占星術入門 15-2

ページ名:占星術入門 15-2

天秤宮


 ♎の性質――このサインは熱と湿であり、多血質、男性、活動、昼夜平分、カーディナル、慈愛があり、昼である。4つの3つ組では風と西であり。♀金星の主なハウスである。


 病――背中と腎臓の全ての病(あるいは石や砂)、腰や臀部の熱や病、腎臓や膀胱の膿瘍、潰瘍、背中の衰弱、血の濁り。


 場所――風車や離れた納屋、木挽穴の近くの場所、作物を植え付ける人が働く場所や、木が伐られる場所、丘の側面、山頂、鷹狩りやその他の狩りで使われる場所、砂地、純粋で清潔、鋭い空気のある場所、家の上階の部屋、屋根裏部屋、他の部屋の中にある部屋、タンスや衣装棚などの頂上の箱。


 姿形――良い形をした体、垂直で背が高く、より微細で細い。丸くて愛らしく美しい顔。純粋な血色、若者ならば、赤や白の過剰さは無いが、大人ならばにきびがあったり、とても明るい色を持つ。その髪は黄色っぽく、柔らかく、長い。目は一般的に青い。穏やかな気性である。


 ♎が支配する国――中国、日本、これらの国に近いインドの地方、オーストリア、ペルシアのウスベク地方やインドに近い部分、上エジプト、リヴォニア、カスピ海の周辺。都市はリスボン、ウィーン、アントワープ、フランクフルト、オクスフォード、フリブール、アメリカのチャールズタウンとその近辺。


天蝎宮


 ♏の性質――これは冷、水的、夜、粘液質、北方、女性のサインである。3つ組では水であり、火星のハウスと喜びである。通常これは微細で欺く人間を表す。


 病――性器や膀胱の部分の砂や石、その破裂、瘻孔、持続勃起症、男女いずれの性器の全ての病、精索や腰などの形の歪みや病、怪我など。


 場所――甲虫などや翼が無く毒を持つ全ての気味の悪い生き物が用いる場所、庭園、ワイン畑、果樹園、水の近くの廃屋、泥やムーア式の野原、よどんだ湖、沼地、キッチンや流れ、食料置き場、水洗い場など。


 姿形――肥満し、強く、能力のある体、広かったり四角い顔、浅黒かったり濁った顔色、暗い色で多くある髪、体は毛深く、少しがに股、首は短く、謙虚で、良く信用できる人物である。


 ♏が支配する国――アフリカ北部、モロッコ、ノルウェー、カタロニアのヴァレット、バイエルン、古代カッパドキア。都市は、オーダー川のフランクフルト、メッシーナ、ヘント、リヴァプールは特に19度が支配する。


人馬宮


 ♐の性質――これは4つの3つ組のうちの火、東である。その性質は熱と乾、男性的、胆汁質、昼、柔軟あるいはダブルボディー。このサインは♃木星のハウスと喜びである。


 病――ここは太腿と臀部と、その全ての腫瘍や痛みを司る。また一般的に熱血、熱、疫病。落馬や、それらや他の四足獣からの傷を示している。また火、熱の害、スポーツに溺れる事も表す。


 場所――戦馬の馬小屋や大きな四足獣が通常保たれている場所、また野原、丘、高地、さらに他よりも少し高い場所も表す。家では2階の部屋や火の近くにある場所。


 人体の姿形――これは良く好まれる顔を表す。少し長い顔であるが、赤っぽく、ほとんど太陽に焼かれたようである。髪は明るい栗色、体形は平均よりも少し高く、その四肢は均等で、強く、能力のある体である。禿頭の傾向があり、馬と親和性がある。


 ♐が支配する国――幸運の(南部の)アラビア、スペイン、ハンガリー、フィニステレ岬に近いフランスの部分、ダルマティア、イストリア、トスカナ、モラヴィア、スラヴォニア。都市は、ケルン、ブダペスト、アヴィニョン、ナルボンヌ、トレド。


磨羯宮


 ♑の性質――これは♄土星のハウスであり、夜、冷、乾、メランコリー気質、地、女性的、カーディナル、活動サインであり、四足獣と関連し、南に位置する。また♂火星の高揚でもある。


 病――膝とその痛めたり骨折などによる全ての病を司る。これはライ病、痒み、皮膚病も示している。


 場所――牛小屋や子牛を保つ場所、また農作業の道具、古い木材、船具などが保たれている場所、また羊の囲いや放牧地、休耕地、荒れた野原、低木、棘のある土地、家の底で土が撒かれた場所、暗い場所、野原や敷居の近く。


