小技_テクニック 編集

オプション
<p>&nbsp;</p> <p>[#contents(3,0,1)]</p> <hr /> <div> <div><span>※ここはプレイヤーのノウハウを蓄積したページです。</span></div> <div><span><span class="uk-text-bold"> ゲーム体験を著しく害する恐れがあります。</span>ゲーム内TIPSは<a href="https://wiki3.jp/kenshijp/page/23">こちら</a></span></div> <h2 id="id_e055abec"><span class="tc_mediumspringgreen">TIPS</span></h2> <p>&nbsp;</p> <hr /> <h3 id="id_f7e6305c"><span class="tc_aqua">移動スキル上げ関連</span></h3> <p><span class="tc_aqua">自動移動</span></p> <ul> <li>ショーバタイの街中から裏手の鉄鉱脈の仕事を割り振るとずっと移動し続ける。運動能力、筋力、隠密を自動で鍛えることができる <ul> <li>大勢で同時にやると、キャラ同士で押し合い鉱脈に辿り着いてしまう場合がある。</li> </ul> </li> <li>筋力スキルのXPボーナスは重量で25%、担ぎ上げで重量*2である。</li> <li> <ul> </ul> </li> </ul> <p>&nbsp;</p> <p><span class="tc_aqua">蝶番を使ったスキル上げ(ヒンジシャトルラン)</span></p> <ul> <li>自動収納タスクと容器の仕様を利用して拠点内で安全に鍛える方法 <ul> <li>「蝶番」は、「クロスボウの部品箱」だけでなく、「ロボット部品箱」にも収納出来る。</li> <li>「自動収納タスク」は指定された容器に対応するアイテムを集めてくるが、同じ容器からは移動させない。(他のキャラクタが持っているアイテムを奪うこともない)</li> </ul> </li> </ul> <ol> <li>拠点内の任意の場所に、「クロスボウの部品箱」を設置し、「蝶番」を1つ入れる。また、離れた場所に「ロボット部品箱」を設置する。</li> <li>Aに「クロスボウの部品箱」の自動収納タスク、Bに「ロボット部品箱」の自動収納タスクを指定する。(Aには「守れ」と、Bには「奪って来い」と言う)</li> <li>Bが「クロスボウの部品箱」から「ロボット部品箱」に「蝶番」を移動させる。(奪う)</li> <li>Aが「ロボット部品箱」から「クロスボウの部品箱」に「蝶番」を移動させる。(奪い返す)</li> <li>二人は3と4を一生繰り返す</li> </ol> <ul> <li>仕事扱いなので、食事も勝手に取ってくれる。(用意があれば)</li> <li>「2点を移動し続ける」特性に注目して、原鉄入りバックパックを持たせれば「運動能力」ではなく「筋力」が鍛えられる。(背負わせると原鉄を収納してしまうが、バックパックは自動収納先がないので)</li> <li>途中に水路があれば「水泳」も鍛えられる</li> <li>注意点は、他にクロスボウやロボット部品を生産していると不具合が出てしまうことがある。</li> </ul> <p>&nbsp;</p> <hr /> <h3 id="id_2add549f"><span class="tc_aqua">戦闘スキル上げ関連</span></h3> <p><span class="tc_aqua">スキル編</span></p> <ul> <li>戦闘防御スキル及び回避スキルは被弾時によく上がる。攻撃頻度が高い敵に質の悪い刀を持たせ、重装備を着込んだ育てたいキャラを攻撃させると効率的。</li> <li>打たれ強さは生きたまま喰われるとよく上がる。いつでも助けに行ける体制を整え、キャラをフォグマンのポールに繋ごう。 <ul> <li>蜘蛛は満腹度にダメージを与えるため、彼らに生きたまま喰われても意味はない。</li> <li>経験値は「生きたまま食われる!」の表示が出た時点で入り、そのまま食べ続けられても何の意味もない。ビークシングの群れに飛び込み、餌の奪い合いをされる状態にすればよく上がる。</li> </ul> </li> </ul> <p>&nbsp;</p> <p><span class="tc_aqua">実戦編</span></p> <ul> <li>人型キャラクターは両足がないとベッドから起き上がれない。敵をサンドバッグにする時は足を捥いでおくと効率的である</li> <li>ビークシングなど一部の動物はベッドに寝かせると安全なサンドバッグになる。