ゾーハル 小聖会の書 6

ページ名:ゾーハル 小聖会の書 6

第6章 最も聖なる老いたる者の髭について


150. この最も聖なる老いたる者の髭から、全ての装飾と影響は吊るされている。万物は、この髭、影響から呼ばれるからである。


151. これは全ての装飾の中の装飾であり、この影響は、全ての上位者らも低位者らも同様に見る。


152. この影響に、万物の命は拠るのである。


153. この影響に、天地は拠るのであり、この恵みの雨により、万物は養われる。


154. この影響より、万物への神意は来る。この影響に、上位者や低位者らの万軍も拠る。


155. 素晴らしく貴重な聖油の13の泉は、この最も栄光ある影響の髭に拠っており、これら全ては小さな顔へと流れ落ちていく。


156. だが、これら全てではなく、裁きを和らげるために、その9つのみが(小さな顔の中で)見い出せると汝に言う。


157. そして、この影響は全て均等に心臓へと吊るされており、全ての聖なる中の聖なる中の聖なるものは、これに拠っている。


158. この影響は、上位の流出*1の拡張へと広げられており、これは全ての頭の中の頭であり、知る事も完成する事もなく、上位者も低位者らも知らない。なぜなら、この影響より万物は拠っているからである。


159. この髭の中には、3つの頭が隠されており、拡張し、万物はこの影響に結び付いており、その中に見い出せる。


160. そのため、あらゆる装飾の中の装飾は、この影響に拠っている。


161. 老いたる者に拠るこれらの文字は、全てこの髭の中に吊るされており、この影響の中で共に結び付いている。


162. そしてこれらは、他の文字らを確立させるために、この髭の中に吊るされている。


163. これらの文字が老いたる者と結びつかない限りは、他の文字らも確立できないからである。


164. それゆえ、モーセは必要な時にはיהוה יהוה(IHVH IHVH)と2回述べていた。それによって、このアクセントにより片方ともう片方とを区別していた。


165. 確かに、この影響により万物は拠っているからである。


166. この影響により、上位者も低位者らも崇拝へともたらされ、その御前にひれ伏す。


167. 祝福されるは、これらに到達した者である。


ゾーハル 小聖会の書 7
↑ 明かされたカバラ


*1 マサース注。この言葉はקותרא(QVTRA)である。ローゼンロートはこれを「Aporrhea」と訳している。これは気体あるいは雲とも訳せるであろう。