今後の大会に関する要望まとめ

ページ名:今後の大会に関する要望まとめ

Pさんがwiki民の意見をまとめて見るために作られたページです。

今後の大会の流れについて

第10回大会以降についての要望一覧です。
 

要望① 第10回→第2回幻想杯
 
 
要望② 第10回→世代対抗戦

 

誰でも 追加OK♪

 

※一度wikiのコメ欄かしたらばで提案を出してから追加するのがベストです。


第10回大会について

初回の生放送終了につき、一部項目を開閉式にしました。

P(ピー)の発言(ツイート)+-P(ピー)の発言(ツイート) を閉じる

  • 記念すべき第十回64スマブラCPUトナメは復活選手多くなるだろうしオールスターとも言うべき最大の祭典になるであろう
  • CPUトナメの色被りに関しては他の同キャラと被らない色(チームカラーの緑や青)を使えばキャラによっては解決できるけど無理なキャラもいるし でもできるだけ全キャラ出したいのはわかるのでなんとかしたい
  • んーやっぱ48人が一番問題なくて現実的だなあ んでブロック予選勝ち上がれなかった選手達でBトーナメントを実施してそこでも優勝者を決めたい(実際の大会準拠) そしてそれとは別に48人の選考に漏れた選手だけで大会やるのもアリ?
  • 第十回のルールはハートの器だけ迷ってる 本当に迷っている
  • 第十回は原点に立ち返って逆に一発勝負のトーナメントもアリかもしれない

出場選手に関する要望・意見+-出場選手に関する要望・意見 を閉じる

  • 本戦出場者を「出場枠争奪戦」で決定する(出場機会に恵まれないキャラが人気投票ではなく自力でチャンスを勝ち取る方が面白いだろうという意見が散見された)。
  • 上の意見とは異なり、人気投票で出場権を得られた48人大会とそれ以外の選手による大会の2部構成にする。
  • 現在も本戦にいる選手は実績と人気で残ってきたのに、態々恵まれないキャラと戦い入れ替えるのは如何なものか。
  • 投票ではなく実績による評価で48名に出場資格を与える。本大会は“これまでの投票・大会の集大成”と見るべき
  • しかし大会の複雑化によってPさんの負担が非常に増えるため、そこは考えもの。

予選に関して

  • (どなたでもどうぞ)

Bトナメに関して

通常のトナメ?負け上がり?予選下位16名による負け上がりトナメに決定。

  • (どなたでもどうぞ)

決勝トナメに関して

敗者復活要素について→予選各ブロック4位を決勝トナメルーザーズ始動にすることに決定。敗者復活はナシ。

  • 5位決定戦と7位決定戦を見たい。(理由:2人しか出ないからタイマンで決着をつけても良いと思う。
    W決勝→L決勝とL決勝→GFの間にやって選手の連戦を防ぎたい。)

その他

  • 第6回大会Winners決勝、Losers決勝の前にあった演出付きの次回予告がまた見たい

 

+大会ルール(3on3)-大会ルール(3on3)  を閉じる

  形式 出場選手 ステージ アイテム
要望① 世代別 各世代をA.Bグルーブで分ける(出場選手を増やすため) プププ固定 全アリ
要望② ランダム選出(第5回と同じ) 生放送でのアンケ→27名出場(シードで☆ンコ) プププ固定 全アリ
要望③ 世代別(各世代代表6~7名選出&1試合ごとにランダムで3人選出) 生放送でアンケして各世代の代表決め 保留 保留
要望④ テーマ別(第7回のような感じ) 検討(どこかでチーム案一覧があって生放送でアンケ?) 保留 保留
要望⑤ キャラ別

アンケで選出した同キャラ3人(例:レイア/部長/玄酔楼)のチーム

保留 保留
でも 追加 O K
         

大会ルール(3on3)についてのその他意見

  • 1動画1試合の方が後から見返しやすく、ネタバレ(動画時間の長さ)防止の編集の必要がない
  • 第5回では、アルティライトねこが出場資格を得たのに出られなかった。できればこのような問題が起こらない方が好ましい
  • 世代対抗戦を3on3で1チームとした場合、各世代から3人(第1回勢はヨシオくんを当確とした場合残り2人)しか選出できず、人気選手の数に対して枠が狭い。3on3で2チームか、5on5で1チームにすると、枠を増やせる。
  • タッグ戦=ダブルス戦を3on3(または5on5)の中に1試合混ぜることで、1チーム4人(または6人)選出できる(各世代から比較的多くの選手を選出できるので、世代対抗戦向き)。
    シングルだと勝ちづらい弱キャラも、タッグでは戦犯になりにくく、活躍できる可能性も高まるので、弱キャラも比較的選出しやすい(強キャラに固まりづらい)

