Φデスエンペラー (FA)

ページ名:デスエンペラー

Φデスエンペラー

Illust:せわいお さん
Illust2:ヴェッピィ さん
Illust3:777 さん
どんどんソンソンしてぇ!(期待)

profile
キャラクター キャプテンファルコン
カラー 第1回(最弱決定戦除く):紫(デフォルト) 第1回最弱決定戦、第3回~:黒 CPUレベル Lv.9
●出場記録 ◯成績
第1回大会 11位(1回戦敗退→最弱決定戦:3位)
第3回大会

予選:5勝0敗(残スト8) Fブロック1位通過

決勝トナメ:ベスト16 (2回戦敗退)

第5回大会

ベスト8 (1回戦敗退)

チーム:スターライトエンペラー (∫アルティライトねこ & Φデスエンペラー & エロ過ぎるマスター)

第6回大会 33位タイ (WINNERS側2回戦敗退→LOSERS側1回戦敗退)
第8回大会

予選:3勝2敗(残スト6) Eブロック2位通過

決勝トナメ:優勝 (WINNERS側1回戦敗退→LOSERS側優勝→グランドファイナル勝利)

「第8回64スマブラCPUトナメ、優勝は Φデスエンペラー !!!!!」

最古参のファルコン選手。愛称は「死皇帝」、「デスエン」など。頭文字の「Φ」はギリシャ文字でファイ、フィーなどと読むがCPUトナメシリーズでは発音されない。

長きに渡りトナメで勝ちを拾えず、同族選手に名実ともに差をつけられるなど苦悩を経験するが後に大化けする。積極的に大技を狙うスタイル。

ファルコンパンチでの撃墜数6回(第6回まで)という数字が彼の特徴をよく表している。
さらにファルコンダイブも成功数18回(第6回まで)と高い数字であり、第3回大会 vs一番繊細な部長戦では1試合の間に6回のファルコンダイブを命中させている。

確かな実力はあるものの、個人戦の勝ち上がり形式では全く勝てないというジンクスを背負っている。
予選の無かった第6回では第3回予選の強さから期待されていたものの、ふたを開けてみれば2連敗で姿を消した。
そしてついた異名が「予選の帝王」。ソンソンというネタも披露し、ネタキャラに足を突っ込んでしまう。
P(ピー)「ソンソンしてぇ!」

最古参にも関わらず個人戦の予選以外で勝利したのはシリーズ開始から4年後。そして・・・
 

第1回・3回・5回の戦績+絶望的な凶運の実力者-

第1回初戦の相手は☆爆走戦士エルバン。互角の戦いを繰り広げるも惜敗。ちなみにこの試合で後の浦安を繰り出している。
最弱決定戦においても世界のrekuiemuを浦安でバーストさせるなど大暴れしたがボム兵の爆発事故などもあり3位に終わる。

第3回は予選Fブロックから参戦。第1回準優勝の∫アルティライトねこや第2回優勝の15人目の天才と同じ組であったが、なんと全勝で1位通過。優勝候補とも囁かれた。
決勝トナメのシード権を得て2回戦で灼熱のレイアと激突。序盤からアイテムをことごとく取るなどリードを保ちながら戦ったが、レイアの粘り強さの前に決め手を欠き、最後はハンマーを取られ敗北。

3on3の大会となった第5回は∫アルティライトねこエロ過ぎるマスターと組んで「スターライトエンペラー」として参戦。初戦で「20人目の☆ンコ」と対戦、自身の相手は第1回で敗れた☆爆走戦士エルバン。序盤から一方的な展開となり、まさかの被4タテを喫してしまった


