トップページ(2018-07-15 18:04:44)

トップページの編集履歴一覧へ戻る

2018-07-15 18:04:44更新でのソースとプレビューを表示しています。
この内容に復元したい場合は、「この内容に復元する」ボタンを押してください。


プレビューを確認する


ソース

<section class="uk-alert">
<h1 class="uk-text-center"><span class="uk-text-large"><span class="uk-text-bold">64スマブラCPUトナメ実況@wikiへようこそ!!</span></span></h1>
</section>

<p class="uk-text-center">当wikiはゲーム実況者 P( ピー)氏による「64スマブラCPUトナメ実況」シリーズに関する情報を共有するサイトです。</p>

<h3><span class="tc_orangered">※</span><span class="tc_orangered">注意!※<br />
 当サイトは「64スマブラCPUトナメ実況」シリーズについてのネタバレを多大に含んでいます。</span><br />
 まだ動画を視聴したことのない方は先に視聴することをオススメします。<br />
 各大会のマイリストは<a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/7">大会記録</a>より。</h3>

<p><span class="uk-text-bold"><span class="bc_lightcyan"> 動画を視聴する際はタグやコメント、再生時間(シークバー)などによるネタバレに注意しましょう。</span></span><span class="uk-text-small">(試合内容によってはマイリス数にも)</span><br />
<span class="bc_lightcyan"><span class="uk-text-bold"> 初見時はコメントを<u><span class="bc_yellow">非表示</span></u>にして(かつPC版は<u><span class="bc_yellow">フルスクリーン</span></u>で)の視聴推奨です。</span><br />
 <span class="uk-text-bold">特に<u>動画冒頭</u>のコメントには要注意!</span><br />
<br />
 <span class="uk-text-bold"><a href="https://www.youtube.com/user/PkakkoP/playlists">P(ピー)のyoutubeチャンネル</a>でも投稿されているので、<span class="tc_palevioletred">ネタバレを完全に回避したい方</span>はそちらの利用を推奨します。</span></span></p>

<p> </p>

<p class="uk-text-center"><img src="https://img.wiki3.jp/cpu_64/toname_64_kai.jpg" style="width: 267px; height: 400px;" /></p>

<p class="uk-text-center"><em><span class="uk-text-bold">Illust</span></em>:777 さん </p>

<p><span class="uk-text-small">トップページ、各選手ページ、各大会ページなどに掲載するイラストを随時募集しています。<span class="uk-text-bold">画像</span>、<span class="uk-text-bold">作者名</span>、<span class="uk-text-bold">掲載ページ名</span>を記載の上、管理人Twitter宛てまたはメールにてお願いいたします。<br />
・Twitter  →  <a href="https://twitter.com/mm_visua6ka">管理人twitter</a><br />
・Yahooメール  →  visua6ka_haku@yahoo.co.jp</span></p>

<p><a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/339">300万アクセス合作ページ</a></p>

<p> </p>

<section class="uk-alert">
<h1><span class="uk-text-large"><span class="uk-text-bold">64スマブラCPUトナメ実況とは?</span></span></h1>
</section>

<p>名前をつけただけ、色を変えただけなのにまるで個々が意志を持っているかのように個性的なCPU達と主催兼試合実況者P(ピー)による、時に笑い、時に泣き、時に熱くなる激闘を記録したものである!!</p>

<p> </p>

<section class="uk-alert"><span class="uk-text-bold">当wikiについて</span></section>

<ul>
	<li>基本的に全ページが誰でも編集できるようになっています。<a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/4">ページの編集の仕方はこちら</a>を参考にどうぞ。</li>
	<li>編集が行えない方でも誤字、情報の誤りを発見した場合や項目の追加・変更等の意見がありましたら、下のコメントフォーム、もしくは<a href="https://twitter.com/mm_visua6ka">管理人twitter</a>までお願い致します。</li>
	<li>「第◯試合」と入力する際の数字は半角数字で統一しています。ご協力お願い致します。</li>
	<li>
	<h3><span class="tc_red"><span class="uk-text-bold">コメントを書き込む際、煽り・対立・誹謗中傷等になっていないかよく確認してください。<u>コメント欄が荒れる原因になります。</u><br />
	また、基本的にニコニコやwikiのコメントは<span class="tc_red"><span class="uk-text-bold"><span class="tc_red"><span class="uk-text-bold"><u>一度投稿したら</u></span></span></span></span><u><span class="bc_yellow">削除が難しい</span>です。</u></span></span></h3>
	</li>
</ul>

