召喚魔術の実践 2-天秤宮の頭領達

ページ名:召喚魔術の実践 2-天秤宮の頭領達

 以下の30の頭領らは、地球を取り巻く黄道帯の天秤宮の下にある。最初の召喚では、これらの印は全て、緑色で描かれねばならない。



 図 205:ティラナ Thirana(天秤宮 1度)――この頭領は人の性的な圏を制御している。それゆえ、人類の繁殖は、この権限の下にある。ティラナは魔術師に性交の前に、自らの種に様々な性質を魔術的に植え付け、それらの性質が生まれてくる子供に伝えるための、多くの教授と技法を与えるであろう。魔術師はこの頭領から、子供の胎内教育、すなわち、子供が子宮にいる間に特定の性質、遺伝要素などを魔術的に植え付けるための、完全な知識を与えられるであろう。



 図 206:アポリオン Apollyon(天秤宮 2度)――この頭領は人類に、創造の時から、その発展状態に拠った金属との作業について啓明を与えてきた。アポリオンは金属と作業する仕事、鋳物師、鍛冶屋、エンジニア、機械作業者などのいずれにせよ、それら全ての人々の起源の伝授者と見做される。アポリオンはこれらの分野での全ての概念の起源の伝授者であるだけではなく、その忠実な管理人でもある。



 図 207:ペエカー Peekah(天秤宮 3度)――この頭領は、太古の時代から、動物の肉を生で食べるのは、焼いたり調理したりするほど旨くないと、原始人らに啓明により教えていた。この頭領は、ごく少数の者らに、様々な種類の食物の違いについて味わう事で語れるように啓明し、多くの食事の準備をするよう教えていた。そのような食事の準備のために、人々は家畜を飼育しはじめて、やがては牧畜業が発展していった。ペエカーは、この面でも常に、そして今でも、人類への良き啓明者である。食物を燻製したり、缶詰にしたりするのも、この頭領の権能の下にある。魔術師により求められるならば、この知性体は料理の術を伝授し、人類がこれまで知らなかった食事の準備のための多くのレシピに精通させるだろう。



 図 208:ノガー Nogah(天秤宮 4度)――男女の豊穣と繁殖力は、この頭領の力の下にある。この頭領は男女の性的な圏の振動を制御し、その種の中の生命の能力を決める。魔術師はノガーから、自らの精力を老年になっても保つ、さらに男女の不妊や不能を成功裏に治癒する方法を教えられるであろう。魔術師はこの分野で、この頭領から他にも多くの価値ある情報を得るであろう。



 図 209:トレト Tolet(天秤宮 5度)――この頭領は人の食習慣を制御しており、何の種類の食物が、健康を保つのに必要で、何が有害であるかを示す。トレトはまた、食事の全てのレシピの伝授者でもある。この知性体により、魔術師は様々な食事における電流、磁気流、電磁気流の違いについてと、それらを病においてどう摂るべきかを教えられる。またこの頭領は特別な意識状態を刺激させる様々な種類の食物について、魔術師の注意を向ける。



 図 210:パルマサ Parmasa(天秤宮 6度)――は、愉快さの師であり、人を心から笑わせ、楽しませる。この権能の下で、面白い考え、ジョーク、冗談、逸話、コメディー、その他のエンターテインメントがある。この頭領やその配下の啓明により、人は面白いジョークや、そのような物語を語ったり、書いたりできる。魔術師はこの頭領やその配下から最も面白い考えを得て、パーティー全体を楽しませたりする事ができよう。魔術師がこの頭領と接触したら、パルマサは常に愉快さに満ちて自らを示すと確信しよう。



 図 211:ゲセゴス Gesegos(天秤宮 7度)――木とそれらと関連する全ては、この頭領の権能の下にある。この頭領は、木とその働きと関連する仕事、例えば木こり、大工、建具屋、高級家具師、旋盤工、彫刻師、模型製作家といったような全ての人々の守護天使である。魔術師がこの分野に興味があるならば、この頭領からこれまで知られていない多くの事を学ぶであろう。例えば、エレメンツの全ての影響に対して木を充満させ、たとえ最も柔らかい種類の木材でも、鋼鉄に匹敵するほどの強い抵抗と持続力を持つようになる。この頭領から魔術師は、他にも多くの興味深い新しい考えを教えられるであろう。



 図 212:ソテリ Soteri(天秤宮 8度)――は、現在の最新のものも含めて、人が用いてきた全ての楽器の起源の伝授者である。ソテリは全ての作曲家を啓明する。この頭領は音楽の才能があったり興味がある魔術師に、それぞれの楽器を関連するエレメントに用いたり、その逆をしたりして、ハーモニーを表現する、すなわち普遍的法則に従って、音楽で望む表現をする事を教える。この頭領は、地球を取り巻く帯の音楽家と正当に呼べよう。



