登場人物 (64)

ページ名:登場人物

このコンテンツの産みの親であるP(ピー)氏及び出場選手達の紹介ページです。
選手達の詳細なプロフィールや大会成績は個別ページをご覧ください。

また、個別ページの戦歴のリンクから元動画のページに飛ぶことができます。

スマブラSPの選手一覧はこちら

 

  • 実況

 P(ピー)

ニコニコ動画を中心に活動するゲーム実況者。呼び方は「ぴー」または「ぴーかっこぴー」
2008年に投稿した「スーパーマリオブラザーズを高速でやってみた」でブレイクを果たし、以降もコンスタントに活動を続けている。
スマブラ上位プレイヤーであるプリンスと同一人物であるが、動画内では「プリンスと P(ピー)は別人」というスタンスのようである。
2014年7月、「64スマブラCPUトナメ実況」シリーズ最初の動画を投稿。

 twitter → https://twitter.com/niconicopppppp

 ニコニコ動画ユーザーページ→ http://www.nicovideo.jp/user/10057853

 

  • キャラおよび選手一覧

選手名の後ろのカッコ内には初出場の大会を記載しています。
数字のみ…本戦 即〇…一触即死 幻〇…幻想杯

例①:灼熱のレイア (1)→第1回大会より出場
例②:微熱のヨシオ (即2)→第2回一触即死より出場
例③:★グレイトアマゾン★ (幻1)→第1回幻想杯より出場

 

ルイージ (LU)

攻撃モーションはマリオ族と似たり寄ったりだが、こちらの方がジャンプ力が高く、滑りやすい。
また必殺技が一撃の破壊力を重視した性能に変化しており、マリオ族と比べバースト手段が多い。
対人戦では下から数えた方が早いレベルのキャラ性能だが、そんな常識が通用しないのが本シリーズ。

火炎属性を宿すロマン溢れる昇竜拳、ファイアジャンプパンチで一撃必殺を狙う。

 

マリオ (MA)

典型的なバランスタイプ。技は一通り揃っており、機動性能や復帰力に関してもムラが無い。
飛び道具やコンボでダメージを稼ぎ、スマッシュや投げ技でトドメを刺す、王道スタイルを得意とする。
逆に言えばバースト手段がそれ位しか存在しないので、上手く戦わないと長期戦になりがち。

秀でた部分が少ない分立ち回りを要求される。

 

ドンキーコング (DK)

分かり易い重戦車型ファイター。見た目に違わぬトップクラスの耐久と攻撃力を持つ。一つ一つの技の威力が馬鹿げており、吹っ飛び耐性の無い選手は当たれば致命的。
しかし威力に全振りした結果なのか、各技の隙がデカ過ぎる、その体格故に被弾面積も非常に大きい、挙句復帰技は上昇力が低く事故死を起こしやすいと、初心者が手を出すには些かハードルが高い。
使いやすい技だと、後ろ投げだけ異常なまでの反応速度に定評がある。

最大までチャージされた通常必殺技・ジャイアントパンチは暴力的な威力を宿しているものの、肝心のAIに致命的欠陥を抱えており…。

 

リンク (LI)

剣戟を主体に戦う種族。振り回される剣には自身の被弾判定が存在せず、相対する相手の近接攻撃に対して判定勝ちし易い。地上だろうと空中だろうと広いリーチを駆使して相手選手を雑草の如くバッサバッサと薙ぎ伏せる。
通常必殺技のブーメランは長時間ステージ上を滞留し、接触した相手選手を軽く打ち上げる。コンボ技の起点になり易い優秀な射撃技。

遠近問わず高い攻撃性能を誇るが、肝心の復帰力は壊滅的。落下速度が祟り、崖際で空中技を振り回せば不意な自滅を招くという…。

 

サムス (SA)

間合いの広い通常技とチャージショットの一撃が武器。投げも強力。
鳥人族より与えられしパワードスーツのおかげか、中々吹っ飛びにくい。復帰性能も高い方であり、見た目相応以上のタフネスを誇る。
上スマッシュのヘルファイアはスマッシュ技の癖にロクな吹っ飛ばし力が無い謎技。稼ぎにはなっている。

