全オペレーター用途別図鑑 代替関係一覧表

ページ名:用途別図鑑

全オペレーター用途別図鑑・代替関係一覧表(随時更新)

大陸5月2日の新オペレーター実装に対応済み。

原作者が長く更新していなかったため、

大陸版5月2日以降の新着オペレーターについては翻訳者独自の評価を追加する予定。

別記事の翻訳で忙しくて更新予定は未定。(ユルシテ......)

元スレ:[抄作业用教辅材料]明日方舟全干员定位分类图鉴+替代关系一览表

はじめに

本文は現状(中国鯖の)すべてのオペレーターの定義、及び代替関係を整理するものである。

この文章を通じて新人ドクターが各オペレーターに対する認識を深めながら、

実戦や攻略動画などを参考する際にもご自身で編成を調整できるようなるのが本文の目的である。

 

更新履歴

(下の「+」をクリックすると開く)

+-

・20/5/27 初版翻訳完了。5月2日の大陸版アップデートまでの実装オペレーターに対応。

 

一部データの表記について

コスト

潜在のコスト減軽抜き、(初期→昇進1→昇進2/潜在MAX)で表記

スキルCD

(初期/スキルLV最大→初期CD/スキルLV最大)


代替関係の決定基準について

同用途キャラはステータスで判断する。ごく少数のキャラを除き、基本的には高レア > 低レア

用途が違うキャラについては、一部別クラスのキャラが類似の特殊効果があるため、特定状況においては代替可能

 

用語集(大陸特有の言い回し)

幻神級 オペレーター全体において強い部類(日本で言う人権)

天井級 同カテゴリでの頂点またはそれに近いもの

 


先鋒

クラス定義

先鋒は一般的に作戦初期の配置に使われ、同時に一定程度のブロックと火力を提供する。

しかし火力要員としてもブロック要員としても、先鋒の最も重要な能力は

クラス特有のコスト回復スキルであるため、後続のキャラ配置の頼りである。


防御型先鋒

特徴と定義


ステータスは防御が高く攻撃が低い、スキルはコスト回復効果以外に防御力ボーナスがあるため、

防御型先鋒+狙撃の初期配置は大部分の作戦に適用され、汎用性は非常に高い。

該当するオペレーターは、★5ズィマー★4クーリエ★3フェン

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★5 ズィマー

★★★★★

素質は自身の配置コストの軽減

スキル2はすべての先鋒オペレーターに

攻撃力と防御力バフを提供し、

敵を撃破する度に所持コスト+1。支援能力は非常に実用的である。

★4クーリエ

★★★★

素質は敵2体ブロックする際に防御力上昇

スキル2はコスト回復と高い防御力ボーナスがあるため、

スキルアクティブ時は多くの敵攻撃を耐え、生存能力は優秀

★3フェン

★★★ 配置コストが一番少ない先鋒(9→11/9)。耐久度はなかなか。

 

特別代替オペレーター

先鋒のコスト回復能力は代替不可

★2ノイルホーン: 配置コスト(14/12)が先鋒と近く、更に高いブロック数耐久度があるため、

特定の状況においてはより良い早期ブロック担当になる。


火力型先鋒

特徴と定義

ステータスは攻撃力が高く防御力が低い。比較的にこわれもの気味なので汎用性は防御型先鋒よりやや低いが、

高台マスが緊張、作戦初期に地面の追加火力が必要な場合においては十分に期待できる。

該当するオペレーターは、★5テキサス★5キアーベ 、★4スカベンジャー

★3バニラ

オペレーターリストと代替関係

名前 レア度 特殊能力と評価

★5テキサス

★★★★★

素質は初期所持コストの増加

スキル2は希少な牽制効果がある。

★5キアーベ

★★★★★

 

★4スカベンジャー

★★★★

素質は隣接の4マスに味方がいなければ攻撃力と防御力の上昇。

スキル2アクティブ時はコスト回復と高い攻撃力ボーナスがある。

★3バニラ

★★★

スキルアクティブ時コスト回復と攻撃力増加

素質とスキル効果は★4スカベンジャーと一致するため、

完全に下位互換となってしまう。

 

特別代替オペレーター

先鋒のコスト回復能力は代替不可

★5インドラ★4ビーハンター:より少ない配置コスト(8→10/8、7→9/7)

とより高い火力を持っている。

 

