地上最強のチェマ (LU)(2018-02-25 04:17:32)

地上最強のチェマ (LU)の編集履歴一覧へ戻る

2018-02-25 04:17:32更新でのソースとプレビューを表示しています。
この内容に復元したい場合は、「この内容に復元する」ボタンを押してください。


プレビューを確認する


ソース

<h3><span class="uk-text-bold">地上最強のチェマ</span></h3>

<p class="uk-text-center"><img src="https://img.wiki3.jp/cpu_64/チェマ.jpg" style="width: 360px; height: 317px;" /></p>

<p class="uk-text-center"><span class="uk-text-bold"><em>Illust</em></span>:せわいお さん<br />
素敵なイラストありがとうございます!</p>

<div class="uk-overflow-container">
<table class="uk-table">
	<caption>profile</caption>
	<tbody>
		<tr>
			<td>キャラクター</td>
			<td colspan="3">ルイージ</td>
		</tr>
		<tr>
			<td>カラー</td>
			<td>第3回~:<span class="tc_lime">緑(デフォルト)</span></td>
			<td rowspan="1">CPUレベル:9</td>
			<td rowspan="1">Lv.9</td>
		</tr>
		<tr>
			<td>立ち絵</td>
			<td colspan="3">幻想杯:振り向き、第10回:その場起き上がり</td>
		</tr>
		<tr>
			<td>掛け声</td>
			<td colspan="3">第10回:箱(タル)持ち上げ時</td>
		</tr>
		<tr>
			<td>●出場記録</td>
			<td colspan="3">◯成績</td>
		</tr>
		<tr>
			<td>[[第3回大会]]</td>
			<td colspan="3">
			<p>予選:2勝3敗(残スト5) Eブロック4位敗退</p>

			<p>ベスト32</p>
			</td>
		</tr>
		<tr>
			<td>[[第1回幻想杯]]</td>
			<td colspan="3">ベスト16 (2回戦敗退)</td>
		</tr>
		<tr>
			<td>[[第10回大会]]</td>
			<td colspan="3">
			<p>予選:3勝2敗 (残スト5) Eブロック3位通過</p>

			<p>決勝トナメ:???</p>
			</td>
		</tr>
	</tbody>
</table>
</div>

<h3><span class="uk-text-bold">P(ピー)「上スマ!?位置がよすぎる地上最強かこれは」</span></h3>

<p>第3回大会から出場。第1回幻想杯での肩書きは「地上でのみ最強」</p>

<p>「地上最強」と言いつつも後述の経緯から「<span class="uk-text-bold">隠れすぎた名勝負師</span>」とか「<span class="uk-text-bold">地に足が付けば最強?</span>」(過去の登場人物ページの一言紹介より)と評価されてきた、<a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/73">[世界第1位]ゲン</a>や<a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/54">王者の申し子アルバロ</a>らに並ぶ<span class="uk-text-bold">名前負け勢</span>と言われた選手のひとり。<br />
しかしその活躍がじわじわと見直され、「名前負け」の汚名返上が期待されている選手である。</p>

<p>空中戦が得意なルイージ勢の中では珍しく、<span class="uk-text-bold">地上戦</span>をアイデンティティとする一風変わった戦闘スタイルを誇る。</p>

<hr />
<div class="region_area">
<h3 class="region_switch"><span class="uk-text-bold"><span class="region_open">第3回 隠れすぎた名勝負師 +</span></span><span class="uk-text-bold"><span class="region_close uk-hidden">第3回 隠れすぎた名勝負師 -</span></span></h3>

<div class="region_content uk-hidden">
<p>初戦こそは好成績での勝利を収めたもののそこから3連敗を喫し、最終戦を待たずして予選敗退が決定してしまった。<br />
結果こそ出せなかったが、ある意味CPUトナメ最大級の大接戦にもつれ込んだvs<a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/78">黒きBlack Joker</a>戦、巧みな間合い管理やテクニックを見せたvs<a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/41">☆爆走戦士エルバン</a>戦と名勝負が多い。</p>

