第4回大会1回戦第3試合(KI&PU-FO&DK)

ページ名:4-1-3

2017.09.27   1P&2P(RED)                           3P&4P(GREEN)

殺意の悪魔

 

15人目の神様

悪魔の下目使い (KI)

殺意のヨシオ (PU)

VS

15人目の天才 (FO)

Dr.神様 (DK)

 ステージ:コンゴジャングル   アイテム:ミドル   ストック:4   チームアタック:ON

4 4 ストック数推移 4 4
3        
  3      
      3  
        3
2        
      2  
  2      
      1  
        2
      0  
  1      
1        
        1
0        
  0      

LOSE

結果

WIN

動画→www.nicovideo.jp/watch/sm32001108

◯チーム紹介

・『殺意の悪魔』はかつてレイアをボコ(略)にしたカービィ勢の実力者・悪魔の下目使い(以下下目使い)とヨシオ族最強・殺意のヨシオ(以下殺意)による物騒な風船コンビ。

・『15人目の神様』は第2回大会覇者・15人目の天才(以下天才)と同大会クソザコ・Dr.神様(以下神様)による不安定な凸凹コンビ。チームカラーの関係で緑色(苔ではない)

◯戦評

・下目使いを狙った天才の横スマが神様にもヒット、巨躯が乱戦には不向きと察したか天才が二人を相手に空中戦を繰り広げている下でパンチを溜め、下目使いが天才を飛ばした後隙にジャイアントパンチを叩き込みバースト、天才も復帰の上Bでハイタッチ。

・天才が殺意のはたく後隙を横スマで仕留め優位に立つが神様の下スマに巻き込まれバースト。重さで粘っていた神様だが台上の乱戦を下目使いがリフト上から横スマでようやくバースト。ストック3で並ぶが空上で飛び上がった下目使いを神様が台上から下スマで仕留める。ゴリアピも決めるがウザ過ぎたのか天才に上Bで叩かれ、続け様の上Bでアフォックスを決めるも、予想外過ぎたのかP(ピー)がコレを見逃してしまい、某戦芸人ですらなしえなかったアフォックススルーを達成する。

・伝統芸能をよそに乱戦は続き、神様を狙った下目使いの下強に巻き込まれ殺意がバースト、神様がマキシムトマトを取り盤石かと思われたが、ここで下目使いがハンマーを手にし器用に相手だけを仕留めて形勢逆転。天才が神様に当てたタルから出てきたビームソードを殺意が手にしてパーセントをみるみる稼いでいき、横スマで遂に天才のストックを奪い切る。各ストック2で2VS1という圧倒的優勢。

・ビームソードと相撃ちで神様が殺意を倒し、そのまま下目使いを狙うがギリギリで躱され、復活した殺意に飛ばされてバースト。だが何を思ったのか殺意がタルを下目使いにブチ当ててバースト、どうみても確信犯な上にアピールまで決めて溢れ出る殺意を見せ付け各ストック1で最終局面へ。

・早めに1VS1へ持ち込みたい神様だが下目使いのコピージャイアントパンチ(声がかわいい)も喰らって厳しい状況。ここで殺意の投げたタルを下目使いがストーンで破壊し中からハンマー出現、ストーン中の下目使いでは取れず神様が入手して下目使いを吹っ飛ばすがバーストには足りず、殺意は上空へ退避。風船コンビが多段ジャンプで逃げる中、神様はジャンプもせず地上でハンマーを振り続ける。しかし多段ジャンプも有限、焦りもあったのか高度が落ちた殺意をハンマーが襲い、そのままジャンプで下目使いも叩き飛ばし、まとめてバースト。後に「神の鉄槌」と語り継がれる。

・下目使いが4撃墜で殺意が3撃墜(共に同士討ち1含む)、天才が1撃墜しか稼げず(加えて1自滅)神様だけで6撃墜(同士討ち1含む)、勝敗予想アンケでは人気もあってか殺意の悪魔が圧倒していたが結果は互角の闘い。それだけに自滅や同士討ちが悔やまれると言えよう。

・天才の活躍が薄かったが、つまりこのチームはまだ力を残しているとも言える。お荷物かと思われていた神様が今後も躍進すると手が付けられないチームになりそうだが、クソザコの称号持ちである事も忘れてはいけない。


前←1回戦第2試合        戦評トップ        1回戦第4試合→次

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する