召喚魔術の実践 2-水星の圏の知性体達 2

ページ名:召喚魔術の実践 2-水星の圏の知性体達 2


 図 37:アニエル Aniel ――は、この第37の守護神の名前であり、詩人、著者、劇作家、作曲家、その他アートに関連する全ての者の友である。アートに興味ある魔術師は、この守護神が常に助けとなるのを確信しよう。この守護神は、世界の全ての学を伝授するだけではなく、多くの魔術の技もである。魔術師は、自然の最も深遠な諸秘密や、オカルト哲学全般、魔術とカバラの秘儀伝授の最も深遠な密儀の、より多くの情報を得るであろう。アニエルは魔術師の中に、これらの高次の密儀を知的な言語へと変換する才能を目覚めさせる。



 図 38:ハアミアー Haamiah ――この守護神は、水星の圏でとても人気がある者である。この守護神は成熟した魔術師のために、全ての圏の宝の部屋を開くのを望む。つまり、魔術師に最も深遠な知恵を明かし、それにより至福へと導く。この38番目の守護神は、魔術師にその健康を増大させ、その満足、幸福、名声を授ける事で、この地上での生活を耐えられるようにもする。この守護神は魔術師のあらゆる望みを叶えるであろう。



 図 39:レハエル Rehael ――は、錬金術とオカルト解剖学の特別な伝授者である。魔術師は水星の圏のこの39番目の守護神から、哲学者の石の作成法や、乾燥や湿潤での手順について教えられ、それにより自らのアストラル体、肉体に染み込ませ、若返りする。魔術師はそれによって、自らの寿命を望むだけ伸ばせるであろう。ラハエルはまた、子供の大いなる友であり、子供を愛する人々――両親――が多くの子供を得られるようにする。この守護神は、子供の全ての病に対して正確な情報を与え、そのような場合で助けるのを好む。この守護神は魔術師が述べる人々に愛と忠義を起こすであろう。



 図 40:イエイアゼル Ieiazel ――魔術師が牢や敵から自由になるのを望むならば、水星の圏のこの第40の守護神に頼るべきである。この守護神は、直接的な個人的な助けを与えるか、その従者によってこの問題で自由にできる人々に影響を与える。魔術師がイエイアゼルから学べることは、以下のようなものである。物を非物質化と再物質化させ、遠い距離を移動させる。エレメンツの魔術により、人間、動物、物理的な物に影響を与える力。あらゆる人物、物の過去、現在、未来を知る。敵を友に変える。この守護神により魔術師に明かされた術式により、嵐を引き起こしたり静めたりする。魔術の術式により、サイキックの不調和――メランコリー――を癒すなどである。イエイアゼルはまた、全てのアーティストの良き友であるので、啓明によって彼らが成功するようにし、聴衆らに彼らが愛されるようにする。本の著者や編集者も、アーティストの場合と同様に働く。



 図 41:ハハヘル Hahahel ――は、戦略的な成功を司り、人々がこの面で新発明をするようにしてきた。この守護神はまた、敵の計画を発見するように導く。敵軍の全滅や、嵐を引き起こす必要があるならば、この守護神は魔術師に必要な魔術の術式を授けるであろう。その他にも、魔術師はあらゆる種類のエネルギーを目覚ましく増大する方法や、不死身になる方法、メンタル、アストラル、物理世界でアカシャ原理の働きを認識する方法も教えられるだろう。この守護神により明かされた特別な技法を用いる事で、魔術師は自らの力を完成の高みにまで増大させ、奇跡の働きをなせるまでに信念や確信の力を強める事が出来よう。



 図 42:ミカエル Mikael ――魔術師はこの守護神から、敵らを支配し、彼らの計画を見つけ、現実化する前にそれらを滅ぼせる魔術、カバラの技法を授かるであろう。またこの守護神は、敵らを眩惑させ、欺きによって間違った方角へと進ませる方法を教える。またこの第42の守護神は、政治家や外交官のキャリアを驚異的に進ませ、彼らに直観や演説の素晴らしい才能を授けるであろう。