がほぼ放置で簡単にスキルを極限までもあげる事も可能なグリッチ行為故に、ゲーム性を損なう可能性があるので自分のプレイと相談しよう</li> <li>応急手当は体力バーの上から順繰りに行われる。つまり血液が最初に治療され足が最後に治療される。リバイアサンなどでスキル上げを繰り返す際に下腹部で手当をとめておけば両腕が使えなくなり攻撃してこない状態を維持できるようになる</li> <li>バンドオブボーンズの拠点であるExile Campは近づくと大抵一人か二人のバンドオブボーンズが襲ってくるので、ウェイステーション付近まで釣り出してやればその一人相手に戦うことができる</li> </ul> <hr /> <h3><span class="tc_cyan">移動関連</span></h3> <p><span class="tc_cyan">地形を無視した移動</span></p> <ul> <li>滑落 <ul> <li>立っている状態で義足を外すとキャラクターは一瞬気絶する。そのとき坂や崖のふちに立っていると、地形を無視して滑落できる。特にアーマーキングの店に崖上から移動したいときに有用。</li> </ul> </li> <li>テレポート <ul> <li>セーブデータのロード時のオプション「部隊の位置をリセット」を使うと全プレイヤーキャラクターが一点に集合するが、その位置はセーブ時のカメラ位置に依存している。そのため崖下にプレイヤーがいるとき、カメラを崖上に持っていってからセーブ&amp;ロードをすると崖上にワープできる。もちろんその逆もしかり。</li> </ul> </li> <li>壁抜け <ul> <li>一部の薄い壁は特定の手順を踏むだけで通過できる。具体的には以下の2通りが挙げられる <ul> <li>プレイヤーを壁の両側から密着させ、壁抜けをさせたいキャラクターを担ぎ上げる</li> <li>寝袋や椅子など、プレイヤーが利用できて座標移動が伴う建造物を壁際に作る。キャラクターを壁際に寄せて、壁向こうのそれら設備を利用すると壁抜けできる</li> </ul> </li> </ul> </li> </ul> <p><span class="tc_cyan">攻撃されずに移動</span></p> <ul> <li>人型の敵は、戦闘しているキャラクター同士は近づくとすり足になる。これを利用して、一瞬だけ戦う素振りを見せる&rarr;逃走を繰り返すとミスをしない限りは逃げ続けられる。 <ul> <li>これの応用として、人型キャラから絶対に近接攻撃を食らわない移動もできる。<br /> 右クリックのホールドで移動指示を出しながら、行動リセットボタン(デフォルトではR)を連打。こうすると相手はプレイヤーに近づくだけで勝手にすり足になってくれる。 <ul> <li>行動リセットでプレイヤーが一瞬だけ戦闘態勢をとる(この時近くの敵がすり足になる)&rarr;右クリホールドで指示を出しているため即座に戦闘が移動命令に上書き&rarr;すり足はキャンセルされず少し距離が取れる といった原理である。</li> <li>連打が苦でなければほとんどの地域で安全に移動できてしまうため、効率プレイでなければ使用は非推奨。</li> </ul> </li> </ul> </li> </ul> <p><span class="tc_aqua">重量ペナルティの緩和</span></p> <ul> <li>担ぎ上げ時のペナルティは担ぐ相手に関わらず一定。そのため大量の荷物を運ぶ場合、死体にバックパック(大)やガル用バックパックなどを詰め込んで運ぶと効率がいい。 <ul> <li>その辺のスケルトンを雇いバッグとして使う手もある。死体は蝿が煩い上消えることまであるため、こちらの方が安全である。</li> </ul> </li> </ul> <hr /> <h3><span class="tc_cyan">戦闘関連</span></h3> <p><span class="tc_cyan">格上相手の対処</span></p> <ul> <li>バニラのKenshiでは、こちらの人数が多くても、一人の相手に複数人で同時に攻撃することはできない<br /> このため、数を頼んでスキル差が圧倒的な相手に無策で挑むと、<br /> 時代劇の殺陣の如く一方的に切り伏せられてしまう。</li> <li>こちらのスキルを上げる以外の対策は以下の通り。 <ul> <li>クロスボウ・砲台を利用すれば、回避不能の攻撃で怯ませることができる。<br /> 近接部隊で拘束し、複数の方向から援護射撃する形が理想。</li> <li>集団同士の乱戦なら、キャラクターは自分が狙っていない相手からの、<br /> 自分を目的としない攻撃(他キャラ相手の攻撃による巻き込み)は防御できない。<br /> 人型キャラで乱戦に持ち込む形を作ったうえで、<br /> 大将首付近にいる雑魚にブルやガルルを突っ込ませれば意外とあっさり落とせたりする。