【異神教:嘲笑う邪視】栗花落 慎二

ページ名:ツユリ シンジ

 

「さぁて…面白くなりそうだな。楽しませてもらうぜ」

「どうだ、死にたくなっただろ。俺の目を見たやつは皆そう言うよ。そのまま眠るように死ね、その方が幸せだ」

「異能も科学も同じだ。 結局はどっちが優れているかを争ってるだけだろ」

 

【異神教:嘲笑う邪視】 栗花落 慎二 (ツユリ シンジ)  

 

【性別】男性

【年齢】37歳

【身長】183㎝

【一人称】俺

【二人称】お前、アンタ

【使用武器】銃

 

【認定種別】  特異者

 

【異能】見たもの全てを呪う異能

【発動条件】直接視認した対象に強制的に発動する。

【異能詳細】 自身が直接視認したものに【呪い】を与える。【呪い】を付与する対象は人間だけに関わらず、建物や地域にも影響する。なお、任意で与えるのではなく直接視認したものを強制的に呪う異能である。使用者の意図に関係なく直接視認したものを呪うため、自身の意志で呪うか否かの制御が出来ないのが最大のデメリットである。

【呪い】は生命そのものを殺し、建造物や地形に対してはその呪力によって怪奇現象を引き起こす。【呪い】を与えることは強制的だが、解除は任意で行える。また、直接的に視認しなければ異能は発動しない

 

【経歴】

 詳しい詳細は不明だが、元々警察官であり【異能】の発現後に【異神教】へと身を置くようになった。

 

 

【人柄】

  得体のしれない、怪しいといった雰囲気を隠そうとしない男。常に飄々としており大半の物事を傍観している。【異神教】に所属してはいるものの、【君臨する者】に対して忠実という訳でもなく、自身の価値観や考えを持っており一匹狼な一面も見られる。元警察官であることから【特務課】にも顔を知られており、彼を知る者は多い。しかしそれでも謎は多く、彼の目的や考え、企みは彼のみが知る。

不用意に異能を使用しないよう、サングラスを常に着用している。

元警察官であった故か戦闘技術は高く、主に肉弾戦を好むものの射撃の腕は他者の通髄を許さない。

 

 

 

 

 

※随時更新

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する