<p>しかしながら目立った印象が無かったのかチェマの注目度は低く、当時多くの視聴者の視線はおなじみ<a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/27">灼熱のレイア</a>・そしてチェマと同じく第3回予選敗退だがその名前で人気を博し“いぶし銀”の活躍をしてみせた<a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/17">一番繊細な部長</a>の2名に注がれていた。そういった経緯もあり数々のアンケートで票を得ることができず、第6回大会では<a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/92">名前が長すぎる新人</a>に出番を奪われた。こうしてチェマは活躍の機会に恵まれないまま地に埋もれる一方であった。</p>

<p>余談だが、あくまで”地上最強”なため、宙に浮いているプププランド固定の第3回ルールでは実力を発揮できなかったという説がある。</p>
</div>
</div>

<hr />
<div class="region_area">
<h3 class="region_switch"><span class="uk-text-bold"><span class="region_open">幻想杯 地味に活躍 +</span><span class="region_close uk-hidden">幻想杯 地味に活躍 -</span></span></h3>

<div class="region_content uk-hidden">
<p>影の薄い選手たちを集めた幻想杯が開催され、チェマは久しぶりの大会出場となった。初戦の相手は[[[世界第1位]ゲン>世界第1位ゲン]]。名前と実力が一致していない同士の対決。相変わらず地味な立ち回りではあったが、要所で的確に地上技を振ったり、試合後半に灼熱昇竜を2連続で当てたりするなどブランクを感じさせない戦いぶりで勝利。2回戦に駒を進める。</p>

<p>しかし、幻想杯出場者の中でも屈指の実力者[[例の黒光]]に終始リードされ敗退、残念ながら出場機会を活かせなかった。</p>

<p>だが影の薄い選手にスポットを当てるという大会のコンセプトが功を奏してか、かつてのチェマの活躍が<del>やっぱり地味なところも含めて</del>少しずつ再確認されていった。そして今大会で曲がりなりにもファルコン勢から白星を挙げたことで、チェマを実力者として評価する声も増え始めた。</p>
</div>
</div>

<hr />
<p>第8回大会でも票を得ることができず、レベル8の新人[[最果てのスケベ心]]に出番を譲ることに。<br />
しかし結果的に[[巨大天使マックス]]のように同カラーのスター選手が現れることはなく、以後の活躍が見込めなくなってしまった同期よりはまだ再登場の見込みはあるとされていた。</p>

<p>すると本Wikiにて開催された<a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/380">非公式人気投票の「蜘蛛の糸」部門</a>で<span class="uk-text-bold">堂々の1位</span>を獲得。またヨシオ杯の生放送では、次の大会に出られるような発言がP(ピー)本人から出るなど、人気がじわじわ伸び始める。</p>

<p>時間をかけて地中から湧き上がってきたチェマの人気は、とうとう幻想を超えて現実を揺るがすものとなった。</p>

<hr />
<h3><span class="uk-text-bold">第10回 復活のチェマ</span></h3>

<p>第10回出場者決め生放送において最果てのスケベ心との一騎打ちを制し参戦が決定。実に初登場の第3回以来のナンバリング大会への出場となった。<span class="tc_darkgray">アナキンはアンケすらさせてもらえなかった</span></p>

<p>そして予選ブロックは第3回と同じくEブロックから参加。他全員がメダル持ちの死のブロックに入ってしまった。<a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/12">あの時の栄冠を手にした同期</a>や<a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/94">一足先に幻想から抜け出した超新星</a>達を擁するこのブロックで、地の底から這い上がってきたチェマは果たしてその名を表すことができるのだろうか…?</p>

<div class="region_area">
<h3 class="region_switch"><span class="region_open">予選 試合内容 +</span><span class="region_close uk-hidden">予選 試合内容 -</span></h3>

<div class="region_content uk-hidden">
<p><span class="uk-text-bold">初戦</span>の相手は同期且つ優勝者の[[煙草マスターの子]]。序盤は劣勢だったがハンマーと回復を取り逆転。そして後ろ投げとジャンプ狩り空前で一瞬でラスト2ストックを奪いの勝利。下馬評では比較的チェマが安牌とされてきたEブロックがさらなる混沌を生み出すこととなった。</p>

<p><span class="uk-text-bold">2戦目</span>も[[切れた脇役]]相手に2ストック残しで勝利。第8回のポット1メンバー相手に2回連続で2ストック残し勝利をするという大番狂わせを起こした。<span class="tc_gainsboro">そういえば第8回にも<a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/55">そんな奴</a>いましたね…</span></p>

