真のカバラの鍵

ページ名:真のカバラの鍵


 本書「真のカバラの鍵」(The Key to the True Quabbala)は、フランツ バードン三部作の三作目にして最後であり、バードンによるカバラの講義書となっている。
 もっとも、ここでバードンがいうカバラは、伝統的なユダヤ教カバラとも、(黄金の夜明け団が行っていたような)ヘルメース学カバラとも違っている。バードンはカバラを普遍的な言語を用いた言葉の術と定義しており、インドの「タントラ」と同じだと述べている程である。
 では何の歴史的な根拠も無いのかというとそうでもなく、セフェル イェツィラーで説明されているヘブライ文字の説明や、その組み合わせを参考にしている。伝統的なカバラでも、ヘブライ文字のそれぞれの形をイメージし、その深い意味合いについて瞑想する実践が行われている。だがバードンは本書では一般的なヘブライ文字を使わずに、ドイツ文字のみを用いている。これはヘブライ文字に不慣れなドイツ語圏の読者のためを思っての事だろう。


真のカバラの鍵 前言
真のカバラの鍵 序文
真のカバラの鍵 第3のタロットカードの象徴主義

第一部 理論篇
真のカバラの鍵 1-1 第1章 カバラ
真のカバラの鍵 1-2 第2章 カバリストとしての人
真のカバラの鍵 1-3 第3章 類似の法則
真のカバラの鍵 1-4 第4章 文字の秘伝
真のカバラの鍵 1-5 第5章 普遍的言語
真のカバラの鍵 1-6 第6章 魔術・カバラの言葉、テトラグラマトン
真のカバラの鍵 1-7 第7章 マントラ
真のカバラの鍵 1-8 第8章 タントラ
真のカバラの鍵 1-9 第9章 魔術の術式
真のカバラの鍵 1-10 第10章 カバラ神秘主義の理論
真のカバラの鍵 1-11 第11章 カバラ魔術

第二部 実践篇
真のカバラの鍵 2-序文
真のカバラの鍵 2-1 ステップ 1 文字の神秘主義
真のカバラの鍵 2-1-2
真のカバラの鍵 2-2 ステップ 2 カバラの発音
真のカバラの鍵 2-3 ステップ 3 カバラの生命の水
真のカバラの鍵 2-4 ステップ 4 カバラのエレメンタルズ
真のカバラの鍵 2-5 ステップ 5 10のカバラの鍵
真のカバラの鍵 2-6 ステップ 6 テトラグラマトン、カバラの4つの鍵
真のカバラの鍵 2-7 ステップ 7 アルファベットのカバラ神秘主義 (A - I まで)
真のカバラの鍵 2-7-2 (J - Tまで)
真のカバラの鍵 2-7-3 (U - Oeまで)

第三部 魔術の術式の実践篇
真のカバラの鍵 3-8 ステップ 8 カバラのアルファベット、2つの鍵、二重文字(Aによる)
真のカバラの鍵 3-8-B (Bによる)
真のカバラの鍵 3-8-C (Cによる)
真のカバラの鍵 3-8-D (Dによる)
真のカバラの鍵 3-8-E (Eによる)
真のカバラの鍵 3-9 ステップ 9 3つの鍵の使用
真のカバラの鍵 3-10 ステップ 10 4つの鍵の使用
真のカバラの鍵 3-10-2 エレメンツの術式
真のカバラの鍵 3-11 ステップ 11 神名と霊的存在のカバラの使用
真のカバラの鍵 3-12 ステップ 12 小宇宙と大宇宙の絶対的支配者としてのカバリスト
真のカバラの鍵 結論


フランツ バードン
トップページ