 図 213:バタマブブ Batamabub(天秤宮 9度)――人の衣服と頭の被り物は、原初の時代から現代まで、この頭領の力の下にある。この頭領は、人の衣服と被り物に、その気候、天気、着る者の成熟、個人的な心構えなどに従って、影響を与えてきた。バタマブブは、それぞれのファッションを啓明し、ランク、社会の地位、宗教なども、考慮に入れる。さらに、この頭領は人に、それらの衣服や被り物の材料についても示唆を与えてきた。それゆえ、全てのファッション デザイナー、ファッション クリエーター、洋服屋、裁縫師、帽子屋などは、この頭領の守護下にある。魔術師が興味があるならば、原初の時代から現代までの全てのファッションを知り、この頭領からアカシャ原理を通じて伝えられるであろう。魔術師はさらに、未来のファッションすらも見るであろう。



 図 214:オマナ Omana(天秤宮 10度)――人体を覆う毛は、この頭領の権能の部分にある。この頭領は、全ての髪型と髭の種類の啓明者である。男女の美容師や散髪屋は、常にこの頭領の影響下にある。髭や髪の手入れについての全ての発明、単純な櫛での掻き上げから、現代の器具まで、カミソリから電気カミソリまで、この頭領によって制御されている。この知性体と接触した魔術師は、毛を成長させたり、望まない毛を取り除く形質について学ぶであろう。またオマナは、魔術師に髪を染めるための様々な形質についても精通させるだろう。この頭領を個人的に召喚した私は、アカシャ原理を通じて、未来の髪の色について見させられた。この時代、化学物質はもはや必要とされなくなっていた。これらは通常は毛根を痛めるからである。人の毛はある放射機械によって染められていて、それらには髪や毛根に何ら副作用も無かった。だが、私はこれ以上語るのを禁じられている。にも関わらず、未来にはこの予知の証明がなされるであろう。



 図 215:ラギロス Lagiros(天秤宮 11度)――この頭領は、自らで直接的にか、その配下の影響を用いて、魔術師が高位の者らの恩寵を得て、その懇願が叶えられるなどの助けとなる。この頭領は、非常に重要な人物を魔術師に慈悲深くさせ、都合の良い状況などを作り出すであろう。



 図 216:アフレイ Afrei(天秤宮 12度)――この頭領は、愛の高次の魔術の伝授者にして師である。この頭領は魔術師に、メンタル、アストラル、物理世界で、神の性質、特に神の愛と慈悲の活発化により、多くの奇跡を生み出す方法について教える。



 図 217:リゴロン Rigolon(天秤宮 13度)――は、人類の起源から始まった、全ての種類の求愛の伝授者である。この頭領自身か、その配下によって、人に全ての可能な種類の求愛を啓明している。魔術師が愛する人物が近くにいて、良き伴侶を得たいと望み、求愛の術を学びたいならば、この頭領はその助けとなるであろう。この頭領は特定の人物の愛を得て、自らに有利になるようにする方法について、魔術師に助言をするであろう。



 図 218:リキタ Riqita(天秤宮 14度)――は、歌の師である。魔術師が望むならば、この頭領は愛らしい声を授け、それにより人々を魅惑するであろう。それゆえ、この頭領は男女の歌手の、それが職業であろうとも、特別な趣味であろうとも、守護者と正当に呼べよう。リキタは声を磨く方法や道を示すであろう。



 図 219:タプム Tapum(天秤宮 15度)――この頭領は優れたアーティストであり、魔術師に芸術の才能を目覚めさせるよう定められている。この頭領は、祭りや店先などで用いられる装飾物の根源の伝授者である。また同時に、全ての種類の宣伝の起源の伝授者でもある。魔術師がこの頭領の助けを必要とするならば、いつでも助ける準備が取れているであろう。



 図 220:ナチェロ Nachero(天秤宮 16度)――は、地上の全ての動物の健康と寿命を制御している。また全ての直観の霊も制御している。それゆえ、この頭領は人に、動物の様々な病に対しての治癒や薬を啓明する。全ての動物学者、獣医、野生の獣の調教者は、この頭領の制御下にある。ナチェロは魔術師に、病にかかった動物への、様々な治癒法や薬を啓明させる。また、動物を用いた多くの魔術の実践についても伝える。例えば、乳牛に多くの乳を出させる術や、望ましくない影響から動物を守る術などである。