第6回の戦績+開眼、ソンソン-

第6回では2回戦から登場したが天空の虫使いアントンに敗北。
ルーザーズ1回戦灼熱のレイアとの戦い@コンゴジャングルにて、試合に敗れはしたものの、敗北の直前にP(ピー)氏曰くソンソンなる技(?)を披露。この技に感銘を受けたのか、他のファルコン勢もその後の試合の舞台がコンゴジャングルとなると、次々にソンソンし、そのまま落下していった。さらにブームは波及し、リンク勢やサムス勢、なんとあの玄酔楼までもがソンソンした(それも複数回)。CPUトナメ実況ファンなら知らない者はいない名物現象となった。なお、ソンソンの正確な説明は用語集にある通りだが、今では視聴者からは「コンゴジャングルにて、復帰技で下から地面をすり抜けるが、着地できるほどではなく、地面からちょっとだけ顔を出した末、そのまま落ちていくやつ」といった使われ方をしている。


第1回準優勝者のねこ、第2回優勝者の天才を打ち破るほど実力は高いものの、負けたら終わりのトーナメント形式ではさっぱり勝てていない。一発勝負のプレッシャーに弱い傾向がある。
また、上記の戦歴から察せるように、クジ運が絶望的に悪い。対戦相手の強さを敗北の言い訳にはできないが、流石に気の毒なレベルである。

第7回の出場者決めでは吐き気やドルコリン♪、さらには幻想の兄コージにも得票数で負け4位という結果になり、出場は見送りとなった。この3選手と比較するとややインパクトに欠けるか。

第8回には出場を果たしたものの、やはりというべきか圧倒的なくじ運の悪さを発揮し切れた脇役卍黒きムッコロズ紅きポイゾネサスくん∫アルティライトねこ戦芸人ナザレンコという死のEブロックに放り込まれてしまう。

第8回の戦績+死を司る皇帝、覚醒せり-

初戦こそ色間違いなどもありねこにリベンジを許してしまったが、その後は強豪相手に3連勝し死のブロックで一番乗り、全体では9人目の予選突破を果たす。なお、1位通過者の残スト数を上回ったのは第3回予選も含め史上初。
P(ピー)「やはりこの男、予選だけは強い」
(切れた脇役戦より。ひでえ)

初戦の相手は堕ちる純白。相性有利の相手、そしてエルバンとはお互い最低3試合しないと当たらないところまで離れるという、あまり本人には似つかわしくない、豪運を発揮する。
(しかし純白はグランドファイナルに進出、エルバンは結局LOSERS側3回戦で激突した。結局クジ運はそんなに変わっていなかったどころかいつもより酷かった模様。)

ちなみに同ブロックで首位通過したポイゾネサスくんはエルバンがいる山のシードとなった。もし首位通過していたら…

堕ちる純白戦、妙に爆発物が多い中、ストックを取りつ取られつの試合を繰り広げ、最後は仕掛けてあったモーションにダッシュで両方ぶつかり%差で敗北。何故か得意技のファルコンパンチを一度も振らなかった。

もう後がないLOSES側の相手は[自称]妹。そしてステージはコンゴジャングルを引いてしまう。敗北かと思われたが、かかと落としでコスパバーストさせた後、非常に動きが良くなりなんと3ストック残しでの勝利。4年越のトーナメント初勝利を収めた。

勢いは止まらず一番繊細な部長を2ストックで下し、3回戦でまたしても☆爆走戦士エルバンに衝突。
満を持して選ばれたステージはまさかのコンゴジャングル。これにはP(ピー)氏も思わず、「あ…」の声をあげてしまう。

序盤、得意技のファルコンパンチ2回ヒット、PKサンダー体当たりに合わせてガード、浦安、ダイブを使い分けての攻撃、相手の空中上を上Bで回避などの完璧なネス対策で有利な展開を作っていく。そして3ストック目、相手が樽を持った隙にファルコンパンチを当てついには、吐き気ですら到達できなかった最終ストックまでもつれ込む。最後は相手がモーションに気を取られてる隙に、得意技のファルコンパンチを当ててバースト。なんとコンゴジャングル、そして対ネスでの勝利を収めた。