★3メランサ:ほぼ同じ配置コスト(13→15/13)、

ほとんどの先鋒に完勝できるほどの火力を持っている。


撃破回復・撤退回復型先鋒

特徴と定義

攻撃力が高く、配置コストも低いが、HP・防御力・ブロック数も低い

作戦初期において、一ルートの臨時ブロック、もしくは追加火力に使われる。

撤退してコストを回収するのもお忘れなく。

該当するオペレーターは、★6バグパイプ★5リード

★5グラニ★4ヴィグナ★3プリュム

オペレーターリストと代替関係

名前 レア度 特殊能力と評価

★6バグパイプ

★★★★★★

バグパイプのスキルと彼女の戦い上手・農業得意の設定のように高価で実用。

配置コストに極めて敏感な先鋒クラスとして、

13/11の初期コストがあるのにブロック数は1しかないため、

高価に感じてしまう。しかし補償として、

昇進2で獲得できる第二素質によって部隊に入れるだけで、

すべての先鋒が着地直後に6SPが得られる。

これで彼女の初期スキルCDが短く見える上に、

更に他の特化3先鋒が着地直後にスキルがほぼ発動できるようになった。

スキル2と素質と組み合わせれば着地直後に短い間に高火力を出せる。

スキル3は全面的に大幅な火力増幅を得られるため、

彼女は戦闘中期に1WAVEを処理してから撤退することもできる。

高いコストというデメリットを除いて、

バグパイプは間違いなく同クラスの天井級オペレーターとも言えるだろう。

★5リード

★★★★★

術耐性素質持ち、現状唯一の術耐性持ち先鋒オペレーターである。

スキル2アクティブ時に術ダメージが追加される。

★5グラニ

★★★★★

配置中にすべての先鋒オペレーターが物理回避を得られる。

スキル2アクティブ時は攻撃力・防御力・ブロック数が上昇し、

更に全体攻撃になる。

期間限定イベントの報酬オペレーターのため、現状入手不可能

★4ヴィグナ

★★★★

スキル2アクティブ時は攻撃力が大幅に上昇し

重装以外の敵には相当のダメージを与えられる。

★3プリュム

★★★

スキルで攻撃力と攻速が上昇。スキルと素質は優秀だが、

スキルがアクティブできないまま撤退させられてしまうことが多く、

個人的にはスキルCD(55→45)が若干長いと思う。

特別代替オペレーター

★5レッド★5ワイフー

同じ程度の低い配置コスト(7→9/7、7→9/7)、更に強い火力牽制能力

★4グラベル:更に低い配置コスト(6→8/6)、すばらしい耐久力

 


並み外れた素質の持ち主

特徴と定義

同クラス内では定義と能力が風変わりな特殊なオペレーター。

該当するオペレーターは、★2ヤトウ★6シージ

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★2ヤトウ

★★

配置コストが最も少ないブロック2オペレーターである。

コスト回復能力はないが、再配置時間がとても短い(35s)ため、

先鋒よりも高速再配置の特殊タイプに分類すべきなのでは?

 

★6シージ

★★★★★★

(中国鯖界隈)公認幻神の一人。強大な火力で多くの敵ユニットを貫け、

その防御力も治療なしの状態で無理やり大量の雑魚敵の攻撃を耐えらえる。

昇進2のコスト回収素質は更に彼女のスキル威力と回転速度を加速させた。

 

 


降伏型先鋒

特徴と定義

素質に支援効果があり、スキルも大量のコストを提供できる一方、スキルアクティブ中ではブロック数が0になり、

すべての敵を通らせる特徴があるため、(大陸界隈では)投降とも呼ばれている。

ある意味このタイプの先鋒はフランスを皮肉しているように見える。

よく圧力が少ない作戦初期に配置される。

該当するオペレーターは、★5エリジウム★4テンニンカ

オペレーターリスト

 
名前 レア度 特殊能力と評価

★5エリジウム

★★★★★

素質は狙撃オペレーターの配置コスト減軽(-1 → -2)

それを加えてスキルアクティブ時には

狙撃オペレーターに攻速Buff(10/13 → 20/23)を提供するため、

作戦初期においては大きな助けになるだろう。

スキル1は★4テンニンカよりのコスト回復量が多いが、

CDがやや長いため、両者に大差がない。

スキル2は現在初めての広範囲対ステルススキル

であるため、戦略的価値は極めて高い

★4テンニンカ

★★★★

素質の味方先鋒全員へのHP回復効果により、

作戦初期の先鋒生存能力が増強されるため、

ほかの高火力キャラの登場までの時間を稼いでくれる。

スキル2発動時の回復効果は通常ステージにおいてはあまり意味がないが、

高レベル帯の危機契約など)医療手段が極めて乏しい状況

においてはいい選択になる。

 