<p> </p>

<section class="uk-alert">
<h1><span class="uk-text-large"><span class="uk-text-bold">お知らせ</span></span></h1>
</section>

<h3><span class="tc_red"><span class="uk-text-bold">【第8回】64スマブラCPUトナメ開催中!</span></span></h3>

<p>特設ページは<span class="uk-text-bold"><a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/312#comment-form">こちら</a></span></p>

<h2><span class="uk-text-bold">7/14の試合</span></h2>

<ul>
	<li>
	<h3><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm33523201"><span class="uk-text-bold">Dr.神様(DK)VS勇者ヨシオ(PU)</span></a></h3>
	</li>
	<li>
	<h3><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm33522612"><span class="uk-text-bold">煙草マスターの子(LI)VSドルコリン♪(FA)</span></a></h3>
	</li>
</ul>

<h2><span class="uk-text-bold">7/15の試合</span></h2>

<ul>
	<li>
	<h3><span class="uk-text-bold">Φデスエンペラー(FA)VS∫アルティライトねこ(YO)</span></h3>
	</li>
	<li>
	<h3><span class="uk-text-bold">切れた脇役(SA)VS紅きポイゾネサスくん(LI)</span></h3>
	</li>
</ul>

<hr />
<div class="region_area">
<h3 class="region_switch"><span class="region_area_1 region_open" data-uk-toggle="{target: '.region_area_1'}"><span class="tc_snow"><span class="uk-text-bold"><span class="bc_black">試合コメントを開く</span></span></span><span class="uk-text-small">(本日の試合についての予告解説です)</span><span class="uk-text-bold">+</span></span><span class="uk-text-bold"><span class="region_area_1 region_close uk-hidden" data-uk-toggle="{target: '.region_area_1'}">試合コメントを閉じる-</span></span></h3>

<div class="region_switch"> </div>

<div class="region_area_1 region_content uk-hidden">
<h3><span class="uk-text-bold">Φデスエンペラー(FA)VS∫アルティライトねこ(YO)</span></h3>

<p>試合コメント:ファルコンとヨッシーの最古参の対決だが、お互い最近では結果を出せずにいる。今大会で結果を出せなければ幻想入りは確実か。そんな緊張感の中、不運と豪運が激突する。</p>

<p>まるで勝ちを拾えないデスエンペラー、最近はまるでついてないねこ。長い長いスランプを先に脱するのはどちらだ。</p>

<h3><span class="uk-text-bold">切れた脇役(SA)VS紅きポイゾネサスくん(LI)</span></h3>

<p>試合コメント:中堅最強の門番切れた脇役と元無冠の帝王ポイゾネサスくん。第5回以来の対決である。</p>

<p>ムッコロズとのエース争いを制した脇役、第5回での不調を脱し挑むリベンジマッチ。だが相手のポイゾネも第7回をエルバンと共に優勝し勢いに乗っている。お互い一皮むけたということか。</p>

<p>もはや過去の遺物となった『幻のレイガンコンボ』。あの頃のキレを期待される脇役だが、果たして悲願のリベンジマッチ初勝利となるのだろうか。</p>

<p> </p>
</div>
</div>

<div class="region_area">
<h3 class="region_switch"><span class="region_area_2 region_open" data-uk-toggle="{target: '.region_area_2'}"><span class="tc_yellow"><span class="uk-text-bold"><span class="bc_dodgerblue">ピックアップファイターズを開く</span></span></span><span class="uk-text-small">(有志がお気に入りの選手を日々紹介しています)</span><span class="uk-text-bold">+</span></span><span class="uk-text-bold"><span class="region_area_2 region_close uk-hidden" data-uk-toggle="{target: '.region_area_2'}">ピックアップファイターズを閉じる-</span></span></h3>

<div class="region_area_2 region_content uk-hidden">
<h3><span class="tc_yellow"><span class="uk-text-bold"><span class="bc_dodgerblue">★本日のピックアップファイターズ★</span></span></span></h3>

