ゾーハル 大聖会の書 18

ページ名:ゾーハル 大聖会の書 18

第18章 広大な顔の髭の第7の部分について


408. 第7の構造は髭が乏しくなり、香しくも美しい2つのリンゴ(頬)の周囲を進むものである。


409. ラビ シモンは言い始めた。それについては、雅歌 第2章3節に「わが愛する者の若人たちの中にあるのは、林の木の中にリンゴの木があるようです」と書かれている。


410. このリンゴの木とは何か? このように、これ自身にも3つの色があり、そのため聖なる祝福された御方の2つのリンゴには、6つの色が含まれる。


411. そして、これら2つのリンゴは、7番目の構造であり、先に述べた6つの構造の全てが含まれる。


412. これらについては、箴言 第16章15節の「王の顔の光には命がある」の文がある。


413. また、私が学んだ事によると、これらのリンゴから世界の命が育ち、広大な顔に喜びを与える。それについて、民数記 第6章25節に「願わくは主が御顔をもってあなたを照し」と書かれているようにである。


414. そして「王の顔の光には命がある」とも、「王の顔の光」とも書かれている。私が述べてきた事の中には、2つの香しいリンゴの円がある。


415. 「主が御顔をもってあなたを照し」の文は、外的な顔の事であり、それが輝く時、世界は祝福されると理解すべきである。


416. そして私が学んだ事によると、これらの外的な光が輝く時には、広大な顔は世界全体を祝福し、この世界の中には(神の)怒りは見出せなくなる。


417. そして、これら外的なもの(がなすならぱ)、これら2つの常に輝くリンゴはどれだけより喜ばしい事か!


418. また聖都エルサレムの外で与えられた言い伝え*1によると、これら2つのリンゴが露にされる時、小さな顔は喜びを抱く。これら全ての低位の光は喜ばしいからである。そして、これら低位者全ては輝き、諸世界全ては喜び、全ての完成において完成する。そして万物は喜び、輝き、良きものが損なわれる事はない。万物は瞬時に満足し、同時に万物は共に喜ぶ。


419. 来たりて見よ! 外的な顔は輝き、同時に曖昧である。そのため、「主が御顔をもってあなたを照し」と、また詩篇 第1篇*2にも「その御顔を我らの上に照されるように。セラー」と書かれている。


420. なぜなら(私が学んだ事によると)、これは常に(輝かずに)、これらの上位のリンゴらが露にされた時にのみ(輝く)からである。


421. これについて、私が言い伝えから学んだ事によると、「これら隠されたリンゴは家が樹、常に光輝を放つ。そしてこれからから、370の方角に光粂が放たれる*3。そして、これには、6つの先に述べた髭の構造が含まれている。


422. これについて、ミカ書 第7章18節*4で「主が戻りて、我らに慈悲を与えたまえ」と書かれている。主が戻りてとは再び来る事であり、時にはこれらは隠され、時には露にされる事は注意すべきである。そのため、「主が戻りて、我らに慈悲を与えたまえ」と言われるのである。


423. そして、これらの低位者(に対応する形)の御名はאמת(AMTh、アマト、真理)である。これは老いたる中の老いたる者の2つのリンゴの中にある、第7の髭の構造であり、先の6つの全てが含まれる。


ゾーハル 大聖会の書 19
↑ 明かされたカバラ


*1 マサース注。これはバビロン捕囚の後の時代の事のようである。
*2 実際には67篇1節。
*3 マサース注。370 = עש(OSh、アシュ、形成、活動、創造)である。また、 3 + 70 の最小数 = 37 = 70 = セフィロトの10番目のマルクトである。
*4 ミカ書のいずれにも、この文は見つからない。