が弱く、第8や12ハウスで凶星により苦しめられていたならば、幾つかの対立する条件が無い限りは、子供は速やかに死ぬと予期できよう。アセンダントの主が第5ハウスにあり、先に述べた事で苦しめられていたり、♅天王星、♄土星、♂火星、☋竜尾が第5ハウスにあり、特にそれらが逆行していたら、同じ事を表す。


子供は双子か否か?


 双子である疑いがあるなら、アセンダントのサインが双子のものであり、そこに吉星があったり、第5ハウスのサインが同様だったり、☉太陽や☽月が双子のサインにあるのを見い出したら、あなたは双子だと占断できよう。だが、これらの条件の全てかそのほとんどが無い限り、占断は安全ではない。


 ――注意。☽月のサインにある惑星も考慮すべきである。さらに、☊竜頭が♃木星、♀金星、☽月のいずれかと共にあったり、これら全てが♊双児宮、♍処女宮、♐人馬宮、♓双魚宮のいずれかにあったら、女性が双子を持つさらなる証拠となる。


女性がどれだけ長く妊娠しているか?


 アセンダント、第5ハウスの主、☽月にごく最近に何らかのアスペクトがあるかを観察し、そのアスペクトの性質に従って占断せよ。それが△トラインならば、彼女は妊娠5ヶ月にある。✶セクスタイルならば、妊娠2ヶ月か6ヶ月である。☐スクエアならば4ヶ月であり、☍オポジションならば7ヶ月であり、☌コンジャンクションならば、彼女は1ヶ月のみである。


誕生するのは何時か?


 ♂火星や☉太陽が第5ハウスの主と☌コンジャンクションする時、あるいは第5ハウスの主がアセンダントの主と第5ハウスで☌コンジャンクションする時を観察し、その時に誕生を予期できよう。またアセンダントの主があるサインから別のサインへと移る時も観察せよ。これらも誕生する可能性がある時期である。また第5ハウスの主が第5ハウスのカスプとどれだけ離れているかも見て、それらの間にあるサインのそれぞれを一ヶ月と計算する。そして、これらの条件の大半によって占断せよ*2


大使や使者について


 第5ハウスの主や☽月は、大使や使者を表していると考えられている。これらと関連する惑星は、その知らせの原因や性質を示す。


 これらが吉星との間に☐スクエア、☍オポジション、☌コンジャンクションにあったり、それらの間に歓迎、光の集積、転移があったり、その惑星が第10ハウスの中にいたり、それらの主ならば、この使者の内容は政治的な性質の高度で重要な事柄についてである。この歓迎、転移、集積を受ける惑星が第11ハウスの主ならば、使者は友情の集いを刷新させるために来る。第5ハウスの主が、第7ハウスで苦しめられていたり弱かったり、アセンダントの主が悪しきアスペクトにあったり、これらのいずれかと♂火星とが悪しきアスペクトにあったら、この大使や使者から平和や永続する利益が来ることはない。第5ハウスの主や☽月がアセンダント、その主、そこにある惑星と良い関係にあるなら、それが公的や私的な事柄のいずれかによる、質問者やその国に利益があるとあなたは予期できよう。


金を取り立てる使者について


 その知らせは☽月により、使者は第5ハウスの主により、その他はいつもの表現星らにより表される。


 第5ハウスの主が第7ハウスの主とのアスペクトから離れて、アセンダントの主と関連するならば、使者は送られた目的を達成して、家に帰ると占断できよう。最近第5ハウスの主が第2ハウスの主から離れていたら、使者は金をもたらすだろう。使者の報告内容は、第5ハウスが離れた時にいたハウスと、その惑星自身の性質による。そのため、吉星と離れていたら、良い知らせが期待できよう。凶星から離れていたら、反対となろう。第5ハウスの主が第7ハウスの主と離れる前に、何らかの凶星と☐スクエアや☍オポジションになっていたら、使者は送った相手によって金の取り立てに何らかの障害があり、またその場所へと到着する前の旅でも障害があろう。だが第5ハウスの主が第7ハウスの主と分離した後に、これらの不幸が起きていたならば、使者は帰還の途中で遅延と不幸が起きるだろう。あなたが第9ハウスに凶星(特に♂火星)があるのを見つけたら、山賊によって使者の旅は困難となろう。だがそこに吉星があれば、使者の行き来は安全であろう。


 第5ハウスと第7ハウスの主の間で(たとえ☐スクエアや☍オポジションがあっても)歓迎があれば、使者は金を取り立てる務めをよく果たすだろうが、悪しきアスペクトによって、幾らかの遅延があったり、使者を送った相手による弁明があるだろう。


 使者の帰還については、第5ハウスの主がアセンダントの主と△トラインや✶セクスタイルになる時であり、その日か近い日に使者の帰還を聞くだろう。あるいは、☽月が第5ハウスの主から離れて、アセンダントの主と繋がる時に、質問者はその使者の知らせを聞くだろう。表現星が重い惑星との繋がりを調べれば、より確実に日を知るだろう。これらの裁量によって、旅、その長さなどの性質を占断せよ。またその惑星があるサインやハウスの性質に従い、帰還する日、週、月などを予期せよ。


質問――質問者が子供を持つか尋ねたら?


