ケ (YO)

ページ名:ケ

Illust1:飛岳 さん
Illust2:6T さん
Illust3:水魚 さん
Illust4:M・G さん
Illust5:飛岳 さん
ケってなんだよ(哲学)

Profile
キャラクター ヨッシー
カラー 第8回:デフォルト CPUレベル Lv.8
立ち絵 第8回~:
掛け声 第8回決勝トナメ~:横スマ時
肩書き 第8回:謎
●出場記録 ◯成績
第8回大会

予選:3勝2敗(残スト3) Bブロック2位通過

決勝トナメ:13位タイ (WINNERS側1回戦敗退→LOSERS側2回戦敗退)

第10回大会  

P(ピー)「位置がめちゃくちゃ良くてー!!」

第8回から登場のヨッシー勢。にょをぶち抜いて史上最短ネームの座に君臨する。余りにも短すぎる為もっぱらケヨッシーと呼ばれる。
肩書きは「謎」。P(ピー)にはキ●ガイヨッシー、(立ち回りが)バグみたいなどと評されている。

TASによる最速命名説や、←実は横から見たヨッシーではないかという説がある。

第8回の戦績+第8回の戦績-

デビュー戦は自滅で敗北したものの、今までになく好調なリア・リエをあと一歩のところまで追いつめた。
その後は圧倒的な火力で殺意のヨシオ灼熱のレイアの猛攻をものともせず連勝[自称]妹と共に大躍進を続けるレベル8ヨッシー勢として予選突破に期待がかかる。

しかし4戦目にてとろけるヨシオに敗北、一転して予選敗退にリーチがかかってしまうことに。また右の浮遊台でうたっているとろけるの真下で延々とフンフンを繰り返す奇行に走った

そして自身(+レイア)の進退が決まる㌦ポッター戦、重量級のハイラル城とステージ有利にも関わらずポッターの巧みなアイテム捌きやコンボに苦戦するが、負けじとアイテムを逆に利用して徐々に追い上げる。
ラスト1ストック同士、自身のステージ有利を潰す形となる左端に陣取るというまさかの行動に出る。P(ピー)にも「画面端は危ないですね」と心配されるが、ポッターの攻撃をジャンプで巧みにかわした後冷静に後ろ投げを決めて勝利、妹に続きヨッシー勢2人目となる予選通過が確定、そしてレイアが敗退することになった。
ヨッシーの投げは斜面に沿って出るというテクニックを有効活用した形となり、Pにもその判断を高く評価された。

的確な技選択とガン攻めを得意する妹とは対照的に、卵や投げを絡めた相手の裏をかくようなテクニカルな立ち回りを得意とする。その読めない立ち回り故にPに「曲者の元木大介のような存在」と評価され、一部視聴者から「元木だいす」とも呼ばれるようになった。

決勝トナメでも奇行危ない立ち回りは止まないどころか加速し、初戦はいきなり黒きBlack Jokerと対戦、BJの自滅に続いてプリンス式をかまし、空前からの上スマ、フンキャンからの上強などヨッシー使いであるP(ピー)も驚愕するテクニックを用いてBJを圧倒、一時期は2ストックリードまで持ち込みケの勝利は確定…に思われた。
ワァー(真顔)
しかし手にしたホームランバットを不用意に手放したことが仇になり、取られてホームランの直撃を受け、BJ得意のラッシュ攻撃を受けたことにより形成逆転、最後はコンボを決められまさかの敗北という結果に

ルーザーズ側1回戦では笑えない女と対決、ステージと火力差もあり終始リードを保つが、途中何もないところで棒立ちになったり、意味不明な場所にヒップドロップをしたり、気持ち悪い動きのバットダッシュ投げを披露したりするなど誰にも理解できない立ち回りを行う。
その後女に粘られ1ストック同士まで縺れ込んだ際またもやステージ端陣取りを行い、一瞬プリンス式に似た動作を見せP(ピー)や視聴者を驚かせたが、最後は再び冷静な後ろ投げを決めて勝利する

2回戦では紅きポイゾネサスくんと対決することに。
2ストック同士まではほぼ互角の試合を見せるも、ダッシュ攻撃によるコスパを決められた後は完全に流れがポイゾネに移行してしまい、有効な反撃も殆どできないまま敗北した。