</li> </ul> </li> </ul> <p>&nbsp;</p> <p><span class="tc_cyan">都市襲撃のいろは</span></p> <ul> <li>十分と思えるだけの戦力を揃えても、突っ込ませるだけの戦い方では、<br /> 味方がバラバラに散った挙句、砲台の的になるのが関の山です。<br /> それでも勝てる戦力を用意するのもいいですが、<br /> ギリギリの戦力で戦術を用いて戦うのも面白いでしょう。</li> <li><span class="tc_springgreen">固守+追従タスクによる分隊戦闘</span> <ul> <li>分隊長以外のメンバー(分隊員)に対し、固守指定および分隊長への追従タスクを指定することで、<br /> 近接メンバーは戦闘中、分隊長を中心とした陣形を維持する形で戦闘するため、<br /> 変な方向に突撃しての各個撃破を防ぐことができます。</li> </ul> </li> <li><span class="tc_springgreen">イーグルクロスを用いた砲台射手の狙撃</span> <ul> <li>都市に据え付けられたハープーン砲台は厄介な相手ですが、<br /> その射程は120mであり、イーグルクロスの射程距離ならば一方的に相手を攻撃できます。</li> </ul> </li> <li><span class="tc_springgreen">敵拠点内籠城</span> <ul> <li>都市襲撃で警報を鳴らされても、直ちに都市の全兵力が向かってくるわけではなく、<br /> 警報発生点からある程度の距離のキャラクターのみが反応します。</li> <li>また、屋内にこもっている分には、敵部隊の目を比較的ごまかしやすいためか、<br /> 外の部隊の反応はさらに鈍くなります。</li> <li>上記特徴を生かし、都市に突入後速やかにスネイルハウスなどの大型の建物を占拠することで、<br /> 敵砲台を防ぎつつ、味方の治療などの小休止時間を確保することができます。</li> <li>さらに、味方部隊にクロスボウ持ちがいる場合、占拠した建物からの狙撃や釣り出し、<br /> 敵突入部隊に対する十字砲火といった戦術をとることができます。</li> </ul> </li> </ul> <p>&nbsp;</p> <hr /> <h3 id="id_4a8d3309"><span class="tc_aqua">隠密・変装・窃盗関連</span></h3> <p><span class="tc_aqua">スキル編</span></p> <ul> <li>窃盗スキルは街中の自宅で盗品を落として拾ってを繰り返すとよく上がる。 <ul> <li>一時停止をし、死んだふりをする相手から盗みを試みるのも有効である</li> </ul> </li> <li>暗殺スキルは奴隷を使って訓練する。犯罪にならず何度でもできるからである</li> <li>暗殺スキル上げには不自由で転がってる敵を使うやり方もある。通常暗殺をしかけたキャラがすぐ近くにいると気がついた敵は死んだふりでやり過ごそうとするが、敵の所属勢力以外の勢力のベッドや寝袋に寝かせていると気が付いたと同時に起きるようになる。また、暗殺がある程度あがると敵の意識不明でいる時間が延びるが、一旦担いで降ろすと60カウントまで短縮することができる。この合わせ技で暗殺した相手を用意した寝袋に寝かせてやることで短時間で何度も暗殺を繰り返すことができるようになる。</li> <li>隠密スキルは敵対している(カーソルを合わせると赤くなる)キャラの近くで隠密行動すると上がりやすい。通常そのような相手に見つかったら隠密が解除されて戦闘に突入してしまうが、拠点襲撃のため移動中の敵や口上を述べている最中の敵には見つかっても戦闘にならず、また隠密も解除されない。そういった相手には至近距離で隠密を続けることができ、よく上がる。</li> </ul> <p>&nbsp;</p> <p><span class="tc_aqua">実践編</span></p> <ul> <li>盗品のロンダリングにはいくつかのやり方がある。 <ul> <li>盗品を売る&rarr;買い物を終了する&rarr;再び話しかけ買い戻す</li> <li>対応するチェストを作り、そこにしまう <ul> <li>現在おそらく設定ミスでクロスボウ用収納容器に何でも入れられる。ロンダリングだけが目的ならそれを作れば解決である</li> </ul> </li> <li>「勢力の服装」タグは、その装備を着せたNPCを仲間にすることで消滅する。ex. 暗殺などで装備を着替えさせた奴隷を購入し、仲間になればその装備のタグは消える。</li> <li>同じ勢力からの盗品は、盗品タグの横に盗んだ相手の名前が表示されている間にその勢力のストレージかインベントリに入れるとスタックできるようになる。