 

3on3 (5on5) の形式別の利点・欠点 ※斜めのセルを見比べると対案関係になっています

 

(m)メリット

(d)デメリット
(T)
トーナメント形式

①試合数・開催期間がリーグ戦形式よりも小規模。

②世代対抗戦を3on3で各世代2チーム(計10~12チーム)にする場合、リーグ戦形式よりもトーナメント形式の方が試合数は適切。
※3on3か5on5で各世代1チームにするなら、リーグ戦の方が適切。

①勝ち越しが早く決まった場合のネタバレ防止のため、1動画で全試合収録、空白の動画時間追加が必要で、読み込み時間と画質に影響(5on5は実質不可)

②勝ち越しが決まった時点で、出番が回らない選手がいる(特に世代対抗戦としてはもったいない)

→上記①②の対策で、消化試合をエキシビションとして行う手はあるが、消化試合自体が多くなる。

③1回戦敗退したチーム(全体の半数)の出番は、当然それきり(特に世代対抗戦としてはもったいない)

④最短0勝2(3)敗でチームが敗退するため、弱キャラの戦犯度が高い≒出場選手決め投票の段階で選ばれづらい、負けた弱キャラ(選出した視聴者)への悪質コメにつながる、強キャラに固まりがちになる。

(L)
リーグ戦形式

※2チーム間での勝利数=勝ち点0~3(5)点とする。
(2チーム間の勝利数で負けたチームも1~2点獲得可)

①消化試合がないので、動画本数が勝ち越しのネタバレにならず、1動画1試合ずつ投稿できる。

②消化試合がないので、全選手に出番が回る。

③チームの負け1回=即敗退ではないので、全チームに一定の試合数が保障される(各世代が全ての世代と戦えるので、世代対抗戦向き。また、上記大会ルール要望③の毎回ランダム選出にも向く)

④チームの負け1回=即敗退、0勝2(3)敗=敗退ではないので、弱キャラの戦犯度が比較的低い≒出場選手決めで選出しやすい、強キャラに固まりづらい(タッグ戦も1試合混ぜるとより効果的)

①試合数・開催期間が中規模。(例)世代対抗戦なら
(1)1・2・3・6回・レベル8勢5チーム
 (3*10=30または5*10=50試合)
(2)1・2・3・6・8・幻想(レベル9+8)6チーム
 (3*15=45または5*15=75試合)
→Pの考える第9回の規模にそぐわなければ、第11回以降に実現する手もある。

②世代対抗戦を3on3で各世代2チーム(計10~12チーム)にする場合、リーグ戦だと試合数が増えすぎる。
→リーグ戦は3on3か5on5で各世代1チームが適切。

③仮にリーグ戦のみで優勝を決定する場合、途中で優勝チームが決まり、以降が全て消化試合になる可能性がある(最悪、トーナメント形式より多くなる)
→リーグ戦と別に優勝決定戦(リーグ1位vs2位)を行えば解決。消化試合となるのは、決定戦で早期勝ち越しが決まった場合の1(2)試合のみ。エキシビションとしての投稿も現実的な消化試合数。

 


その他大会の形式について

形式 詳細 備考
4人制乱闘 通常の乱闘によるトナメ。  
3人制乱闘 3人乱闘による三つ巴シングルトナメ。 上記の4人制と組み合わせても可
1ステトナメ プププ以外の1ステで小型トナメを見てみたい。  
運動会方式 その名の通り運動会のように様々な種目を設け、チーム間で各種目の合計点を競う大会。競技ごとの出場者はランダム? 主に世代対抗戦のような多対多向けのルール。
シンプル方式 ゲーム内のシンプルのように選手たちそれぞれが決まった相手(門番)と順番に戦いその内容を競う(総合の戦績や合計の撃破タイムを競う) 個人の記録での勝負になるので同色・同キャラの選手が同時に出場可能
スイス式 スイスドローとも。詳細は下記 本戦・予選どちらにも適用可
     
+スイス式トーナメントとは?-閉じる

スイスドローとも。生放送で一部意見があったので追記。

大会の中で同じ成績の者同士が対決全員が一定の試合数を行い成績で順位を確定する方式。つまりトーナメントでありながらリーグ戦の性質を兼ね備えているともいえる。
試合が一巡した時点で再び組み合わせ抽選を行うため、通常のトーナメント(やぐら)やリーグと違って始めからは全ての組み合わせは決まっていないことも大きな特徴のひとつ。

つまり最初の1戦で1勝0敗と0勝1敗の2組に分かれたらそれぞれ抽選、次の1戦で2勝0敗・1勝1敗・0勝2敗の3組に分かれたらそれぞれ抽選…という風に進行していく。 