 人体の姿形――通常は乾燥した体で、背は高くなく、背は曲がっている。細い顔、濃い髭、黒い髪、細い顎、長くて細い首、細い胸。私は多くの場合で、♑がアセンダントにあると白い髪を持っているが、第7ハウスでは黒い髪であるのを見い出している*1


 ♑が支配する国――インド、ギリシア、ペルシアのキルカン、マクラン、ホラサン地方、リトアニア、ザクセン、アルバニア、ブルガリア、スティリア、メキシコ、ダリアン地峡の周囲、サンタ マルタ、ポパヤン、パスタなど。都市はメックレンブルグ、ヘッセン、オクスフォード、またオークニー諸島も含む。


宝瓶宮


 ♒の性質――これは風、熱で湿のサインである。昼、多血質、固定、慈悲深く、男性的である。♄土星の主なハウスであり、西に属する。


 病――これは足、足首と、その全ての病を司っている。また痙攣、神経の病、風の病なども含む。


 場所――丘や傾いた土地、新しく鋤で掘られた場所、石切り場や鉱物が掘られた場所、家では屋根や軒、上位の部分、ワイン畑や小さな泉や水道の近く。


 姿形――これは背が曲がった厚い体や、強く太って良く構成された体をしている。背は高くは無い。長い顔をし、血色はよい。♄土星が♑磨羯宮や♒宝瓶宮のハウスの主ならば、髪が黒く、血色の良い顔をし、良く歯が揃っている。そうでないならば、白く美しい顔をし、砂色か亜麻色の髪、非常に純粋な肌*2をしているのを私は観察している。


 ♒が支配する国――岩の(北部の)アラビア、ロシア、韃靼人の国、プロシア、ポーランドの一部、リトアニア、モスクワ地方、スウェーデン低部、ウェストファリア。都市はハンブルグ、ブレーメン、ピエモンテ。またアフガニスタンや他のアジアのペルシアに面している地方もである。またこのサインは特に13度で、イングランドの国の状態を支配している*3


双魚宮


 ♓の性質――これは北方の、冷のサインであり、多産、粘液質、女性的、水である。また♃木星のハウスであり、♀金星の高揚である。柔軟あるいはダブルボディーのサインであり、動きが無く、柔弱で、病んだサインあるいは活動しない者を表している。


 病――足の全ての病や痛風、これらの部分の全ての跛行や痛み、粘液の不足、痒み、染み、骨折、腐った血から起きる沸騰や潰瘍、冷えや湿気の病、濡れた足が原因となる腸の不調もである。


 場所――これは水に満ちた場所、多くの泉や家禽がいる場所を表している。また、魚のいる池、魚に満ちた川、隠者がいた場所、家の周囲の堀、水車小屋、家では水の近くの場所や井戸、水が蓄えられた場所である*4


 体の姿形――背が低く、よい体形ではない。良く大きな顔をし、青ざめた顔色である。肉体は肉付きが良かったり、腫れている。背筋がまっすぐではなく曲がっていたり、頭を屈めている*5


 ♓が支配する国――ポルトガル、カラブリア、ノルマンディー、スペインのガリシア地方、トルコ南部のキリキア。都市はアレキサンドリア、レーゲンスブルク、ウォルムス、セビリア、コンポステーラ、ティバートンである。


占星術入門 16
↑ 占星術入門


*1 原注。これは著者が私が先に述べた意見、つまり髪の色は出生チャートのアセンダントや上昇するサインにある支配星や、そのアスペクトの諸惑星に拠っているのに同意しているのを示している。
*2 原注。ウェールズのシャーロット王女はこのサインがアセンダントにある時に生まれている。このサインは♎天秤宮を除いた他のサインよりも美を与える。
*3 原注。♒宝瓶宮で日食があれば、イングランド国で大革新を起こす。彗星があれば、この国を戦争へと引き込む。♅天王星が♒宝瓶宮にある時、この国の法律の最大の変化が起きている。
*4 原注。このサインは♋巨蟹宮が流れる水を表すのに対して、蓄えられた水を表している。
*5 原注。私は一般的にこのサインの下で生まれた人物が、非常にデリケートな肌を持ち、白亜色のたるんだ見た目をしている事が多いのを見い出している。