例えばカニバルの応急キットを手に入れたあとに餓えたカニバルを倒した際、手持ちのカニバルから盗んだ応急キットを一旦餓えたカニバルのインベントリに移してから手持ちに移動させれば応急キットはスタックしてこちらのインベントリやバックパックに入れれるようになる。ただし盗品から所有者が消えた状態になるとこの方法は使えなくなる。なお上記の方法でスタックした盗品に関しては所有者が消えてもスタックが解除されるようなことはない。が、新たにスタックを増やしたりすることもできないので、補充などを慕い場合はさっさと盗品タグを消すこと。</li> </ul> </li> </ul> <p>&nbsp;</p> <hr /> <h3 id="id_9dc6a66b"><span class="tc_aqua">装備関連</span></h3> <p><span class="tc_aqua">武器</span></p> <ul> <li>セカンドスロット(下側の一列しかない武器スロット)の武器は左詰めで装備しないと装備していると認識してくれない。脇差のように装備枠が余る武器を装備する場合に起きやすい現象でこの状態だとセカンダリ武器は使えない。逆にいえば重武器や薙刀などを室内でも使いたいが片手になったとき用にセカンダリ武器はもっておきたい場合には脇差などを左端から少しずらしてもっておけば、いざというときすぐ持ち換えができるということでもある。</li> </ul> <p><span class="tc_aqua">防具</span></p> <p>&nbsp;</p> <p><span class="tc_aqua">ベルト</span></p> <ul> <li>腰につけるランタンは光源になり周囲を照らすので、夜間作業を行う際の効率低下を軽減してくれるが、夜間は敵に見つかりやすくなる。夜間戦闘時は前衛にこれをつけておくと味方クロスボウの命中率があがり誤射率が下がる。またランタンの照らす範囲内にいる敵からのランタン範囲外への視界が悪くなるので、戦闘中暗殺の援護にもなる(勿論暗殺を試みるキャラはランタンを装備してはいけない)</li> </ul> <p>&nbsp;</p> <p><span class="tc_aqua">義肢</span></p> <ul> <li>ビークシングなどの生きたまま食べる生物は体力バーの一番下(足)から順繰りに食べる。また彼らは寝袋で寝ている状態も意識がないものとして捕食しにくる。これを利用して義肢にしたいキャラクターをビークシングの近くに寝袋を敷いて寝かせれば確実に手足をもぐことができる。ただしケアできる体制は忘れずに。</li> <li>リスクの低い方法としては酸を用いる方法もある。酸の海や雨でも手足はもげるため、頭部・胸部・下腹部で治療を止めつつ雨に打たれたり、海に出たり入ったりすればいい。ただし時間はかかる。</li> </ul> <p>&nbsp;</p> <hr /> <h3><span class="tc_aqua">派閥との関係</span></h3> <ul> <li>反奴隷主義者と同盟を結んだ状態でHNの憲兵隊長等に話しかけるとスケルトンの味方扱いされ関係悪化し戦闘が始まる。同盟後即座に敵対する訳ではないため、HNで補給等の予定がある場合は話しかけずにおこう。</li> <li>奴隷商の前に意識不明ユニットを置くと奴隷にされる。それを買うことでその奴隷の勢力の友好度を効率よく上げられる。通称奴隷商マッチポンプ <ul> <li>ただしこの方法だと奴隷商の友好度も上がっていく。奴隷商との友好度を下げるには三大国領をうろつく野良奴隷商パーティを襲うのが効率がいい</li> <li>安全に下げる方法もある。眼窩と南の奴隷市場に出現する酒場の常連(最初はレイを連れている人)は、奴隷購入画面まで進むと奴隷商との友好度が&minus;5されるが、この会話は何度でもできるのでその度に5ずつ友好度を下げることができる。レイを引き取った後もこの会話自体は発生する(購入候補なしになる)ので奴隷商と仲良くしたくないなら小まめに話しかけよう。</li> <li>檻にいれて友好度を下げる方法は他勢力でも有効だが、下がり方は勢力毎、また投獄対象毎に違う点に注意。</li> <li>カニバルでも同じことができる。こちらはタダだが危険が伴う</li> </ul> </li> </ul> <p>&nbsp;</p> <hr /> <h3 id="id_1183958a"><span class="tc_aqua">奴隷</span></h3> <ul> <li>使わないキャラや労働をさせたいキャラは奴隷にさせておくと食費が浮く。労働スキルと運動スキルが育つおまけ付き。</li> <li>奴隷施設で奴隷を解放する際に逃亡しようとする人と奴隷のままでいたい人がいるが、これらは足枷より先に檻の鍵を開けたときの反応で見分けることができる。鍵を開けたときに黙っている人はその後足枷を外しても奴隷のままでいることを選択する。