次の相手は同じく絶望的な状況から勝ち上がった絶望のリア・リエ。覚醒した立ち回りで有利を持ってくが、アイテムで五分までもってかれストックは1同士に。お互い危ない%の中相手の貴重なバースト手段である上スマを当てられてしまう。しかし、驚異的なずらしで崖あてして耐え、最後はオバへで浮かした後、高砂(横スマ)でバースト。化け物に勝利して行く。

準々決勝の相手は同族のエースでミラーを既に3回経験している、3億ドルの吐き気。主コメの「ファルコン対決に外れなし」の通り、両者浦安を当てる互角の勝負を繰り広げる。そして3ストック目、cpuでは非常に珍しいメテオを決め、一気にラストストックへ。そのままラストストックもバースト圏内に持っていくが、さすがは同族のエース、浦安でバーストさせ、両者1ストックの100%を超えることに。そして最後はジャンプが無いところを裏拳でとばし、そのまま復帰が出来ずにバースト。なんと吐き気を打ち勝ち、ついにベスト4にまで上り詰める。

「ニンゲン?これ絶対人間でしょやっぱり。」

準決勝の相手は同じEブロックで勝ち上がった相手、紅きポイゾネサスくんに自滅もあったが勝利を収める。

LOSERS側決勝の相手はÅライムライトÅ。かつて吐き気を2ストック残しで葬ったハイラル城での戦いとなった。アイテムが大暴れする中、着実にバーストしていき、最後は相手がボム兵選手に下スマを当てバースト。ついにグランドファイナルに進出を果たした。

グランドファイナルの相手は決勝トナメ1回戦で敗北した堕ちる純白。運命的な再戦となった。そしてついに覚醒した皇帝と華開いたセンザイ能力の熾烈な頂上決戦が始まった。

第1セット1戦は伝統と実績のプププランドが選出される。Φデスエンペラーは華麗な足技を使うコンボや音声認識ファルコンパンチなどを駆使して戦う。途中、モンスターボールを崖際で下に投げて落とし、自身も落ちて心中した挙句その間に純白に回復され丸々1機リードをとられるという大ヘマをやらかすも、どうにか1-1までもつれこませて純白を横スマで弾き飛ばしてからのレイガンのダメ押しで勝利した。

続く第2戦はコンゴジャングル、視聴者全員が「あっ(察し)」となってしまう。そしてこの大舞台で、まさかの3連ソンソンソンソン未遂によってすべてのストックを落としてしまう。
           不 死 鳥 の 拳
第3戦はハイラル城。ファルコンパンチ、横スマビームソード、浦安などの大技を連発。2ストックを残しての快勝を納め、勝負はイーブンまで持ち込まれた。

第2セット第1戦は再度プププランドに。ここでついに堕ちる純白が自滅をやらかす。この機を逃すまいとΦデスエンペラーは凄まじい追撃を仕掛ける。それに対抗するかのように純白も攻勢を強めるが、攻めすぎた結果、2回目の自滅を誘発、それが決め手となりゲームセット。ついにΦデスエンペラーは栄冠に手を掛ける。

第2戦はやはりコンゴジャングル。長丁場となったせいか、二人ともに動きがぐだり気味、しかも自滅合戦まで繰り広げる。
結果、ソンソンに一日の長があったΦデスエンペラーが試合を落としてしまう。

もつれ込んだ最終戦はハイラル城、互いに王手であり後が無くなる。決死の覚悟を決めた両者、凄まじい乱打戦を展開する。その中で3度ものボム兵選手の乱入、アイテム運の格差によりΦデスエンペラーは残機1同士なのに100%以上差をつけられ絶体絶命のピンチに陥る。絶対的な凶運はここに来てΦデスエンペラーを葬るのかと思われた刹那、ついに揺り戻しの強運がやってきた。
最初期では不当な低い評価を受けていたという点でΦデスエンペラーと同じ仲間、ファイアフラワーが自生していたことにより%差の不利を覆す。更に純白がブーメランを投げた一瞬のスキをついて横スマをぶち込むことに成功、場外へとはじき出す。更に落ちてきたカプセルには戻りブーメランが当たったことにより即座に中身を取得可能になり、中身はまさかのレイガン。狙撃は命中、純白の復帰の可能性は完全に潰れた。そして響き渡る GAME SET!