 図 43:ヴェウビアー Veubiah ――この守護神は魔術師に、その敵らの計画を見つけ、向けられたあらゆる悪意を破る方法を教える。この守護神が魔術師に明かした特別な技法により、魔術師は敵らに対する絶対的な支配者となる。さらに戦場での兵士らの命を死から救う特別な守護を与えるタリズマンを造る術、魔術とカバラにより数秒で傷を癒す術、この面でのその他の多くの事も学ぶであろう。



 図 44:レラヒアー Lelahiah ――水星の圏のこの第44の守護神は、接触した魔術師に特別なカバラの技法を授け、それにより目が見えない者が見えるようにし、耳が聞こえない者が聞こえるようにし、狂人を癒すであろう。さらに魔術師はレラヒアーから、霊的存在か、非物質化と再物質化の方法によって、物を遠い距離で移動させる方法も教授されよう。また魔術師は、アカシャ原理で正確に読む方法や、どの問題でも成功し、自らの全ての望みや他者の望みが満たされる方法も教えられよう。



 図 45:セアリアー Sealiah ――は魔術師に、黒魔術、妖術、魔女術を行う全ての人々を認識できるようにする。また魔術師に全ての攻撃者を無力化させ、いわゆる魔術のフードにより敵らを覆う事で、あらゆる魔術の試みを不可能にする技法を獲得させる。どの黒魔術師も貫けない、そのようなフードの魔術の作成は、水星の圏のこの第45の守護神により、魔術師に明かされる。またセアリアーは魔術師に、それを唱えた瞬間に、都市全体が完全に破壊される魔術の言葉を授ける。だが、そのような魔術の言葉は、低い倫理を持つ人々には決して明かされず、そのためその悪用を誰も心配する必要は無い。魔術師はまた、大地と海の支配者となる事については、ここで強調する必要はあるまい。魔術師は盗賊に盗んだ物を返すようにさせ、傲慢な者を辱め、不正に遭っている人に、その権利を得るのを助ける。この守護神の助けにより、魔術師は上に述べてきた事柄を行える。魔術師はこの守護神により、我々の地球の支配者となるようにされるからである。



 図 46:アリエル Ariel ――この守護神は魔術師に、預言の能力を与え、アカシャ原理を通じて過去、現在、未来を見る事を完全に制御する方法や、ボルトを充填する方法などを教える。魔術師が豊かになるのを望み、それには良い理由があるならば、この守護神は地上のあらゆる宝を見つける事で助けとなろう。だが、それがこの守護神の権能の全てでは無い。この守護神は魔術師に、自然や命の最大の諸秘密も得るようにするであろう。例えば、この守護神は魔術師に、可能な最大の距離にいる人々に、不随意の夢を見させたり、宝石に特定の諸力を充填する方法や、カバラ魔術によって、全ての種類のエレメンタリーズを繁殖させる方法などである。アリエルはまた、魔術師に他の圏の肯定的な存在と接触するのを可能とし、タリズマンや他の魔術の技を教授するであろう。



 図 47:アサリアー Asaliah ――正義と適法の諸法、すなわち世俗的や霊的な諸法での永遠の均衡を保つのを認識し理解するのを学ぶのは、この第47の守護神が魔術師に授ける術である。またこの守護神は、魔術師に最深遠の諸秘密を理解させ、アカシャ原理にて、どの人間の生涯の全ての過去、現在、未来を見させる。アサリアーは魔術師に、これらの能力が人の中で目覚める特別な技法を喜んで授けるであろう。またこの守護神は、魔術師のどの面でも権利を保つのを望むのも何の疑いも無い。この守護神はまた、人の愛を起こし、友人の間での共感を増大させ、敵意を友情へと変えるなども行える。そして何よりも、この守護神は、重要人物の恩寵を引き起こすようにする。