<p>※皆様のお気に入り選手をアピールしましょう! 筆者の方は名前を残していただけると幸いです。</p>

<p>こちらに寄稿いただいた文は一日ごと(大体午後8時頃?)に消去しますので、<a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/237">ピックアップファイターズ</a>に書かれた文章をコピペしてください。<u>文章が非常に増えた場合、トップページの混雑回避のため古い順に早めの消去の可能性もあります。</u></p>

<p><span class="tc_red">※お手数ですがコピペ作業は筆者様ご自身でよろしくお願いいたします。また複数人が同時に編集する可能性があるため、推薦文はあらかじめコピーなどして手元に残しておくことをお勧めします。</span></p>

<p> </p>

<p> </p>

<div>
<div>
<div>
<h2 class="uk-text-muted uk-h3"><span class="tc_black">・[[煙草マスターの子]]</span></h2>

<p><br />
所属:リンク(<span class="tc_mediumseagreen">デフォルト</span>)   初出場:第3回</p>

<p>第3回王者。<br />
彼の輝かしい戦績は人目を惹くが、初登場時点では4人いるリンクの一人であり、他の3人と比べて頻発する自滅や魅せプレイの無さから最弱と呼ばれていた。<br />
決勝トーナメントに出場するもそれでも影が薄く、本格的に強さが知れ渡ったのが準々決勝で優勝候補の[[綺麗なゲイ]]を倒してからだった。<br />
強敵との戦いで強くなっていく、まるで少年誌の主人公を見ているかのような気分にさせてくれる彼に声援を送るファンは絶えない。</p>

<p>(文章:ロータス)</p>

<p> </p>

<h2 class="uk-text-muted uk-h3"><span class="tc_black">・[[切れた脇役]]</span></h2>

<p>所属:サムス(第2回:<span class="tc_orange">デフォルト</span>   第3回〜:<span class="tc_limegreen">緑</span>) 初登場:第2回</p>

<p>脇役ながら主役級の人気を誇るサムス。幻のレイガンコンボ、2度の4タテ記録、ホームランバット裏当てなど技での魅せと記録での魅せ、双方を兼ね備えている。そのため、サムス勢のエースとして認知されている。<br />
クリーンな戦いを好み、対戦相手が自滅するのをあえて止めることもある。勝ち方にまでこだわるその姿勢はまさに名脇役と称えられる。<br />
他方、主役級の相手にはなぜかかなわない傾向がある。実力を疑う余地がない彼女に勝てるかどうかが、他の選手にとってスター選手への登竜門とされている。</p>

<p>(文章:ロータス)</p>

<h2 class="uk-text-muted uk-h3"><br />
<span class="tc_black">・[[戦芸人ナザレンコ]]</span></h2>

<p>所属:フォックス(<span class="tc_red">赤</span>)    初登場:第3回</p>

<p> </p>

<p>本シリーズの芸人勢筆頭、第3回にて<span class="tc_red">爆誕</span>せり。<br />
戦で芸をする人って何よ?と命名時点では首を傾げられていたが、名に恥じぬとは正にこのこと、字面通りの選手だったとみんなが爆笑した。<br />
↑Bで自分から堕ちるアフォックス、彼はその比類なき使い手だった。いきなりアフォックス、不要な場面でアフォックス、復帰に適正な使い方してもアフォックス、P氏の振りが来たと思ったらすかさずアフォックスと、同じことをするのにも芸が細かい。<br />
チーム戦で一切の貢献をせずに優勝したことがある。そのあたり、完全に持っている。<br />
芸人として最有力である一方で戦人(いくさびと)としての実力も本物で、まじめに戦っている限りではなんと[[15人目の天才]]並みのコンボや超反応、決定力を見せたりもする。<br />
彼の本質は芸人なので、勝ち星は少ない。誰も彼の勝ちを信じてはいないが、彼の姿を見たくない人もまたいない。</p>

<p>(文章:ロータス)</p>

<p> </p>

<h2 class="uk-text-muted uk-h3"><span class="tc_black">・<a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/35"><span class="tc_red">紅きポイゾネサスくん</span></a></span></h2>

<p>所属:リンク(第1回:<span class="tc_seagreen">デフォルト</span>  第1回3位決定戦〜:<span class="tc_red">赤</span>)   初登場:第1回</p>

