Cindy オブザイヤー(2018-09-17 13:24:00)

Cindy オブザイヤーの編集履歴一覧へ戻る

2018-09-17 13:24:00更新でのソースとプレビューを表示しています。
この内容に復元したい場合は、「この内容に復元する」ボタンを押してください。


プレビューを確認する


ソース

Cindyオブザイヤー(非公式略称:COY)は、Cindyの開設記念日に合わせて開催されるイベントである。

※Cindy開設記念日については「明確に決めるのは難しい(管理人のはやてさん談)」のだが、サイトの利用が可能となった9月30日が開設記念日であるという認識に従い、開催スケジュールを決めている。

<hr>○ 目次
<a href = "#rule">■ ルール</a>
 <a href = "#mokuteki">☆ 開催の目的</a>
 <a href = "#tejun">☆ 開催手順</a>
<a href = "#temp">■ テンプレート</a>
<a href = "#award">■ 称号と部門賞</a>
<a href = "#list">■ 開催記録</a>
 <a href = "#2018">□ 2018年</a>
 <a href = "#2019">□ 2019年</a>
 <a href = "#2020">□ 2020年</a><hr><hr>
<h3 id= "rule"; style="color:#000; background-color:#cf9;">■ ルール</h3>
おおむね以下のようなルールで開催されている。
ただしあくまでも暫定であり、ユーザーの意見や状況に応じてルールを変更することは可能である。
<h4 id="mokuteki">☆ 開催の目的</h4>
前年10月1日から本年9月30日までの1年間に出題された問題の中から優秀な問題を推薦し、ユーザーの投票によって受賞問題を決めることを目的とする。
<h4 id="tejun">☆ 開催手順</h4><ol><li>開催者は10月1日に新形式で「投稿所」を出題し、各ユーザーは質問欄にて推薦文と共に問題を推薦する。ユーザー1人が推薦できる問題数の上限は開催者が事前に決定し、問題に明記する。部門賞等の推薦についても、ある程度告知しておくことが望ましい。</li>
<li>推薦期間終了後、開催者は投票所を設置する。(新形式で出題すると楽だが、他サイトやDMによる投票等の利用や併用は自由。)ユーザーは推薦された問題の中から好きな問題を選んで投票することができるが、投票制限(投票数、自分が推薦した問題への投票の可否等)については開催者の定めに従うことになる。(よって集計方法等に特別なルールがある場合は投票期間前までに告知することが望ましい。)</li>
<li>投票期間終了後、開催者は投票結果を集計して受賞作品を発表する。</li></ol><hr>
<h3 id= "temp"; style="color:#000; background-color:#cf9;">■ テンプレート</h3>
以下は、2018年Cindyオブザイヤーを元にしたテンプレートである。
使用の際は※部分を適宜書き換える。
なお、テンプレートを使用するか否かは開催者の自由とする。
<h4 style="color:#c0c"><b>テンプレートここから ↓</b></h4>
Cindy※周年おめでとうございます!!!

2017年9月30日に、管理人はやてさんによって制作・公開された早※年を迎えました。
昨年の[Cindyオブザイヤー](https://www.cindythink.com/puzzle/※)から新たな1年を経て、昨日までに※問の問題が出題されました。

Cindyオブザイヤーは、この1年を振り返り、記憶と心に残る問題を皆で賞賛するイベントです。

評価制度としてスターはありますが、スターの数に関わりなく、自分では一番好き、心に残っている、という問題はあるはず。
そんな問題を、好きの思いを込めた言葉とともに推薦していってください! あなたの推薦で、その問題を初めて知る人がいるかもしれません。
もちろんこの機会に過去問を読み返して発掘するのもよしです。

【推薦方法】 期間 ※年10月1日~※年10月※日※時
・問題(ジャンル不問)を挙げて、その問題のどこがいいのか、どう好きなのかを語ってください。文章が長くなっても問題ありません。むしろ望むところ。
・※年10月1日0:00〜※年9月30日23:59までに出題された問題が対象となります。(解決された問題ではないので注意)
・1人あたりの推薦数は最大※問とします。
・すでに推薦されている問題は推薦できません。早い者勝ちです。好きな問題の推薦はお早めに。
・部門にノミネートすることができます(任意)。部門についてはメモ欄をご参照ください。
・投票(後述)の結果、入賞した問題を推薦した方には、正解ないし良質を進呈。
・推薦文は以下のフォーマットでお願いします。
はやてさんの「ウミガメのスープ」 https://www.cindythink.com/puzzle/show/1
ウミガメのスープを口にしたときの男の驚きととまどいを思うとぞっとします。永遠のナンバーワン。
ストーリー部門、チャーム部門推薦。

