泉光子郎に関する問題点 編集

オプション
<h1 class="inner msg-body undoreset">&nbsp;</h1> <h1 class="inner msg-body undoreset"><span class="uk-text-bold">泉光子郎に関する問題点</span></h1> <div class="inner msg-body undoreset"><br /> <br /> 泉光子郎  cv&hellip;田村睦心</div> <div class="inner msg-body undoreset">&nbsp;</div> <h2 class="inner msg-body undoreset">【今作における彼の問題点】</h2> <h3 class="inner msg-body undoreset">&nbsp;</h3> <ul> <li> <h3 class="inner msg-body undoreset">烏龍茶</h3> </li> </ul> <div class="inner msg-body undoreset">・烏龍茶好きという面を前面に押し出したキャラクター造形。全編を通してあまりにくどい。</div> <div class="inner msg-body undoreset">&nbsp;</div> <div class="inner msg-body undoreset">[例]<br /> ・両親の結婚記念日に<span class="uk-text-bold">烏龍茶</span>を頼み、お代わりする。<br /> ・感染デジモンについて会合で突然<span class="uk-text-bold">烏龍茶</span>の情報を語る。誰も聞いてないにも関わらず延々と喋り続ける。<br /> ・タケルにファッションについて相談しながら缶入りの<span class="uk-text-bold">烏龍茶</span>を飲む。<br /> ・感染について1人研究を重ね、極限状態で「<span class="uk-text-bold">烏龍茶</span>&hellip;」とうわ言を呟く。<br /> ・オフィスを掃除しに来たミミが<span class="uk-text-bold">烏龍茶</span>を置いて帰る。<br /> ・再会したモチモンへ、<span class="uk-text-bold">烏龍茶</span>について熱く語る。<br /> 「あんさんが大好きやってことは、よぉ分かりましたさかい」と言うモチモンも無視して語り続ける。<br /> <br /> など、全編を通して執拗なまでに烏龍茶好きであることを強調している。<br /> <br /> しかし、無印・02を通じて彼が「烏龍茶が好き」という描写は無い。</div> <div class="inner msg-body undoreset">&nbsp;</div> <div class="inner msg-body undoreset">・光子郎と烏龍茶の接点<br /> 「ぼくらのウォーゲーム!」の劇中、<br /> ・八神邸にて、太一の母が出した烏龍茶を一気飲み<br /> ・その後ケーキを作りながら一杯飲む<br /> ・インフェルモンとの戦闘に際してグラスに並々と烏龍茶を持ち込む<br /> ・太一の分まで飲む<br /> といった描写があり、今作における烏龍茶好きの設定はこれをオマージュしたものと考えられる。<br /> しかし、<br /> ・劇中烏龍茶を飲みまくっていたのは、クラモンの出現に際し全速力で太一の家へ駆け込み、その後衛星携帯を取りに自宅と八神邸を全力疾走で往復して喉が乾ききっていたため。<br /> ・一連の烏龍茶を飲む描写は飲み過ぎが原因で肝心なところで席を外すための伏線。<br /> したがって主の部分はあくまで肝心な時にトイレに行くことであり、烏龍茶ではない。<br /> <br /> また「ディアボロモンの逆襲」においても彼は大量の飲料を口にしているが、あくまでも小ネタの範囲でのオマージュに留まっている。烏龍茶と明言もされていない。</div> <div class="inner msg-body undoreset">※中には炭酸用耐圧ペットボトルやミネラルウォーターに見えるペットボトルも見える。<br /> <br /> 今作全編を通して言えることではあるが、過去作品の要素をファンサービスで挿入する手法が露骨かつ強引すぎるため、キャラクタの造形や描写が記号的になってしまう傾向が強い。<br /> <br /> <span class="uk-text-bold">度を過ぎる烏龍茶への固執によって、光子郎のキャラクターが少なからず崩壊している点は残念。</span><br /> <br /> &nbsp;</div> <ul> <li class="inner msg-body undoreset">服を親に買ってもらっている</li> </ul> <div class="inner msg-body undoreset">・今作から「私服は親に買ってもらっていた」という設定が追加された。<br /> ・第1章にて帰国したミミに好意を抱き、自ら服を選んで購入するようになる。<br /> しかし、お世辞にもセンスが良いとは言いがたい服を着ていることが多い。</div> <div class="inner msg-body undoreset">
&rarr;センスの面も含め、02時までにはこのような設定はない。<br /> &rarr;オフィスを構えるほどの社会的立場やデジモンについて理解のある両親など、光子郎のキャラを立てるために活用できる放置された要素はいくらでもある。</div> <div class="inner msg-body undoreset">余計な新設定に尺を取られてもっと魅力的な設定を活かす機会を逃したのは残念。</div> <div class="inner msg-body undoreset"><span class="uk-text-bold">※3章以降は何故かほぼ制服で行動するため、この設定は完全に機能していない。</span><br /> <br /> <br /> &nbsp;</div> <ul> <li class="inner msg-body undoreset">ミミへの感情</li> </ul> <div class="inner msg-body undoreset">・帰国したミミに想いを馳せるようになっているが、彼女を好きになった切っ掛けは一切語られていない。