ソロモンの鍵 ペンタクルの章

ソロモンの鍵 ペンタクルの章の編集履歴一覧へ戻る

背景色がついた文章が変更のあった箇所になります。背景色の示す意味は以下の通りです。

追加された内容
削除された内容

比較結果

 以下に続くのは、適切な図と印章で示され、特別な性質を持ち、術の師により用いられる聖なるペンタクルである。&br()
 ペンタクルの順序&br()
(1)土星に関する7つのペンタクル = 黒
(2)木星に関する7つのペンタクル = 青
(3)火星に関する7つのペンタクル = 赤
(4)太陽に関する7つのペンタクル = 黄色
(5)金星に関する5つのペンタクル = 緑
(6)水星に関する5つのペンタクル = 混色
(7)月に関する6つのペンタクル = 銀&br()
 これは、大ペンタクルと呼ばれる一般的なペンタクルである。
#image(https://img.wiki3.jp/occult_/p1.gif,center)
 以下はMichael 276とAubrey 24より((これは、2つの文書、Michael 276とAubrey 24にのみある。これらは明らかにシギリウム デイ エメト(神の真理の印)の一種である。))
#image(https://img.wiki3.jp/occult_/p2.gif,center,width=300)
#image(https://img.wiki3.jp/occult_/p2.gif,center)
 これは緑色の羊皮紙か真新しい紙に書かれねばならない。72の神名の文字が書かれた円は赤にするか、文字は金色にする。ペンタクル内の文字は同じく赤にし、他は空色にする。また、神の大いなる御名は金色にする。これは全ての霊らを服従させる。それらに示す事で汝に従うであろう。
 これは緑色の羊皮紙か真新しい紙に書かれねばならない。72の神名の文字が書かれた円は赤にするか、文字は金色にする。ペンタクル内の文字は同じく赤にし、他は空色にする。また、神の大いなる御名は金色にする。これは全ての霊らを服従させる。彼らに示す事で汝に従うであろう。&br()


 図1に関する(マサース)編注――このソロモン王の神秘の図は、2つの文書、Lansdowne 1202と1203にのみある。これはレヴィの[[高等魔術の教理と祭儀]]と、ティコ ブラーエ((実際は、ヨハン バプティスト グロッスチェデルによるもの。))の自然魔術カレンダーで示されている。だが両者ともヘブライ文字は無い。おそらく無学の訳者らによって読めないまでに崩されていたからであろう。多くの研究と労した結果、私はこの象徴にある文字は生命の樹の10のセフィロトを意図しているものと信じるに至った。それらに加えて、ソロモン王の名が右から左へと書かれ、それらを取り囲む文字はヘブライ文字の22のアルファベットである。私はそれゆえ、これらを回復させた。この図から本書の口絵をなしている。
 図1に関する編者(マサース)注記――このソロモン王の神秘の図は、2つの文書、Lansdowne 1202と1203にのみある。これはレヴィの[[高等魔術の教理と祭儀]]と、ティコ ブラーエ((実際は、ヨハン バプティスト グロッスチェデルによるもの。))の自然魔術カレンダーで示されている。だが両者ともヘブライ文字は無い。おそらく無学の訳者らによって読めないまでに崩されていたからであろう。多くの研究と労した結果、私はこの象徴にある文字は生命の樹の10のセフィロトを意図しているものと信じるに至った。それらに加えて、ソロモン王の名が右から左へと書かれ、それらを取り囲む文字はヘブライ文字の22のアルファベットである。私はそれゆえ、これらを回復させた。この図から文書の口絵がそれぞれ形成している。
次 [[ソロモンの鍵 土星のペンタクル]]
↑ [[ソロモンの鍵]]

ソロモンの鍵 ペンタクルの章の編集履歴一覧へ戻る