 図 48:ミハエル Mihael ――水星の圏のこの第48の守護神は、錬金術、特に金属の変容の教師と見做されよう。この守護神は魔術師に、これら全ての情報を与えられる。魔術師が与えられた方法によって、望むならば、あらゆる金属の電気振動を変化させる。すなわち、最も価値が無い卑金属からも金を造り出せる。魔術師は逆の事も教えられる。例えば、敵が持つ金や銀を鉛や鉄に、魔術やカバラの力により変化させられる。同様に、普通の石から宝石を造る事もできる。さらに、魔術師はこの守護神から以下の事も学ぶであろう。人々の愛や情熱を増大させたり失わせたりする。魔術師が望むように人々を行わせる環境を作り出す。女性の不妊を癒す。結婚したカップルの間での平和、一致、信義を生み出し、死を除いて、2人が分かれないようにするなどである。



 図 49:ヴェフエル Vehuel ――水星の圏のこの第49の守護神から、魔術師は全ての種類の預言、最もシンプルなものから、アカシャでの完全なリーディングに至るまでを得て、それらを制御するのを学ぶであろう。その他にも、魔術師は望む場所に向かえ、自らの意識を拡張する方法を教えられよう。また、どの人間の心も読み、そのオーラの全てを知り、一瞥のみでその人格、敵か友かを認識する。魔術師はまたこの守護神から、影響を与える全ての可能な方法も学ぶであろう。この守護神とひとたび接触したなら、魔術師はその生涯、平和と安らぎの中で過ごすことが出来よう。



 図 50:ダニエル Daniel ――この守護神は魔術師に、神の摂理の働きを知るようにさせ、アカシャ原理の働きと効果を認識させ、さらにこの第50の守護神は、魔術師に神の美徳の効果性を理解できるようさせ、それにより自らの中で愛と慈悲の振動を影響させる。これは魔術師を幸福な状態にし、この守護神により導かれた者のみが、それらを経験できよう。この守護神との繋がりによって得る利益は他にも多くある。魔術師は正義と不義の違いについて学び、裁きについての分別を開発し、あらゆる面で賢明に働き、著者として成功し、演説家の優れた才能を得て、賢明となり、深い直観を楽しむであろう。また、全ての宗教体系での真の哲学の内容を認識するのを学ぼう。緊急事態でも、魔術師はこの守護神から常に正しい考えが啓明されるであろう。



 図 51:ハハシアー Hahasiah ――は、ヘルメース学の起源の伝授者の1人である。この守護神は魔術師に、魔術とカバラの正当な情報を与えるのみならず、宇宙物理学、宇宙化学、錬金術も教え、知恵の深遠な諸神秘を伝授し、自らの霊を多彩な界と圏へと上昇させ、そこで意識的に行動する術を教える。水星の圏のこの第51の守護神から与えられた特別な技法により、魔術師は自らのメンタル体、アストラル体、肉体を不可視にでき、その他にもアカシャ原理にてそれらの効果に対する原因を変えられる。だが、魔術師はこの守護神と接触する事による別の利益もある。この守護神は様々な医薬を造り出す方法も教える。魔術師はが医療と関係していたならば、この守護神の導きにより優れた医師となり、その治療で大いに成功し、患者らから愛されるであろう。



 図 52:イマミアー Imamiah ――この第52の守護神は、魔術師が隣人ら、特にその敵らの支配者となるのを許し、彼らが無害となる方法を示す。イマミアーの助けにより囚人は、直接的な魔術行動か、囚人を解放する権限のある者の心に影響する事で、再び自由を取り戻すだろう。イマミアーは魔術とカバラに関する占星術の特別な伝授者である。よって、魔術師はこの守護神から価値ある情報を教えられるであろう。また、この地球に存在する全ての学問の分野の情報も得よう。イマミアーは陽気さ、エンターテインメント、喜びに対して特別な趣向があるので、魔術師にこの面で疑い無く満足させる状況をもたらすであろう。



