Cindy オブザイヤー(2018-11-03 20:28:03)

Cindy オブザイヤーの編集履歴一覧へ戻る

2018-11-03 20:28:03更新でのソースとプレビューを表示しています。
この内容に復元したい場合は、「この内容に復元する」ボタンを押してください。


プレビューを確認する


ソース

**Cindy オブザイヤー。
それは、Cindyのこの1年を振り返り、記憶と心に残る問題を皆で賞賛するイベントです。
普段のスターとは違い、回答などが印象的な問題を推薦するのもOKです。
「あ、こんな問題もあったんだ!」そんな発見が必ずあるはずです。

&color(blue) {Cindy オブザイヤーは、「ラテシンオブザイヤー」(最後の開催は http://sui-hei.net/mondai/show/29841)を参考にさせていただいています。Cindyならではの発展と進化を目指したいと思います。}

***<2018年>
&image(1sta.jpg, width=364, height=108)

&bold(){イベント概要(2018/9/29 リリース候補版)}

<span style="color:#dc322f"><big>【推薦方法】 期間 2018/10/1~2018/10/21(終日)</big></span>
・問題(ジャンル不問)を挙げて、その問題のどこがいいのか、どう好きなのかを語ってください。文章が長くなっても問題ありません。むしろ望むところ。
・<b>2018年9月30日23時59分までに<span style="color:#dc322f">出題された</span>問題が対象となります。</b>(解決された問題ではないので注意)
・一人あたり推薦数は最大5問とします。
・すでに推薦されている問題は推薦できません。早い者勝ちです。好きな問題の推薦はお早めに。
・部門にノミネートすることができます(任意)。部門についてはメモ欄をご参考にして下さい。
・投票(後述)の結果、入賞した問題を推薦した方には、正解ないし良質を進呈。 
・推薦文は以下のフォーマットでお願いします。
<hr />はやてさんの「ウミガメのスープ」 https://www.cindythink.com/puzzle/show/1
ウミガメのスープを口にしたときの男の驚きととまどいを思うとぞっとします。永遠のナンバーワン。
ストーリー部門、チャーム部門推薦。<hr />

<span style="color:#dc322f"><big>【投票方法】 期間 2018/10/22~2018/10/28(終日)</big></span>
・推薦された問題のうち、「いい!」と思ったものに投票してください。 
・投票用の闇問題を設置しますので、そちらでお願いします。
・一人あたり最大投票数は5票~10票(推薦総数を見て決めます)。 
<hr />
&bold(){【各賞については以下のとおりだが、問題文に書くと煩雑になるので、メモ欄に記載する予定】}
・グランプリ(最多得票):☆Cindyオブザイヤー2018
・トリック部門:★吉四六
・ストーリー部門:★三十五
以上3つには、それぞれ上に挙げた称号が与えられます(確定)。
部門は、推薦時に推薦者が指定する方法が候補ですが、他の方法も検討中です(他の方法の場合、投票者の手間がかかりすぎないのが条件だと思っています)。


<span style="color:#dc322f"><big>2018/11/2 追記</big></span>&br()
みなさまご参加ありがとうございました。
成立した部門はチャーム、日常の謎、実用性の3つとなりました。&br()
この3つの称号をどうしようかと考え、トリック(★吉四六)、ストーリー(★三十五)の称号を発案されたさるぼぼさんにお聞きしました。
すると、まず「吉四六」を最初に考えて、それからの数字つながりで「三十五」(作家の直木三十五から)を考えられたそうです。&br()
それを踏まえ、以下としようと思っているのですが、いかがでしょうか。&br()
&bold(){・チャーム→「★玉三郎」歌舞伎の坂東玉三郎から。}
&bold(){・日常の謎→「★一茶」日常的、庶民的な俳人の小林一茶から。}
&bold(){・実用性→→「★木手英一」キテレツ。 (これ一番悩んだ)}&br()
ご意見あればお願いします。11/4の夜くらいで決定したいと思います。