<p>極めて強い最古参のリンク。名前人気も同じくらい強かったが、今や実力派としての名声を完全に手中にした。<br />
猛攻型の選手であり、試合が始まったと思ったら相手がバーストしたと錯覚することさえある。特に二刀流状態の時の強さが神がかっていて、ビームソードでのリーチ、スターロッドでの遠隔攻撃、コンボでスマッシュホームラン他、枚挙にいとまがない。<br />
一方、けっこうドジっ子な面があり、回転切りや下突きから落下しすることも多々ある。でもそれがほとんどの試合に影響していないため、自滅さえなければ最強と呼ばれる。<br />
第7回大会決勝では全選手でも最上位クラスの4人で2on2戦が行われ、その勝利を決定づけたことでさらに株を上げた。<br />
彼の戦績で残念なのは個人戦での優勝経験がないこと。3人目の2冠王の誕生は近いか。</p>

<p><br />
(文章:ロータス)</p>

<p> </p>

<h2>・[[15人目の天才]]</h2>

<p>所属:フォックス(デフォルト)    初登場:第2回</p>

<p>第2回、第4回王者にして三強の一角。<br />
高機動、連撃による高火力、超反応防御の三本柱で彼に接近することが死亡フラグであり、離れた相手にはブラスターで蓄積ダメージを稼ぐとスキがない。<br />
プレイングがその名にたがわず天才的なのは言うに及ばないが、天才すぎて視聴者から見ればなぜそうしたのかが全く分からないことも多々ある。<br />
彼を1対1のトーナメントで敗退させたのは、[[殺意のヨシオ]]と[[玄酔楼]]のわずか2人だけであり、逆に彼が下した相手は軒並スター級という圧倒的な強さを誇る。<br />
他の選手はこう考えるだろう。最も敗北から遠い男を倒すこと、それが栄冠を手にする資格である、と。</p>

<p><br />
(文章:ロータス)</p>

<p> </p>

<h2><br />
・[[世界のrekuiemu]]</h2>

<p>所属:カービィ(第1回:<span class="tc_deeppink">デフォルト</span>   第1回最弱決定戦〜:<span class="tc_mediumblue">青</span>)     初登場:第1回</p>

<p>最古参であり、悪魔の下目使いと並んでカービィのダブルエースとされている。<br />
アイテムの扱いが非常に巧みで、特に緑コウラを扱ったスーパープレイを何度もしている。稀にアイテムが手に入らないときは、ストーンで自分がアイテムになることも。<br />
姿の可愛さと戦いの華麗さが合わさって非常に人気が高く、出場の度に歓声が上がる。</p>

<p><br />
(文章:ロータス)</p>

<h2><br />
・[[20人目の味方殺し]]</h2>

<p>所属:ピカチュウ(<span class="tc_mediumblue">青</span>)     初登場:第3回</p>

<p>ピカチュウの可愛い姿を持ったヤベーやつ。<br />
同族相手に凄まじい強さを持ち、味方が近くにいれば的確にバースト圏内までダメージを蓄積させる。そればかりか自身すら葬ることがあり、彼が居る戦場では常に不穏な空気がたゆたう。<br />
ピカチュウ勢の中では特にかみなりの使い方に優れており、物理のBJに対して特殊の味方殺しと呼ばれることもある。<br />
[[ξ黒きBlack Joker]]との直接対決で勝利しているほか、戦績もほぼ横並びとかなり強いが、倒してきた相手の質のせいで少し彼に劣るような印象を受ける。今後の活躍に注目したい。</p>

<p>(文章:ロータス)</p>

<h2><br />
・[[綺麗なゲイ]]</h2>

<p>所属: ネス (<span class="tc_seagreen">緑</span>)     初登場:第3回</p>

<p>「こ れ が 本 物 の ゲ イ な ん で」<br />
最も危険♂な名前を持ち、チームメイトへの風評被害や性癖の伝播に関しては全選手中ぶっちぎりの最強である綺麗なゲイ。<br />
ネス勢では[[☆爆走戦士エルバン]]に次ぐ人気を誇り、実力もほぼ劣らないほど。第3回大会では優勝候補とされながらも表彰台へは登れなかったが、第7回では実質1対2で勝利することで、名前だけの男ではないと視聴者に見せつけた。<br />
名前先行型ながら非常に強いスター選手であるが、よい子に見せることができる試合♂をしてくれるように手を合わせたくなる。</p>