前衛

クラス定義

現状人数が最も多いクラス、地面火力の主要源泉である。

前衛オペレーターは種類豊富で、用途も多様であるため、育成に力を注ぐに値するクラスとも言える。

通常型前衛

特徴と定義

多くの前衛がブロック1・単体攻撃という特徴があるため、

リリース初期ではこのタイプのオペレーターを分類する時は混淆しやすかった。

新オペレーターの実装と伴い、このタイプの前衛の分類もはっきり区別できるようになった。

本文の通常型前衛の定義としては、

「ブロック数1、極めて高い基礎攻撃力、

スキルに相当高い攻撃力ボーナスがあり、HPが比較的に高い」

という特徴がある前衛オペレーターとする。

このタイプの特徴は、単体火力が高く、スキルアクティブ時に更に膨大な単発ダメージを与えられるため、

重装甲の敵にたいしても大量のダメージを期待できる。

防衛線の前方に追加火力として使うのもよし、高脅威の敵単体目標を撃破することも通常型前衛の役割である。

該当するオペレーターは、★6スカジ★5フランカ★5エンカク

★4コンヴィクション(未実装)、★4マトイマル★3メランサ

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★6スカジ

★★★★★★

基礎攻撃力は極めて高く、素質とスキルの高いボーナスを加え、

ほとんどの敵にたいして目に見えるほどのダメージを与えられる。

しかしスキルと素質を考慮して全面的に評価すると、

適切な時期に決闘させて、敵撃破後にすぐ撤退するのが

より効率よく彼女の特徴を発揮できるだろう。

★5フランカ

★★★★★

素質は一定確率で敵防御を無視し、物理ダメージを与えられる。

スキル2アクティブ時の防御力は0になるため、

用途としては、ダメージを受けない側面の追加火力担当、

もしくは敵術師を決闘で撃破することである。

★5エンカク

★★★★★

現状入手不可能の期間限定イベントの報酬オペレーターである。

素質とスキル1は一定程度の自己回復能力があるため、

単独に1ルートを守れるように見えるが素のステータスの制限により、

生存能力条件的にはやや厳しい

スキル2は短くないCD(60→40)があるため、配置の時期に注意。

★4コンヴィクション

(未実装)

★★★★

彼女の廃案されそうなキャリアを救うために、

βテストオペレーターである★4コンヴィクション

ようやくお笑い芸人に転職して前衛として実装された。

このエイプリルフールの配布オペレーターは、

上から下までのどこでもお笑いスターの匂いがしている。

素質は自身の配置コストを最大4減軽して12となり、

通常型前衛の誰よりも低い

配置後の10秒間スタンスキル1と組み合わせて、

スタン解除された瞬間に大ダメージを期待できる5%の運ゲー

スキル2は広範囲術ダメージとなるが、

更に50%の確率範囲内すべての味方戦いから救う5秒スタンさせる。

もう一発芸だけやってていいよ......

★4マトイマル

★★★★

対術師前衛の極み、術師絶対殺すウーマン。

素質によって元より貧弱な防御力を減らして

更に高いHPを得たので、無理やり大量のダメージを受けられる。

スキル1の大量瞬間回復能力によって彼女は更に長く生き残れ、

単独で敵沸きドアを塞ぐことも期待できる。

スキル2の非常に高い攻撃力ボーナスで膨大なダメージを与えられる。

このようにHPが高く、攻撃力も高く、自己回復もできるマトイマルは

間違いなく敵術師の悪夢だろう。

★3メランサ

★★★

★3の剣聖

配置コスト(13→15/13)はほかの同業者と比べて非常に競争力がある。

上限まで育成することをおすすめ。

 


術ダメージ型前衛

特徴と定義

通常攻撃が術攻撃となり、数少ない安定に地面の術ダメージを提供できるオペレーターである。

そのため、戦略的地位は非常に高い

また、ほかのすべての術攻撃オペレーターと同様に、一定程度の術耐性があるため、

配置オペレーターのヘイトを管理する際にはこの特徴を利用できる。

該当するオペレーターは、★5シデロカ★5アステシア D32鋼★4ムース

オペレーターリスト

 