【投票方法】 期間 ※年※月※日~※年※月※日※時
・推薦された問題のうち、「いい!」と思ったものに投票してください。
・投票用の闇問題を設置しますので、そちらでお願いします。
・1人あたり最大投票数は※票~※票(推薦総数を見て決めます)。


最多得票の問題は「Cindyオブザイヤー」となり、作者には「☆Cindyオブザイヤー(※西暦※)」の称号が与えられます。
また、各部門で得票が多かった問題はそれぞれ表彰され、一部の部門では称号が授与されます。(トリック、ストーリー部門は確定。)

最近Cindyを知ったばかりの方も、推薦を見れば1年間総分かりです。 すごいと思った問題に投票だけでももちろんOKです。

【スペシャルサンクス:『ラテシンオブザイヤー』 http://sui-hei.net/mondai/show/29841 】

それでは、Cindy オブザイヤー※西暦※、開幕です!
<h4 style="color:#c0c"><b>テンプレートここまで ↑</b></h4>

[<a href = "#top">▲TOPに戻る</a>]<hr>
<h3 id="award"; style="color:#000; background-color:#cf9;">■ 称号と部門賞</h3>
Cindyオブザイヤーでは、以下のような賞の受賞作品を決定し、問題の出題者に称号を与えることができる。
|CENTER:80|LEFT:350|LEFT:170|c
|BGCOLOR(#ffdddd):<b>部門名</b>|BGCOLOR(#ffdddd):CENTER:<b>詳細</b>|BGCOLOR(#ffdddd):CENTER:<b>獲得称号</b>|
|Cindyオブザイヤー|COLOR(green):投票結果によりその年度において最も優れていたとされた問題。|<b>☆Cindyオブザイヤー(西暦)</b>|
|トリック部門|COLOR(green): なんといっても、あっと驚くトリックはウミガメの華です。思いもよらない意外なアイディア、あるいは言葉を操る巧みな技術。「だまされた!」「そういうことだったのか!」解説を見て、思わずそう叫びたくなる問題に与えられる賞です。 |<b>★吉四六</b>|
|ストーリー部門|COLOR(green):「論理性と納得感がないとウミガメとは言えません。しかしそこに加えて、心動かされるストーリーがあればそれは素晴らしいことでしょう。解説が長くなくてはいけない、ということはありません。短くてもそこに物語は存在しえます。ときには心温まる、ときには心底ぞっとするストーリーを持つ問題に与えられる賞です。|<b>★三十五</b>|
|チャーム部門|COLOR(green): 問題はまず、参加してもらわなければ始まりません。「なにこれ?!」と思わせる問題文には人が集まってくるでしょう。あるいは常識を破壊する矛盾、あるいは不可解極まるシチュエーション、あるいは言葉にできない異様な雰囲気。一目見ただけで「解いてみたい!」と思わせる問題文に与えられる賞です。<br>※「~ますか?」イベントでの問題文指定による出題作は除きます。|<b>★玉三郎</b>|
|実用性部門|COLOR(green): 問題としてよくできているだけでなく、「このアイディア、いつか使えるかも!」日々の生活にも生かせる可能性を持つアイディアに与えられる賞です。|<b>★木手英一</b>|
|洗練部門|COLOR(green):問題を作る時、私達はいつも悩まされます。もっと推敲を重ねればもっと良い問題文になるのではないかと。そんな数多の思考を巡らされた結果、無駄なくスマートに、それでいて問題が破綻しない素晴らしい文章を練り上げた方に与えられる賞です。 |<b>★正岡子規</b>|
|日常の謎部門|COLOR(green):日常にありふれている何気ない行為。それを切り取り文章に書き起こすだけで、一つの謎が生み出されます。そんな日常に潜む謎に言及し見事に仕上げられた問題に与えられる賞です。|<b>★一茶</b>|

[<a href = "#top">▲TOPに戻る</a>]<hr>
<h3 id= "list"; style="color:#000; background-color:#cf9;">■ 開催記録</h3>
<h4 id="2018">□ 2018年</h4><hr>主催者: GoTo_Label