何かしら台詞を言う人は足枷を外すとついてくるかその場で逃亡する。ただしスケルトンだけは例外的に台詞喋らなくてもついてくるパターンがある。</li> <li>奴隷から解放して仲間になるかは運次第だが、解放方法で仲間になりやすい性格というのがある。性格自体を判断するのは難しいが、購入で駄目でも脱獄からの解放では仲間になるケースもあるので、セーブ&ロードで仲間にならない場合は別の解放方法を試してみるのもいいかもしれない。</li> </ul> <p>&nbsp;</p> <hr /> <h3><span class="tc_aqua">賞金首</span></h3> <ul> <li>額が10000以上の賞金は時間経過で消えない。</li> <li>仲間についた賞金を消したい場合、一度憲兵に仲間を渡して憲兵隊長に賞金の二倍の金額を支払うことで賞金消したうえで釈放してもらえる。奴隷商が眠る夜間であれば奴隷にされることもない。</li> </ul> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <hr /> <h3 id="id_5cd0d63a"><span class="tc_aqua">操作方法関係</span></h3> <p><span class="tc_aqua">ゲーム速度について</span></p> <ul> <li>ゲーム速度を上げると、移動や戦闘、生産が早くなって便利だが、移動距離に対する当たり判定などの周期が伸びるため、壁などの当たり判定を飛び越えて移動不可領域に飛び込んでしまいやすくなる。 <ul> <li>長距離移動時など しばらく放置するときは速度落としたり、拠点設計時は設備周辺のクリアランスを確保しないと、<span class="uk-text-bold">飢餓で死ぬ</span>。</li> <li>この仕様を利用して、陸地&rarr;水中に移動する際に最高速にすると、ほんの少しだけだが 陸上と同じ速度でブースト移動できる。</li> </ul> </li> </ul> <p>&nbsp;</p> <hr /> <h3 id="id_9ebaafea"><span class="tc_aqua">拠点・建築関係</span></h3> <p><span class="tc_aqua">平行・直角の出し方</span></p> <ul> <li>設置物の当たり判定を利用して屋内の壁と平行が出せる <ol> <li>コンロや・チェストなどの四隅が90&deg;のアイテムを選択し、建物の壁や既存の設置物に回転させながら近づけ、ぎりぎりまで寄せれる設置向きを探す。</li> <li>同じようにしてコンロ背面同士で180&deg;、側面を利用すれば90&deg;、270&deg;が出せる。</li> </ol> </li> </ul> <ul> <li>角度情報の一時保管 <ol> <li>メニューから項目を変更した場合は&rdquo;設置向き&rdquo;は変化しないが、設置予定のものを再選択した場合は&rdquo;設置向き&rdquo;が選択したものになる。</li> <li>邪魔にならない場所に、&uarr;の方法で平行を出したダミーの建設予定を置いておくことで、&rdquo;設置向き&rdquo;のコピペが可能</li> </ol> </li> <li> <p>他にも当たり判定を活用すれば、平行・直角・間隔を意識した設備の配置が可能。[ <a href="https://img.wiki3.jp/kenshijp/parallel_building_sample1.jpg">例1</a>] [ <a href="https://img.wiki3.jp/kenshijp/parallel_building_sample2.jpg">例2</a>&nbsp;]</p> </li> </ul> <p><span class="tc_aqua">水上建築</span></p> <ul> <li>建築物によっては水場に建設できる、地面に設置されるものと、水面に浮くものがある。 <ul> <li>街灯は沈むが、松明や食料容器は浮く、他にも一部のみ水面から出るものなど挙動は様々。[&nbsp;<a href="https://img.wiki3.jp/kenshijp/floating_building.jpg">例</a>&nbsp;]</li> <li>箱でできた椅子を設置すれば相手は攻撃できないが、箱は浮くのにキャラクターは水面上に出ない仕様で<a href="https://img.wiki3.jp/kenshijp/floating_box2.jpg">こうなる</a>。[&nbsp;<a href="https://img.wiki3.jp/kenshijp/floating_box1.jpg">前</a>&nbsp;]</li> <li>砲台も設置可能、見えない水中から、一方的に撃たれる痛さと怖さを教えてやろう。