<p><span class="uk-text-bold">3戦目</span>はデビュー戦で勝利を収めた[[20人目の味方殺し]]。ステージは自身にとって相性最悪のピーチ城上空となってしまう。しかもこの試合ではハンマーと回復を2個も取られる不運に見舞われリベンジされてしまった。残り2試合はともに最強格の相手のため予選突破に陰りが出てきてしまった。<br />
……と思いきや、翌日の試合で[[煙草マスターの子]]が<a href="https://wiki3.jp/cpu_64/name/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88">ÅライムライトÅ</a>に敗北。この時点でライムライト・ポイゾネ共々<span class="uk-text-bold">予選通過が確定した</span>(あくまで4位以上ではあるが)。</p>

<p><span class="uk-text-bold">4戦目</span>はルイージ勢が苦手とするネス勢の一角にしてレベル8、<a href="https://wiki3.jp/cpu_64/name/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88">ÅライムライトÅ</a>といにしえの王国で戦うことに。<br />
試合序盤、中央のリフトに出現したハンマーを取りPOWブロックまで起動させるテクニックを見せる。<br />
……が、そのままリフトと一緒に穴に落ちてしまった。<del>そこには地上はない</del><br />
空中後ろA裏当てで3ストック同士に持ち込むが、相性もあってかステージ上の攻防ではライムライトに押されてしまい、<br />
土管の上に出現した<span class="uk-text-bold">ボム兵を取る前に</span><span class="uk-text-bold"><span class="uk-text-bold">パ</span>ックンに起爆される</span>事故に遭う。<br />
それでも最後まで食らいつき、ライムライトがチェマ以上に事故を起こした結果1ストック差で勝利することができた。</p>
</div>
</div>

<hr />
<p>チェマの試合はいかに自身の持ち味である<span class="uk-text-bold">地上戦</span>に持ち込めるかが見所ではあるが、結局ルイージ勢得意の空中殺法にシフトチェンジすることも少なくない。そんな勝利とアイデンティティとの狭間で揺らぐ姿こそがチェマの魅力なのかもしれない。</p>

<p>他にも相手の攻撃や復帰軌道を読みきったかのような動きを見せることがあり、「<span class="uk-text-bold">見切りのチェマ</span>」として密かに評価されている。</p>

<p>そして第10回大会に参戦したことで今まで以上に注目を浴びるチェマだが、やはりあちらこちらで「<span class="uk-text-bold">地味</span>」という評価が付きまとっていることが確認できる。<br />
しかしながら「地味」という評価はある意味「<span class="uk-text-success">ルイージ</span>」というキャラの要素の一つであり、各々の強烈な個性そして(良くも悪くも)実績から比較的記憶に残りやすいメンツが揃うルイージ勢の中で、“おるすばん”・“脇役”・”<span class="uk-text-bold"><span class="uk-text-success">緑のヒゲ</span></span>”といったワードが似合うチェマはある意味貴重な存在であると思われる。<br />
<span class="uk-text-muted">L「じみーズ」⇔M「ベストカップルズ」</span></p>

<p>半端な強さだけが個性だと<a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/74">_______</a>と同じ轍を踏むことになりかねない。<br />
同カラーの<a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/92">◎ANAKINSUKAIWOOKAA☆彡</a>はヨシオ杯に選出されるほどの弱さ、[[最果てのスケベ心]]はイロモノ枠として個性を表してきた中で、現状比較的マトモ(実力者)枠とされているチェマは今後どのような個性を獲得するのだろうか。</p>

<hr />
<p>ちなみに本来はPと生放送の視聴者の満場一致の意見により白カラーとなる予定だったが、その後巨大天使マックスが誕生したことで『天使は白じゃね?』という視聴者の意見からマックスが白カラーとなり、チェマは緑色となった。<del>まさかこんな些細なことが後に二人の出番の格差を左右するとは露程も思わなかっただろう</del></p>