 図 53:ナナエル Nanael ――確実に、上級の魔術師はあらゆる動物を理解し、制御下に置きたいと望むであろう。水星の圏のこの第53の守護神は、魔術師にこの術を伝授し、それにより全ての動物の言語を理解するであろう。また魔術師は魔力により、動物が知覚できるように自らのメンタル体とアストラル体を変えられよう。さらに魔術師はこの守護神から、魔術とカバラの全ての法を得るであろう。適切な瞑想により、魔術師はやがては、最も深遠な諸問題にも精通し、多くの魔術の能力を得るであろう。動物やエレメンツを制御したり、人や動物のアストラル体を制御する多くの魔術の技法が、この守護神により魔術師に与えられよう。



 図 54:ニタエル Nithael ――は、水星の圏の第54の守護神である。この守護神は全てのアーティスト、著者、演説家の大いなる友であるので、彼らが有名になる助けとなる。この守護神は魔術師に、地球での重要人物や高次の存在の恩寵を与え、満足と成功への道を整え、完全な幸福へと導く。この守護神は魔術師に、この世界のあらゆる学問の分野の情報を与えられ、常に魔術師を助けようとするだろう。


 図 55*1:メバイアー Mebaiah ――この第55の守護神は不妊の女性を助け、魔術師に不妊の原因を取り除くための教授を与える。メバイアーは全ての必要な場合に愛を創り出し、魔術師に成功、名誉、地位、尊敬、威厳、権威を得るための助けをする。この守護神は正当な宇宙宗教の起源の伝授者であり、その完成の道への忠実な助け手である。


 図 56:ポイエル Poiel ――魔術師はこの第56の守護神の助けにより、その生活、学習、仕事、地上の生全般で必要な全てを得るであろう。この守護神は常にそれらを助けるのを喜ぶ。魔術師はこの守護神から、過去、現在、未来の全ての出来事を学び、必要ならば愛や共感を造り出せるであろう。魔術師はオカルト哲学、魔術、カバラでこれまで知らなかった事を語られ、ポイエルによりそれらの学習を効果的に助けられるであろう。


 図 57:ネマミアー Nemamiah ――この第57の守護神は、魔術師に魔術の変容の秘密、すなわち自らや他人のアストラル体やメンタル体を好きな姿へと変える術を明かすであろう。この能力は重要であり、魔術の知識に関して価値ある可能性を与えるであろう事は言うまでもない。また、この守護神の助けにより魔術師が得るであろう別の能力もあり、エレメンツのあらゆる種類の影響から守るための、エレメンツの魔術のミイラ化の術である。この守護神が魔術師に教える魔術実践により、目の見えない人を再び見えるようにしたり、遠隔透視者となったり、あらゆる種類の圧力に対して、困難なく自らの体を抵抗できるようにしたり、あらゆる情熱を乗り越えさせたり、愛を引き起こし、増大したり消え去らせたり、囚われた人々を自由にするなどをできよう。この守護神は技術者らを啓明するのを特に好み、新発明、特に鉄鋼業での助けをする。


 図 58:イェイアレル Jeialel ――諸圏の魔術と占星術の伝授者として、水星の圏のこの第58の守護神から魔術師は大いなる知恵を教えられよう。魔術師は個々の圏、さらに地球を取り巻く帯や我々の物理世界でのこれらの共通の影響での、様々な力や効果を得るであろう。そして、占術のためにこれらの影響を計算する方法や、この知識を魔術とカバラで実践的に用いる方法を学ぶであろう。その他にも、魔術師はエレメンツと諸圏の全ての霊的存在の絶対的支配者となり、自らの魔力と権威を増大させる方法も学ぶであろう。