(ただし高度マイナスな点に注意、自分も見えないので水面に松明を建てよう)</li> </ul> </li> </ul> <p>&nbsp;</p> <hr /> <h3 id="id_b8b1a5ba"><span class="tc_aqua">天候</span></h3> <p>&nbsp;</p> <hr /> <h3 id="id_771e69cd"><span class="tc_aqua">金策(リスク回避編)</span></h3> <div>※NPC所有の生産施設(井戸、畑、鉱石精製施設等)は右クリック長押しからのメニューでインベントリが開ける。<br /> ※NPC所有の生産施設で生産される物資を拝借しても&rdquo;窃盗&rdquo;には当たらないので犯罪にはならない。<br /> ※NPC所有の生産施設もシフトを押しながらの右クリックで作業の自動化のタスクを設定できる。ただし、NPC所有の生産施設からは自動で成果物を取り出すことはできないので手動で取り出す必要がある。</div> <ul> <li><span class="tc_aqua">最序盤(バックパック入手前)</span> <ul> <li>街の周辺に点在している鉱脈から鉱石を掘り売る鉱夫が一般的。できれば銅鉱脈を掘りたい</li> <li>街の門番が撃退したMOB(野盗や動物)を剥ぎ取りするのもオススメ</li> </ul> </li> <li><span class="tc_aqua">序盤(バックパックを手に入れてから)</span> <ul> <li><span class="tc_mediumspringgreen">ホーリーネイション領の場合</span> <ul> <li>各地にあるホーリーファームに存在している井戸と畑を利用する。農地ごとに商人が居るので適時成果物をその場で売る事が可能。定期的にラプターが畑を荒らしにくるが序盤ではキャラクターが鍛えられてないので手を出さない方が無難ではある。戦闘技能を育てたいのであれば撃退しても良い。</li> </ul> </li> <li><span class="tc_mediumspringgreen">都市連合領の場合</span> <ul> <li>ショーバタイから見て東にあるポートサウス、北にあるポートノースにあるハイブリット石鉱山を利用すれば安全かつ効率的に資金を得る事が可能。昼間は自ら作業をしなくても奴隷が勝手に生産してくれるので別の事をしながら適時成果物だけ拝借しても良い。得られた建築資材はショーバタイかバークで売ろう。</li> </ul> </li> <li><span class="tc_mediumspringgreen">交易を行う場合</span> <ul> <li>ヘングの南東にあるスレイブファームには、パン、綿花、小麦、サボテンを販売している店が存在している。この店は価格倍率が非常に低く設定されておりスレイブファームで買い、ヘングで売るを繰り返せば序盤の資金稼ぎとしては十分な利益が得られるだろう。</li> <li>ワールドエンドと都市連合領の街を往復をする交易路も有力な稼ぎ候補になる。ワールドエンドには酒場が複数存在しておりそれらからサケを購入し都市連合の街(ショーバタイかスロートが近い)で売る事により利益を得る事が出来る。ワールドエンドと都市連合は経済圏が違うため交易品の相場が同じ経済圏に存在している都市同士より大きく異なっている場合があるので取引が一方通行ではない交易が行える。一部の例外を除き交易品の取引倍率はニューゲームでスタートするごとに変動するので利益の出る交易品の吟味は個人ごとに行う必要がある。</li> <li>ヘングとスレイブファーム間の交易の場合脅威となる存在は飢えた野盗とスキマー程度であり距離も近いため難易度はかなり低いと言えるがワールドエンドと都市連合間では危険地帯を横断する必要がありその道程も長くなるので道中の危険性は高くなるためより注意が必要となる。</li> <li>ある程度運動と筋力があがり(具体的には誰かを担ぎながら速度22㎞だせるくらい)資金が貯まったら動物商か青果店でブルかガルルを買い、ストーンキャンプやポートノース&ポートサウスで安売りしている鉱物資源を近くの町で売るのに切り替えよう。重量が嵩むが単価は農作物より高いので利益率は高くなる。安全を考えるならショーバタイとストーンキャンプが距離も近く侍や傭兵、トレーダーズギルドが巡回しているのでおすすめである。</li> </ul> </li> </ul> </li> <li><span class="tc_aqua">中盤</span> <ul> <li>序盤の金策で初期資金を賄ったなら街中に家を買おう。研究台を設置できるようにストームハウス以上の物件を買う事を勧める。 <ul> <li>物件を購入したならば後は研究を少し進めてバンダナを作れるようになれば安全な街中で安定した収入を得られるようになる。製造技術が未熟なうちは赤字になるがそのうち黒字になるので安心して欲しい。素材の布は店から買ってもいいしスレイブファームの綿花を加工してもいい。通常の店で綿花を買うと高く付くので通常の店では布を買う事。</li> </ul> </li> </ul> </li> <li><span class="tc_aqua">終盤</span> <ul> <li>ここまでくればキャラクターも鍛えられゲーム内の金策も様々に考えられるようになっているはずなので自由に金策しよう。</li> <li>とにかく街中で安全に稼ぎたいというのなら酒類(サケ、グロッグ、サボテンラム)を醸造する事で利益を拡大する事が出来る。ここまでくれば素材を確保すればするだけ稼げるので近隣の街などから素材を買い集める部隊を編成する事でさらに儲けを加速する事も可能である。</li> </ul> </li> <li>結論としてはヘングに住み着けば金策はかなり楽になると言える。次にオススメなのはワールドエンドで街中にある稲作の水耕栽培畑を利用してサケを量産する事ができる。</li> </ul> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <hr /> <h3><span class="tc_aqua">金策(リスク受容編)</span></h3> <div>※戦闘による死亡や犯罪として判定される窃盗をによるリスクを受容する必要がある<br /> ※初期資金を稼ぐまでの序盤はリスク回避編と一緒なので省く<br /> ※Kenshi世界に熟達した者でなければ詰む可能性がある。</div> <ul> <li>「初期から実行可能な金策は窃盗」 <ul> <li>なりふり構わずに金が欲しい場合窃盗が手っ取り早い。適当に店に入って比較的高額で売れる商品を時間を止めた状態で盗めるまで繰り返すだけで良い。ただし、高額で売れる商品は鍵付きの箱に収められている事が多いため高額商品を盗んで荒稼ぎしたいのなら鍵開けスキルは必須。できれば隠密スキルも鍛えられているとなおいい。</li> <li>序盤の狙い目は鎖帷子シート。防具屋や保管庫の鎖帷子シート用保管箱にいれてあることがあり、鍵開けスキルがなくても簡単に手に入る割にそこそこの値段で売れる。</li> <li>ただし、盗みが発覚した店では店主が相手にしてくれなくなり売買そのものができなくなるので盗みに入る店はある程度限定しておいた方が良い。</li> <li>隠密・窃盗スキルを鍛えるとほぼノーリスク且つ元手ゼロで荒稼ぎ出来る。他の金策が一切必要無くなるレベルでゲームバランスを崩壊させかねないので利用する際は自己責任で。</li> </ul> </li> <li>「戦闘するなら勝てる算段を付けてから行うべし」襲い掛かられてからの撃退、または逃走ならば仕方ないが、自ら仕掛け、金のために収奪をするのであれば勝てる算段を付けてから挑む事。 <ul> <li>オススメの狩場 <ul> <li>「ヴェイン峡谷のハイブの村周辺」でビークシングの巣を狙い高額で売れる卵を略奪する事で稼ぐ。ビークシングは一匹ずつ釣り出して確実にしとめる事。もし複数のビークシングに襲い掛かられてしまったら迷わずハイブの村へと逃げ込みハイブに倒してもらおう。むしろ最初からそのつもりでも良い。</li> <li>「初心者にオススメの拠点はガット!!」でお馴染みのガットはビークシングの巣窟である。巣も沢山あるのでビークシングを余裕で倒せる戦力が整っているのなら有力な稼ぎ場になる。当然ながら初心者が無防備に挑めば確実に全滅する事になる。</li> <li>「リヴァイアサン海岸」は世界で唯一草食獣が肉食獣を圧倒している地域である。ビークシングの巣もあるのだがリヴァイアサンのみならずガルルなどの群れがビークシングを撃退して防衛戦力がからっぽになっている巣すら存在している。非常に狙い目なのだが場所が辺境すぎて辿り着くまでに慣れか十分な戦力が整ってる必要がありオススメ度は低め。</li> <li>「モングレル周辺」は常にフォグマンの脅威にさらされているのだが、フォグプリンスの頭が高額で取引される商品なのでモングレル周辺をさまよいフォグマンを打ち倒す事で金を稼ぐ事も不可能ではない。</li> <li>「グレイデザート」と「シェム」ではたまにグレイフレーヤーの小隊(名前付き一人、売人数人)がうろついている。売人は一人あたりブラッドラム二つとハシシ8つを所持しており、交易用バックパックを装備しているので戦闘スキルも若干低い(名前付きはバックパックなしなのでそこそこ強い)。彼らを襲撃して所持する禁制品を近くのウェイステーションで盗品洗浄、UCの都市で売りさばけば一気に大金が手に入る。ただし彼らは「ヴェンジ」や「デットラント」にも平気で足を踏み入れるので深追いしてこれらの地域に踏み込まないよう注意。