合同創作【Magic×Cyber】

ページ名:概要

 

!Attention!

本ページ及び関連ページは世界観共通・合同一次創作【Magic×Cyber】についてのページになります。主に世界観・概要・登場キャラクターなどのまとめになります。

参加申請型の合同創作になりますので、キャラクター作成等については下記の概要を熟読した上での作成をお願い致します。

質問等はQ&Aのページを参考にしてください。Q&Aに該当の回答がない場合、個人的な質問などがある場合は獅柴(@sisisib117)にご一報ください。

 

 

世界観概要】

 

舞台は科学技術が発展した近未来都市、【理想帝都-イデア-】。この世界では、二つの勢力争いが日常に溶け込んでいた。
特異な力こそ持たないが、技術力と科学力に秀でた者達【技学者(ギガクシャ)】、そして突如として特異な力に目覚めた者達、【特異者(トクイシャ)】。
特異者はその異能で、技学者はその技術と科学力で互いを制し合い争っていたー。

異能者×警察組織がコンセプトの参加型合同創作になります。
 

【キャラクターの役職】

 

技学者(ギガクシャ)…秀でた頭脳や器用さ、科学力で武器を作り出し、特異者の異能を制する役割を持つ者達。
特異者の犯罪者に対抗する警察組織に多く所属するが、その技術力を悪用する犯罪者も存在する。

特異者(トクイシャ)…炎を操る、瞬間移動が出来る等、常人離れした異能力を持つ者。 その異能の脅威から疎まれがちで犯罪者も多いが、異能を隠しながら生きる一般市民や、異能を利用して特異者と対立する警察組織に属する者もいる。

一般市民(イッパンシミン)…技学者と呼べるほどの素質があるわけでもなく、特異者のような異能を所持する訳でもない分類に入る。しかし、将来的に異能が目覚めて特異者となる可能性もある。

異術者(イジュツシャ)…元々【技学者】だった者が異能に目覚め【特異者】同様の特性を得た者、ないし【特異者】だったものが【技学者】同様の科学力と技術力を目覚めさせた者。所謂【技学者】と【特異者】双方の特性を併せ持つ者を指す。この世界においてそのパターンは非常に稀であり、【リバース】と呼ばれている。


【組織】


特務課(トクムカ)
正式名は【特異対策警務管理課】。主に【特異者】【技学者】による犯罪を捜査し取り締まる、異能事件や異能者を管理することを目的とした警察組織。【技学者】はここに所属する。また、【特異者】でも組織に認められれば所属することは可能である。また、異能が目覚める可能性の高い一般市民を保護する役割も担っている。


異神教(イシンキョウ)
主に【特異者】によって構成された犯罪組織。 世間に反感を持つ者や、異能に目覚めたばかりの【特異者】等を集め犯罪を起こさせる[教祖]の存在が仄めかされていたため【異神教】の名がついた。犯罪などの人災を初め異能を利用した自然災害など様々な事件・怪異現象を起こし街を混乱に陥れている。

 

 

【参加/キャラクター追加について】

管理人の申請許可式になっているので、右上の【このwikiに参加する】から申請をお願いします。

wikiモードで新規ページを作成したい場合は、左上の【新規ページ】>【【Wikiモード】新規ページを作成する】より作成してください。

wikiモードの記述方法については、こちらをご覧ください。
https://wiki3.jp/guide/page/35

わからないことがあれば、こちらをご覧ください。
https://wiki3.jp/guide

 

 

 

 

※随時更新します。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する