 図 59:ハラヘル Harahel ――この第59の守護神も宇宙魔術の熟達者であり、魔力を宝石へと転送する方法を教える。この守護神は接触した魔術師に、子供の胎内教育の技法や、不妊の女性を癒す方法を明かすであろう。ハラヘルは全ての産婦人科医、助産婦などの特別な友である。この守護神は、全ての地上の学をよく知っており、それゆえ魔術師にそれらの正確な情報を与えられる。魔術師がビジネスマンであり、株式投資に興味があるならば、ハラヘルはどの株が上昇し、どれが暴落するかの良きヒントを与えるであろう。



 図 60:ミズラエル Mizrael ――魔術師が仕事で手作業の器用さを必要とするならば、何よりも先に、水星の圏のこの第60の守護神に尋ねるべきであり、疑い無くこの面で助けとなろう。魔術師が宗教哲学や、その他の学問に興味があるならば、ミズラエルによりこれら全ては伝授され、個人的な研究により偉大な学者となるだろう。この守護神は錬金術にも精通しており、魔術師は錬金術のスパギリックの手段により、自らの寿命を延ばす方法や、体をミイラ化する方法や、さらに精神病を癒す方法も学ぶであろう。この守護神はまた、神の美徳とその影響や、占術と魔術の能力の情報を与えるのも大いに喜ぶ。そして魔術師に、敵らにより迫害されている者らを自由にする方法を示し、そのような敵らを無力化する方法も教えるであろう。



 図 61:ウマベル Umabel ――この第61の守護神と接触するのに失敗するのを、どの魔術師も望まないだろう。なぜなら、その助けにより、可能だと考えているよりも多くの事に到達できるからである。例えば、自らの生で幸福と満足、友情と愛、楽しみとエンターテインメントのための旅での必要な手段、錬金術の教授、特に様々な錬金術の目的のためのエレメンツの使用について、水をワインに変えたり、逆にワインを水に変える、金属の変容、魔術とカバラの教授などである。ウマベルは、誇張無しに愚者を賢者へと変えられるほどに強力である。



 図 62:ヤハヘル Jah-Hel ――水星の圏のこの第62の守護神は、魔術師に自らの中の神の美徳について悟らせ、瞑想や精神集中の術を教える。さらに、アカシャ原理での働きや効果を知る方法、魔術とカバラの学習により賢者となる方法、あらゆる哲学の要点を掴む方法も教える。ヤハヘルは魔術師に、様々な術、例えば、モーセがファラオの前でしたように、杖を蛇へと変えたり、逆に戻したりする術や、特定の場所へ蛇を集めたり、蛇の毒に対して無傷となり、最も危険な毒蛇も傷つけたり出来なくなる術を伝授する。魔術師が望むならば、この守護神は隠された宝を見つけさせるであろう。



 図 63:アニアヌエル Anianuel ――水星の圏のこの第63の守護神は、魔術師に全ての種類の療法、薬であろうとも、魔術やカバラのものであろうとも、伝授する。魔術師は様々な病や否定的な影響に対して特別に守護するアミュレットの作製法や、それらを変化する方法を教えられよう。さらに、この守護神により明かされた魔術の言葉により、水星の圏の否定的な存在を自らの制御下にしたり、未知の影響から自らを守ったりもできよう。この守護神は取引や金を扱う仕事の人々に、彼らが金を造れるようにし、その意図全てが現実化するようにする事で助ける。また鋭い精神、素晴らしい直観力を得る方法も示し、魔術師に我々の地球での全ての学問の分野を教える。



 図 64:メヒエル Mehiel ――この第64の守護神が魔術師に明かす魔術の術式は、魔術師の命に危険を与える敵を瞬時に灰の集まりへと変える。これらの言葉の力は、驚くほど熱を高めるからである。他の術式は魔術師に、野生動物を躾け、暴徒を鎮めたりする。この守護神と接触した魔術師は、それまで知られていなかった多くの神秘や、興味のある学問全てを伝授されるであろう。メヒエルに導かれた魔術師は、いずれも賢者、有名な著者、偉大な演説家などになる。そしてエレメンツの腐敗に対して自らを免疫にし、望むだけ長生きする方法を学ぶであろう。



