Tips:.blendファイルについてのメモ 編集

オプション
<p>&lt;&lt;<a href="https://wiki3.jp/blugjp/page/10">Tips</a></p> <h2>.blendファイルについてのメモ</h2> <p>Q.Blenderを使って出力したものは何か制限されますか?</p> <p>A. .blendファイル、画像などの<span class="uk-text-bold">出力されたファイルそのものには制限は設けてません。どのような目的にも使用することが可能です。</span></p> <ul> <li><a href="https://www.blender.org/support/faq/">https://www.blender.org/support/faq/</a></li> </ul> <h2>配布するときには</h2> <blockquote> <h2>Can I license .blend files myself?</h2> <p><span class="uk-text-bold">Yes.</span>&nbsp;The output of Blender, in the form of .blend files, is considered program output, and the sole copyright of the user. The .blend file format only stores data definitions.<br /> In case you embed the .blend file with Python scripts, and the scripts provide bindings to other libraries or facilities, the next topic applies.</p> </blockquote> <blockquote> <h2>What about Add-ons or my Python scripts?</h2> <p>If you share or publish Python scripts &ndash; if they use the Blender API calls &ndash; have to be made available compliant to the GNU GPL as well.</p> </blockquote> <p>&nbsp;</p> <p>(<span class="uk-text-bold">BlenderPythonAPIを呼び出すコードはGPLライセンスの適用範囲</span>という前提で書いています。)</p> <div class="uk-overflow-container"> <table class="uk-table"> <thead> <tr> <th scope="col">&nbsp;</th> <th scope="col">&nbsp;</th> </tr> </thead> <tbody> <tr> <td>モデル、テクスチャ共にオリジナルのデータ</td> <td>制限はありません。ライセンスを自由に設定できます。</td> </tr> <tr> <td>モデルの全部または一部を<span class="uk-text-bold">流用</span>したデータ</td> <td>元データのライセンスを確認してください。<br /> 配布時に同じライセンスを適用する必要があるなどの条件が課されている場合があります。</td> </tr> <tr> <td>テクスチャの全部または一部を<span class="uk-text-bold">流用</span>したデータ</td> <td>元データのライセンスを確認してください。<br /> 配布時に同じライセンスを適用する必要があるなどの条件が課されている場合があります。</td> </tr> <tr> <td>音声の全部または一部を<span class="uk-text-bold">流用</span>したデータ</td> <td>元データのライセンスを確認してください。<br /> 配布時に同じライセンスを適用する必要があるなどの条件が課されている場合があります。</td> </tr> <tr> <td>テキストのフォント</td> <td>配布されていたフォントをCurveまたはMeshに使用する場合にはフォントのライセンスを確認してください。<span class="uk-text-bold">フォントグリフを抜き出した状態での使用を禁止する場合も</span>あります。</td> </tr> <tr> <td>Pythonコードが含まれている</td> <td>.blendファイル内に保存されたBlenderPythonAPIを呼び出すコードはGPLライセンスが適用されます。</td> </tr> <tr> <td>Rigifyバインド後のデータ</td> <td>リグをバインドしたときに&nbsp;rig_ui.py が作られ、.blendファイル内に保存されます。BlenderPythonAPIを呼び出すコードはGPLライセンスが適用されます。<br /> (ただし、例えばRigifyのボーンとスキニングのみでバインドしていなかったりする場合には気にする必要はありません。)</td> </tr> <tr> <td>アニメーションにドライバを使用</td> <td>標準のドライバ(モディファイア)では直接BlenderPythonAPIを呼び出していませんが、ドライバでBlenderPythonAPI関数を呼び出している場合にはその部分はGPLライセンスが適用されます。</td> </tr> <tr> <td>他に権利者がいる(二次創作)</td> <td><span class="uk-text-bold">元々の権利者の許諾</span>を得てください。<br /> なお、権利者が<span class="uk-text-bold">二次創作についてのガイドライン</span>を設けていて、その範囲内でのモデル作成を許諾している場合があります。</td> </tr> </tbody> </table> </div> <p>&nbsp;</p> <h1>配布時のライセンス</h1> <p>概要としては以下の通り。他の人が作ったデータの流用をする場合には自分が利用する時と、配布する時の条件が異なっていることがあるので十分に確認してください。</p> <ul> <li>全て自分で作ったものについては、自身で配布ライセンスを決めることができます。</li> <li>他の人の著作物を使用する場合には、元のライセンスを確認してください。 <ul> <li>使用の制限はないか?(そもそも改変禁止などと書かれていたら配布できません。)</li> <li>ライセンスを継承する必要があるか(禁止事項等も継承の必要があるか)</li> </ul> </li> <li>配布時のライセンスとして、例えば<a href="https://creativecommons.jp/licenses/" target="_blank">CCライセンス</a>を使うこともできます。</li> </ul> <p>ファイルに<span class="uk-text-bold">BlenderPythonAPIを呼び出すPythonスクリプトのソースコード</span>が含まれていて、これを配布したい時には具体的にはどうしたらいいか、ということですが、<span class="tc_red">とりあえずソースコード部分はGPLです、って明記</span>しておいて、あとはモデルデータに対しての条件を書いとけばいいんじゃないでしょうか?(あまり考えたくないですけど)</p> <ul> <li>この場合、改変データ再配布、という場合についても「同じ条件(GPL)での配布」になります。</li> </ul> <h2>「写り込み」について</h2> <p>これはあくまでも「モデルデータとして」ということで、.blendファイルについて、というわけではないですが、そのモデルを使った公衆配信、特に収益が絡むものについて「写り込みの禁止」を条件にしているデータがあります。</p> <p>著作権的には?という方は以下が参考になるかと思います。</p> <ul> <li><a href="http://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/hokaisei/utsurikomi.html" target="_blank">いわゆる「写り込み」等に係る規定の整備について(文化庁)</a></li> <li><a href="https://ec-houmu.com/right/chosakuken_uturikomi.html" target="_blank">「著作物」が写真・映像に写り込んでしまったら、著作権法違反!?【弁護士が教えるEC運営者のためのIT著作権法対策⑤】</a></li> </ul> <h2>See Also:</h2> <ul> <li>リンク等を貼り付け</li> </ul> <p>&nbsp;</p>

ショートカットキー一覧

文字装飾

アクションショートカットキー使用例
太字にする Ctrl+B 太文字
斜体にする Ctrl+I 斜体
下線を引く Ctrl+U 下線

リンク

アクションショートカットキー使用例
リンクの挿入・編集 Ctrl+L リンク

リスト

アクションショートカットキー使用例
インデント追加 Tab
  • リスト
    • インデント
インデント解除 Shift+Tab リスト
  • インデント

編集補助

アクションショートカットキー
行ったアクションを取り消す Ctrl+Z
取り消したアクションをやり直す Ctrl+Y, Shift+Ctrl+Z
改行を追加する Shift+Enter
クリップボードに切り取る Ctrl+X
クリップボードにコピーする Ctrl+C
クリップボードから貼り付ける Ctrl+V
すべて選択する Ctrl+A

移動

アクションショートカットキー
行の先頭に移動する Home
文章の先頭に移動する Ctrl+Home
行の末尾に移動する End
文章の末尾に移動する Ctrl+End
ページを上にスクロールする PageUp
ページを下にスクロールする PageDown
任意のキーワードを検索する Ctrl+F