上演までの流れ

ページ名:上演までの流れ

大まかな流れは

1 脚本、部署を決める

2 練習、準備をする

3 上演をする

 

となります。

1 脚本、部署をきめる

まず、上演する脚本と舞台を作る上での部署を決めます。

脚本には 既成台本、潤色台本、創作台本があります。→脚本

部署とは舞台を作るときの役割で、

・演技をするキャスト

・音効果を操作する音響

・光効果を操作する照明

・主にキャストを劇の世界に合わせる衣装小道具メイク

・舞台に置くものをつくる大道具

・どのような劇を創るか決め、指示をする演出

・上演する劇の物語を創る脚本

・裏方の責任者舞台監督

等があります。(高校さんによって増減すると思います)

2練習、準備をする

本番までに演技の練習や音響、照明の案を考える、大道具や衣装を作る等の準備をします。

3上演をする

発表会や学校、お祭り等で上演をします。

 

 

 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する