【推薦の部】
推薦対象問題数: 2324問
オブザイヤー推薦方法: 推薦文投稿(自薦については言及なし)
推薦数: 1人5問まで
他者の推薦した問題の推薦: 不可(早いもの勝ち)
各部門賞推薦: オブザイヤー推薦文に併記可能
参照ページ: [[Cindy オブザイヤー 2018>https://www.cindythink.com/puzzle/2333]]

【投票の部】
投票対象問題数: 70問
投票方法: 投票所への投稿もしくは主催者へのダイレクトメッセージ
オブザイヤー投票可能数: 5票以内/1人
部門賞投票: 不可
自分が推薦した問題への投票: 可
同じ問題への複数投票: 不可
投票理由の記載: 歓迎
参照ページ: [[Cindy オブザイヤー 2018 投票所>https://www.cindythink.com/puzzle/2422]]

【集計の部】
オブザイヤー受賞作: オブザイヤー得票数が最大の作品。複数あった場合は複数受賞。
各部門賞受賞作: 推薦文で該当部門賞の推薦があった作品中、オブザイヤー得票数が最大で、かつ得票数が5票以上。複数あった場合は複数受賞。

【結果】
★Cindyオブザイヤー(同ポイントのため3作品受賞)
 <b>さるぼぼ「[[白に白>https://www.cindythink.com/puzzle/show/42]]」</b>
 <b>白露もみじ「[[カメオは死んだ>https://www.cindythink.com/puzzle/show/658]]」</b>
 <b>日比野「[[私の一張羅>https://www.cindythink.com/puzzle/show/1619]]」</b>

★部門賞
☆トリック部門
 <b>さるぼぼ「[[白に白>https://www.cindythink.com/puzzle/show/42]]」</b>
 <b>白露もみじ「[[カメオは死んだ>https://www.cindythink.com/puzzle/show/658]]」</b>
☆ストーリー部門
 <b>白露もみじ「[[カメオは死んだ>https://www.cindythink.com/puzzle/show/658]]」</b>
☆チャーム部門
 <b>さるぼぼ「[[白に白>https://www.cindythink.com/puzzle/show/42]]」</b>
 <b>白露もみじ「[[カメオは死んだ>https://www.cindythink.com/puzzle/show/658]]」</b>
 <b>日比野「[[私の一張羅>https://www.cindythink.com/puzzle/show/1619]]」</b>
☆実用性部門
 <b>GoTo_Label「[[目玉商品>https://www.cindythink.com/puzzle/show/413]]」</b>
☆洗練部門
 <b>日比野「[[私の一張羅>https://www.cindythink.com/puzzle/show/1619]]」</b>
☆日常の謎部門
 <b>日比野「[[私の一張羅>https://www.cindythink.com/puzzle/show/1619]]」</b>

[<a href = "#top">▲TOPに戻る</a>]<hr>
<h4 id="2019">□ 2019年</h4><hr>主催者: エルナト

【推薦の部】
推薦対象問題数: 1298問
オブザイヤー推薦方法: 推薦文投稿(自薦については言及なし)
推薦数: 1人5問まで
他者の推薦した問題の推薦: 不可(早いもの勝ち)
各部門賞推薦: オブザイヤー推薦文に併記可能
参照ページ: [[Cindy オブザイヤー 2019>https://www.cindythink.com/puzzle/3619]]

【投票の部】
投票対象問題数: 42問
投票方法: 投票所への投稿もしくは主催者へのダイレクトメッセージ
オブザイヤー投票可能数: 5票以内/1人
部門賞投票: 1票以内/1人(部門を1個だけ選び、1票だけ投票)
自分が推薦した問題への投票: 可
同じ問題への複数投票: オブザイヤーを複数投票は不可。オブザイヤー+部門賞は可
投票理由の記載: 歓迎
参照ページ: [[Cindy オブザイヤー 2019 投票所>https://www.cindythink.com/puzzle/3697]]

【集計の部】
オブザイヤー受賞作: オブザイヤー得票数が最大の作品
各部門賞受賞作: 「推薦文で該当部門賞の推薦があった作品」および「投票で該当部門賞の得票があった作品」のうち、部門賞ptが最大で、かつ5pt以上の作品。複数あった場合は複数受賞。 ※部門賞pt=(オブザイヤー得票数)+(該当部門賞得票数×2)