名前 レア度 特殊能力と評価

★5シデロカ

★★★★★

非危機契約の配布オペレーターとして、性能的にはやや不遇

敵数体撃破後に攻速とレジストを獲得する素質はとても優秀だが、

普通のステージの敵数がせいぜい40くらいので、

発動するまでは時間的にそれほど簡単ではないだろう。

スキル1は★4マトイマル★3カーディと類似し、

CDの短い瞬間HP回復スキルであるため、場合によっては医療なしで戦える。

スキル2の攻撃力上昇と(時間経過で)HP回復効果によって

悪くない生存能力火力を期待できるが、

重装のような攻撃距離になるデメリットによって、

ブロック以外の場面では使いにくいだろう。

ただし、★5シデロカ実装した時点で術型前衛は3人しかいないため、

彼女は良い術ダメージ候補として活躍してくれる。

★5アステシア

★★★★★

素質は攻速ボーナスで、スキル2は攻防の上昇と全体攻撃に変わる。

数少ない重装甲敵を引き裂ける地面オペレーターとして、

スキル1の攻防ボーナスにより彼女は重装甲敵の攻撃も恐れず、

スキル2の全体攻撃効果によって、攻撃メカニズムの悩みもなくなる。

★4ムース

★★★★

スキル1は敵攻撃力弱化スキル2は攻防ボーナスであるため、

よくボスとの決闘に使われる。

スキル1はボス戦で敵の攻撃力を大幅に下げられる。

スキル2の攻防ボーナスは重装甲敵と戦う際に決闘能力を更に期待できる。

 


二連撃型前衛

特徴と定義

このタイプの前衛は敵2人ブロックできる。基礎攻撃力は高くないが、通常攻撃は二回攻撃となる。

誤解されがちだが最終ダメージを2回に分割して与えるのではなく、純粋に2回攻撃している。

ダメージ計算の仕組みにより、二連撃型前衛は軽装甲敵に対する火力は強いが、

重装甲敵に対して基礎ステータスが不足気味という特徴がある。

幸い、二連撃型前衛は多かれ少なかれ、術ダメージを与える能力を持っているため、この弱点は補えられる。

ただブロック2は二連撃型前衛にとっての両刃の剣とも言える。

作戦初期においては敵漏れを防げるが、ブロック数によって複数の高火力敵の攻撃を耐えられず

予定より早く倒されてしまうこともあるので、実戦の状況に応じて調整する必要がある。

該当するオペレーターは、★6チェン★5バイビーク★4カッター

 

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★6チェン

★★★★★★

素質は戦場にいる全味方オペレーターへの(攻撃・被撃系)SP充電効果

汎用性は極めて高い。

各スキルには継続的火力もあり、単体・範囲目標に対する爆発的火力もある。

スキル2は工夫次第で着地直後に発動できるくらい強力。

ステータス・汎用性・スキルのどれから見ても陳Sirは、

エリートオペレーターの名に恥じない。

★5バイビーク

★★★★★

素質は敵を撃破する度に攻速が上昇するので、非常に実用的であり、

スキルも全部攻撃回復なので、より早くSPを稼げる。

スキル1の間隔は非常に短い上に、空中目標対しても有効で、

追加で敵1人に術ダメージも与えられるため非常に優秀。

スキル2は範囲攻撃に大ダメージ+牽制効果であり、

スキルLv1から3回チャージもできるので、工夫次第で

高火力のハンマー敵の攻撃を3回阻止してスタンさせるのも可能なので、

厳しい敵WAVEにおいては彼女の実力を期待できる。

★4カッター

★★★★

★6チェン★5バイビークの後に実装される下位オペレーター

として、★4カッターは当然レア度的に先輩の二人と比べて

劣るように見える。

だたし、独特なスキル効果があってまったく使えないわけではない。

素質の攻撃命中時に最大23%の確率で追加1SPを回復する効果は

彼女のスキルとの相性がいい。

スキル1は優秀な瞬間火力スキルだが、攻撃目標はがランダムのため、

4つの投げナイフが同じ敵に当てるわけではない。

スキル2は1回しか攻撃しない真・銀・斬のような効果であり、

更に飛行敵に対して攻撃力係数が倍増し、大ダメージを期待できる。

彼女を適切な場所で配置して、長く火力を提供させることが重要。

 


レンジャー型前衛

特徴と定義

真の孤高レンジャー。味方の回復を頼らず自身で回復できるので、1人1ルートをカバーできる。

通常攻撃が命中する度にHPが回復され、またHPが低いほど攻速も上昇する特徴があるので、

一部火力が高くない重装甲敵と戦ってる際にはお互いに誰も倒せない奇妙なシーンも見られる。

ついでに、レンジャー型前衛は、★5ソラ★4パフューマー★6アンジェリーナ

回復パッシブ効果を受けられる。美少女の愛を断る人は誰もいないだろう!