</div> <div class="inner msg-body undoreset">&rarr;無印や02での光子郎はむしろミミに対しては素っ気ない態度を取ることが多かった為、違和感を覚えるファンもいる。</div> <div class="inner msg-body undoreset">&nbsp;</div> <div class="inner msg-body undoreset">・今作で光子郎とミミは非常に険悪な関係も見せる。</div> <div class="inner msg-body undoreset">&rarr;2章では独断で問題行動を起こしたミミに対して「自己中心的な所がある」と非難。</div> <div class="inner msg-body undoreset">&rarr;3章でも芽心への対応についてミミと衝突。</div> <div class="inner msg-body undoreset">&nbsp;</div> <div class="inner msg-body undoreset">・しかし一方で、</div> <div class="inner msg-body undoreset">&rarr;2章ではチアリーダーのコスチュームを着たミミの画像が送られて来て興奮する。
</div> <div class="inner msg-body undoreset">&rarr;4章で食事中に隣に座られ光子郎が赤面。</div> <div class="inner msg-body undoreset">と態度が一定しない。</div> <div class="inner msg-body undoreset"><br /> ・喧嘩しても仲直りや話し合いをせず、直後にはまるで何事もなかったかのように接するという薄い感情描写。</div> <div class="inner msg-body undoreset">&nbsp;</div> <p>&nbsp;</p> <ul> <li class="inner msg-body undoreset">他者への気遣い</li> </ul> <div class="inner msg-body undoreset">3章にてパンデミックの危険が迫る中、感染の原因について芽心に対して強く尋問する。</div> <div class="inner msg-body undoreset">&rarr;<del>『告白』の内容が内容だったとはいえ</del>この時点では芽心は『パートナーが暴走してレオモンを惨殺して逃亡した』という厳しい立場に置かれている。その心情を「つまらないこと」の一言で済ませるのは行き過ぎ。</div> <div class="inner msg-body undoreset">&rarr;光子郎が言いすぎて他人を傷つける、という流れも2章ですでにミミに対してやっており、同じような描写が続くこととなった。</div> <div class="inner msg-body undoreset">&nbsp;</div> <div class="inner msg-body undoreset">&nbsp;</div> <ul> <li class="inner msg-body undoreset">デジモンアナライザー</li> </ul> <p class="inner msg-body undoreset">自前のノートパソコンでデジモンについての情報を検索できる。</p> <p class="inner msg-body undoreset">&rarr;かつて使用していた『パインアップルエンブレムのモバイルパソコン』からすべてのデータが移行してる。(第1章パンフレットより)</p> <p class="inner msg-body undoreset">今作で登場するデジモンは彼が解説役となる、と思われたが検索した例はアルファモンとジエスモンの2体のみ。</p> <p class="inner msg-body undoreset">パートナーデジモンたちの新たな究極体や、進化を続けるメイクーモンについては一切調べない。</p> <p class="inner msg-body undoreset">知識の紋章を持ち、「知りたがるから僕なんです」とまで言った彼の無関心さには違和感を感じる。</p> <p class="inner msg-body undoreset">&nbsp;</p> <p class="inner msg-body undoreset">&nbsp;</p> <h3 class="inner msg-body undoreset">【総評】</h3> <div class="msg-footer"> <p>感染という事態解決に貢献できないばかりか子どもたちの参謀格としての活躍も見られず、今作における彼は烏龍茶にかまけてばかりで碌に状況の分析もしない。</p> <p>服のセンス、烏龍茶、ゴーグルの開発、パソコン(見てるだけ)、ミミとの浅い関係など、取ってつけたような要素が積み重なった結果、tri.の光子郎というキャラクターの魅力と人間としての奥行が薄くなってしまったことは残念。</p> <p>&nbsp;</p> <ul> <li>備考</li> </ul> <p>本作で光子郎を演じた田村睦心氏だが、声質や演技力が高校生に成長した光子郎のイメージにぴったりとして、本作で総入れ替えされた子供たちの声優陣の中で特に好評意見が多い。</p> </div>

ショートカットキー一覧

文字装飾

アクションショートカットキー使用例
太字にする Ctrl+B 太文字
斜体にする Ctrl+I 斜体
下線を引く Ctrl+U 下線

リンク

アクションショートカットキー使用例
リンクの挿入・編集 Ctrl+L リンク

リスト

アクションショートカットキー使用例
インデント追加 Tab
  • リスト
    • インデント
インデント解除 Shift+Tab リスト
  • インデント

編集補助

アクションショートカットキー
行ったアクションを取り消す Ctrl+Z
取り消したアクションをやり直す Ctrl+Y, Shift+Ctrl+Z
改行を追加する Shift+Enter
クリップボードに切り取る Ctrl+X
クリップボードにコピーする Ctrl+C
クリップボードから貼り付ける Ctrl+V
すべて選択する Ctrl+A

移動

アクションショートカットキー
行の先頭に移動する Home
文章の先頭に移動する Ctrl+Home
行の末尾に移動する End
文章の末尾に移動する Ctrl+End
ページを上にスクロールする PageUp
ページを下にスクロールする PageDown
任意のキーワードを検索する Ctrl+F