<h3>◯全試合記録</h3>

<div class="uk-overflow-container">
<table class="uk-table">
	<tbody>
		<tr>
			<td><span class="uk-text-bold">対戦相手</span></td>
			<td colspan="2"><span class="uk-text-bold">大会</span></td>
			<td><span class="uk-text-bold">対戦ステージ</span></td>
			<td>勝敗</td>
		</tr>
		<tr>
			<td><a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/80">20人目の味方殺し</a></td>
			<td rowspan="5">第3回(予選)</td>
			<td><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm31281778">第1試合</a></td>
			<td rowspan="5">プププランド</td>
			<td>②</td>
		</tr>
		<tr>
			<td><a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/41">☆爆走戦士エルバン</a></td>
			<td><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm31330322">第2試合</a></td>
			<td>❷</td>
		</tr>
		<tr>
			<td><a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/78">ξ黒きBlack Joker</a></td>
			<td><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm31427948">第3試合</a></td>
			<td>❶</td>
		</tr>
		<tr>
			<td><a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/54">王者の申し子アルバロ</a></td>
			<td><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm31525575">第4試合</a></td>
			<td>❷</td>
		</tr>
		<tr>
			<td><a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/68">奇跡のヨシオ</a></td>
			<td><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm31602580">第5試合</a></td>
			<td>③</td>
		</tr>
		<tr>
			<td><a href="https://wiki3.jp/cpu_64/name/%E4%B8%96%E7%95%8C%E7%AC%AC1%E4%BD%8D%E3%82%B2%E3%83%B3">[世界第1位]ゲン</a></td>
			<td colspan="2" rowspan="1"><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm33297097">第1回幻想杯(1回戦)</a></td>
			<td rowspan="1">コンゴジャングル</td>
			<td>①</td>
		</tr>
		<tr>
			<td><a href="http://wiki3.jp/cpu_64/page/37">例の黒光</a></td>
			<td colspan="2"><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm33327722">第1回幻想杯(2回戦)</a></td>
			<td>惑星ゼーベス</td>
			<td>❷</td>
		</tr>
		<tr>
			<td>[[煙草マスターの子]]</td>
			<td rowspan="5">第10回(予選)</td>
			<td><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm35312706">第1試合</a></td>
			<td>プププランド</td>
			<td>②</td>
		</tr>
		<tr>
			<td>[[切れた脇役]]</td>
			<td><a href="https://www.nicovideo.jp/watch/sm35417757">第2試合</a></td>
			<td>ハイラル城</td>
			<td>②</td>
		</tr>
		<tr>
			<td>[[20人目の味方殺し]]</td>
			<td><a href="https://www.nicovideo.jp/watch/sm35502530">第3試合</a></td>
			<td>ピーチ城上空</td>
			<td>❶</td>
		</tr>
		<tr>
			<td>[[ÅライムライトÅ>ライムライト]]</td>
			<td><a href="https://www.nicovideo.jp/watch/sm35665806">第4試合</a></td>
			<td>いにしえの王国</td>
			<td>①</td>
		</tr>
		<tr>
			<td>[[紅きポイゾネサスくん]]</td>
			<td><a href="https://www.nicovideo.jp/watch/sm35756928">第5試合</a></td>
			<td>セクターZ</td>
			<td>❶</td>
		</tr>
		<tr>
			<td> </td>
			<td colspan="2">通算</td>
			<td> </td>
			<td>6勝6敗</td>
		</tr>
	</tbody>
</table>
</div>

<p> </p>

<hr />
<p><span class="uk-text-bold">twitter</span>→<a href="https://twitter.com/saikyou_chema">https://twitter.com/saikyou_chema</a></p>

<p><span class="tc_tomato">※あくまで個人が運営しているなりきりアカウントです。公式設定ではありません。</span></p>
}

プレビュー

地上最強のチェマ

Illust:せわいお さん
素敵なイラストありがとうございます!

profile
キャラクター ルイージ
カラー 第3回~:緑(デフォルト) CPUレベル:9 Lv.9
立ち絵 幻想杯:振り向き、第10回:その場起き上がり
掛け声 第10回:箱(タル)持ち上げ時
●出場記録 ◯成績
第3回大会

予選:2勝3敗(残スト5) Eブロック4位敗退

ベスト32

第1回幻想杯 ベスト16 (2回戦敗退)
第10回大会

予選:3勝2敗 (残スト5) Eブロック3位通過

決勝トナメ:???