該当するオペレーターは、★6ヘラグ★4ウタゲ

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★6ヘラグ

★★★★★★

素質は攻撃HP回復以外に、非ブロック状態でもHP回復可能。

各スキルには、単体爆発力型、(75%物理)回避上昇の生存型と

3体同時攻撃の爆発力型がある。

一部の軽装甲・高脅威の敵しかないステージにおいては、

彼一人で敵沸きドアを塞ぐだけで難易度が大幅に低下させられる。

★4ウタゲ

★★★★

素質はHPが低いほど攻速が上昇するタイプである。

ただ★4のオペレーターとして彼女のスキル効果は

非常に独特なものだとも言える。

スキル1は★4テンニンカのように攻撃とブロックを停止し 降伏

防御力が大幅に増加する上にHPも回復する効果であり、

これによりHPが危ない時に緊急回復できるし、強い敵と遭遇する時にも

敵を通らせることで撤退・再配置の操作もいらなくなる。

スキル2は着地直後に50%HPを失うが、

代わりに早い攻速が得られる上に、攻撃ボーナス+術ダメージ変化により

(最大16s)の術ダメージ爆発力スキルと化した。

術ダメージキャラが不足しているドクターにとって

彼女はいい選択肢になるかもしれない。

 


拳王型前衛

特徴と定義

このタイプの最も顕著な特徴は爆速でボクシングするところ。同レア度の撤退回復型先鋒と比べて、

このタイプの前衛はより強い火力、やや高いHPとやや少ない配置コストがあり、

また良好な生存スキルも所持している。その一方、防御力はやや低くコスト回復能力ない

これによりこのタイプのオペレーターの定義は非常に曖昧のため、ゲーム内の立場は若干微妙

現状配置コストの低さ生存力の2つの特徴を利用し、作戦前・中期(特にコスト不足の時)に

一部悩ましい敵を対処させるのがいい使い方かもしれない、例えばAP-5の迫撃砲兵

該当するオペレーターは、★5インドラ★4ビーハンター

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★5インドラ

★★★★★

素質は一定確率で物理攻撃を回避し、次の攻撃を強化するものである。

スキル2は術ダメージとなり、攻撃に吸血効果もある。

公開求人限定の最も希少なオペレーターの一人である。

★4ビーハンター

★★★★

素質は同じ相手への攻撃がどんどん痛くなるもの、

攻撃対象が変わる度に攻撃スタックもリセットされる点が大きな欠点である。

スキル1は比較的に高い物理回避があるため、

早期の配置において彼女の生存能力は保証される。

スキル2は攻撃間隔を大幅に減らせ(最大-60%)、

素質と合わせて多くの敵を対処できるが、10sしかない効果時間により、

重装甲敵を対処できないことが大きな問題ともいえる。

 


対空・遠距離攻撃前衛

特徴と定義

数少ない同時に★6/5/4/3オペレーターを有しているタイプ。

無課金から廃課金まですべてのドクターが入手できるタイプなので、その重要性は言うまでもない。

攻撃範囲が広いため、重装の後方からひたすら攻撃できる。

また、空中目標にも有効のため、地面の重要な対空火力でもある。

前衛としては希少(他は術ダメージ前衛のみ)な術耐性も持っており、意外な耐久性を見せることも。

該当するオペレーターは、★6シルバーアッシュ★5ラップランド★5エアースカーぺ

★4フロストリーフ★3ミッドナイト

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★6シルバーアッシュ

★★★★★★

公認幻神の一人、日本鯖において唯一の対ステルス素質を所有。

(中国鯖では★5エリジウムの実装に伴い、唯一でなくなった。)

