アブラメリン 3-17

ページ名:アブラメリン 3-17

第17章


 空中を飛び、いずこにも旅をするには。


(マサースの注記)
(a)この章の象徴は、部分的には天使らにより、部分的には悪霊らにより発現する。
(b)オリエンス、パイモン、アリトン、アマイモンが、その共通の配下らにより、この章の作業を実行する。
(c)この章の作業を、使い魔は上手く実行できない。
(d)あなたが旅をしたい場所を声に出して唱え、象徴を帽子の下、頭頂の上に置き、落ちないように良く留める。落ちたら非常に危険な事になろう。規則として、夜の間には旅しないようにし、この作業のためには晴れた天気を選ぶようにする。


(1)黒い雲により


TASMA
AGEIM
SEVES
MIEAG
AMSAT

(マサースの注釈)第1の方陣は25マスの正方形である。
 TASMAは、ヘブライ語の「汝は獅子とまむしへと向かうべきである」の詩句の中で用いられているTRMS、守護を暗に示している。


(2)白い雲により


ANAN
N
A
N A

(マサースの注釈)第2の方陣は16マスの正方形からの8マスで構成される。
 ANANは、「大きな労働」を意味する。


(3)鷲の姿で


HOLOP
OPOLO
LOBOL
OLOPO
POLOH

(マサースの注釈)第3の方陣は25マスの正方形である。
 HOLOPは、「旅をする」を意味する。


(4)禿鷹の姿で


ODAC
DARA
ARAD
CADO

(マサースの注釈)第4の方陣は16マスの正方形である。
 ODACは、「ある場所から別の場所へと通過する」を意味する。


(5)カラスの姿で


ROLOR
OBUFO
LUAUL
OPUBO
ROLOR

(マサースの注釈)第5の方陣は25マスの正方形である。
 ROLORは、おそらくROL(急いで動く)からであろう。


(6)鶴の姿で


NATSA
AROIS
TOLOT
SIORA
ASTAN

(マサースの注釈)第6の方陣は25マスの正方形である。
 NATSAは、「速やかに通過する、飛ぶ」を意味する。


アブラメリン 3-18
↑ アブラメリンの書