【特務課局長】篠木 司

ページ名:シノギ ツカサ

 

 「我々は特異対策警務管理課。我々の責務は、犯罪者を裁くことではありません」

 「異能を管理し、この理想帝都に安寧を築くことです」

 「理想ほど遠く、そして滑稽なものはありませんよ。それでも理想の名を冠するこの街を私は愛している」

 

【特務課 局長】 篠木 司(シノギ ツカサ)  

 

【性別】男性

【年齢】36歳

【身長】180㎝

【一人称】私

【二人称】貴方、君

 

【認定種別】 元技学者、現異術者(リバース)

 

【異能】他者の異能を吸収する異能

【発動条件】回収対象となる異能を所持する異能者の【心臓部】もしくは【頭部】に触れた状態で一定時間静止する。

【異能詳細】任意の対象から異能を回収し、自身の所有物にすることが出来る。生存した状態で異能を回収された対象は死亡することは無く、異能を失った状態となる。回収した異能は任意で返還・譲渡することが可能である。また、回収し所持した異能を使用することもできるが、使用する異能の詳細な使用方法・発動条件を理解していなければならない。また、5回使用した時点でその異能は消失する。 消失した異能は元の所持者に返還されず、完全に消失する。なお、回収できる異能数に上限は確認されていない。

 

【経歴】

 8歳の時に【技学者】としての力に目覚め、【特務課:管理諜報部】が保護。両親は8歳時点で既に他界している。

18歳時点で【特務課:研究部】に所属。21歳で【特務課:警務部】に異動。30歳で【特務課 局長】に就任。しかしながら【異能】が発現した時期が不明であり、【異術者】となった時期・きっかけ、詳細が一切不明である。

 

 

【人柄】

 穏やかで人当たり良く、誰に対しても丁寧な対応をする。年下、年上関わらず敬語を用いて会話し礼儀正しい印象を持たせるがどこか機械的で冷たい印象を受ける。【特務課】としての経歴は長く、36歳という若さながら大半の業務を一人でこなす技量と才能を持ち合わせている。 大体薄っすら食えない笑みを浮かべており、その表情をあまり変えることは無い。曰く「上に立つものが狼狽えては不安を与えてしまうから」との事。戦闘技術も申し分ないが、【局長】という立場を持っている以上前線に出ることは少ない。

「人を見る目」はあるようで、【特務課】へのスカウトなど人の才能を見抜いては人材を引き抜くプロである。

 

 

 

 

※随時更新

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する