Tips28:Blenderをかわいくする 編集

オプション
<p>&lt;&lt;<a href="https://wiki3.jp/blugjp/page/10">Tips</a></p> <h2>[2.8]Blenderをかわいくする</h2> <p>えーと、@kame404さんのツイートでメッセージカタログ変更してひらがななメニューのBlenderを見かけたので、それを自分の手元でもできないかな、という感じでやってみたときの<span class="uk-text-bold">雑なメモ</span>です。</p> <p><span class="tc_red"><span class="uk-text-bold">かわいくしても<span class="tc_red"><span class="uk-text-bold">所詮</span></span>BlenderはBlender</span>ですので、そこのところはゆめゆめお間違いになられませんよう、よろしくお願いいたします。</span></p> <p>&nbsp;</p> <div data-oembed-url="https://twitter.com/kame404/status/1098190855960023041"> <blockquote class="twitter-tweet" data-width="500"> <p dir="ltr" lang="ja">Blenderで色をランダムに割り当てる方法。 <a href="https://t.co/zOAetePxkz">pic.twitter.com/zOAetePxkz</a></p> &mdash; kame404 3月〜 (@kame404) <a href="https://twitter.com/kame404/status/1098190855960023041?ref_src=twsrc%5Etfw">February 20, 2019</a></blockquote> <script async="" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script></div> <p>&nbsp;</p> <h2>1. Blenderのメッセージカタログを変更する</h2> <p>「メッセージカタログ」と呼ばれる.po形式のファイルを入手、その中身のカタカナをひらがなに変換、さらにBlenderで使えるように.mo形式のファイルに変換します。以下、macOS環境で実施したメモ。</p> <p>メッセージカタログはBlenderのリポジトリから入手できます。</p> <ul> <li><a href="https://developer.blender.org/diffusion/BT/browse/master/po/">https://developer.blender.org/diffusion/BT/browse/master/po/</a></li> </ul> <p>日本語なので、ダウンロードするファイルは ja.po です。</p> <p><a href="https://coteditor.com/" target="_blank">CotEditor</a>で「変換>カタカナからひらがなにする」を使ってカタカナ部分を変換します。</p> <p><a href="https://metacpan.org/pod/Locale::Msgfmt" target="_blank">msgfmt</a>コマンドで.poファイルからblender.moファイルに変換します。(brew install gettext などでインストールしておいてください)</p> <p>blender.mo という名前のファイルを置き換えます。このとき、オリジナルの.moファイルはどこかにコピーするなどしてバックアップを取っておきます。</p> <ul> <li>ファイルの場所: &lt;Blenderのアプリを置いた場所&gt;/blender.app/Contents/Resources/2.80/datafiles/locale/ja/LC_MESSAGES/blender.mo</li> </ul> <p>その際に変換した.poファイルと.moファイル、置いておきます。</p> <ul> <li><a href="https://drive.google.com/open?id=1bI9cNpdwK0vLRVMGBRwlMQ8aw2tnoxQx">poファイルのダウンロード</a>(2.80,rBTS4826,Feb10,GPL)</li> <li><a href="https://drive.google.com/open?id=16nXp6RRWcSV1ONd3w041su1H_SchH7UD">moファイルのダウンロード</a>(GPL)</li> </ul> <p><span class="uk-text-bold">macrontohira.py</span></p> <p>カタカナをひらがなに変換します。長音符について前の文字を見て母音を重ねます。&quot;インポート&quot;&rarr;&quot;いんぽおと&quot;</p> <ul> <li><a href="https://drive.google.com/open?id=1qjfhndqDfb3Fo6D3t70B0k87s3LM3dk7">ここ</a>のコードを macrontohira.py として保存</li> <li>同じフォルダ上に ja.po を置き以下のコマンドを実行</li> </ul> <blockquote> <p>cat ja.po | python3 macrontohira.py &gt; blender.po</p> </blockquote> <div class="uk-overflow-container"> <table class="uk-table"> <thead> <tr> <th scope="col">Gimpでもやってみたけど</th> </tr> </thead> <tbody> <tr> <td> <p>UIの表示言語をメッセージカタログで管理しているソフトであれば同じように使えます。macOS版のGimp-2.10だと置き換え情報としては以下。</p> <ul> <li>[PO]&nbsp;<a href="https://gitlab.gnome.org/GNOME/gimp/blob/master/po/ja.po">https://gitlab.gnome.org/GNOME/gimp/blob/master/po/ja.po</a>&nbsp;</li> <li>[MO] /Applications/GIMP-2.10.app/Contents/Resources/share/locale/ja/LC_MESSAGES/gimp20.mo</li> </ul> <p>で主要なメッセージは置き換えられるので、これを「ひらがな化」すればいいですね。ただ、メニューやツールボックスに表示されるくらいなのでBlenderのようなインパクトは無いです。</p> </td> </tr> </tbody> </table> </div> <h2>2.フォントの適用</h2> <p>フォントを可愛らしいものにすると、より可愛らしくなります。「やさしさゴシック」あたりでも結構印象変わります。