城戸丈に関する問題点 編集

オプション
<h1>&nbsp;</h1> <h1><span class="uk-text-bold">城戸丈に関する問題点</span></h1> <p><br /> すでに答えを出したはずの疑問に改めて思い悩む。</p> <p><del>02時代の自分に相談してこい</del></p> <p>&nbsp;</p> <p>城戸丈  cv&hellip; 池田純矢</p> <p>&nbsp;</p> <h3><span class="uk-text-bold">【今作における彼の問題点】</span><br /> &nbsp;</h3> <ul> <li> <h3>恋人</h3> </li> </ul> <p>・作中度々語られる女性。実在するらしいが、それ以上は語られない為詳細は不明。</p> <p>&rarr;2章において彼女と思われる人物からメールが届いた。</p> <p><span class="uk-text-bold">・『デジモンとパートナーの関係である人物と交際している』というこれまでに無い立場の人物であり、彼女にしか語れない『選ばれし子どもの見方』が作中で描かれていないのは残念。</span></p> <p>&rarr;もっとも、彼女自身一切登場していないので当然ではある。</p> <p><span class="uk-text-bold"><span class="bc_red"><span class="bc_whitesmoke">&rArr;結局1度も出てくることなく物語は完結。</span></span></span></p> <p>&nbsp;</p> <ul> <li> <h3>戦いに対する姿勢</h3> </li> </ul> <p>・成績不振からさらに勉強に打ち込んでいたその矢先に今作の一連の事件に巻き込まれる。</p> <p>その中で「なぜ選ばれたのか」「なぜ自分が戦わなければならないのか」と苦悩する。</p> <p>&rarr;彼自身が02で伊織に「<span class="uk-text-bold">選ばれし子どもなんて言うけどさ、本当は僕たちが選んでるんだよ</span>」と語った通り、「戦うのは自らその道を選んだから」。医者を目指して勉強を続けるのも、かつての冒険を経て「自分で決めた将来の目標だから」。</p> <p>しかし今作において彼には主体性が見られず、「なぜ勉強するのか」「なぜ戦うのか」<span class="uk-text-bold">そして「相反する二つをどうやって両立するのか」という疑問の答えからは遠ざかる一方である。</span></p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <ul> <li> <h3>ヴァイクモンへの究極進化</h3> </li> </ul> <p>・上述の迷いを振り切る形でゴマモンを次々に進化させ究極体へと到達。</p> <p>&rarr;しかし</p> <p>「自分にも人生があるのになぜ選ばれた?せめて理由が知りたい(意訳)」という疑問に対しヒカリが</p> <p>「丈とゴマモンは互いに選ばれた。そこに理由はいりますか?(意訳)」という回答を提示。</p> <p>&rarr;上記の通り<span class="uk-text-bold">丈の疑問や苦悩については具体的に何も解決しておらず、究極進化の動機としてはやや弱い。</span></p> <p>&nbsp;</p> <ul> <li> <h3>「戻って来られないリスクなんて、小学生の時に経験した僕らに言いますか?」<span class="uk-text-bold"><span class="uk-text-bold"></span></span></h3> </li> </ul> <p>3章での迷台詞。</p> <p>&rarr;経験したなら活かしてください。</p> <p>&nbsp;</p> <ul> <li> <h3>舞台版について</h3> </li> </ul> <p>舞台版の丈は「医者になりたいから勉強する」という明確な将来の夢・目標を持っている姿が描かれており、明確な将来への夢・目標を持っているという事実が舞台版のストーリー全体に大きく関わっている。</p> <p>tri.本編では2章で丈が勉強と戦いの両立に葛藤する姿が描かれたが、「デジタルワールドでの医者になる」という将来については一切触れられなかった。02最終回のベリアルヴァンデモンとの戦いから25年後のラストシーンにおいて、「初のデジタルワールドでの医者になった」という丈の将来は、主要12人の選ばれし子ども達の中で特に納得のいく将来であった。tri.を「02最終回に繋げる物語」とするためにも、特に丈はその将来に繋げるための描写が必要だったと、「医者になりたいから勉強する」という描写が必要だったのではないかと、感じられる。</p> <p>tri.本編の丈は終始「受験生」であるという点が強調され、「受験生」であるという点以外でのキャラの掘り下げが不足していたと、舞台版を視聴すると感じられる。</p> <p>&nbsp;</p>

ショートカットキー一覧

文字装飾

アクションショートカットキー使用例
太字にする Ctrl+B 太文字
斜体にする Ctrl+I 斜体
下線を引く Ctrl+U 下線

リンク

アクションショートカットキー使用例
リンクの挿入・編集 Ctrl+L リンク

リスト

アクションショートカットキー使用例
インデント追加 Tab
  • リスト
    • インデント
インデント解除 Shift+Tab リスト
  • インデント

編集補助

アクションショートカットキー
行ったアクションを取り消す Ctrl+Z
取り消したアクションをやり直す Ctrl+Y, Shift+Ctrl+Z
改行を追加する Shift+Enter
クリップボードに切り取る Ctrl+X
クリップボードにコピーする Ctrl+C
クリップボードから貼り付ける Ctrl+V
すべて選択する Ctrl+A

移動

アクションショートカットキー
行の先頭に移動する Home
文章の先頭に移動する Ctrl+Home
行の末尾に移動する End
文章の末尾に移動する Ctrl+End
ページを上にスクロールする PageUp
ページを下にスクロールする PageDown
任意のキーワードを検索する Ctrl+F