<p><br />
(文章:ロータス)</p>

<h2>・[[一番繊細な部長]]</h2>

<p>所属:ルイージ(<span class="tc_royalblue">青</span>)   初登場:第3回</p>

<p>いぶし銀の中間管理職。<br />
堅実な試合運びをすることが多いが、調子がいいと見るや果敢に前に出ていくデキる部長。<br />
第5回大会の3位決定戦で、当時過去最大規模の大会であった第3回の王者である[[煙草マスターの子]]を打倒す。それにより、チームを表彰台へと昇らせた。<br />
同族に二人もスーパースターが居るために影が薄いが、いつでも安定していてここぞというときに強い、侮れない選手である。</p>

<p>(文章:ロータス)</p>

<h2><br />
・[[悪魔の下目使い]]</h2>

<p>所属:カービィ(第2回:<span class="tc_hotpink">デフォルト</span>   第3回~:<span class="tc_red">赤</span>)   初登場:第2回</p>

<p>第2回大会から数多くの戦いを経験してきた古参であり、[[世界のrekuiemu]]と並んでカービィのダブルエースとされている。<br />
アイテムに頼らずとも何とかしていくド安定の選手で、第3回大会では予選全勝というスーパースター級の選手でも無理だったことを成し遂げている。<span class="tc_gainsboro">(幻想の兄コージ? 知らんな)</span><br />
素手でも十分強い分、武器を手にしたときはまさに悪魔的な強さになる。特に[[灼熱のレイア]]との初戦と[[キング・オブ・妖魔]]戦ではもはや魔王級の強さだった。<br />
第8回大会は彼の象徴的な武器であるハンマーを封じられている。しかし、先にも述べたが彼は素の状態が十分すぎるほど強い。足かせにもならないルールだと下目使いで嗤っているだろう。</p>

<p><br />
(文章:ロータス)</p>

<p> </p>

<h2>・<a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/30">Dr.神様</a></h2>

<p>所属:ドンキーコング(<span class="tc_brown">デフォルト</span>)   初登場:第2回</p>

<p>トンデモねえ、あたしゃ神様だよ。</p>

<p>第2回大会最弱決定から数多くの出オチを見せてきた古参であり、現在ではその評価が全く違うものとなっているドンキー族ほぼ唯一の強(?)キャラ。<br />
基本的にはいいとこ無しで試合が終わるが、この男、兎にも角にも強い相手に強い!<br />
第3回大会では優勝者[[煙草マスターの子]]、第4位[[殺意のヨシオ]]に勝利し、続く第4回大会では人気上位を集めた猛者ぞろいのチーム戦を勝ち抜き、優勝している。第4回大会での優勝は相方が[[15人目の天才]]という面も強かったが、もし初戦での神の鉄槌がなかったらそこで敗退していたことからも、たかがCPUのドンキーコングとは言えない面がある。<br />
特筆すべき点がもう一つ。彼と戦った相手はそのあとに「<span class="tc_orangered">覚</span><span class="tc_mediumslateblue">醒</span>」する場合が非常に多く、敗れた場合などは顕著に強くなる(スーパーサイヤ人並みに)。特に[[殺意のヨシオ]]、[[煙草マスターの子]]、[[3億ドルの吐き気]](2回、4回大会)、[[切れた脇役]]、[[バーンナック]]、彼らはDr.神様戦後に大幅に実力を上げている。<br />
敗北は基本的にファイターの恥だが、彼に敗れることだけは例外的にダイヤの原石である証、なのかもしれない。</p>

<p><br />
(文章:ロータス)</p>

<p> </p>
</div>
</div>
</div>
</div>
</div>
}

プレビュー

64スマブラCPUトナメ実況@wikiへようこそ!!

当wikiはゲーム実況者 P( ピー)氏による「64スマブラCPUトナメ実況」シリーズに関する情報を共有するサイトです。

注意!※
 当サイトは「64スマブラCPUトナメ実況」シリーズについてのネタバレを多大に含んでいます。

 まだ動画を視聴したことのない方は先に視聴することをオススメします。
 各大会のマイリストは大会記録より。

 動画を視聴する際はタグやコメント、再生時間(シークバー)などによるネタバレに注意しましょう。(試合内容によってはマイリス数にも)
 初見時はコメントを非表示にして(かつPC版はフルスクリーンで)の視聴推奨です。
 特に動画冒頭のコメントには要注意!