変更の仕方は、User Preferences 画面から Interface &gt; Translation をチェック、Interface &gt; Text rendering にフォントファイルを指定します。</p> <ul> <li><a href="http://www.fontna.com/blog/736/" target="_blank">やさしさゴシック</a></li> <li><a href="http://www.fontna.com/blog/736/" target="_blank">やさしさゴシックボールド</a></li> </ul> <div data-oembed-url="https://twitter.com/blug_jp/status/1098313059049730049"> <blockquote class="twitter-tweet" data-width="500"> <p dir="ltr" lang="ja">ぶれんだーのゆーあいがひらがなだとかわいいとひょうばんのようなので、かえてみました。まっくばん。 <a href="https://t.co/152HxewTFx">pic.twitter.com/152HxewTFx</a></p> &mdash; BLUGjp(beta) (@blug_jp) <a href="https://twitter.com/blug_jp/status/1098313059049730049?ref_src=twsrc%5Etfw">February 20, 2019</a></blockquote> <script async="" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script></div> <p>日本語のフリーフォントについては以下記事にたくさん紹介してありますので、色々試してみるといいですよ。</p> <ul> <li><a href="https://coliss.com/articles/freebies/japanese-free-fonts-for-2019.html" target="_blank">2019年用、日本語のフリーフォント369種類のまとめ -商用サイトだけでなく紙や同人誌などの利用も明記</a></li> </ul> <p>3.&nbsp;テーマの適用と編集</p> <p>「可愛らしい」配色のテーマを探してきて適用すると、見栄えがガラリと変わって楽しくなりますね。もちろん自分で作ることもできます。</p> <ul> <li><a href="https://www.blendswap.com/blends/view/84075" target="_blank">very pink theme</a> (BlendSwap,CC-BY-NC-SA)</li> <li><a href="https://devtalk.blender.org/t/call-for-content-themes/3174/303">Pastel Pink</a>( devtalk, THemes thread )</li> </ul> <h2>Before</h2> <div data-oembed-url="https://twitter.com/blug_jp/status/1096498527906066432"> <blockquote class="twitter-tweet" data-width="500"> <p dir="ltr" lang="und"><a href="https://t.co/leeHpNYrUa">pic.twitter.com/leeHpNYrUa</a></p> &mdash; BLUGjp(beta) (@blug_jp) <a href="https://twitter.com/blug_jp/status/1096498527906066432?ref_src=twsrc%5Etfw">February 15, 2019</a></blockquote> <script async="" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script></div> <h2>After</h2> <div data-oembed-url="https://twitter.com/blug_jp/status/1098491777093226497"> <blockquote class="twitter-tweet" data-width="500"> <p dir="ltr" lang="ja">[2.8]2.80betaをかわいくする<br /> テーマ: <a href="https://t.co/DMMBgeklzg">https://t.co/DMMBgeklzg</a> (をカスタマイズ)<br /> 日本語カタログ: <a href="https://t.co/4hMli1NfOR">https://t.co/4hMli1NfOR</a> (からダウンロード、Coteditorでひらがな変換してmsgfmtで.moに)<br /> フォント: やさしさゴシックボールド <a href="https://t.co/yVqaiz7ofl">pic.twitter.com/yVqaiz7ofl</a></p> &mdash; BLUGjp(beta) (@blug_jp) <a href="https://twitter.com/blug_jp/status/1098491777093226497?ref_src=twsrc%5Etfw">February 21, 2019</a></blockquote> <script async="" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script></div> <h2>See Also:</h2> <ul> <li><a href="https://ch.nicovideo.jp/suwatoh/blomaga/ar890151" target="_blank">Blender 2.76 の日本語表示を編集する方法</a></li> </ul> <p>&nbsp;</p>

ショートカットキー一覧

文字装飾

アクションショートカットキー使用例
太字にする Ctrl+B 太文字
斜体にする Ctrl+I 斜体
下線を引く Ctrl+U 下線

リンク

アクションショートカットキー使用例
リンクの挿入・編集 Ctrl+L リンク

リスト

アクションショートカットキー使用例
インデント追加 Tab
  • リスト
    • インデント
インデント解除 Shift+Tab リスト
  • インデント

編集補助

アクションショートカットキー
行ったアクションを取り消す Ctrl+Z
取り消したアクションをやり直す Ctrl+Y, Shift+Ctrl+Z
改行を追加する Shift+Enter
クリップボードに切り取る Ctrl+X
クリップボードにコピーする Ctrl+C
クリップボードから貼り付ける Ctrl+V
すべて選択する Ctrl+A

移動

アクションショートカットキー
行の先頭に移動する Home
文章の先頭に移動する Ctrl+Home
行の末尾に移動する End
文章の末尾に移動する Ctrl+End
ページを上にスクロールする PageUp
ページを下にスクロールする PageDown
任意のキーワードを検索する Ctrl+F