アブラメリン 3-7

ページ名:アブラメリン 3-7

第7章


 霊らに全ての必要な化学の労働と作業、特に金属に関するものを、容易く迅速に行わせるには。


(マサースの注記)
(a)この章の象徴は、天使らか守護天使によってのみ発現する。
(b)アスタロトとアスモデウスが共に、この章の作業を実行する。
(c)この章の作業を、使い魔は上手く実行できない。
(d)第2の書では、この章に関しての特別な教授は与えられていない。


(1)全ての金属を造るには


METALO
E
T
A
L
O

(マサースの注釈)第1の方陣は36マスの正方形からの11マスのグノモンである。
 METALOは、ギリシア語のMETALLON(金属、鉱物や砿業)からである。


(2)この作業を行わせるには


TABBAT
ARUUCA
BUIRUB
BURIUB
ACUURA
TABBAT

(マサースの注釈)第2の方陣は36マスの正方形である。
 TABBATは、カルデア語のThiBVTh(区分された作業の項目あるいは部門)からである。
 ARUUCAは、おそらくARUQ(密接する)からであろう。


(3)化学を教えるようにさせるには


IPOMANO
PAMERAM
OMALOMI
MELACAH
AROCUMI
NAMAMON
OMIHINI

(マサースの注釈)第3の方陣は49マスの正方形である。
 IPOMANOは、ギリシア語のHIPPOMANES(魔力ある飲み物として用いられた材料の1つ)からであろう。おそらく、ここでは一般的な化学ドラッグを意味するであろう。


アブラメリン 3-8
↑ アブラメリンの書