 P(ピー)のyoutubeチャンネルでも投稿されているので、ネタバレを完全に回避したい方はそちらの利用を推奨します。

 

Illust:777 さん 

トップページ、各選手ページ、各大会ページなどに掲載するイラストを随時募集しています。画像作者名掲載ページ名を記載の上、管理人Twitter宛てまたはメールにてお願いいたします。
・Twitter  →  管理人twitter
・Yahooメール  →  visua6ka_haku@yahoo.co.jp

300万アクセス合作ページ

 

64スマブラCPUトナメ実況とは?

名前をつけただけ、色を変えただけなのにまるで個々が意志を持っているかのように個性的なCPU達と主催兼試合実況者P(ピー)による、時に笑い、時に泣き、時に熱くなる激闘を記録したものである!!

 

当wikiについて
  • 基本的に全ページが誰でも編集できるようになっています。ページの編集の仕方はこちらを参考にどうぞ。
  • 編集が行えない方でも誤字、情報の誤りを発見した場合や項目の追加・変更等の意見がありましたら、下のコメントフォーム、もしくは管理人twitterまでお願い致します。
  • 「第◯試合」と入力する際の数字は半角数字で統一しています。ご協力お願い致します。
  • コメントを書き込む際、煽り・対立・誹謗中傷等になっていないかよく確認してください。コメント欄が荒れる原因になります。
    また、基本的にニコニコやwikiのコメントは一度投稿したら削除が難しいです。

 

お知らせ

【第8回】64スマブラCPUトナメ開催中!

特設ページはこちら

7/14の試合

7/15の試合

  • Φデスエンペラー(FA)VS∫アルティライトねこ(YO)

  • 切れた脇役(SA)VS紅きポイゾネサスくん(LI)


試合コメントを開く(本日の試合についての予告解説です)試合コメントを閉じる-

 

Φデスエンペラー(FA)VS∫アルティライトねこ(YO)

試合コメント:ファルコンとヨッシーの最古参の対決だが、お互い最近では結果を出せずにいる。今大会で結果を出せなければ幻想入りは確実か。そんな緊張感の中、不運と豪運が激突する。

まるで勝ちを拾えないデスエンペラー、最近はまるでついてないねこ。長い長いスランプを先に脱するのはどちらだ。

切れた脇役(SA)VS紅きポイゾネサスくん(LI)

試合コメント:中堅最強の門番切れた脇役と元無冠の帝王ポイゾネサスくん。第5回以来の対決である。

ムッコロズとのエース争いを制した脇役、第5回での不調を脱し挑むリベンジマッチ。だが相手のポイゾネも第7回をエルバンと共に優勝し勢いに乗っている。お互い一皮むけたということか。

もはや過去の遺物となった『幻のレイガンコンボ』。あの頃のキレを期待される脇役だが、果たして悲願のリベンジマッチ初勝利となるのだろうか。

 

ピックアップファイターズを開く(有志がお気に入りの選手を日々紹介しています)ピックアップファイターズを閉じる-

★本日のピックアップファイターズ★

※皆様のお気に入り選手をアピールしましょう! 筆者の方は名前を残していただけると幸いです。

こちらに寄稿いただいた文は一日ごと(大体午後8時頃?)に消去しますので、ピックアップファイターズに書かれた文章をコピペしてください。文章が非常に増えた場合、トップページの混雑回避のため古い順に早めの消去の可能性もあります。

※お手数ですがコピペ作業は筆者様ご自身でよろしくお願いいたします。また複数人が同時に編集する可能性があるため、推薦文はあらかじめコピーなどして手元に残しておくことをお勧めします。

 

 

煙草マスターの子


所属:リンク(デフォルト)   初出場:第3回

第3回王者。
彼の輝かしい戦績は人目を惹くが、初登場時点では4人いるリンクの一人であり、他の3人と比べて頻発する自滅や魅せプレイの無さから最弱と呼ばれていた。
決勝トーナメントに出場するもそれでも影が薄く、本格的に強さが知れ渡ったのが準々決勝で優勝候補の綺麗なゲイを倒してからだった。
強敵との戦いで強くなっていく、まるで少年誌の主人公を見ているかのような気分にさせてくれる彼に声援を送るファンは絶えない。