【予選で採用するメリット】

  • 最速だと計72試合(各選手3試合)で上位24名が決定する。これは従来のブロック式(15×8=120試合)に比べてはるかにスマート。
  • 計96試合(各選手4試合)で上位15名を決定しBトナメに繋げることも可能。
  • また96試合すると、最下位がちょうど3人生まれる。そのため最弱決定戦が行いやすい。

【デメリット】

  • 試合結果をもとにその都度組み合わせを決定する必要があり、非常に手間(各選手の試合数と同じだけ抽選することになる)。かなり致命的なデメリットといえる。
  • トーナメントやリーグのような表を作ることができないため、結果表の作成には工夫が必要となる。
  • そもそもこの方式がマイナーでとっつきにくい。

サイド(特殊)トーナメント等について

テーマ 詳細・ルール 出場選手
ガチトナメ 完全招待制。全試合2本先取・ダブルイリミ? 好成績者16名ほど
アイテム杯

アイテム固定で様々な部門(爆発・ビームソード等)を設け、ヨシオ杯程度の規模のトーナメントを複数開く。その他ルール不問

それぞれの部門に相応しい選手
出場枠
争奪戦
参加者を決めるカラー別出場枠争奪戦。同族同カラーが2名以上いる選手で、選手たち自身によって誰が出るかを決めることができる。
利点としては最低1回は出番がない選手の試合を観れること、性能差が同じであることとPや視聴者の意思がほぼ介在しないことにより公平性が高いことがあげられる。
欠点として同族同カラーが1名しかいない選手が確定出場できることに対しての公平性がないこと(レイアやエルバンやヨシオくんクラスなら外せないから当然だが)、また母、コテツ、妹で争奪戦を行うと、それぞれの個性的に次に出るのにふさわしい大会が分かれている状況もあることがあげられる。
同族同カラーが2名以上いる選手たち
3色対抗トーナメント(12on12o12)

チームバトル仕様(赤、青、緑)のカラー別対抗でチームを組んで3人乱闘を行う。

基本ルールは3人乱闘で行い、それぞれ選手としての持ちカラーであるキャラが参加できる(赤レイア 青味方殺し 緑煙草マスターの子) 1チーム12キャラ1人ずつ選出される。メリットとしては、普段参加できないチームカラー専用のキャラを参加させることができる(緑マリオ 青サムスなど) デメリットとしては、チームカラー3色の縛りにより3色以外のカラー(黒黒 天才 ドルコなど)の選手が参加不可及び赤チームは既存キャラのみ(限定カラーのキャラがいない)という欠点がある。

チーム戦限定のカラーバリエーション参加可能
     

 

アイテムについて

要望① 回復やハンマーはアリでいいが、出現率を下げてほしい。
要望② ハートの器ON、トマトOFFにしてほしい。
(トマトは斜面で転がってなくなりやすいのと、プププ固定のルールではトマトの出現率が高いため)
要望③  

 

ステージについて

要望①

希望ポート番号

ピーチ城上空:2/4…第6回基準。位置はこのままで問題ないと思われる
ヨッシーアイランド:3/4…スタート位置が左右台(?)スタートになる
コンゴジャングル:1/4…第8回基準
プププランド:2/4…変える必要無し
ハイラル城:1/4…第8回基準
セクターZ:2/4…位置関係はこれがフェア?
惑星ゼーベス:1/4…お互いステージ端がスタート位置になる
ヤマブキシティ:3/4…ポート番号をヨッシーアイランドと合わせてステージバレを防ぐため
クソステージ:1/4…引くこと自体が事故

また、ステージ選出は幻想杯等のように一巡するまで同じステージが出ないようにすると誰かが確定でクソステを引く羽目になるため、一戦ごとにランダム抽選でステージを決め、極力クソステを引かないようにしたい。

要望②  
要望③  

 

 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:ZWU5ZDA3Z
>> 返信元

誤送信したわ()
実力者16or24名のスイスドローで1~8位を次回大規模で八王子、9~16位を第二シード(17~24位を第三シード)みないな感じでやってほしい

返信
2019-07-13 20:42:27

名無し ID:ZWU5ZDA3Z

既出とほぼ被りだけど
じつり16or24名によるスイスドロー

返信
2019-07-13 20:40:26

名無し ID:OGEzOWQ2M
>> 返信元

第8回の時も消化試合を気にする人がいたけどファンとしては消化試合なんてない心持ちだしまして予選大トリとか譲りたくねぇ...って気持ちはある
まぁヨシオくんだからその頃には予選敗退決まっちゃってて負け濃厚だけど勝ってほしいよなぁ