上記のホロスコープによる占断


 アセンダントは♍処女宮、不毛なサインにあり、第5ハウスは♑磨羯宮、この質問には重要ではないが、やや不毛なサインである。また第12ハウスも同様である。第5ハウスの主の♄土星は♐人馬宮で逆行しており、アセンダントの主の♀金星は♊双児宮にあり、この両方のサインとも豊穣よりも不毛に近い。☽月は♂火星のタームの中にあり、♄土星と☐スクエアにあり、またアセンダントにある。これら全てが不毛であるのを強く主張している。そのため私は以下の占断を下した。すなわち、質問者は今もこれからも自然な不毛として妊娠する事はない。主要なアングルらが凶星に苦しめられており、これらの凶星が彼女が妊娠するのを防ぎ、それが続くのは確実だからである。これらの条件で妊娠を約束するものを私は一つも見つけられなかった。そのため彼女は決してどの子供も持たないと私はこの学の規則に従い肯定的に宣言した。


 ☽月は♄土星と☐スクエアにあり、第1ハウスの主である☿水星は♄土星と☍オポジションにあるので、質問者はとても病んでおり、風邪とむせびに苦しんでいた。また☋竜尾がアセンダントにあるので、頭に激しい痛みがあり、さらに♊双児宮にある☿水星も同じ事を示していた*3


 質問者のほくろなどは、このホロスコープに正確に同意していた。すなわち、臍のそば、右の足首、右膝の近く、太腿の内側、♐人馬宮にある☽月が示す場所、右腕の外側である。


第2の質問――懐妊中の女性が男女いずれを産むか、その時期はいつか?


第1の質問――子供は男の子か女の子か?


 この場合、主要な表現星が男性か女性かを数え挙げて、それらの多数により占断は与えられる。


 以下は女の子と主張する。

  • アセンダントのサインが♍処女宮である。
  • 第5ハウスのサインが♑磨羯宮である。
  • このサインに☽月がある。
  • アセンダントの主が☿水星で、♀金星と共にある。

 以下は男の子と主張する。

  • アセンダントの主の☿水星がいるサイン。
  • 第5ハウスの主が♄土星。
  • 第5ハウスの主の♄土星がいるサイン。
  • ☽月がいるハウス。
  • ♄土星がいるハウス。
  • 吉星の♃木星がいるアングル、サイン。
  • ☿水星が♂火星とアスペクトがある。

 ここでは男の子である7つの条件があり、女の子であるのは4つしかない。そのため私はこの婦人は男の子を生むと確証した(そして後に、それは証明された)。


第2の質問――彼女が産むのはいつか?


 第5ハウスのサインは活動サインであり、第1と第5ハウスの主がいる♈白羊宮も同様である。これらは短期間で生まれるのを主張している。だが、第5ハウスの主である♄土星は重い惑星であり、動きも遅い。私はこの惑星を、この問い合わせでは多く考慮していた。また☽月も第5ハウスにいるので、私は♈白羊宮の♄土星(24度37分)と♑磨羯宮の☽月(9度50分)の差(14度47分)を計算し、また♄土星と☿水星も、♈白羊宮の♄土星(24度37分)と♈白羊宮の☿水星(11度0分)の差(13度37分)を計算した。そしてこれらの差が1度10分のみであるのを見つけた。私は各度を1週間と計算して、そのため質問から14週間で彼女は出産すると占断した。


 そして子供の誕生は7月11日に起きたが、それは♂火星がアセンダンドの度を通過し、☿水星が☽月と☍オポジションにある、すなわち♋巨蟹宮の9度にいて、太陽もこの日には♋巨蟹宮の27度48分にいて、ホロスコープの自らの場所と完全な☐スクエアにあった。また☽月は♋巨蟹宮で☿水星と☌コンジャンクションにあった。この時は、質問がなされた時から13週間と4日であった。


占星術入門 29
↑ 占星術入門


*1 原注。豊穣なサインとは水の3つ組、♋巨蟹宮、♏天蝎宮、♓双魚宮の事である。
*2 原注。これは占断には少し困難な点である。質問者が、たまにあるように、この事を深く心配していない限り、私は学徒に占断を与えるのを避けるように助言する。あるいは少なくとも、学徒が経験によって正しい方法に深く満足していない限りである。誕生の時は☉太陽が第5ハウスのカスプやその主と何らかのアスペクトを通過する時に一般的に見い出せると私は信じている。
*3 原注。先の章での各サインで惑星が司る人体の部分の表を参照せよ。