(文章:ロータス)

 

切れた脇役

所属:サムス(第2回:デフォルト   第3回〜:) 初登場:第2回

脇役ながら主役級の人気を誇るサムス。幻のレイガンコンボ、2度の4タテ記録、ホームランバット裏当てなど技での魅せと記録での魅せ、双方を兼ね備えている。そのため、サムス勢のエースとして認知されている。
クリーンな戦いを好み、対戦相手が自滅するのをあえて止めることもある。勝ち方にまでこだわるその姿勢はまさに名脇役と称えられる。
他方、主役級の相手にはなぜかかなわない傾向がある。実力を疑う余地がない彼女に勝てるかどうかが、他の選手にとってスター選手への登竜門とされている。

(文章:ロータス)


戦芸人ナザレンコ

所属:フォックス()    初登場:第3回

 

本シリーズの芸人勢筆頭、第3回にて爆誕せり。
戦で芸をする人って何よ?と命名時点では首を傾げられていたが、名に恥じぬとは正にこのこと、字面通りの選手だったとみんなが爆笑した。
↑Bで自分から堕ちるアフォックス、彼はその比類なき使い手だった。いきなりアフォックス、不要な場面でアフォックス、復帰に適正な使い方してもアフォックス、P氏の振りが来たと思ったらすかさずアフォックスと、同じことをするのにも芸が細かい。
チーム戦で一切の貢献をせずに優勝したことがある。そのあたり、完全に持っている。
芸人として最有力である一方で戦人(いくさびと)としての実力も本物で、まじめに戦っている限りではなんと15人目の天才並みのコンボや超反応、決定力を見せたりもする。
彼の本質は芸人なので、勝ち星は少ない。誰も彼の勝ちを信じてはいないが、彼の姿を見たくない人もまたいない。

(文章:ロータス)

 

紅きポイゾネサスくん

所属:リンク(第1回:デフォルト  第1回3位決定戦〜:)   初登場:第1回

極めて強い最古参のリンク。名前人気も同じくらい強かったが、今や実力派としての名声を完全に手中にした。
猛攻型の選手であり、試合が始まったと思ったら相手がバーストしたと錯覚することさえある。特に二刀流状態の時の強さが神がかっていて、ビームソードでのリーチ、スターロッドでの遠隔攻撃、コンボでスマッシュホームラン他、枚挙にいとまがない。
一方、けっこうドジっ子な面があり、回転切りや下突きから落下しすることも多々ある。でもそれがほとんどの試合に影響していないため、自滅さえなければ最強と呼ばれる。
第7回大会決勝では全選手でも最上位クラスの4人で2on2戦が行われ、その勝利を決定づけたことでさらに株を上げた。
彼の戦績で残念なのは個人戦での優勝経験がないこと。3人目の2冠王の誕生は近いか。


(文章:ロータス)

 

15人目の天才

所属:フォックス(デフォルト)    初登場:第2回

第2回、第4回王者にして三強の一角。
高機動、連撃による高火力、超反応防御の三本柱で彼に接近することが死亡フラグであり、離れた相手にはブラスターで蓄積ダメージを稼ぐとスキがない。
プレイングがその名にたがわず天才的なのは言うに及ばないが、天才すぎて視聴者から見ればなぜそうしたのかが全く分からないことも多々ある。
彼を1対1のトーナメントで敗退させたのは、殺意のヨシオ玄酔楼のわずか2人だけであり、逆に彼が下した相手は軒並スター級という圧倒的な強さを誇る。
他の選手はこう考えるだろう。最も敗北から遠い男を倒すこと、それが栄冠を手にする資格である、と。


(文章:ロータス)

 


世界のrekuiemu

所属:カービィ(第1回:デフォルト   第1回最弱決定戦〜:)     初登場:第1回

最古参であり、悪魔の下目使いと並んでカービィのダブルエースとされている。
アイテムの扱いが非常に巧みで、特に緑コウラを扱ったスーパープレイを何度もしている。稀にアイテムが手に入らないときは、ストーンで自分がアイテムになることも。
姿の可愛さと戦いの華麗さが合わさって非常に人気が高く、出場の度に歓声が上がる。


(文章:ロータス)