返信
2019-07-12 11:30:43

名無し ID:NjcwZGIzO

別に動画始まって10秒ぐらいなんだからステージバレ予防とかいらんよな

返信
2019-07-12 11:01:48

名無し ID:NTI0OTUzN

ヤマブキが3・4スタートだと、3の選手が開幕にシャッターポケモンを喰らうリスクがある?(ラッキー以外は損)
上の説明だとアイランドのステージバレを防ぐための番号らしいが…

1と2どっちか覚えてないけど、シャッターの上で始まるのは、下にいるキャラの方が攻撃仕掛けやすそうだし(第9回ポイゾネ召喚士の状況に近い)、
すぐそばでスタートするのが、公平性では一番マシかも?

返信
2019-07-08 20:31:24

名無し ID:M2JmYTZhO
>> 返信元

そう、そんな感じだ!ごちゃごちゃでカオスな感じ。もちろん柔軟に試行錯誤することも大事だけどね

返信
2019-07-05 22:15:36

名無し ID:YmI5MTE2N

今やってる全部アリでもいいけど色々試行錯誤してみて欲しい 同じルールだけじゃ特定のキャラにしか恩恵が受けられないからね 3回までの強キャラと6.8回での強キャラの顔ぶれ見ると割と環境に影響受けるのはあると思う。 キャラそのモノを弄れないし そう言ったルールで上下修正が効ければいいんじゃない?

返信
2019-07-05 18:26:51

名無し ID:NjJlMDU2N
>> 返信元

アイテム、ストック、タイム、性能等の要素を分けたスマブラではなく、要素を全て包括したからこそスマブラって感じかな?

返信
2019-07-05 17:59:24

名無し ID:M2JmYTZhO
>> 返信元

個人的には、設定されてるアイテムも含めて"スマブラ"だと思うな
うまく言葉にできないが

返信
2019-07-05 17:54:37

名無し ID:ODBhNjQyY

ステごとにアイテムのON/OFFを切り替えてみたらどうだろうか? ハートとトマトは特定ステだと頻出するし プププはハート ハイラルはトマトだけをONにするとか

返信
2019-07-05 17:49:03

名無し ID:N2M1MjczZ
>> 返信元

下位3名が1勝ずつの三すくみで、ストック差で決めるという場面になったらヨシオくんがたった1勝するだけでも予選を通過できる可能性はある

返信
2019-07-05 17:32:32

名無し ID:ODA1ZDU0Z
>> 返信元

個人的には
予選最終試合が激アツ>最終試合がヨシオ
なんですよね。ヨシオくんが予選突破しそうなのが一番良いんですけどね。

返信
2019-07-05 16:46:10

名無し ID:MzJkNzBlN
>> 返信元

レイアで始まりヨシオくんで終わるのも趣があっていいと思う

返信
2019-07-05 16:36:15

名無し ID:NGY2MDM4M
>> 返信元

そうやって変に組みすぎる方がいやだわ
もっと自然体でいい

返信
2019-07-05 09:26:36

名無し ID:NmRlNzliY
>> 返信元

ヨシオくんが予選突破できるかどうかが一番盛り上がるけど無理そうだしな…

返信
2019-07-05 07:57:37

名無し ID:YmUzYjFjY
>> 返信元

負ける前提で草

返信
2019-07-05 07:48:34

名無し ID:NmRlNzliY

予選の最後をヨシオくんにして消化試合になるのはやだな。予選の最終試合はやっぱどっちが上がるか分からない激アツな試合じゃないと。

返信
2019-07-05 07:47:10

名無し ID:NzEyOWFmY

ヨシオくんがHブロックの4番だから、予選がこの順番ならレイアに始まりヨシオで終われるね。是非とも採用してほしいところ

返信
2019-06-17 16:40:32

名無し ID:ZjczZDYxY

新しい需要開拓も良いけど、あまり需要がない試合が続いてしまった場合、Pも視聴者も誰も得しない気がする。
強者のみにするかは置いといて、個人的にはやっぱり選手は選んだほうが良いと思う。その中から無作為にっていうならまだ現実的かもしれない。

段位戦を長期的な運営にするということには同意かな。

返信
2019-05-28 23:34:36

名無し ID:ZjczZDYxY

ほかに個人的にみてみたいな、と思ったのは
世代対抗のリーグ戦と第三回、第八回のブロックごとのブロック別対抗戦、上位者のみのエキシビションマッチかなぁ。

段位戦も見たかったけど、ネトスマのルールをCPUトナメ向けに少し変えないと実用は難しいかもしれない。

返信
2019-05-28 23:30:44