なお、今回ノミネートされた部門は、上記以外には以下の通りでした。ありがとうございました。
・斬新さ
・洗練
・回答・誘導
・ユーモア
・タイトル
・オマージュ
・イベント企画
・水平思考の例題
・シャープ
・納得感

&bold(){※本ページは、問題文の検討については後日削除し、受賞者の名前と作品名の記載ページに変更する予定です。}
}

プレビュー

Cindy オブザイヤー。

それは、Cindyのこの1年を振り返り、記憶と心に残る問題を皆で賞賛するイベントです。
普段のスターとは違い、回答などが印象的な問題を推薦するのもOKです。
「あ、こんな問題もあったんだ!」そんな発見が必ずあるはずです。


Cindy オブザイヤーは、「ラテシンオブザイヤー」(最後の開催は http://sui-hei.net/mondai/show/29841)を参考にさせていただいています。Cindyならではの発展と進化を目指したいと思います。


<2018年>


イベント概要(2018/9/29 リリース候補版)


【推薦方法】 期間 2018/10/1~2018/10/21(終日)

  • 問題(ジャンル不問)を挙げて、その問題のどこがいいのか、どう好きなのかを語ってください。文章が長くなっても問題ありません。むしろ望むところ。
  • 2018年9月30日23時59分までに出題された問題が対象となります。(解決された問題ではないので注意)
  • 一人あたり推薦数は最大5問とします。
  • すでに推薦されている問題は推薦できません。早い者勝ちです。好きな問題の推薦はお早めに。
  • 部門にノミネートすることができます(任意)。部門についてはメモ欄をご参考にして下さい。
  • 投票(後述)の結果、入賞した問題を推薦した方には、正解ないし良質を進呈。
  • 推薦文は以下のフォーマットでお願いします。


はやてさんの「ウミガメのスープ」 https://www.cindythink.com/puzzle/show/1
ウミガメのスープを口にしたときの男の驚きととまどいを思うとぞっとします。永遠のナンバーワン。
ストーリー部門、チャーム部門推薦。


【投票方法】 期間 2018/10/22~2018/10/28(終日)

  • 推薦された問題のうち、「いい!」と思ったものに投票してください。
  • 投票用の闇問題を設置しますので、そちらでお願いします。
  • 一人あたり最大投票数は5票~10票(推薦総数を見て決めます)。



【各賞については以下のとおりだが、問題文に書くと煩雑になるので、メモ欄に記載する予定】

  • グランプリ(最多得票):☆Cindyオブザイヤー2018
  • トリック部門:★吉四六
  • ストーリー部門:★三十五

以上3つには、それぞれ上に挙げた称号が与えられます(確定)。
部門は、推薦時に推薦者が指定する方法が候補ですが、他の方法も検討中です(他の方法の場合、投票者の手間がかかりすぎないのが条件だと思っています)。



2018/11/2 追記

みなさまご参加ありがとうございました。
成立した部門はチャーム、日常の謎、実用性の3つとなりました。

この3つの称号をどうしようかと考え、トリック(★吉四六)、ストーリー(★三十五)の称号を発案されたさるぼぼさんにお聞きしました。
すると、まず「吉四六」を最初に考えて、それからの数字つながりで「三十五」(作家の直木三十五から)を考えられたそうです。

それを踏まえ、以下としようと思っているのですが、いかがでしょうか。

・チャーム→「★玉三郎」歌舞伎の坂東玉三郎から。
・日常の謎→「★一茶」日常的、庶民的な俳人の小林一茶から。
・実用性→→「★木手英一」キテレツ。 (これ一番悩んだ)

ご意見あればお願いします。11/4の夜くらいで決定したいと思います。


なお、今回ノミネートされた部門は、上記以外には以下の通りでした。ありがとうございました。

  • 斬新さ
  • 洗練
  • 回答・誘導
  • ユーモア
  • タイトル
  • オマージュ
  • イベント企画
  • 水平思考の例題
  • シャープ
  • 納得感

※本ページは、問題文の検討については後日削除し、受賞者の名前と作品名の記載ページに変更する予定です。


ソースを確認する


Cindy オブザイヤーの編集履歴一覧へ戻る