予選で快進撃を見せていたレベル8ヨッシー勢だったが、残念ながら彼の敗退を以て第8回大会のヨッシー勢は狩られ尽くされ絶滅してしまった。


余談+余談-

先述通り曲者であると評価されるケであるが、一方でフンフンする奇行に自滅・画面端陣取りといった危なっかしい立ち回り、何より選手紹介動画にて初披露された何とも言えない表情から情緒不安定なアントンすら凌駕するやべーやつとの噂や、名前といい表情といい実はバグで出力された選手ではないかという説もある。実際は名前作成サイトに出てきたアルメル=ケ=デルヴロワという名前から「ケ」を取っただけである。

選手&予選ブロック作成の生放送にてブロック作成の際出場選手の数が一人足りないというミスがあったが、実は「ケ」を他選手の名前の一部分と勘違いして見落としていただけというハプニングが発生した。視聴者から「ケが無い」「ケが抜けた」とも言われている。

基本的に各選手のサムネイルはキャラが定まってから(例:疑惑の恋人アルベルト堕ちる純白)、或いはファンアートから引用する形(例:ライムライト有の無限モルダー)で決められることが多いが、ケはサムネイルが先行してそれに追従する形で多数の奇妙なファンアートが描かれた数少ない選手である。
10月20日、遂に前人未到の4枚目のファンアートが寄稿された
さらに2019/4/12にはなんと5枚目のファンアートの寄稿がなされる。絵師様達にはスター級選手以上に人気がある模様。

が、翌日には王座陥落してしまう。三日天下にすらなれないというあまりに悲しいタイトルの落とし方をしてしまった。

第10回にも参戦。なんと第3回のようなヨッシーが3体も入ったブロックとなった。

初戦の相手は同族のアントン。立ち回りでリードしているのにも関わらず自滅をしてしまいそこから相手の完璧なガメーはちじゃない、メテオを決められてしまいイーブンに。最後はフラワーを取った所を後ろ蹴りを喰らい崖にギリギリ届かずバースト。初戦を落としてしまった。2戦目の人喰い軍曹戦は非常に良い動きで2ストック残しで勝利。
3戦目はねこを相手に予選3回目のヨッシー対決をすることに。ステージは奇しくもヨッシーアイランドとなった。
試合序盤、空中にいたねこにタルを投げ当ててバースト。タルの中からトマトが出現したことで4300に。
更にねこが事故を起こして2ストック差となり、その後も逆転を許さず勝利。
予選で3回行われたヨッシー対決は全員が1勝1敗で決着、三竦みとなった。

◯全試合記録

対戦相手 大会 対戦ステージ 結果
絶望のリア・リエ 第8回(予選) 第1試合 プププランド
殺意のヨシオ 第2試合 プププランド
灼熱のレイア 第3試合 コンゴジャングル
とろけるヨシオ 第4試合 プププランド
㌦ポッター 第5試合 ハイラル城
ξ黒きBlack Joker 第8回(決勝トナメ1回戦) コンゴジャングル
笑えない女 第8回(決勝トナメLOSERS側1回戦) ハイラル城
紅きポイゾネサスくん 第8回(決勝トナメLOSERS側2回戦) コンゴジャングル
天空の虫使いアントン 第10回(予選) 第1試合 コンゴジャングル
人喰い軍曹 第2試合 プププランド
∫アルティライトねこ 第3試合 ヨッシーアイランド
歩く天下無敵 第4試合    
迅雷ワンダ 第5試合    
  通算   6勝5敗

 


twitter→ https://twitter.com/ke_desuyorosiku

※あくまで個人が運営しているなりきりアカウントです。公式設定ではありません。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:NTE0ZmJiZ
>> 返信元

CPUトナメ史上最もCPUしてる選手かもしれない

返信
2019-08-07 21:01:01

名無し ID:MWRmMTk3M
>> 返信元

コンゴの左右台は地上の両端(&高め&狭め)に設置されていることで、アントン戦のように、相手が足場の端にいるとプリンス式(空中ジャンプ消費後に攻撃技を振って落下)、自分が足場の端にいるとメテオ被弾が起きる。

アイランドの左右台は地上に対して内側に収まっている(足場の端と崖端のx軸が一致していない)し、足場自体も広めだから、自分や相手が足場の端にいることも比較的減るし、プリンス式やメテオ被弾は起きにくいかな。
ただし3つの足場が上下に広く配置されているから、不用意に空中ジャンプを消費してコスパ撃墜されるリスクは相変わらずか。