肝心のバースト技には恵まれていないものの、最大まで溜められたチャージショットは並の吹っ飛び耐性では耐えられない程の熱波が発生し、高ダメージの相手を一瞬で蒸発させる程の威力

 

キャプテンファルコン (FA)

リーチと攻撃、機動力、更にはロマンを兼ね揃えた高速アタッカー
バッキバキに割れた筋肉は決して伊達ではなく、足の速さと瞬発力はフォックス族のそれに匹敵し、並以上の破壊力を以て目標を捻じ伏せる。
空中上攻撃の終わり際を当てることにより、相手を猛烈な勢いで水平に吹っ飛ばす、通称「浦安」と呼ばれるテクニックを持つ。

復帰技ながら頭一つ抜けた驚異の吸引力で奇襲を図るファルコンダイブと、長所のスピードをかなぐり捨て爆炎の一撃をぶちかますファルコンパンチは、両者とも外した際のリスクは壊滅的だが単発火力は戦慄級。さすがCF
一方で復帰にはかなり難があり、自滅こそしにくいものの落ち方次第ではあっさり事故死する。特に「ソンソン」と呼ばれる復帰事故はファルコンが由来になっている。しかしそれ以外に弱点と呼べるものは特になく、吹っ飛びにくいのもあって安定感の強いファイターである。

 

ネス (NE)

独特なジャンプと破壊力抜群のスマッシュと投げ技、そして「」が持ち味。
」こと空中上攻撃・ジャンピングヘッドバッドは、無敵判定、リーチ、隙のなさ、高威力を全て兼ね備えた恐るべき兵器。まともに食らった相手選手は涙が止まらなくなるであろう。
エネルギー系射撃技を吸収し自らのダメージを回復するサイマグネット、射撃技を自分に当てて復帰力と同時に凄まじい破壊力を得るPKサンダー等、必殺技に関しても癖が強い。
スマッシュのヨーヨーはリーチと持続力に優れ、近距離ファイターや復帰中の相手に容赦なく襲い掛かる。

CPU最強との声もある超能力少年だが、その上必殺技の独特過ぎる性能からか復帰にやや難あり。しかし復帰で逆に狩ったりすることもある。これも強さの所以か。

 

ヨッシー (YO)

横方向へのジャンプ力に優れるファイター。こう見えて重く、吹っ飛びにくい。
空中での機動力を活かしたトリッキーな戦闘スタイルを得意とする。豪快に正面をぶっ叩く空中前攻撃や総ダメージ最強の空中下攻撃、不意に放たれる下必殺技等、高火力技も併せ持つ。更には空中ジャンプの始動部分にアーマー効果が備わり、飛来する攻撃判定を強引に耐えてしまう。空中でいかに戦うかがポイント。

一方で復帰手段が何と空中ジャンプ一回のみに限られており、ジャンプをつぶされると尻もちでもないのに一切の抵抗が出来ずむなしく落ちていくと、復帰能力に関しては重い悲しみを背負っている。空中戦が強いのに復帰がアレであるジレンマを抱えており、崖端での戦闘は俗にいうプリンス式を招きやすい。

 

カービィ (KI)

多段ジャンプを活かした高い復帰能力と、バースト力の高いスマッシュ技が魅力。隙が少なく小回りが利き、拘束性能の強い空中前・下攻撃でガリガリ削る。上必殺のメテオ、下必殺の威力と無敵による時間稼ぎも侮れない。
カービィ宜しく相手の通常必殺技をコピーする手段を持つが、CPUは相手選手を吹っ飛ばす度にアピールする為、早々と能力を捨て去ってしまう。
外見はぽよっぽよだが、キャラ性能は64スマブラで最上位に食い込む程の強さ。反面耐久力は紙同然。

64時代に暴れ過ぎた反動か、以降のスマブラシリーズでは惨い性能に落とされたとか何とか…。

 