スキル2は生存能力を強化するため、

場合によって1人で1ルートをカバーできる。

真・銀・斬は広範囲5体同時攻撃となる。

幻神級オペレーター対ステルス能力は非常に実用的、

真・銀・斬は現状最も強力な火力スキルの1つとも

言えるだろう。

★5ラップランド

★★★★★

素質の敵特殊能力無効化により一部のステージ(4-7など)は

とてつもなく快適になり、アークナイツでは

最も強い素質の1つとも言われている。

スキル2は術ダメージ二体同時攻撃となり、重装甲敵を素早くに撃破できる。

★5エアースカーぺ

★★★★★

 

★4フロストリーフ

★★★★

素質は攻撃範囲拡大

スキルに減速束縛効果がある。

牽制寄りのオペレーターであり、牽制能力は非常に優秀、

広い攻撃範囲により彼女は更に強力な対空能力を得られた。

★3ミッドナイト

★★★

★5ラップランド下位互換

スキルの火力★5ラップランドほど高くないが、

手動で制御しやすく、安定性が高い

効果時間も長く(30~40s)1WAVEの対処には十分だろう。

支援型前衛

特徴と定義

比較的に長い攻撃距離と早い攻速があるため、重装の後方から攻撃できる。

しかし、火力よりも重要なのは素質・スキルからの味方支援効果である。

該当するオペレーターは、★5スワイヤー★4ドーベルマン

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★5スワイヤー

★★★★★

周りの味方に攻撃力Buffを提供する素質とスキルは一見美味しそうだが、

★6シルバーアッシュ等の幻神たちがいるなら、

時間を測りながら味方にBuffを提供するよりも

真・銀・斬のほうが圧倒的に簡単なので、

よくマスコット化されたり迫害されたりする。

★4ドーベルマン

★★★★

素質は★3オペレーターに攻撃力Buffを提供するので、

玄人ドクターの教官★3編成攻略に採用される。

それ以外は★5スワイヤーと同じくマスコットとして基地で活躍する

 


全体攻撃前衛(群攻前衛)

特徴と定義

現状、重装以外にブロック3できるのはこのタイプのオペレーターしかない(昇進2以降)。

ブロック中の敵に対して全体攻撃を行える。戦線の正面でも側面でも、大量の敵掃討におすすめする。

該当するオペレーターは、★6ブレイズ★5ブロ★5スペクター

★5サベ★4エステル★3ポプカル

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★6ブレイズ

★★★★★★

公認の幻神級オペレーターの一人。

素質1の6秒間HP固定能力(昇進2無凸、HP50%以下の一回のみ)によって、

高レベル帯危機契約の赤剣士相手に最低でも6秒間耐えられる、

HP50%の制限で赤剣士の凶暴化と同時に

素質が有効になるので事故も減らせる

また効果後に後遺症もないので非常に強力である。

しかし、戦線への圧力が高くない時には無駄な素質発動に注意

素質2は希少なレジストであり、

凍結・スタンがある厳しいステージにおいては有効な対策能力となる。

スキル2はアクティブ後に攻防ボーナスがあるだけでなく、

攻撃範囲も支援型前衛と同じ範囲になるため、

作戦初期では重装と合わせて配置すればと安全に火力を出せる

スキル3は★6ホシグマスキル3みたいに全体攻撃

行い、更にスキル終了後の大範囲爆発は戦線への圧力を減らせる。

間違いなく彼女も★6の天井級オペレーターである。

★5ブローカ

★★★★★

スキル2は攻撃距離が延長され、

攻撃が術ダメージになり、敵への足止め効果もある。

前衛版の★5リスカムだった...?

★5スペクター

★★★★★

アルティメット・不死の憤激!

スキル2アクティブ中では最低HP1を残して無敵

アークナイツの最強スキルの1つと言われている。

高難易度ステージにおいて、HPが高く味方重装を瞬殺できるほどの強敵相手

では最も長く持ちこたえるオペレーターである。

★5サベージ

★★★★★

リリース記念の配布オペレーター、現状入手不可能

配布キャラ犠牲者のため、ステータスが貧弱

★4エステル

★★★★

素質は周りに敵が撃破される度にHPが回復される能力。

敵沸きドアを塞ぐ能力はあるが、高練度が必要。

★3ポプカル

★★★ 昇進2不可のためブロックは2まで。それ以外は★3として有能

 


人 外

特徴と定義

人間ではないため配置人数としてカウントされない

しかし再配置時間が極めて長い(200s)ため、一部のステージ以外では1回きりの配置と見なす。

該当する人外は、★1Castel-3

人 外 リ ス ト

名前 レア度 特殊能力と評価

★1Castel-3

着地後の一定時間に味方全員に攻撃力Buffを提供する。

あと一息残ってる敵が漏れそうな時には使えるかも?

