アブラメリン 3-9

ページ名:アブラメリン 3-9

第9章


 動物を人に、人を動物に変身させるなど。


(マサースの注記)
(a)この章の象徴は、悪霊らによってのみ発現する。
(b)アスタロトとアスモデウスが共に、この章の作業を実行する。
(c)この章の作業を、使い魔は実行できない。
(d)人にせよ動物にせよ、対象がこの象徴を見るようにさせ、突然に触れさせる。それにより、これらは変身するであろう。だが、これは幻術の類にすぎない。あなたが、元に戻したいと願うなら、象徴を相手の頭に置いて、杖で鋭くそれを叩く。すると霊は対象を元の姿へと戻させるであろう。


(1)人をロバへ変身させるには


IEMIMEI
ERIONTE
MIRTINM
IOTITOI
MNITRIM
BTNOIRE
IEMIMEI

(マサースの注釈)第1の方陣は49マスの正方形である。
 IEMIMEIは、明らかにヘブライ語のIMIM(モグラ)からである。これは完全な折句である。


(2)人を鹿に変身させるには


AIACILA
ISIOREL
AIERIRA
CORILON
IRILEIA
IRROISI
ALAINIA

(マサースの注釈)第2の方陣も49マスの正方形である。
 AIACILAは、ヘブライ語のAILH(鹿)からである。


(3)人を象に変身させるには


CHADSIR
H I
A S
D D
S A
I H
CHADSIR

(マサースの注釈)第3の方陣は49マスの正方形からの24マスによる取り囲む形である。
 CHADSIRは、ヘブライ語のKZR(激しい、獰猛な)からである。おそらくはChTzR(象の牙)からかもしれないが、ChZR(猪)だとしたら、この方陣は4番目のものである。


(4)人を猪に変身させるには


BEDASEK
E E
D S
ARAMASIA
S D
E E
K B

(マサースの注釈)第4の方陣は49マスの正方形からの24マスにより構成される。SIの2文字が1つのマスに入っている。
 BEDASEKは、おそらくはBD(四肢)とSK(強い皮などで覆われる、守られる)からである。よって、これは強く厚い皮を持つ四肢の象を意味する。そうだとしたら、この方陣は実際には3番目のものである。


(5)人を犬に変身させるには


KALTEPH
APIERIP
LILMORE
TEMUMET
EROMLIL
PIERIPA
HPETLAK

(マサースの注釈)第5の方陣は49マスの正方形である。
 KALTEPHは、ヘブライ語のKLB(犬)からである。
 この方陣は完全な折句で無いのに注意せよ。


(6)人を狼に変身させるには


DISEEBEH
ISARTRIE
SARGEIRB
ERBONETE
ETONOGRE
BAROBRAS
ERATRASI
HEBEESID

(マサースの注釈)第6の方陣は64マスの正方形である。
 DISEEBEHは、ZABH(狼)からであろう。
 この方陣も完全な折句では無い。


(7)動物を石に変身させるには


ISICHADAMION
SERRAREPINTO
IRAASIMELEIS
CRATIBARINSI
HASINASUOTIR
ARIBATINTIRA
DEMASICOANOC
APERUNOIBEMI
MILIOTABULEL
INENTINELELA
OTISIROMELIR
NOSIRACILARI

(マサースの注釈)第7の方陣は144マスの正方形である。
 ISICHADAMIONは、ヘブライ語のDMIVN(似たもの)と、SIG(火山岩、溶岩)か、SQL(石打)の語源であるSQ(石)からであろう。


アブラメリン 3-10
↑ アブラメリンの書