∩操られたティーダ★ミ (DK)(2019-01-14 20:51:41)

∩操られたティーダ★ミ (DK)の編集履歴一覧へ戻る

2019-01-14 20:51:41更新でのソースとプレビューを表示しています。
この内容に復元したい場合は、「この内容に復元する」ボタンを押してください。


プレビューを確認する


ソース

<h3><span class="uk-text-bold">∩操られたティーダ★ミ</span></h3>

<p class="uk-text-center"><span>[#random_img(ティーダ_re.jpg,さる.jpg)]</span></p>

<p class="uk-text-center"><a href="https://img.wiki3.jp/cpu_64/ティーダ.jpg"><span class="uk-text-bold"><em>Illust1</em></span></a>:せわいお さん<br />
<a href="https://img.wiki3.jp/cpu_64/さる.jpg"><em><span class="uk-text-bold">Illust2</span></em></a>:もみじまんじゅう さん<br />
素敵なイラストありがとうございます!</p>

<div class="uk-overflow-container">
<table class="uk-table">
	<caption>profile</caption>
	<tbody>
		<tr>
			<td>キャラクター</td>
			<td colspan="3">ドンキーコング</td>
		</tr>
		<tr>
			<td>カラー</td>
			<td>第1回、第1回幻想杯:<span class="tc_sienna">茶(デフォルト)  <span class="tc_black">第3回:黒</span></span></td>
			<td>CPUレベル</td>
			<td>Lv.9</td>
		</tr>
		<tr>
			<td>●出場記録</td>
			<td colspan="3">◯成績</td>
		</tr>
		<tr>
			<td>[[第1回大会]]</td>
			<td colspan="3">ベスト8 (2回戦敗退)</td>
		</tr>
		<tr>
			<td>[[第3回大会]]</td>
			<td colspan="3">
			<p>予選:1勝4敗(残スト2) Gブロック5位敗退</p>

			<p>ベスト40</p>
			</td>
		</tr>
		<tr>
			<td>[[第1回幻想杯]]</td>
			<td colspan="3">
			<p>ベスト19 (1回戦敗退)</p>

			<p>最弱決定戦:勝利</p>
			</td>
		</tr>
	</tbody>
</table>
</div>

<h3><span class="uk-text-bold">P(ピー)「最初からやれ」</span></h3>

<p>[[第1回大会]]から登場のドンキー最古参。その名前ゆえか、自滅などの醜態を晒しても視聴者からは「操られてるから仕方ない」と許され(諦められ?)ることが多い。第3回では黒カラーであったが、デフォルトカラーが本来の姿らしく幻想杯では第1回同様デフォルトカラーで参加した。</p>

<p>第1回では2回戦から登場し、記念すべき初戦で[[灼熱のレイア]]と対決。惑星ゼーベスのステージギミックの兼ね合いもあり途中まではリードするものの地力で劣り敗北。</p>

<p>[[第3回大会]]はGブロックからの出場。初戦で[[幼き弟のソーセージ]]を破り、これがCPUトナメシリーズにおけるドンキー勢の初勝利となった。この時の動きは非常によく、視聴者からも「古参勢はみんな強い(ヨシオ除く)」と褒められていた…がその後はあの[[ヨシオくん]]にも敗れるなど4連敗で予選敗退。以降長きに渡り大会に呼ばれていなかった。</p>

<p>第1回出場組で[[第6回大会]]に出場できなかったのはティーダと[[♀幻のギルティースMkⅡ>幻のギルティースMkⅡ]]のみ。第1回の選手はそのキャラを代表するほど人気になったり、そうでなくとも2番手3番手あるいはネタ枠として強い個性を発揮しているが、この2名は最古参にも関わらずとにかく影が薄い。♀はハートフルアフォックスや姐御キャラとして話題に上ることはあるものの、ティーダの場合はヨシオくんに敗北したこと以外特に目立ったネタもないことからより際立っている。但し、ある事情で再び注目が集まりつつある(後述)。</p>

<p>「影が薄い奴らを集める」というコンセプトをもとに開催された[[幻想杯>第1回幻想杯]]で久々に出場を果たす。逆シードとなり初戦で[[揺るぎなきたまたま]]と対決。久々の大会出場ながらいい動きを見せていたのだが、ピーチ城上空のギミックであるバンパーにひたすらバーストの邪魔をされる不運に見舞われ、落とせるところで落とせなかったこと、そしてやらかしてしまった自滅が響き敗退してしまった。</p>