20人目の味方殺し

所属:ピカチュウ()     初登場:第3回

ピカチュウの可愛い姿を持ったヤベーやつ。
同族相手に凄まじい強さを持ち、味方が近くにいれば的確にバースト圏内までダメージを蓄積させる。そればかりか自身すら葬ることがあり、彼が居る戦場では常に不穏な空気がたゆたう。
ピカチュウ勢の中では特にかみなりの使い方に優れており、物理のBJに対して特殊の味方殺しと呼ばれることもある。
ξ黒きBlack Jokerとの直接対決で勝利しているほか、戦績もほぼ横並びとかなり強いが、倒してきた相手の質のせいで少し彼に劣るような印象を受ける。今後の活躍に注目したい。

(文章:ロータス)


綺麗なゲイ

所属: ネス ()     初登場:第3回

「こ れ が 本 物 の ゲ イ な ん で」
最も危険♂な名前を持ち、チームメイトへの風評被害や性癖の伝播に関しては全選手中ぶっちぎりの最強である綺麗なゲイ。
ネス勢では☆爆走戦士エルバンに次ぐ人気を誇り、実力もほぼ劣らないほど。第3回大会では優勝候補とされながらも表彰台へは登れなかったが、第7回では実質1対2で勝利することで、名前だけの男ではないと視聴者に見せつけた。
名前先行型ながら非常に強いスター選手であるが、よい子に見せることができる試合♂をしてくれるように手を合わせたくなる。


(文章:ロータス)

一番繊細な部長

所属:ルイージ()   初登場:第3回

いぶし銀の中間管理職。
堅実な試合運びをすることが多いが、調子がいいと見るや果敢に前に出ていくデキる部長。
第5回大会の3位決定戦で、当時過去最大規模の大会であった第3回の王者である煙草マスターの子を打倒す。それにより、チームを表彰台へと昇らせた。
同族に二人もスーパースターが居るために影が薄いが、いつでも安定していてここぞというときに強い、侮れない選手である。

(文章:ロータス)


悪魔の下目使い

所属:カービィ(第2回:デフォルト   第3回~:)   初登場:第2回

第2回大会から数多くの戦いを経験してきた古参であり、世界のrekuiemuと並んでカービィのダブルエースとされている。
アイテムに頼らずとも何とかしていくド安定の選手で、第3回大会では予選全勝というスーパースター級の選手でも無理だったことを成し遂げている。(幻想の兄コージ? 知らんな)
素手でも十分強い分、武器を手にしたときはまさに悪魔的な強さになる。特に灼熱のレイアとの初戦とキング・オブ・妖魔戦ではもはや魔王級の強さだった。
第8回大会は彼の象徴的な武器であるハンマーを封じられている。しかし、先にも述べたが彼は素の状態が十分すぎるほど強い。足かせにもならないルールだと下目使いで嗤っているだろう。


(文章:ロータス)

 

Dr.神様

所属:ドンキーコング(デフォルト)   初登場:第2回

トンデモねえ、あたしゃ神様だよ。

第2回大会最弱決定から数多くの出オチを見せてきた古参であり、現在ではその評価が全く違うものとなっているドンキー族ほぼ唯一の強(?)キャラ。
基本的にはいいとこ無しで試合が終わるが、この男、兎にも角にも強い相手に強い!
第3回大会では優勝者煙草マスターの子、第4位殺意のヨシオに勝利し、続く第4回大会では人気上位を集めた猛者ぞろいのチーム戦を勝ち抜き、優勝している。第4回大会での優勝は相方が15人目の天才という面も強かったが、もし初戦での神の鉄槌がなかったらそこで敗退していたことからも、たかがCPUのドンキーコングとは言えない面がある。
特筆すべき点がもう一つ。彼と戦った相手はそのあとに「」する場合が非常に多く、敗れた場合などは顕著に強くなる(スーパーサイヤ人並みに)。特に殺意のヨシオ煙草マスターの子3億ドルの吐き気(2回、4回大会)、切れた脇役バーンナック、彼らはDr.神様戦後に大幅に実力を上げている。
敗北は基本的にファイターの恥だが、彼に敗れることだけは例外的にダイヤの原石である証、なのかもしれない。


(文章:ロータス)

 


ソースを確認する


トップページの編集履歴一覧へ戻る