【結果】
★Cindyオブザイヤー
 <b>TATATO「[[達筆すぎて読めない文字は現代アート>https://www.cindythink.com/puzzle/show/3207]]」</b>

★部門賞
☆トリック部門
 <b>さるぼぼ「[[豚に真珠なの!>https://www.cindythink.com/puzzle/show/3094]]」</b>
☆ストーリー部門
 該当作なし
☆チャーム部門
 <b>tomo「[[私が殺した男>https://www.cindythink.com/puzzle/show/3276]]」</b>
 <b>TATATO「[[達筆すぎて読めない文字は現代アート>https://www.cindythink.com/puzzle/show/3207]]」</b>
☆実用性部門
 <b>アシカ「[[旅のお供に林檎を一つ>https://www.cindythink.com/puzzle/show/3157]]」</b>
☆洗練部門
 <b>tomo「[[私が殺した男>https://www.cindythink.com/puzzle/show/3276]]」</b>
☆日常の謎部門
 該当作なし

[<a href = "#top">▲TOPに戻る</a>]<hr>
<h4 id="2020">□ 2020年</h4><hr>主催者: 人参

【推薦の部】<span style="color:red;"><b>※開催中</b></span>
推薦対象問題数: 1339問
オブザイヤー推薦方法: 推薦文投稿(自薦については言及なし)
推薦数: 1人5問まで
他者の推薦した問題の推薦: 不可(早いもの勝ち)
各部門賞推薦: オブザイヤー推薦文に併記可能
参照ページ: [[Cindy オブザイヤー 2020>https://www.cindythink.com/puzzle/4960]]

[<a href = "#top">▲TOPに戻る</a>]<hr>
}

プレビュー

Cindyオブザイヤー(非公式略称:COY)は、Cindyの開設記念日に合わせて開催されるイベントである。


※Cindy開設記念日については「明確に決めるのは難しい(管理人のはやてさん談)」のだが、サイトの利用が可能となった9月30日が開設記念日であるという認識に従い、開催スケジュールを決めている。



○ 目次
■ ルール
 ☆ 開催の目的
 ☆ 開催手順
■ テンプレート
■ 称号と部門賞
■ 開催記録
 □ 2018年
 □ 2019年
 □ 2020年


■ ルール


おおむね以下のようなルールで開催されている。
ただしあくまでも暫定であり、ユーザーの意見や状況に応じてルールを変更することは可能である。

☆ 開催の目的


前年10月1日から本年9月30日までの1年間に出題された問題の中から優秀な問題を推薦し、ユーザーの投票によって受賞問題を決めることを目的とする。

☆ 開催手順

  1. 開催者は10月1日に新形式で「投稿所」を出題し、各ユーザーは質問欄にて推薦文と共に問題を推薦する。ユーザー1人が推薦できる問題数の上限は開催者が事前に決定し、問題に明記する。部門賞等の推薦についても、ある程度告知しておくことが望ましい。

  2. 推薦期間終了後、開催者は投票所を設置する。(新形式で出題すると楽だが、他サイトやDMによる投票等の利用や併用は自由。)ユーザーは推薦された問題の中から好きな問題を選んで投票することができるが、投票制限(投票数、自分が推薦した問題への投票の可否等)については開催者の定めに従うことになる。(よって集計方法等に特別なルールがある場合は投票期間前までに告知することが望ましい。)

  3. 投票期間終了後、開催者は投票結果を集計して受賞作品を発表する。


■ テンプレート


以下は、2018年Cindyオブザイヤーを元にしたテンプレートである。
使用の際は※部分を適宜書き換える。
なお、テンプレートを使用するか否かは開催者の自由とする。

テンプレートここから ↓


Cindy※周年おめでとうございます!!!