<p>幻想杯でも行われる最弱決定戦。ドンキー勢ではキング・オブ・妖魔が最有力と思われていたが、ティーダが参戦となった。意外にもいい<del>操られ方</del>動きで的確にバーストしていき見事1位となった。</p>

<hr />
<p>第8回大会時点において<span class="uk-text-bold">タイマンでヨシオくんに敗れた唯一の選手</span>である。<br />
一方で[[紅きポイゾネサスくん]]に勝利したソーセージに勝利した経歴があることから、<span class="uk-text-bold">ソーセージチェーン</span>(用語集参照)<span class="uk-text-bold">理論</span>に於いて<span class="uk-text-bold">ヨシオくんが最強選手であることを証明するたたき台として</span>名前が挙がることが多い。</p>

<p>最古参勢の例に漏れずキャラ名ジェネレータにて出力された名称をそのまま使用している。やたらと記号が付いた名前が出力されたが、星がおちゃめだからという理由でティーダが採用された。<br />
名前の頭文字「∩」は集合における積(AND)の意味である「且つ」を表す。CPUトナメではこういった頭や末尾についている記号は基本的に読まれない。</p>

<h3>◯全試合記録</h3>

<div class="uk-overflow-container">
<table class="uk-table">
	<tbody>
		<tr>
			<td><span class="uk-text-bold">対戦相手</span></td>
			<td colspan="2"><span class="uk-text-bold">大会</span></td>
			<td><span class="uk-text-bold">対戦ステージ</span></td>
			<td><span class="uk-text-bold">勝敗</span></td>
		</tr>
		<tr>
			<td><a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/27">灼熱のレイア</a></td>
			<td colspan="2"><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm23971988">第1回(2回戦)</a></td>
			<td>惑星ゼーベス</td>
			<td>❶</td>
		</tr>
		<tr>
			<td><a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/49">幼き弟のソーセージ</a></td>
			<td rowspan="5">第3回(予選)</td>
			<td><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm31295771">第1試合</a></td>
			<td rowspan="5">プププランド</td>
			<td>②</td>
		</tr>
		<tr>
			<td><a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/35">紅きポイゾネサスくん</a></td>
			<td><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm31389187">第2試合</a></td>
			<td>❶</td>
		</tr>
		<tr>
			<td><a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/86">天空の虫使いアントン</a></td>
			<td><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm31438029">第3試合</a></td>
			<td>❷</td>
		</tr>
		<tr>
			<td><a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/19">ヨシオくん</a></td>
			<td><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm31539778">第4試合</a></td>
			<td>❶</td>
		</tr>
		<tr>
			<td><a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/74">幻想の兄コージ</a></td>
			<td><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm31620261">第5試合</a></td>
			<td>❷</td>
		</tr>
		<tr>
			<td>[[揺るぎなきたまたま]]</td>
			<td colspan="2" rowspan="1"><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm33292256">第1回幻想杯(1回戦)</a></td>
			<td rowspan="1">ピーチ城上空</td>
			<td>❷</td>
		</tr>
		<tr>
			<td>
			<p>[[奇跡のヨシオ]]</p>

			<p>[[王者の申し子アルバロ]]</p>

			<p>[[永遠のエース]]</p>
			</td>
			<td colspan="2"><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm33393545">第1回幻想杯(最弱決定戦)</a></td>
			<td>プププランド</td>
			<td><span class="uk-text-bold">1位</span></td>
		</tr>
		<tr>
			<td><a href="http://wiki3.jp/cpu_64/page/92">◎ANAKINSUKAIWOOKAA☆彡</a></td>
			<td colspan="2">第1回ヨシオ杯(1回戦)</td>
			<td>プププランド</td>
			<td> </td>
		</tr>
		<tr>
			<td> </td>
			<td colspan="2"><span class="uk-text-bold">通算</span></td>
			<td> </td>
			<td>1勝6敗</td>
		</tr>
	</tbody>
</table>
</div>

<p> </p>
}

プレビュー

∩操られたティーダ★ミ

Illust1:せわいお さん
Illust2:もみじまんじゅう さん
素敵なイラストありがとうございます!