 図 65:ダマビアー Damabiah ――魔術師はこの第65の守護神から、象徴主義とタリズマン魔術、すなわちタリズマンやアミュレットの魔術による作成法を伝授されるであろう。そして我々の星に存在する至高の知恵の起源者に導かれ、小宇宙と大宇宙、それらのカバラ魔術の応用についても教えられ、水エレメントを制御し、水に住む生き物を完全に支配する方法も教えられよう。この守護神は魔術師に、海の底にある全ての宝について望んで教え、また鉱泉を発見させるようにする。この守護神は水治療法の伝授者であるので、魔術師に魔術とカバラの方法により水エレメントに特定の魔力を充填する方法だけではなく、その医療のための使用法についても教える。この守護神は魔術師に、その全ての作業を言葉と行いにより助ける。



 図 66:マナケル Manakel ――無くした物を取り戻すために、魔術師はこの第66の守護神に頼るべきである。この守護神は隠された物や宝を発見する助けとなるだろう。その他にも、この守護神は魔術師に、啓明された精神となる技法を示し、数とカバラによりあらゆる概念を表現する方法を教えるであろう。その他にも、不調和、特に月の影響力による不調和を整える。結果として、魔術師はあらゆる種類の癲癇、舞踏病(コレラ)、狂気などに陥った人々を、魔術・カバラの技法やタリズマンにより癒せるようになる。さらに魔術師は、この守護神から全ての植物を支配下におき、望むだけ影響を与える、例えば植物を素早く成長させたり、逆に止めたりする方法を教えられるだろう。また、動物に影響を与える方法も教えられる。例えば、どれだけ大きくて危険な魚であろうとも特定の場所に集めたり、クロコダイルを躾けたりする。また魔術師に、人間の性質に影響を与える、すなわち、望むように変化させる方法も教える。また、真の夢の正しい解釈も教える。他にも我々の物理世界での多くの魔術の可能性を、マナケルと接触した魔術師は聞くであろう。



 図 67:エイアイエル Eiaiel ――は、オカルト学、特に魔術とカバラの素晴らしい伝授者である。この守護神は魔術師に、これらの学による至高の種類の啓明、絶対的な完成に到達する方法、完成の道の途上でのあらゆる種類の障害や悪しき影響を乗り越える方法を教える。この第67の守護神の導きにより、魔術師は自然、特に植物界の支配者となる。また、ごく少数の魔術師のみが知る自然魔術により、奇跡を働く事が出来るようになる。またこの守護神は、接触するのを望む魔術師に、成功、名誉、名声、尊敬を得る助けとなる。



 図 68:ハブイアー Habuiah ――全ての療法は、最も危険な病に対してすら、この第68の守護神により魔術師に教えられるであろう。同時に魔術師は、オカルト解剖学とヘルメース医学の伝授もされよう。また、最も危険な病に対しての錬金術による準備も学ぶであろう。魔術師はまた、自然魔術により大いなる事柄に到達する方法も教えられる。例えば、魔術やカバラによって大地に豊穣を回復させたり、逆に地方全体を不毛にしたりする。ハブイアーの助けにより、魔術師は敵を友に変えたり、男女の中で愛を起こさせ、それを増大させたりも出来るだろう。



 図 69:ロヘル Rochel ――は魔術師に、アカシャ原理の助けや、霊的存在の助けにより、盗賊が、どれだけ奸智があろうとも、どこに隠れていようとも発見する方法を教える。魔術師に与えられる特別な技法によって、盗賊に盗んだ物を諦めさせて、返すように影響を与えるであろう。さらに盗賊が逃げ出すのを防ぎ、必要なだけミイラのように固くする。この第69の守護神は正義の保護者であり、常に魔術師が自らの権利を満たすようにし、あらゆる訴訟で勝利するようにする。この守護神は、災難の時に呼ぶことが出来よう。