P(ピー)「上スマ!?位置がよすぎる地上最強かこれは」

第3回大会から出場。第1回幻想杯での肩書きは「地上でのみ最強」

「地上最強」と言いつつも後述の経緯から「隠れすぎた名勝負師」とか「地に足が付けば最強?」(過去の登場人物ページの一言紹介より)と評価されてきた、[世界第1位]ゲン王者の申し子アルバロらに並ぶ名前負け勢と言われた選手のひとり。
しかしその活躍がじわじわと見直され、「名前負け」の汚名返上が期待されている選手である。

空中戦が得意なルイージ勢の中では珍しく、地上戦をアイデンティティとする一風変わった戦闘スタイルを誇る。


第3回 隠れすぎた名勝負師 +第3回 隠れすぎた名勝負師 -

初戦こそは好成績での勝利を収めたもののそこから3連敗を喫し、最終戦を待たずして予選敗退が決定してしまった。
結果こそ出せなかったが、ある意味CPUトナメ最大級の大接戦にもつれ込んだvs黒きBlack Joker戦、巧みな間合い管理やテクニックを見せたvs☆爆走戦士エルバン戦と名勝負が多い。

しかしながら目立った印象が無かったのかチェマの注目度は低く、当時多くの視聴者の視線はおなじみ灼熱のレイア・そしてチェマと同じく第3回予選敗退だがその名前で人気を博し“いぶし銀”の活躍をしてみせた一番繊細な部長の2名に注がれていた。そういった経緯もあり数々のアンケートで票を得ることができず、第6回大会では名前が長すぎる新人に出番を奪われた。こうしてチェマは活躍の機会に恵まれないまま地に埋もれる一方であった。

余談だが、あくまで”地上最強”なため、宙に浮いているプププランド固定の第3回ルールでは実力を発揮できなかったという説がある。


幻想杯 地味に活躍 +幻想杯 地味に活躍 -

影の薄い選手たちを集めた幻想杯が開催され、チェマは久しぶりの大会出場となった。初戦の相手は[世界第1位]ゲン。名前と実力が一致していない同士の対決。相変わらず地味な立ち回りではあったが、要所で的確に地上技を振ったり、試合後半に灼熱昇竜を2連続で当てたりするなどブランクを感じさせない戦いぶりで勝利。2回戦に駒を進める。

しかし、幻想杯出場者の中でも屈指の実力者例の黒光に終始リードされ敗退、残念ながら出場機会を活かせなかった。

だが影の薄い選手にスポットを当てるという大会のコンセプトが功を奏してか、かつてのチェマの活躍がやっぱり地味なところも含めて少しずつ再確認されていった。そして今大会で曲がりなりにもファルコン勢から白星を挙げたことで、チェマを実力者として評価する声も増え始めた。


第8回大会でも票を得ることができず、レベル8の新人最果てのスケベ心に出番を譲ることに。
しかし結果的に巨大天使マックスのように同カラーのスター選手が現れることはなく、以後の活躍が見込めなくなってしまった同期よりはまだ再登場の見込みはあるとされていた。

すると本Wikiにて開催された非公式人気投票の「蜘蛛の糸」部門堂々の1位を獲得。またヨシオ杯の生放送では、次の大会に出られるような発言がP(ピー)本人から出るなど、人気がじわじわ伸び始める。

時間をかけて地中から湧き上がってきたチェマの人気は、とうとう幻想を超えて現実を揺るがすものとなった。


第10回 復活のチェマ

第10回出場者決め生放送において最果てのスケベ心との一騎打ちを制し参戦が決定。実に初登場の第3回以来のナンバリング大会への出場となった。アナキンはアンケすらさせてもらえなかった

そして予選ブロックは第3回と同じくEブロックから参加。他全員がメダル持ちの死のブロックに入ってしまった。あの時の栄冠を手にした同期一足先に幻想から抜け出した超新星達を擁するこのブロックで、地の底から這い上がってきたチェマは果たしてその名を表すことができるのだろうか…?