profile
キャラクター ドンキーコング
カラー 第1回、第1回幻想杯:茶(デフォルト)  第3回:黒 CPUレベル Lv.9
●出場記録 ◯成績
第1回大会 ベスト8 (2回戦敗退)
第3回大会

予選:1勝4敗(残スト2) Gブロック5位敗退

ベスト40

第1回幻想杯

ベスト19 (1回戦敗退)

最弱決定戦:勝利

P(ピー)「最初からやれ」

第1回大会から登場のドンキー最古参。その名前ゆえか、自滅などの醜態を晒しても視聴者からは「操られてるから仕方ない」と許され(諦められ?)ることが多い。第3回では黒カラーであったが、デフォルトカラーが本来の姿らしく幻想杯では第1回同様デフォルトカラーで参加した。

第1回では2回戦から登場し、記念すべき初戦で灼熱のレイアと対決。惑星ゼーベスのステージギミックの兼ね合いもあり途中まではリードするものの地力で劣り敗北。

第3回大会はGブロックからの出場。初戦で幼き弟のソーセージを破り、これがCPUトナメシリーズにおけるドンキー勢の初勝利となった。この時の動きは非常によく、視聴者からも「古参勢はみんな強い(ヨシオ除く)」と褒められていた…がその後はあのヨシオくんにも敗れるなど4連敗で予選敗退。以降長きに渡り大会に呼ばれていなかった。

第1回出場組で第6回大会に出場できなかったのはティーダと♀幻のギルティースMkⅡのみ。第1回の選手はそのキャラを代表するほど人気になったり、そうでなくとも2番手3番手あるいはネタ枠として強い個性を発揮しているが、この2名は最古参にも関わらずとにかく影が薄い。♀はハートフルアフォックスや姐御キャラとして話題に上ることはあるものの、ティーダの場合はヨシオくんに敗北したこと以外特に目立ったネタもないことからより際立っている。但し、ある事情で再び注目が集まりつつある(後述)。

「影が薄い奴らを集める」というコンセプトをもとに開催された幻想杯で久々に出場を果たす。逆シードとなり初戦で揺るぎなきたまたまと対決。久々の大会出場ながらいい動きを見せていたのだが、ピーチ城上空のギミックであるバンパーにひたすらバーストの邪魔をされる不運に見舞われ、落とせるところで落とせなかったこと、そしてやらかしてしまった自滅が響き敗退してしまった。

幻想杯でも行われる最弱決定戦。ドンキー勢ではキング・オブ・妖魔が最有力と思われていたが、ティーダが参戦となった。意外にもいい操られ方動きで的確にバーストしていき見事1位となった。


第8回大会時点においてタイマンでヨシオくんに敗れた唯一の選手である。
一方で紅きポイゾネサスくんに勝利したソーセージに勝利した経歴があることから、ソーセージチェーン(用語集参照)理論に於いてヨシオくんが最強選手であることを証明するたたき台として名前が挙がることが多い。

最古参勢の例に漏れずキャラ名ジェネレータにて出力された名称をそのまま使用している。やたらと記号が付いた名前が出力されたが、星がおちゃめだからという理由でティーダが採用された。
名前の頭文字「∩」は集合における積(AND)の意味である「且つ」を表す。CPUトナメではこういった頭や末尾についている記号は基本的に読まれない。

◯全試合記録

対戦相手 大会 対戦ステージ 勝敗
灼熱のレイア 第1回(2回戦) 惑星ゼーベス
幼き弟のソーセージ 第3回(予選) 第1試合 プププランド
紅きポイゾネサスくん 第2試合
天空の虫使いアントン 第3試合
ヨシオくん 第4試合
幻想の兄コージ 第5試合
揺るぎなきたまたま 第1回幻想杯(1回戦) ピーチ城上空

奇跡のヨシオ

王者の申し子アルバロ

永遠のエース

第1回幻想杯(最弱決定戦) プププランド 1位
◎ANAKINSUKAIWOOKAA☆彡 第1回ヨシオ杯(1回戦) プププランド  
  通算   1勝6敗

 


ソースを確認する


∩操られたティーダ★ミ (DK)の編集履歴一覧へ戻る