フォックス (FO)

卓越した身体能力を持つ種族。走行速度、ジャンプ上昇・下降速度共に随一であり、強靭な脚力を以て特攻を仕掛ける。お手玉コンボが得意。フォックス族の頭上に居座る選手は、瞬く間に踵と尻尾の連撃に見舞われるであろう。
降り注ぐ射撃技やアイテム、粘着する相手にはリフレクターで対抗。不用意な対象を返り討ちにしてしまう。その発生速度、驚異の1F
一方で本人も自前の射撃、ブラスターを所有。そこまで派手ではないもののハマった時にはなかなか強い。

キャラ性能そのものは最上位に食い込むレベルだが、CPUで最も自滅しやすい不安定さを抱えている。ファイアフォックスで崖外へ突っ込み任務完了する光景など日常茶飯事であり、「自滅さえなければ強い」が特に大きいのも相まって勝率はなかなか安定しない。爆発芸(?)が得意な奴もいたり、芸風(???)は様々。

 

ピカチュウ (PI)

キャラ性能そのものは64スマブラ中ぶっちぎりのトップクラス。
やたら堅い尻尾による連撃の数々、ゴッソリ削る空中前攻撃とそこからの追撃、積極的なコンボを可能にさせるピカイチな運動性能と夥しい手数攻撃が持ち味。上必殺の復帰性能もずば抜けている。たまに事故る
更には遠距離技のでんげき、破壊力アリ発生保障アリ縦リーチ激長の「出川」もといかみなりも備え、兎に角オフェンスに関して苛烈。

その代償か非常に吹っ飛びやすい。叩かれる前に叩けを地で行くファイター。

 

プリン(ヨシオ族) (PU)

公式公認の最弱。ヨシオくんクソザコ的な意味でのインパクトが強すぎたのか、以降に登場した選手にも「ヨシオ」の名を与えられている。

その不名誉な肩書はダテではなく、紙を越えたチリ同然の装甲。シールドブレイクを起こしたヨシオ族は、あろうことかそのままミサイルの如く上空へ盛大にぶっ飛びお空の星々と一体化してしまう。
上必殺技のうたうの性能が「殆どの場合相手が先に起きて隙だけ晒す」と酷過ぎるクソ技な上に、現行のCPUはバースト手段であるねむるを使用しない為、実質必殺技がひとつだけという弱点も。
しかし空中機動力が高めだったりコンボが刺さり易い等、一応長所もある。USNPヨシオ族の代名詞。
上記の通りCPUの思考ルーチンや技の性能は、”かよわい"をコンセプトに意図的に弱く設定されている。が、キャラそのものは全く戦えないという訳ではなく、対人におけるランクは中堅程度である。

最弱の宿命なのか、ヨシオ族の戦歴は一部の選手を除いて酷い。またその一部もよく歌う。更に肝心な所で運が無い。あと爆発オチに縁がある。

 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:YWY5MmRmM

唯一 直に「芸人」って入ってるナザレンコが、他の芸人勢差し置いて「道化師」に昇格してるフォックス勢もなかなかに草

返信
2019-01-05 14:47:46

名無し ID:ZDI2ZTQ2Z

ヨシオくんが最弱の一角からとうとう頂点に上り詰めてて草

返信
2019-01-05 14:13:02

名無し ID:ZDIxY2VmM

妖精がいつの間にか漬物石扱いされて草

返信
2018-12-21 18:04:33

名無し ID:NTE0YjZhZ

次の大会楽しみ

返信
2018-12-21 13:45:46

名無し ID:ZGZlYjgwN

奇跡と鳴りやまぬの対句からのヨシオちゃんの紹介草

返信
2018-12-14 23:06:51

名無し ID:YWZiMGRjY
>> 返信元

合わせました。
ルイージの方が先になったので文の内容も変えるべき?