遂にエルバンと言う壁を、ソンソンの不幸を、勝てないという死の呪縛をすべて断ち切り、第8回優勝を成し遂げた。

この辺りの経緯は、CPUトナメ用語集予選の帝王にも詳しい記載がある。


不運の記録+全選手中最凶-

第1回:初戦で後に3強の一角となる☆爆走戦士エルバンと当たり、最弱決定戦送りに

第3回:予選をぶっちぎりの成績で通過しシードを獲得するも、決勝トーナメント初戦で当時最強格だった灼熱のレイアに当たる

第5回:初戦で☆爆走戦士エルバンと当たり、4タテされる。なお、エルバン率いる20人目の☆ンコが優勝した模様

第6回:ウィナーズの初戦で伸び伸びしながら自滅した結果敗北。ルーザーズ1回戦では何故か落ちてきた灼熱のレイアとエンカウントしてしまい、ソンソンを披露して敗退。

第7回:周りの人気が高すぎて、出場を逃す

第8回:①予選は死のEブロック ②決勝トーナメント初戦の相手が無敗でグランドファイナルまで登った堕ちる純白 ③かつて4タテされたエルバンとの再々戦。しかもステージはソンソンの名所コンゴジャングル


最古参勢の例に漏れずキャラ名ジェネレータに出てきた名前をそのまま使用している。
3つの候補名から一番それっぽい物を選ぶという手段で命名されたが、過去の64スマブラ界隈に皇帝という名前のファルコン使いがいたことから即決で選ばれた。
P(ピー)「デスエンペラーじゃんファルコンって言えば

◯全試合記録

対戦相手 大会 対戦ステージ 勝敗
☆爆走戦士エルバン 第1回(1回戦) プププランド

ヨシオくん

♀幻のギルティースMkⅡ

世界のrekuiemu

第1回(最弱決定戦) プププランド 3位
学校に潜む母 第3回(予選) 第1試合 プププランド
∫アルティライトねこ 第2試合
15人目の天才 第3試合
嵐のインテリ 第4試合
一番繊細な部長 第5試合
灼熱のレイア 第3回(決勝トナメ2回戦) プププランド
20人目の☆ンコ
(☆爆走戦士エルバン
20人目の味方殺し戦芸人ナザレンコ)
第5回(1回戦) プププランド
チーム0-2✖
天空の虫使いアントン 第6回(2回戦) ピーチ城上空
灼熱のレイア 第6回(LOSERS側1回戦) コンゴジャングル
∫アルティライトねこ 第8回(予選) 第1試合 ハイラル城
紅きポイゾネサスくん 第2試合 ハイラル城
卍黒きムッコロズ 第3試合 プププランド
戦芸人ナザレンコ 第4試合 プププランド
切れた脇役 第5試合 コンゴジャングル
堕ちる純白 第8回(決勝トナメ1回戦) ハイラル城
[自称]妹 第8回(決勝トナメLOSERS側1回戦) コンゴジャングル
一番繊細な部長 第8回(決勝トナメLOSERS側2回戦) ハイラル城
☆爆走戦士エルバン 第8回(決勝トナメLOSERS側3回戦) コンゴジャングル
絶望のリア・リエ 第8回(決勝トナメLOSERS側4回戦) プププランド
3億ドルの吐き気 第8回(決勝トナメLOSERS側準々決勝) ハイラル城
紅きポイゾネサスくん 第8回(決勝トナメLOSERS側準決勝) プププランド
ÅライムライトÅ 第8回(決勝トナメLOSERS側決勝) ハイラル城
堕ちる純白 第8回(決勝トナメグランドファイナル) プププランド×2
コンゴジャングル×2
ハイラル城×2

