巨大天使マックス (LU) 編集

オプション
<h3><span class="uk-text-bold">巨大天使マックス</span></h3> <p class="uk-text-center"><span>[#random_img(DecDbReUQAA9e.jpg,マックス_b.JPG,Z4.jpg)]</span></p> <p class="uk-text-center"><a href="https://img.wiki3.jp/cpu_64/マックス.JPG"><em><span class="uk-text-bold">Illust1</span></em></a>:BAーN無ック さん<br /> <a href="https://img.wiki3.jp/cpu_64/DecDbReUQAA9e3R.jpg"><em><span class="uk-text-bold">Illust2</span></em></a>:Ylit さん<br /> <a href="https://img.wiki3.jp/cpu_64/Zu4iujhB.jpg"><span class="uk-text-bold"><em>Illust3</em></span></a>:エレキ さん<br /> 素敵なイラストありがとうございます!</p> <p>&nbsp;</p> <div class="uk-overflow-container"> <table class="uk-table"> <caption>profile</caption> <tbody> <tr> <td>キャラクター</td> <td colspan="3">ルイージ</td> </tr> <tr> <td>カラー</td> <td>第3回~:<span class="tc_silver">白</span></td> <td rowspan="1">CPUレベル:9</td> <td rowspan="1">Lv.9</td> </tr> <tr> <td>立ち絵</td> <td colspan="3">幻想杯:復帰台待機</td> </tr> <tr> <td>肩書き</td> <td colspan="3">第1回幻想杯:天国から参戦/存在感ゼロ</td> </tr> <tr> <td>●出場記録</td> <td colspan="3">◯成績</td> </tr> <tr> <td>[[第3回大会]]</td> <td colspan="3"> <p>予選:2勝3敗(残スト3) Hブロック5位敗退</p> <p>ベスト40</p> </td> </tr> <tr> <td>[[第1回幻想杯]]</td> <td colspan="3">ベスト8 (3回戦敗退)</td> </tr> </tbody> </table> </div> <h3><span class="uk-text-bold">P(ピー)「マックスがエンジンかかってきた!エンジンマックス!」</span></h3> <p>第3回で登場した白カラーのルイージ。呼び名はマックス。</p> <p>第1回幻想杯での肩書きは「天国より参戦」</p> <h3><span class="uk-text-bold">第3回 マックス降臨</span></h3> <p>ルイージらしい慎重な立ち回りとテクニカルな攻め、そしてサワムラーの突撃にNBを添えた「ファイアボールバースト」などのトリックプレーで魅せる。たまにおバカな一面も見せることも(アホマックス)。デビュー戦にて先行してハンマーを取られたにも関わらず終始試合を有利に進め、<span class="uk-text-bold">P(ピー)に優勝候補ではないかとまで絶賛される</span>がその後の戦績は振るわず予選敗退となった。<br /> なお3つの負け試合のうち2回が「ラッキーが出現した状態」でのフィニッシュであり、天使でありながら幸運の女神(?)に見放されるという皮肉めいた結末を迎えている。</p> <p>[[悪魔の下目使い]]との&rdquo;天使vs悪魔&rdquo;戦はそんなマックスのあらゆる魅力が詰まった一戦となっており、必見である。</p> <h3><span class="uk-text-bold">幻想杯</span></h3> <p>第6回大会にて、アンケートで票を得られなかったマックスに代わり同カラーのルイージ枠で[[玄酔楼]]が登場。するとその圧倒的な強さ、P(ピー)曰く&ldquo;<span class="uk-text-bold">神がかった強さ</span>&rdquo;で数々の猛者を薙ぎ倒し、初登場にして第6回大会覇者となってしまった。そのダークホースっぷりが動画内外問わず人気を博し、マックスの今後の出番は絶望的であると囁かれていた。</p> <p>すると出場機会に恵まれない選手を集めたトーナメント・<span class="uk-text-bold">幻想杯</span>の開催が決定。曲がりなりにも大会出場資格を獲得したことで、とりあえずは埋没の危機を免れた。玄酔楼に負けない立ち回りを披露できるか注目が集まる。</p> <p>初戦の相手は<a href="http://wiki3.jp/cpu_64/page/68">奇跡のヨシオ</a>。大人気選手の陰に隠れてしまった者同士の対決となり、P(ピー)により<span class="uk-text-bold">玄酔楼じゃない方vs勇者ヨシオじゃない方</span>という<span class="uk-text-muted">あまりにも酷い</span>紹介がなされた。試合こそ相手の自滅で勝てたが動きは玄酔楼とは程遠く、<a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm33342131">6月10日の試合</a>後の次回の試合の対戦カード紹介にて、P(ピー)から「えっ!? 巨大天使マックス<span class="uk-text-bold">&hellip;まだいたっけ? あっ、いるわ</span>」と勝っているのにいないことにされてしまう。あまりにも地味すぎるが故に、コージ以上の幻想と化してしまっているらしい。<br /> 準々決勝では同期の[[揺るぎなきたまたま]]と対戦。終始惑星ゼーベスの酸に苦しめられ、なんと全てのストックを酸で失う結果となり敗北(記録上は1ストックのみたまたまの撃墜扱い)。P(ピー)曰く「これぞ幻想杯」(当試合の動画詳細文より)というゲーム内容でその出番を終えてしまった。</p> <h3><span class="uk-text-bold">天と地</span></h3> <p>[[地上最強のチェマ]]はマックスの同期であり、第3回では2勝3敗で仲良く予選敗退すると幻想杯にも揃って登場、揃って1勝1敗で敗退と、非常に似たような境遇を生きてきた選手であった。直接接点があるわけではないが登場時点からなにかと縁があるようで、チェマはマックスが顕現するまでは白カラーとなる予定だったところを「天使といえば白」という意見によりカラー交換がなされ、お互いに現在のカラーになったという経緯がある。</p> <p>しかしながら第10回大会に近づくにつれ、ふたりの運命は大きく分かれることに。</p> <p>というのも、マックスは第10回大会開催時点で<span class="uk-text-bold">シングル大会優勝者と同キャラ・同カラーである唯一の選手</span>であり、[[幻想の兄コージ]]を除けば全選手の中でもトップクラスに本戦出場が厳しい状況に置かれている。その一方でチェマはWikiの非公式人気投票「蜘蛛の糸」部門にて1位を獲得するなど紆余曲折を経て、なんと第10回大会にて<span class="uk-text-bold">復活参戦</span>を果たすこととなった。