予選 試合内容 +予選 試合内容 -

初戦の相手は同期且つ優勝者の煙草マスターの子。序盤は劣勢だったがハンマーと回復を取り逆転。そして後ろ投げとジャンプ狩り空前で一瞬でラスト2ストックを奪いの勝利。下馬評では比較的チェマが安牌とされてきたEブロックがさらなる混沌を生み出すこととなった。

2戦目切れた脇役相手に2ストック残しで勝利。第8回のポット1メンバー相手に2回連続で2ストック残し勝利をするという大番狂わせを起こした。そういえば第8回にもそんな奴いましたね…

3戦目はデビュー戦で勝利を収めた20人目の味方殺し。ステージは自身にとって相性最悪のピーチ城上空となってしまう。しかもこの試合ではハンマーと回復を2個も取られる不運に見舞われリベンジされてしまった。残り2試合はともに最強格の相手のため予選突破に陰りが出てきてしまった。
……と思いきや、翌日の試合で煙草マスターの子ÅライムライトÅに敗北。この時点でライムライト・ポイゾネ共々予選通過が確定した(あくまで4位以上ではあるが)。

4戦目はルイージ勢が苦手とするネス勢の一角にしてレベル8、ÅライムライトÅといにしえの王国で戦うことに。
試合序盤、中央のリフトに出現したハンマーを取りPOWブロックまで起動させるテクニックを見せる。
……が、そのままリフトと一緒に穴に落ちてしまった。そこには地上はない
空中後ろA裏当てで3ストック同士に持ち込むが、相性もあってかステージ上の攻防ではライムライトに押されてしまい、
土管の上に出現したボム兵を取る前にックンに起爆される事故に遭う。
それでも最後まで食らいつき、ライムライトがチェマ以上に事故を起こした結果1ストック差で勝利することができた。


チェマの試合はいかに自身の持ち味である地上戦に持ち込めるかが見所ではあるが、結局ルイージ勢得意の空中殺法にシフトチェンジすることも少なくない。そんな勝利とアイデンティティとの狭間で揺らぐ姿こそがチェマの魅力なのかもしれない。

他にも相手の攻撃や復帰軌道を読みきったかのような動きを見せることがあり、「見切りのチェマ」として密かに評価されている。

そして第10回大会に参戦したことで今まで以上に注目を浴びるチェマだが、やはりあちらこちらで「地味」という評価が付きまとっていることが確認できる。
しかしながら「地味」という評価はある意味「ルイージ」というキャラの要素の一つであり、各々の強烈な個性そして(良くも悪くも)実績から比較的記憶に残りやすいメンツが揃うルイージ勢の中で、“おるすばん”・“脇役”・”緑のヒゲ”といったワードが似合うチェマはある意味貴重な存在であると思われる。
L「じみーズ」⇔M「ベストカップルズ」

半端な強さだけが個性だと_______と同じ轍を踏むことになりかねない。
同カラーの◎ANAKINSUKAIWOOKAA☆彡はヨシオ杯に選出されるほどの弱さ、最果てのスケベ心はイロモノ枠として個性を表してきた中で、現状比較的マトモ(実力者)枠とされているチェマは今後どのような個性を獲得するのだろうか。


ちなみに本来はPと生放送の視聴者の満場一致の意見により白カラーとなる予定だったが、その後巨大天使マックスが誕生したことで『天使は白じゃね?』という視聴者の意見からマックスが白カラーとなり、チェマは緑色となった。まさかこんな些細なことが後に二人の出番の格差を左右するとは露程も思わなかっただろう

◯全試合記録

対戦相手 大会 対戦ステージ 勝敗
20人目の味方殺し 第3回(予選) 第1試合 プププランド
☆爆走戦士エルバン 第2試合
ξ黒きBlack Joker 第3試合
王者の申し子アルバロ 第4試合
奇跡のヨシオ 第5試合
[世界第1位]ゲン 第1回幻想杯(1回戦) コンゴジャングル
例の黒光 第1回幻想杯(2回戦) 惑星ゼーベス
煙草マスターの子 第10回(予選) 第1試合 プププランド
切れた脇役 第2試合 ハイラル城
20人目の味方殺し 第3試合 ピーチ城上空
ÅライムライトÅ 第4試合 いにしえの王国
紅きポイゾネサスくん 第5試合 セクターZ
  通算   6勝6敗

 


twitterhttps://twitter.com/saikyou_chema

※あくまで個人が運営しているなりきりアカウントです。公式設定ではありません。


ソースを確認する


地上最強のチェマ (LU)の編集履歴一覧へ戻る