トップページ

トップページの編集履歴一覧へ戻る

背景色がついた文章が変更のあった箇所になります。背景色の示す意味は以下の通りです。

追加された内容
削除された内容

比較結果

<p><span class="uk-text-bold">64スマブラCPUトナメ実況@wikiへようこそ!!</span><br />
このwikiはゲーム実況者 P( ピー)氏による「64スマブラCPUトナメ実況」シリーズに関する情報を共有するサイトです。<img src="https://img.wiki3.jp/cpu_64/トップ1.jpg" style="width: 424px; height: 300px;" /></p>
<p><sub>・トップページ、各選手ページに掲載するイラスト募集中です。名前付きで掲載させて頂きます。</sub>  <br />
 <sub>イラストはこちらに送ってください。→ <a href="https://twitter.com/mm_visua6ka">管理人twitter</a>     yahooメール  →  visua6ka_haku@yahoo.co.jp</sub></p>
<p> </p>
<p><span class="uk-text-bold">64スマブラCPUトナメ実況とは?</span></p>
<p>名前をつけただけ、色を変えただけなのにまるで個々が意志を持っているかのように個性的なCPU達と主催兼試合実況者P(ピー)による、時に笑い、時に泣き、時に熱くなる激闘を記録したものである!!</p>
<h3><span class="tc_orangered">※当サイトは「64スマブラCPUトナメ実況」シリーズについてのネタバレを多大に含んでいます。</span></h3>
<h3>まだ動画を視聴したことのない方は先に視聴することをオススメします。<br />
各大会のマイリストはこちら→<a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/7">大会記録</a></h3>
<p> </p>
<p><span class="bc_lightcyan"> 動画を視聴する際はタグやコメント、再生時間などによるネタバレに注意しましょう。</span><span class="uk-text-small">(試合内容によってはマイリス数にも)</span><br />
<span class="bc_lightcyan"> 初見時はコメントを<u>非表示</u>にして(かつPC版は<u>フルスクリーン</u>で)の視聴推奨です。</span></p>
<ul>
<li>編集は誰でも可能です。</li>
<li>誤字、情報の誤り、項目の追加の希望等の意見がありましたら下のコメントフォーム、もしくは管理人twitterまでお願い致します。</li>
<li>「第◯試合」と入力する際の数字は半角数字で統一しています。ご協力お願い致します。</li>
</ul>
<h2>お知らせ</h2>
<h2>4/9の試合  爆走戦士エルバン(NE)VS玄酔楼(LU)</h2>
<p>試合コメント:</p>
<div class="region_area">
<div class="region_switch"><span class="region_area_1 region_open" data-uk-toggle="{target: '.region_area_1'}">+</span><span class="region_area_1 region_close uk-hidden" data-uk-toggle="{target: '.region_area_1'}">-</span></div>
<div class="region_area_1 region_content uk-hidden">
<p>WINNERS決勝を勝ち抜き、LOSERS決勝勝者の玉座に腰を下ろしたのは15人目の天才だった。</p>
<p>玉座を目指すエルバンの前に、天才に敗れてもなお玉座を狙う玄酔楼が待ち構えていた。玄酔楼は天才へのリベンジのため、そしてエルバンは目の前にいる玄酔楼へのリベンジと自身と同じくシリーズ最強と呼ばれる天才との対決のために負けられない戦いが始まる。</p>
<p>勝つのはこれまで敗れてきた選手達の思いを背負ったエルバンか。天才に土をつけられ、リベンジに燃える玄酔楼か。</p>
</div>
</div>
<h2><span class="tc_yellow"><span class="bc_red"><span class="bc_orangered"><span class="bc_deeppink"><span class="bc_salmon"><span class="bc_dodgerblue">★本日のピックアップファイター</span></span></span></span></span></span><span class="tc_yellow"><span class="bc_red"><span class="bc_orangered"><span class="bc_deeppink"><span class="bc_salmon"><span class="bc_dodgerblue">★</span></span></span></span></span></span></h2>