</li> <li>「毛皮商の通り道」は野生のブルの群れが闊歩しており、クロスボウで一匹ずつ釣り出して狩れば肉と毛皮、角が手に入る。上で列挙されている狩場ほど一回当たりの旨味はないが、脅威となるほどの敵がほぼおらず(せいぜいダスト盗賊程度)、倒れても奴隷にされたり生きたまま食われる!な心配もない。また、ボーンドック以外の徘徊してる部隊は基本的に数が多いので新人育成、特に打たれ強さの育成に向いている。育成も兼ねた金策を安全に行えるのは他にないメリットといえる。</li> <li>狩場とは少々異なるが危険度があるものの金策向けとして「バスト」も悪くない。ご存じHNとUCの最前線で結構な頻度で両者の部隊が激突しているが、転がっているHN兵や反乱農民、カニバルの装備は近場のドリンで売りさばくことができる。実入り自体は他の狩場ほど旨くないが、他にも説得で仲間になる奴隷が徘徊しているので仲間を増やせたり、物資も現地でだいたい揃う(食料はボーンドックの肉かドリンの酒場、応急手当キットは気絶してる侍やパラディン、鎧は反乱農民の傭兵板金鎧、武器は刀に薙刀に鉈にサーベルがよりどりみどり)。回復もドリンのベッドは無料なので現地に寝床用の拠点をつくる必要もない。序盤のキャラ育成をかねた金策場所としてはおすすめな場所である。ただしカニバルも徘徊しているため油断は禁物。</li> </ul> </li> <li>他にもいくつもの狩場が存在するが比較的辿り着きやすく有名な場所のみを列挙してみた。</li> </ul> </li> <li>戦闘は死の危険が常に付きまとい、窃盗は各勢力との関係を悪化させ結果的に世界をより生き辛い世界へと変えてしまう危険性をはらんでいるので十分に注意する事。</li> </ul> <p>&nbsp;</p> <hr /> <h3><span class="tc_aqua">その他</span></h3> <ul> <li>水中では基本的に戦闘が行えない。これを利用して水中に逃げ込めば、追ってくる敵NPCは諦めて帰っていく。矢や砲撃は届くので、水回りに砲台を築けば足止めしつつダメージを与えられる。ただし中にはビークシングやアイアンスパイダー、スケルトンなど、水中でも攻撃が可能な生物もいるので注意すること。また、水中では応急手当や修理が行えないことにも注意。</li> <li>暗殺の項目で少し触れているが、気絶時間は別のキャラで担ぎ上げてベッドや寝袋以外に降ろすことで気絶時間をリセットすることができる。リセットされた場合の気絶時間は担ぎ上げた側の暗殺スキルに比例して長くなり、暗殺スキルが1だと気絶時間も一桁だが、暗殺スキル90台だと60カウント以上気絶するようになる。この気絶時間リセットは四肢欠損による長時間の気絶にも有効である。</li> <li>クロスボウは自分を狙っている敵で一番近い敵を狙おうとする傾向が強い。そのため足をやられて伏せた敵がいると射線が通ってなくてもそちらを狙ってしまうことがある。主に狙撃したいときに狙ってほしい相手を狙わないのはこのためである。そのような場合は暗殺でも攻撃でもいいので伏せている相手の意識を刈り取ってしまおう。</li> </ul> <div>&nbsp;</div> </div> <hr /> <p><span>このページの累積ビュー数:[#counter(total)]</span></p> <p><span>今日:[#counter(today)]</span></p> <p><span>昨日:[#counter(yesterday)]</span></p> <p>}</p>

ショートカットキー一覧

文字装飾

アクションショートカットキー使用例
太字にする Ctrl+B 太文字
斜体にする Ctrl+I 斜体
下線を引く Ctrl+U 下線

リンク

アクションショートカットキー使用例
リンクの挿入・編集 Ctrl+L リンク

リスト

アクションショートカットキー使用例
インデント追加 Tab
  • リスト
    • インデント
インデント解除 Shift+Tab リスト
  • インデント

編集補助

アクションショートカットキー
行ったアクションを取り消す Ctrl+Z
取り消したアクションをやり直す Ctrl+Y, Shift+Ctrl+Z
改行を追加する Shift+Enter
クリップボードに切り取る Ctrl+X
クリップボードにコピーする Ctrl+C
クリップボードから貼り付ける Ctrl+V
すべて選択する Ctrl+A

移動

アクションショートカットキー
行の先頭に移動する Home
文章の先頭に移動する Ctrl+Home
行の末尾に移動する End
文章の末尾に移動する Ctrl+End
ページを上にスクロールする PageUp
ページを下にスクロールする PageDown
任意のキーワードを検索する Ctrl+F