返信
2018-12-12 23:50:44

名無し ID:NWI3YjJjM

データ集の表の順番変わった(実機のキャラ選択画面と同じになった)しここの並びも合わせたい

返信
2018-12-12 22:55:10

名無し ID:YWU1ZDUwN
>> 返信元

確かにひとこと紹介にはふさわしくないかもしれない。
ありがとう

返信
2018-12-11 22:09:40

名無し ID:ZDUzYzRlZ
>> 返信元

第6回のルーザーズで言うほど活躍してないのでルーザーズで大活躍みたいな書き方はキャラ紹介として相応しくないと思うの

返信
2018-12-11 20:56:34

名無し ID:YWU1ZDUwN

ポイゾネサスくんの所なんだけど、
ルーザーズという名の崖っぷちでの大活躍と得意の崖キャンを組み合わせてなんか作れないかな。何かアイデア求む

返信
2018-12-11 20:51:38

プリンのキャラ性能部分の提案者 ID:NTJjN2VlN

ちょっと追記してみました(上記の通り〜中堅程度である。まで)
問題ありそうであれば適宜修正してください

返信
2018-11-12 13:50:31

名無し ID:YTAxMDQ3M
>> 返信元

確かに、公式は弱さを意図して設定したわけですし、Pさんトナメでの「ヨシオくん」の説明ならまだしも「プリン」の説明としては少し可哀想にも思えます。
是非とも補足してあげて下さい。

返信
2018-11-12 12:22:16

名無し ID:NTJjN2VlN

トップページヨシオ族の「公式公認の最弱」の部分ですが、これだけだと若干語弊があるように感じます。
脚注として軽くですが、「"かよわい"をコンセプトに、意図的に弱く設定されている」という旨を追加しようと思うのですがどうでしょうか?

返信
2018-11-12 11:52:47

名無し ID:ZGFkNTIxZ
>> 返信元

モルダーは試合内容的にも、後半息切れして負けることが多いって評価をよく見かけるし、
笑女はバ難やセクハラにもめげず、笑って誇れるくらいの一族最高成績は残したし、
どっちも今の文章のままでもその辺りは反映された紹介になっている気はする。
もちろん、より適したものが見つかったら、変えるなり付け足しするなりしてもいいかもだけど

返信
2018-11-11 20:56:20

名無し ID:NDNiZWRmM

ロハス、パンツと敗退が決まった新参は動画内容に沿った説明を書かれているので、女やモルダーにも名前ネタだけではなく動画内の個性を説明にしたいなぁと思うんですけどいい言葉が思いつかない

返信
2018-11-11 20:50:35

名無し ID:M2ZjMDViM
>> 返信元

4タテされてたのと、ピラミッド型にしたかっただけなんだ、すまん
実績的にはおっしゃる通りなんで、本当は迷ったんだけどね

返信
2018-11-10 14:16:35

名無し ID:NzI5MDJlY
>> 返信元

神様は優勝者でもあるから

返信
2018-11-10 13:21:43

名無し ID:M2I1OTc1N
>> 返信元

準優勝の天下無敵がクソビリの神様より下に書かれてるの可哀想すぎて笑う
いやまあ出場数とか考えるとそうなるんだろうけど

返信
2018-11-10 12:32:47

名無し ID:YzhiMzQ0M
>> 返信元

さすがに下目は、同じ8強として吐き気・脇役と同じ行に並べるべきでは…
吐き気には直接対決で勝ってるし、脇役には直接対決で負けてるけどレートや大会成績では勝ってる時の方が多いし。
最近の予選3連敗で一時株は落としたかもしれんが、その後持ち直して生き残ってるし。
まぁそもそもガチで厳密に選手の格付けをするためのコメントではないかもしれないのに、ガチレスしてしまってすまんがw

一番下の行は出場機会を失った面子ってことで異存はないが、実力はある転校生、実力も実績もある天下無敵のその後の悲運ぶりを思うと、改めて悲しくなる格付けではある…w

返信
2018-11-10 12:24:06

名無し ID:ZGQ5NzdiY
>> 返信元

人数的にも十傑集ぽいと思った

返信
2018-11-10 07:04:06