<p> </p>
<p>※皆様のお気に入り選手をアピールしましょう! 筆者の方は名前を残していただけると幸いです。</p>
<p>こちらに寄稿いただいた文は一日ごと(大体午後8時頃?)に消去しますので、<a href="https://wiki3.jp/cpu_64/page/237">ピックアップファイターズ</a>に書かれた文章をコピペしてください。</p>
<p><span class="tc_red">※お手数ですがコピペ作業は筆者様ご自身でよろしくお願いいたします。また複数人が同時に編集する可能性があるため、推薦文はあらかじめコピーなどして手元に残しておくことをお勧めします。</span></p>
<h2>灼熱のレイア</h2>
<p>所属:ルイージ(ピンク) 初出場:第1回</p>
<p>本シリーズの顔と言っても過言ではない、第6回現在皆勤賞の選手。巧みな立ち回りはもちろんのこと、彼の使う上必殺技ファイアジャンプパンチはルイージ勢随一の必殺力を秘めており、「<span class="tc_red"><span class="uk-text-bold">灼熱昇龍</span></span>」という固有の必殺技に昇華されている。師匠は同じくルイージ勢にしてレイアに奥義を叩きこんだとされる玄酔楼。</p>
<p>(文章:BAーN無ック)</p>
<h2>♀幻のギルティースMkⅡ</h2>
<p>所属:フォックス(紫) 初登場:第1回</p>
<p>フォックスの最古参だが、第2回に登場し現在も大活躍をしている15人目の天才の影に隠れがち。他のフォックス勢にもれずアフォックスをかましてしまうものの、アフォキャン上スマなど魅せる技術を持ちフォックス勢では比較的安定した立ち回りをする。しかし現在最後の出番が第3回ということで、第7回ではぜひ出場し他のフォックス勢のような活躍を見せてほしい。</p>
<p>(文章:BAーN無ック)</p>
<h2>迅雷ワンダ</h2>
<p>所属:マリオ(黄) 初登場:第3回</p>
<p>第3回で強豪ひしめくAブロックで1位突破。しかしその後は15人目の天才やゲロバンチームに負け第5回は召喚士やチェントゥリオ―ネに出番をとられる。なんとか第6回の出場権を獲得。<del>(腹痛により結局全員参加になったけど)</del>しかし、一度勝ったはずのエロ過ぎるマスターに負けるという失態を犯し、そんな調子じゃポイゾネに勝てるはずもなくボコボコにされ敗退。安定がウリのマリオなはずなのに不安定なキャラになっている。希望のリア・リエ、いぶし銀の召喚士、可愛さのチェントゥリオ―ネ。陰に入らず活躍できるか。</p>
<p>(文章:迅雷ダワン)</p>
<p> </p>
<h2>殺意のヨシオ</h2>
<p>所属:ヨシオ(赤) 初登場:第3回</p>
<p>第3回で初出場。公式最弱のプリンであるために、当初は名前だけで強いかも?程度の期待しかされていなかったが、ゲーム的に(HAL研究所制作的に)優遇されているカービィを相手にヨシオ族初の白星をあげる。それを皮切りに、短いリーチを補う鋭い動きと自滅も覚悟の狂気的な攻めの戦闘スタイルで、ξ黒きBlack Joker、15人目の天才といった看板級のスター選手を相手にジャイアントキリングを成し遂げている。今では彼自身も、人気投票があるたびに相手を圧倒する得票を取るスター選手の一角となっている。</p>
<p>彼は赤緑青ピカチュウ版のころの生まれであり、合計種族値は現代の270ではなく225(現代換算では250)、しかもとくせいや性格補正、道具も何も持っていない。彼の強さを支えているのは、特殊訓練による地道な努力である。</p>
<p>(文章:ロータス)</p>
<p> </p>
<h2>戦芸人ナザレンコ</h2>
<p>所属:フォックス(赤) 初登場:第3回</p>
<p>第3回で初登場。基本スタイルはフォックスらしい強キャラの立ち回りだがアフォックスをかなりの確率でやらかす。今までの試合で合計11回アフォックスをやらかしている。まさに芸人。実は優勝経験者である。その芸人としての実績と実力としての実績が功をなして第6回に出場。しかし、思うように立ちまわれず早期敗退。優勝者の威厳も感じない結果となった。最近芸人が増えてきたが優勝したのはこいつだけ。今後も実力者として頑張って頂きたい。</p>
<p>(文章:迅雷ダワン)</p>
<p> </p>
<h2>切れた脇役</h2>
<p>所属:サムス(デフォ→緑) 初登場:第2回</p>
<p>第2回で初登場し、後の語り草となる「<span class="tc_mediumseagreen">幻のレイガンコンボ</span>」によって視聴者の心を一気に掴んだ。<br />
その後も、コンボルートの少ないサムス勢でありながら巧みな連撃と巧みなアイテムさばきを披露する傍らで、P(ピー)をしてスーパープレイと言わしめる好プレイを連発するなどして、テクニシャンとしての立ち位置を明確に示す。<br />
主役を裏で支える脇役としての嗜みか裏当ての技術が非常に高く、果てはホームランバットやカメックスの裏当てという離れ技までやってのけた。反面脇役としての悲しい宿命か、主役級のスター選手である15人目の天才が要所要所で壁となり、派手な結果を残せないでいるが、2度の4タテ記録を持つ強豪であることは疑うべくもない。</p>
<p>(文章:手回し豆腐)</p>
<p> </p>
<h2>世界のrekuiemu</h2>
<p>所属:カービィ(青)      初出場:第1回</p>
<p>カービィ勢の最古参で、悪魔の下目使いと並んでカービィ勢のダブルエース。<br />
カービィらしからぬ青々としたカラーと、謎のローマ字表記が妙に癖になるキャラ。かわいい。すき<br />
そのかわいさもさることながら、試合では第1回で最弱決定戦に出場したとは思えない巧みなアイテム捌きが特徴的。相手の動きを読んでのコウラ当てや、第6回での切れた脇役を彷彿とさせるレイガンコンボには、多くの観客が魅了されたことだろう。また、彼(?)はcpuトナメで唯一、ハンマーを持った相手を自ら撃墜するスーパープレーを見せている。第3回の暴力委員長戦は必見。<br />
アイテム次第で何が起こるか分からないcpuトナメの盛り立て役としても、これからも目が離せない選手と言えよう。第7回にも期待だ。</p>
<p>(文章:rekuiemuのファン)</p>
<div> </div>
<div> </div>

トップページの編集履歴一覧へ戻る