第3回大会Hブロック第6試合(KI- LU)

ページ名:3ーHー6
2017.06.14       1P                                   2P

悪魔の下目使い  (KI)

1勝0敗(残1)

VS

巨大天使マックス  (LU)

1勝1敗(残2)

 ステージ:プププランド   アイテム:ミドル   ストック:4

4 ストック数推移 4
3    
2    
    3
    2
1    
    1
    0

WIN

結果

LOSE

動画→http://www.nicovideo.jp/watch/sm31394534

 

◯戦評

「天使vs悪魔」というやけに壮大なマッチアップ。

序盤2Pが空中攻撃を中心に%を稼ぎ試合をリードしていくと、右台に出現したビームソードを「取りたい取れない」している1Pを横目にビームソード入手、空上からの下Bのコンボで早くも1ストックを奪う。

その後も2Pが上Bファイナルカッターの後隙を的確に突いたりと試合を優勢に進めると、今度は落下しながら1Pの空中ジャンプに上Bを合わせる好プレーで2ストック目を奪う。「あれを直に当てるのは天才か!?」…しかし直後ダッシュで1Pが仕掛けていたモーションに突っ込み自滅。「バカだった」

右台下のビームソードに1Pがまたしても「取れない取れない」発動。結局2Pに隣にあったトマトごと取られ、また後のバーンナックコンボを試みるもカス当たりに終わる。その後スター状態となった1Pだが連続ステップで応戦する2Pにダメージを与えられず終了。

アイテムをうまく活かせず空回りする1Pの様子に2Pの勝利で決まりかと思われたのも束の間、2Pが中央台下の1Pに向かってボム兵を投擲し自滅。余裕を見せたとも捉えられかねない2Pの行動に、実況も当時頻発した舐めプに苦言を呈す。

ストック2-2、一進一退の攻防の末にお互い100%超えとなると2Pがファイナルカッターの後隙を上強で刈り取り膠着状態を破る。

しかし今度は1Pが斜め下ベクトルの下強で2Pを場外に吹っ飛ばすと、1Pが場外にタルを投げて復帰距離が足りず落ちてゆく2Pに悪魔のダメ押しを敢行(未遂)。ここにきて恐ろしい一面を魅せる1P。

ストック1-1で両者並ぶと、2Pが上Bの直当てを皮切りに反撃に出る。エンジンマックスの勢いのまま%を稼ぐが、1Pがトマトを回収して振り出しに。

めげずにレイガンで5コンボを決めるも最後の詰めが甘い。「そこ下手なんだ」

1Pが2Pを吸い込んだ状態でバンパーに当たり射出される両者。お互いの%もあって謎の緊張感あふれる1シーンに。

1Pがタルを抱えたところに2Pがファイアボールを当てると何故かタルが直立、「不動のタル」発動。お互い100%超の緊張感にあてられてか?

そんなこんなで序盤の優勢さが一転、1Pの前投げにより窮地に立たされる2P。何とか復帰し1Pのストーンの後隙に最後の希望であるモンスターボールを投げるも、出たのはラッキー。最後の最後で天に見放された2Pを1Pが横スマッシュで葬り決着、勝利の女神が悪魔に微笑む形となった。

 

2Pの2回もの自滅は直前の相手に影響されたのだろうか。何にせよ舐めプはよくない。

 


前← Hブロック第5試合     戦評トップ      Hブロック第7試合 →次

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する