 図 221:アラトル Arator(天秤宮 17度)――この頭領は、全ての酒の伝授者である。その原初の時代から、この頭領は人に、様々な種類の酒、例えば、ワイン、蜂蜜酒、ビール、リキュールなどを造る方法について、直観によって教えてきた。それにより人を幸福なムードにし、運命の過酷さに耐えられるようにした。だが、この頭領を悪質な酔っ払いを制御する、この圏の対立する精霊と混同してはならない。アルコール飲料を作り出して売っている全ての人々は、アラトルの守護下にある。魔術師はこの頭領から、ワイン、ビール、リキュールなどの素晴らしいレシピを得るであろう。さらに、これらの酒を様々な方法によって改良する助言もである。またこの頭領は魔術師に、例えばエレメンツの混合の影響下にて、水をワインに変えるなどの魔術のレシピと教授も明かす。さらに、これらの酒に含まれるアルコールの影響から身を守る方法もであり、それにより大量のアルコールを飲んだとしても、素面のままでいられるようになる。



 図 222:マラタ Malata(天秤宮 18度)――は魔術師に、人間や動物の血の諸秘密を明かす。これらの血液型やRHの要素――それらは、既に今日の医学で知られている――のみならず、医学、化学、生理学、心理学、遺伝の法則などに関連するさらに多くの事も語るであろう。その他にも、マラタは魔術師に、魔術と錬金術の観点からの血の諸秘密を伝授し、それらを書くとしたら多くの書を必要とするであろう。



 図 223:アリオト Arioth(天秤宮 19度)――は、地上で子供を生む全ての女の守護天使である。人類の発展段階と成熟に応じて、この頭領は人に、最も原始的なものから、最新の産婦人科で用いられるものまで、助産術の様々な技法の啓明を与えてきた。それゆえ、この頭領は全ての産婦人科医、助産婦などの守護者である。アリオトは、痛みなく出産するための様々な魔術や共感の技法に、魔術師の注意を向けるであろう。



 図 224:アギクス Agikus(天秤宮 20度)――人はいまだに、電気化学の多くの問題や神秘と向き合っており、遠い未来までそれらは明かされる事は無いであろう。だが、この頭領は魔術師に、この分野での多くの秘密を明かし、関連する知識も授ける。アギクスはガルバニー電気学の起源の伝授者である。この頭領の直観的な啓明に従う事で、人はバッテリー、蓄電池、電気により金属を溶かす方法、触媒などを発明してきた。電気によるホメオパシー療法も、この頭領の権能の下にある。この頭領は私に未来を見る事を許し、その時代には、ごく僅かな量の化学混合物が、膨大なボルテージと電流量の充電をし、放電をするのを私は見た。この知識は、人の技術と内的な領域で大きな価値があるだろう。ここでその詳細を語っても、信じられずにおとぎ話のように聞こえるだろうし、馬鹿げて聞こえないようにするために、私は詳細を語るのを控えよう。人類がより成熟し、進歩したなら、少数の有能な人物らが、この頭領から啓明され、発明と発見がなされるであろう。



 図 225:チェイカセプ Cheikaseph(天秤宮 21度)――は、地上での数学の起源の伝授者と見做されている。この頭領の権能の範囲は幅広く、最も容易な足し算から、膨大な図形により表現される、最も困難な数学問題まであり、さらに数学の図形や、物質に関連した計測と重さの基礎概念も含まれる。この頭領から魔術師は、例えば、ある概念を数学の図形によって表現する方法を学び、一方では、質や量の知識を知的に集める方法について教えられるであろう。また魔術師はチェイカセプから、いわゆるカバラの4部分の鍵を伝授され、それらは4つの本質的な数学の作業、足し算、引き算、掛け算、割り算を、カバラの学と関連づけ、小宇宙と大宇宙のエレメンツへともたらす。チェイカセプは非常に強力な頭領であり、魔術師はこの頭領から十分以上に学ぶであろう。



 図 226:オルニオン Ornion(天秤宮 22度)――は、生理学の伝授者である。この頭領は魔術師に、生理学の通常の諸事実を教えるのみならず、この学問の領域をヘルメース学の観点からも見るようにする。オルニオンは魔術師に、全ての必要なこの学の諸事実に熟達させ、人の見た目に既に現れている性質や個人的な特性を語れるようにする。読者の知識のために、私はここで、この頭領が魔術師に目覚めさせられる能力について記すとしよう。人の顔からその性質を読む術(人相学)、額から読む術、手相術、指やその爪による診断、目からの診断などである。



 図 227:ガリニラヌス Gariniranus(天秤宮 23度)――は、物理学の伝授者である。この分野で現在まで得た全ては、この頭領の啓明による直観によって起きた。魔術師はこの知性体から、はるか未来の物理学の達成について学ぶだけではなく、メタ物理学の全ての段階についても伝授され、それらを実践的に使う方法も教えられるだろう。またこの頭領は魔術師に、宇宙物理学も伝授するだろう。