2017年9月30日に、管理人はやてさんによって制作・公開された早※年を迎えました。
昨年の[Cindyオブザイヤー](https://www.cindythink.com/puzzle/※)から新たな1年を経て、昨日までに※問の問題が出題されました。


Cindyオブザイヤーは、この1年を振り返り、記憶と心に残る問題を皆で賞賛するイベントです。


評価制度としてスターはありますが、スターの数に関わりなく、自分では一番好き、心に残っている、という問題はあるはず。
そんな問題を、好きの思いを込めた言葉とともに推薦していってください! あなたの推薦で、その問題を初めて知る人がいるかもしれません。
もちろんこの機会に過去問を読み返して発掘するのもよしです。


【推薦方法】 期間 ※年10月1日~※年10月※日※時

  • 問題(ジャンル不問)を挙げて、その問題のどこがいいのか、どう好きなのかを語ってください。文章が長くなっても問題ありません。むしろ望むところ。
  • ※年10月1日0:00〜※年9月30日23:59までに出題された問題が対象となります。(解決された問題ではないので注意)
  • 1人あたりの推薦数は最大※問とします。
  • すでに推薦されている問題は推薦できません。早い者勝ちです。好きな問題の推薦はお早めに。
  • 部門にノミネートすることができます(任意)。部門についてはメモ欄をご参照ください。
  • 投票(後述)の結果、入賞した問題を推薦した方には、正解ないし良質を進呈。
  • 推薦文は以下のフォーマットでお願いします。

はやてさんの「ウミガメのスープ」 https://www.cindythink.com/puzzle/show/1
ウミガメのスープを口にしたときの男の驚きととまどいを思うとぞっとします。永遠のナンバーワン。
ストーリー部門、チャーム部門推薦。


【投票方法】 期間 ※年※月※日~※年※月※日※時

  • 推薦された問題のうち、「いい!」と思ったものに投票してください。
  • 投票用の闇問題を設置しますので、そちらでお願いします。
  • 1人あたり最大投票数は※票~※票(推薦総数を見て決めます)。


最多得票の問題は「Cindyオブザイヤー」となり、作者には「☆Cindyオブザイヤー(※西暦※)」の称号が与えられます。
また、各部門で得票が多かった問題はそれぞれ表彰され、一部の部門では称号が授与されます。(トリック、ストーリー部門は確定。)


最近Cindyを知ったばかりの方も、推薦を見れば1年間総分かりです。 すごいと思った問題に投票だけでももちろんOKです。


【スペシャルサンクス:『ラテシンオブザイヤー』 http://sui-hei.net/mondai/show/29841


それでは、Cindy オブザイヤー※西暦※、開幕です!

テンプレートここまで ↑


[▲TOPに戻る]



■ 称号と部門賞


Cindyオブザイヤーでは、以下のような賞の受賞作品を決定し、問題の出題者に称号を与えることができる。

部門名詳細獲得称号
Cindyオブザイヤー投票結果によりその年度において最も優れていたとされた問題。☆Cindyオブザイヤー(西暦)
トリック部門 なんといっても、あっと驚くトリックはウミガメの華です。思いもよらない意外なアイディア、あるいは言葉を操る巧みな技術。「だまされた!」「そういうことだったのか!」解説を見て、思わずそう叫びたくなる問題に与えられる賞です。 ★吉四六
ストーリー部門「論理性と納得感がないとウミガメとは言えません。しかしそこに加えて、心動かされるストーリーがあればそれは素晴らしいことでしょう。解説が長くなくてはいけない、ということはありません。短くてもそこに物語は存在しえます。ときには心温まる、ときには心底ぞっとするストーリーを持つ問題に与えられる賞です。★三十五
チャーム部門 問題はまず、参加してもらわなければ始まりません。「なにこれ?!」と思わせる問題文には人が集まってくるでしょう。あるいは常識を破壊する矛盾、あるいは不可解極まるシチュエーション、あるいは言葉にできない異様な雰囲気。一目見ただけで「解いてみたい!」と思わせる問題文に与えられる賞です。
※「~ますか?」イベントでの問題文指定による出題作は除きます。
★玉三郎
実用性部門 問題としてよくできているだけでなく、「このアイディア、いつか使えるかも!」日々の生活にも生かせる可能性を持つアイディアに与えられる賞です。★木手英一
洗練部門問題を作る時、私達はいつも悩まされます。もっと推敲を重ねればもっと良い問題文になるのではないかと。そんな数多の思考を巡らされた結果、無駄なくスマートに、それでいて問題が破綻しない素晴らしい文章を練り上げた方に与えられる賞です。 ★正岡子規
日常の謎部門日常にありふれている何気ない行為。それを切り取り文章に書き起こすだけで、一つの謎が生み出されます。そんな日常に潜む謎に言及し見事に仕上げられた問題に与えられる賞です。★一茶