(①→❷→②)
(②→❶→①)
  通算   16勝8敗

 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:MzY3MTM1M

P氏の表記揺れ、誤変換などを修正しました。

返信
2019-02-22 12:01:41

名無し ID:MTNjN2ZkZ

折角の面白い文章が埋もれるのが惜しいので、第8回の末尾に用語集の方へのリンクを追加。
マジ面白いから見て

返信
2019-01-22 22:52:00

名無し ID:NTE1YmQ2N
>> 返信元

おつ

返信
2019-01-22 22:11:45

名無し ID:MTNjN2ZkZ

約束は守った~

返信
2019-01-22 22:04:56

名無し ID:ODlhZDM2N

あ、でも用語集の方のをかなり参考にさせてもらうと思う
あっち秀逸だし

返信
2019-01-22 15:04:08

名無し ID:ODlhZDM2N

後で仕事終わったら書こうかな
好きやねん

返信
2019-01-22 15:03:15

名無し ID:ZjQxNzQwN

この先は自分の目で確かめてくれみたいな

返信
2019-01-22 04:09:32

名無し ID:M2Y5NWE2N

更新されてると思ったら「運命的な再戦となった。そしてついに…」しか追加されてねーじゃねーかwwwww

返信
2019-01-22 03:40:37

名無し ID:MDJiNDJkM

あれ?まだ8回グランドファイナル書かれてないんだ。

返信
2019-01-07 17:56:00

名無し ID:MTNmOGVkY

レイガンや赤甲羅当てで思ったけどもしかしたら遠距離得意なのかもしれない。近接のみのファルコンだからアイテムたよるしかないけど。

返信
2018-12-15 06:03:52

名無し ID:MjQxNmUyO

しかしめちゃめちゃ面白かったなー今大会
全体をみると新鋭の波vs最古の壁の構図でありつつ、ありそうでなかった対戦カードが揃っていた
最古参組が全員ヤバイテクニック見せてて激アツ祭りで…

特にデスエンは執念としか思えないギリギリでの逆転勝利が多くてカッコよかった
しかもただ優勝するだけでなくルーザーズからの勝ち上がり、吐き気との戦いを制したり
宿敵エルバンを破ったりほんと言うことなしのドラマ性、惚れますわ

返信
2018-12-14 21:40:00

名無し ID:MTUyY2JlY

「予選の帝王」っていつが初出だっけ? P氏も言ってた?

返信
2018-12-14 19:23:55

名無し ID:NjYxZmY0Y
>> 返信元

死に至る病とか……(絶望とソンソン病にかけて)

返信
2018-12-14 12:44:25

名無し ID:NjI0YzAyM

不死鳥バックのイラストかっこよすぎる

返信
2018-12-14 00:36:47

名無し ID:MjI3MjVkN
>> 返信元

デスペアー はいかがかな
死のコンビとdespair(絶望)を掛けてみた

返信
2018-12-14 00:25:02

名無し ID:YzFkOTI2Z
>> 返信元

絶望のソン・ソン

返信
2018-12-14 00:24:47

名無し ID:YjY4ZDM3O

リア・リエとタッグ組んでもらいたいが上手いタッグ名が思い浮かばない自分の文才の無さが恨めしい…

返信
2018-12-14 00:08:34

名無し ID:Yjk1OTkyN
>> 返信元

実際ポイゾネライライ純白は玄酔楼や天才を蹴落としてるしな

返信
2018-12-13 21:40:22

名無し ID:NDU4OWEwZ
>> 返信元

吹っ飛ばした後落ちてたフラワーを見た瞬間にまだワンチャンあると思わせてくれたわ
正直ルーザーズの快進撃からファンになってしまったこれからも頑張ってほしい

返信
2018-12-13 20:37:03

名無し ID:MTgyZmUzZ

最後フラワー当てる前の0%対135%の絶望具合に笑う
上強の後も空上とか空前とか本当よく躱したよこれ

返信
2018-12-13 20:33:41