返信
2019-08-07 11:40:12

名無し ID:MWRmMTk3M
>> 返信元

地上の下に潜り込む復帰ミス自体は、プププのピカチュウ上B、ピーチ城のカービィ上Bとか他ステージでもあるけど、
今回のはアイランドの地上・崖が極薄な形状をしているからこそ、空中ジャンプが沈み込むタイプのキャラに起きやすい事故なのかなと予想している。
あの絵本を開いた形をイメージした独特の地形がどんな悪さをするか、今後も地味に注目していこうかな。

返信
2019-08-07 11:30:28

名無し ID:MWRmMTk3M

ヨッシーアイランドは、Pの言う通りヨッシーが雲に乗りやすい感じではあるね。
他キャラなら右から2番目の雲の下方に吹っ飛ばされると、上(2番目)の雲にも届かない、崖にも届かない、もちろん右の雲にいったん乗る択も考えない。
ヨッシーのふんばりジャンプだからこそ、2番目の雲に届く復帰ルートが取れると。

一方でふんばりジャンプが地上の下に潜る復帰ミスも、ヨッシー(とネス)なら誰でもやらかすリスクがありそうだ。
半端な蓄積、半端な吹っ飛びで崖スレスレに飛ばされる→空中ジャンプ発生時に一瞬わずかに沈み込むことで潜り込む。
発生頻度は雲復帰>沈み込みかなとは思うけど。

返信
2019-08-07 11:22:39

名無し ID:MjE0NDgwN

たぶんケ的には常に合理的な動きをしているんだろう
その合理性が常人には理解できないだけで…

返信
2019-08-07 01:07:45

名無し ID:NzFkODM1Z

ケの強みは予測不可能っぷりと思っていたが案外思慮深いところがあるような動きも見えるんだよね最近

返信
2019-08-07 00:54:24

名無し ID:ZGJkYmYwO
>> 返信元

途中で送信しちゃったけどケは2選手の間やや動き寄りの印象

返信
2019-08-06 19:39:31

名無し ID:ZGJkYmYwO

動きは妹が強そう、勝ちにはねこが一番近そう

返信
2019-08-06 19:38:35

名無し ID:MDMyMGU3N
>> 返信元

ヨシオ族との戦いで唯一負けたヨッシーで個人戦勝率はねこと大差なく、大会最高順位自体はねこに劣っているのだからエースの座を盤石というのには早計ではないかね?

返信
2019-08-06 19:33:40

名無し ID:MTMzNGNlM

ヨッシー直接対決で唯一わかるのは母が弱いということだけ

返信
2019-08-06 19:33:31

名無し ID:ZDM3OWJlN

アントン戦はコスパ事故で負けたようなもんだからあんまり三すくみ感はない
むしろこの勝ちでヨッシー勢エースの座をを盤石の物にしたと思う

返信
2019-08-06 19:29:10

名無し ID:NTk3NTNmY

妹もいるしヨッシー間の力関係は拮抗してるな
豪運
ガン攻め

はちがでない
と個性豊かだ

返信
2019-08-06 19:25:46

名無し ID:MTc2ODJiO

これでケ→ねこ→アントン→ケの三つ巴が出来てしまった

返信
2019-08-06 19:13:22

名無し ID:NTIxMTI2O

3すくみになったおかげでよりヨッシー勢の力関係が謎なことに

返信
2019-08-06 19:13:21

名無し ID:YTM1Njk2M

これでCブロックのヨッシーは3すくみか

返信
2019-08-06 19:12:17

名無し ID:NDExMDMxO

終始圧倒してた。
自滅しなければ最強のヨッシーなのでは...?

返信
2019-08-06 19:08:14

名無し ID:NDExMDMxO

プリンス式をしなければ勝てる!

返信
2019-08-06 18:36:02

名無し ID:MTRmOTcyY

アントン戦は素の動きと攻撃力では押していたが、12%でのプリンス式と55%でメテオ喰らったのが痛すぎた。
不安定な早期バーストさえ回避できればお前がヨッシー勢No.1だ!(ヨッシーの血を引く限り不安定の克服はない(無慈悲))

返信
2019-08-06 17:15:30

名無し ID:YzQyNDY0Z

ヒップドロップも狙い上手いが下スマも中々

返信
2019-07-12 20:41:30

名無し ID:YjI3ZmM0N
>> 返信元

アントンが生涯ハチを出さずに徳を貯めることで、本来ピンクサムスにしか力を貸さない本気亀を召喚することすらできるのだな…ハチは呼べないくせにw

返信
2019-07-12 20:27:38