<br /> お互い名前に「天」と「地」の字を持つ両者であるが、迎えた運命は完全に逆転してしまっているようだ。</p> <p>幻想杯といった受け皿が完成したことにより何かしらの形で再登場が見込める状態ではあるが、やはり実情は第10回選手決め放送でのP(ピー)の「マックスとアンケとっても流石に玄酔楼でしょ」という言葉通りであると言える。<br /> 第6回の玄酔楼の快進撃から長く言われ続けてきた「<span class="uk-text-bold">巨大天使マックスとは何だったのか</span>」という問いに、答えは出ないままである。</p> <div class="region_area"> <div class="region_switch"><span class="region_open"><u> </u>             </span><span class="region_close uk-hidden">これが巨大天使マックスかもしれない話</span></div> <div class="region_content uk-hidden"> <p>これは玄酔楼がその姿を現す前の話。「玄酔楼」は第1回一触即死トナメの選手決め生放送にて時々現れた文字列であるが、初出はなんと「<span class="tc_white"><span class="uk-text-bold"><span class="bc_gray">白い天使玄酔楼</span></span></span>」であった。</p> <p><a href="https://nico.ms/sm32361970?from=256">第1回一触即死トナメの選手決め生放送 4:16~</a><br /> &uarr;こちらで確認することができる</p> <p>もちろんこの事実が玄酔楼の登場に直接つながったワケではないが、この運命によって張られた<span class="uk-text-bold">伏線</span>のごとき偶然を、どのように受け取るかはあなた次第である。</p> <p>&nbsp;</p> </div> </div> <p>◯全試合記録</p> <div class="uk-overflow-container"> <table class="uk-table"> <tbody> <tr> <td><span class="uk-text-bold">対戦相手</span></td> <td colspan="2"><span class="uk-text-bold">大会</span></td> <td><span class="uk-text-bold">対戦ステージ</span></td> <td>勝敗</td> </tr> <tr> <td><a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/23">昼間の召喚士</a></td> <td rowspan="5">第3回(予選)</td> <td><a href="https://nico.ms/sm31254633?from=205">第1試合</a></td> <td rowspan="5">プププランド</td> <td>②</td> </tr> <tr> <td><a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/55">戦芸人ナザレンコ</a></td> <td><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm31349623">第2試合</a></td> <td>❷</td> </tr> <tr> <td><a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/47">悪魔の下目使い</a></td> <td><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm31394534">第3試合</a></td> <td>❶</td> </tr> <tr> <td><a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/32">キング・オブ・妖魔</a></td> <td><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm31497756">第4試合</a></td> <td>①</td> </tr> <tr> <td><a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/14">3億ドルの吐き気</a></td> <td><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm31632317">第5試合</a></td> <td>❶</td> </tr> <tr> <td><a href="http://wiki3.jp/cpu_64/page/68">奇跡のヨシオ</a></td> <td colspan="2" rowspan="1"><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm33314586">第1回幻想杯(2回戦)</a></td> <td rowspan="1">セクターZ</td> <td>①</td> </tr> <tr> <td><a href="http://wiki3.jp/cpu_64/page/62">揺るぎなきたまたま</a></td> <td colspan="2"><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm33350091">第1回幻想杯(3回戦)</a></td> <td>惑星ゼーベス</td> <td>❶</td> </tr> <tr> <td>&nbsp;</td> <td colspan="2"><span class="uk-text-bold">通算</span></td> <td>&nbsp;</td> <td>3勝4敗</td> </tr> </tbody> </table> </div> <p>&nbsp;</p>

ショートカットキー一覧

文字装飾

アクションショートカットキー使用例
太字にする Ctrl+B 太文字
斜体にする Ctrl+I 斜体
下線を引く Ctrl+U 下線

リンク

アクションショートカットキー使用例
リンクの挿入・編集 Ctrl+L リンク

リスト

アクションショートカットキー使用例
インデント追加 Tab
  • リスト
    • インデント
インデント解除 Shift+Tab リスト
  • インデント

編集補助

アクションショートカットキー
行ったアクションを取り消す Ctrl+Z
取り消したアクションをやり直す Ctrl+Y, Shift+Ctrl+Z
改行を追加する Shift+Enter
クリップボードに切り取る Ctrl+X
クリップボードにコピーする Ctrl+C
クリップボードから貼り付ける Ctrl+V
すべて選択する Ctrl+A

移動

アクションショートカットキー
行の先頭に移動する Home
文章の先頭に移動する Ctrl+Home
行の末尾に移動する End
文章の末尾に移動する Ctrl+End
ページを上にスクロールする PageUp
ページを下にスクロールする PageDown
任意のキーワードを検索する Ctrl+F