 図 228:イスタロト Istaroth(天秤宮 24度)――は、忠義の守護者である。この頭領は男女を貞節に共に保っている。魔術師が望むならば、この頭領やその配下の助けによって、男女の人物に影響を与え、決して不忠にはしないようにするだろう。また、この頭領の助けによって、不忠の原因を見つけ出し、それが現実化する前に防ぐ。イスタロトは魔術師の最悪の敵を最良の友へと変え、あらゆる人物の愛、友情、共感を保つようにする。



 図 229:ハイアモン Haiamon(天秤宮 25度)――は魔術師に、人の性力の変換を教え、これまで未知のままにあった、様々な関連する実践を授ける。ハイアモンは、これらの最も秘密の諸神秘を知っている。魔術師はこの頭領から多くの事、例えば、性力を増大させたり減少させたりする方法や、様々な魔術の実践のために、原初のエレメンタルの形質へと送る方法などを学ぶであろう。この頭領はまた、ホルモンの構成でこれまで未知の情報や、その他の多くの事を与えるだろう。



 図 230:カナリ Canali(天秤宮 26度)――は原初の時代より、あらゆる種類の宝石細工の伝授者である。この頭領はその配下を用いて、宝石細工のファッションの全ての流行を制御している。例えば、指輪、ブレスレット、宝石、端的に言えば、身に着ける全ての宝石類である。この宝石細工に関わっている全ての者ら、すなわち、金鉱夫、金細工師、宝石細工師らは、この頭領により保護されている。魔術師はまた、カナリからこの面に関して、多くの興味深い事を学ぶであろう。



 図 231:アグラシス Aglasis(天秤宮 27度)――人や動物の乳と関連する全ては、この頭領の権能の下にある。この頭領は、赤子と哺乳の守護者と正当に見做されよう。アグラシスは歴史において、人類に動物の乳を搾る方法や、この乳を飲み物だけではなく、他の生産物を造るのに用いる方法も教えてきた。これにより、人類はミルク バター、コテージ チーズなどを造るのを学んできた。だが、この乳への働きは、その頂点に到達するまでは遥かに遠く、魔術師はこの面で多くの新しい事を学ぶであろう。



 図 232:メルキ Merki(天秤宮 28度)――水の中の全ての動物とその繁殖は、この頭領の権能の下にある。メルキは地上の全ての漁師の守護者である。この頭領は漁業での幸運や不運に責任がある。またこの頭領は人類に魚を缶詰にする方法も教えてきた。この産業もまた、その頂点までは遥かに遠く、なおも人を驚かせるだろう多くの発見がある。魔術師はこの頭領から、エレメントの魔術やカバラにより水の動物らを制御したり、例えば、特定の場所に集めさせる方法などを教えられる。さらに、水の動物を制御する事に関する、多くの他の実践も聞くであろう。



 図 233:フィラコン Filakon(天秤宮 29度)――この頭領は、整頓や清潔について人類を啓明してきた。人の進化の期間、健康や病の衛生と関わっている全ての事は、この頭領の制御下にあった。そして、医学で衛生と関わっている全ての人々に、この頭領の特別な配慮がある。フィラコンはまた、感染の概念を人類に伝えた創始者であり、人がこれらを認識し、守るように導いてきた。フィラコンは、全ての細菌学者、毒物学者、その他のバクテリア、桿菌、ウィルスによる病の研究をしている人々の守護者、伝授者である。この頭領は、感染による現在では人類の懲罰と見做される病に、魔術師の注意を向ける。この頭領は魔術師にこの病の原因について精通させるだけではなく、それらの病をどのように癒すかについても確信を持って語る。魔術師が望むならば、この頭領は今でも未知のままにある病についてと、その治療法について語るであろう。



 図 234:メガロギ Megalogi(天秤宮 30度)――は、一つ前に述べた頭領と少し繋がりがあり、地上の全ての治癒の泉を守護している。この頭領は、傷ついた動物を本能的にそれらの泉へと導いたりもする。メガロギの助けにより、人は動物らから、特定の病をどのように癒すかを学んできており、それらの観測を自らの利益のために用いてきた。よって、治癒の水による様々な療法が生み出され、鉱泉のある多くの場所が、人の健康のための場所へと変わった。メガロギはまだ発見されていない鉱泉へと魔術師の注意を向けるだけではなく、水治療法の分野を完全に伝授し、現代科学でもなおも完全に未知である諸実践を授ける。


召喚魔術の実践 2-天蝎宮の頭領達
↑ 召喚魔術の実践