 図 70:ヤバミアー Jabamiah ――は、儀式魔術の優れた伝授者であり、魔術師はこの守護神から、魔術とカバラによる最大の魔術現象を引き起こし、アカシャ原理を読んだり作業したり、三界全てで魔術のために光を用いる事を教えられるであろう。またこの守護神はアストラルとメンタルの旅、自らや他人や他の物の非物質化と再物質化、遠い距離を移動させる能力のための特別な技法を知り、あなたはそれらを学ぶだろう。この第70の守護神は魔術師を、至福へ向けての啓明の道へと導く。また魔術師は、この守護神から赤子を造る事から、魔術のボルトの準備に至るまでの全ての性の神秘を伝授されるであろう。魔術師がこの守護神と接触する事で得る利益を言葉で説明する事は出来ない。



 図 71:ハイエル Haiel ――この第71の守護神に導かれる事で、魔術師はあらゆる状況での支配者となり、最悪のトラブルを乗り越え、敵らを服従させ、敵や運命により迫害されている者らを助けるのを学ぶであろう。ハイエルは魔術師が可能な限り自らの魔力を増大し、最終的には奇跡を働けるようにする技法を知る。この守護神は、この面での優れた教師にして助け手といえよう。



 図 72:ムミアー Mumiah ――は、水星の圏の最後の守護神の名前である。この守護神は魔術とカバラの優れた伝授者である。その導きの下で魔術師は、あらゆる圏であらゆる魔術作業を行える。またこの守護神により、自らの道の障害を知り、それを乗り越える方法も語られよう。ムミアーはまた、錬金術、メタ物理学、宇宙物理学、さらに特にオカルト医療の起源の伝授者であり、魔術師にあらゆる病を癒す方法を教え、魔術・カバラか錬金術によって、健康を強めたり、長寿にしたりする。この第72の守護神は、哲学者の石、錬金術の第5精髄、その他の多くの関連物の作成法についての情報を与える。この守護神は魔術、カバラ、錬金術を扱う全ての博士らの保護者と正当に呼ばれよう。


 水星の圏の72の守護神らの詳細な説明は、これにて終わる。魔術師がこの圏を完全に制御する事も学んだら、勿論、諸圏での良き魔術師となろう。地球を取り巻く帯、月の圏、水星の圏の知性体らを制御するのは、最も不可欠である。これら3つの圏は、魔術師の住む世界と隣接しており、物理世界、アストラル界、メンタル界の三界全てとも照応しているからである。それゆえ、諸圏を進む魔術師はこれら3つの圏とその知性体らの絶対的支配者となるべきである。魔術と召喚の作業の間、魔術師はこれらの3つの圏、その知性体、守護神、配下の霊的存在らと接触する事で、魔術の訓練を受けていない者には思いもよらない事を豊富に達成できると確信するであろう。全ての望みを満たすためには、魔術師は本書の中で知性体の大きな選択肢を与えられ、他のどの本も必要としなくなるだろう。


 だが魔術師は、本書で説明した個々の知性体は――どの帯や圏に属していようとも――自らの成熟と開発の度合いに応じた知識と知恵を与える事に気づくべきである。個々の場合に応じて、極めて興味深い書が書かれるであろう。本書に書かれている、この簡潔な導入的な記述は、魔術師に未来の実践作業のためのガイドラインとしてのみ仕える。どれだけ多くの技法や実践が、どれだけ多くの知識と知恵がそこから得られるかは、魔術師の努力にのみ掛かっている。だが確実に言える事は、宇宙の階層のこれらの知性体と接触し、制御する諸圏の魔術師は、完成の道へ向けて旅をしており、それゆえ真の達人となるのが可能である。


召喚魔術の実践 2-金星の圏の知性体達
↑ 召喚魔術の実践


*1 第55から58までの4体の守護神の印は、原書には載っていない。バードンは何も述べていないので、印刷ミスかと思われる。