[▲TOPに戻る]



■ 開催記録


□ 2018年


主催者: GoTo_Label


【推薦の部】
推薦対象問題数: 2324問
オブザイヤー推薦方法: 推薦文投稿(自薦については言及なし)
推薦数: 1人5問まで
他者の推薦した問題の推薦: 不可(早いもの勝ち)
各部門賞推薦: オブザイヤー推薦文に併記可能
参照ページ: Cindy オブザイヤー 2018


【投票の部】
投票対象問題数: 70問
投票方法: 投票所への投稿もしくは主催者へのダイレクトメッセージ
オブザイヤー投票可能数: 5票以内/1人
部門賞投票: 不可
自分が推薦した問題への投票: 可
同じ問題への複数投票: 不可
投票理由の記載: 歓迎
参照ページ: Cindy オブザイヤー 2018 投票所


【集計の部】
オブザイヤー受賞作: オブザイヤー得票数が最大の作品。複数あった場合は複数受賞。
各部門賞受賞作: 推薦文で該当部門賞の推薦があった作品中、オブザイヤー得票数が最大で、かつ得票数が5票以上。複数あった場合は複数受賞。


【結果】
★Cindyオブザイヤー(同ポイントのため3作品受賞)
 さるぼぼ「白に白
 白露もみじ「カメオは死んだ
 日比野「私の一張羅


★部門賞
☆トリック部門
 さるぼぼ「白に白
 白露もみじ「カメオは死んだ
☆ストーリー部門
 白露もみじ「カメオは死んだ
☆チャーム部門
 さるぼぼ「白に白
 白露もみじ「カメオは死んだ
 日比野「私の一張羅
☆実用性部門
 GoTo_Label「目玉商品
☆洗練部門
 日比野「私の一張羅
☆日常の謎部門
 日比野「私の一張羅


[▲TOPに戻る]



□ 2019年


主催者: エルナト


【推薦の部】
推薦対象問題数: 1298問
オブザイヤー推薦方法: 推薦文投稿(自薦については言及なし)
推薦数: 1人5問まで
他者の推薦した問題の推薦: 不可(早いもの勝ち)
各部門賞推薦: オブザイヤー推薦文に併記可能
参照ページ: Cindy オブザイヤー 2019


【投票の部】
投票対象問題数: 42問
投票方法: 投票所への投稿もしくは主催者へのダイレクトメッセージ
オブザイヤー投票可能数: 5票以内/1人
部門賞投票: 1票以内/1人(部門を1個だけ選び、1票だけ投票)
自分が推薦した問題への投票: 可
同じ問題への複数投票: オブザイヤーを複数投票は不可。オブザイヤー+部門賞は可
投票理由の記載: 歓迎
参照ページ: Cindy オブザイヤー 2019 投票所


【集計の部】
オブザイヤー受賞作: オブザイヤー得票数が最大の作品
各部門賞受賞作: 「推薦文で該当部門賞の推薦があった作品」および「投票で該当部門賞の得票があった作品」のうち、部門賞ptが最大で、かつ5pt以上の作品。複数あった場合は複数受賞。 ※部門賞pt=(オブザイヤー得票数)+(該当部門賞得票数×2)


【結果】
★Cindyオブザイヤー
 TATATO「達筆すぎて読めない文字は現代アート


★部門賞
☆トリック部門
 さるぼぼ「豚に真珠なの!
☆ストーリー部門
 該当作なし
☆チャーム部門
 tomo「私が殺した男
 TATATO「達筆すぎて読めない文字は現代アート
☆実用性部門
 アシカ「旅のお供に林檎を一つ
☆洗練部門
 tomo「私が殺した男
☆日常の謎部門
 該当作なし


[▲TOPに戻る]



□ 2020年


主催者: 人参


【推薦の部】※開催中
推薦対象問題数: 1339問
オブザイヤー推薦方法: 推薦文投稿(自薦については言及なし)
推薦数: 1人5問まで
他者の推薦した問題の推薦: 不可(早いもの勝ち)
各部門賞推薦: オブザイヤー推薦文に併記可能
参照ページ: Cindy オブザイヤー 2020


[▲TOPに戻る]



ソースを確認する


Cindy オブザイヤーの編集履歴一覧へ戻る