ほとんどの場合配置人数制限外・近距離タイプの特徴を利用して

敵スキルを誘導するために使われる。使い捨て

 


 

狙撃

クラス定義

現状人数が二番目に多いクラスである。作戦前・中期においてよく使われる何でも屋さん

飛行敵がいるステージにおいて必須

対空優先型狙撃

特徴と定義

最も使われるタイプの一つであり、コストが比較的に低いため作戦前期に安定な火力を提供できる。

優先的に射程内の飛行目標を攻撃するため、飛行敵がいるステージの必須オペレータータイプである。

このタイプを更に細かく分類すると、単体火力多重火力の二種類がある。

単体火力型はより高い単体ダメージがあり、多重火力型は同時に複数の敵目標を攻撃できる(範囲攻撃とは別物)。

 

該当する単体火力型は、★6アップルパイエクシア★5グレースロート★5プラチナ

★4ジェシカ★4メテオ★4メイ★3アドナキエル

★3ここだよクルース★2レンジャー

 

該当する多重火力型は、★5アズリウス★4ヴァーミル

単体攻撃型狙撃オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★6エクシア

★★★★★★

公認幻神の一人。

同タイプ内で最も高い単体瞬間火力があり、軽装甲敵とっての悪夢である。

スキル3オーバーロードの爆発力は

一部のボスを含めて全ての軽装甲敵捻り潰せる

ただスキル3は自動発動のため、配置のタイミングに注意。

★5グレースロート

★★★★★

素質は少し攻速会心率が増加。

スキル1は★3クルーススキルと似ているが、

SP自動回復チャージ可能の特徴により

彼女は非戦闘状態においても無駄にならない

スキル2は攻撃力が少し上昇し★6エクシアスキル1

のように攻撃が3連射となる。

ひとつ注意すべきなのは、スキル2の3連射は3回攻撃と見なされるため、

素質効果も3回適用される。3回だよ3回

★5プラチナ

★★★★★

スキル2発動後、

3x5マスの射程高い攻撃力(+50%~100%)になるため、

範囲狙撃の射程重型狙撃の攻撃力を持っている対空狙撃とでも言えるだろう。

重装甲敵以外には相当のダメージを期待できる。

ただチャージ中ではスキルボーナスがないため、火力はやや低い

★4ジェシカ

★★★★

スキル1は悪くない小爆発力がある。

スキル2は物理・術回避率が大幅(75%)上昇し、

優秀な生存能力を持っている。

★4メテオ

★★★★

優秀な対空ダメージボーナス素質を持ち、

スキル1と2に防御力Debuff効果があるため、

高い防御力の敵に対しても悪くない火力を出せる。

★4メイ

★★★★

スキルに減速スタン効果がついている。

スキル名に麻痺や電気のように魔法っぽいだが、

実際は物理ダメージ

★3アドナキエル

★★★

昇進後の素質は遠距離敵を優先的に攻撃するようになるが、

実際の攻撃優先順位は空中>地面遠距離>その他

スキルを使わない通常時おいては比較的に火力不足

★3クルース

★★★

優秀な爆発力型スキルを持っている。

初心者と不運ドクターにとってのお助けキャラ。

★2レンジャー

★★

配置コストが最も少ない(7→5)対空ユニットであり、

素質に対空ダメージボーナスがある。

CA(空軍迎撃)のような対空ステージの初期において、

時には彼の対空火力が必要になるだろう。

多重攻撃型狙撃オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★5アズリウス

★★★★★

素質に追加の術ダメージ(30/40 → 75/85)があり、

スキル(2体)(3体)に複数攻撃効果がる。

HPの高い敵に対してはやや爆発力不足だが、大人数敵の処理能力は優秀。

★4ヴァーミル

★★★★

★5アズリウス下位互換

スキル2は敵2体を攻撃するようになる。

 


重型狙撃(短射程)

特徴と定義

射程を犠牲する代わりに極めて高い攻撃力を得られる。

またスキルと素質に高いダメージボーナスがあるため、重装甲敵相手でもダメージを期待できる。

該当するオペレーターは、★6シュヴァルツ★5プロヴァンス

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★6シュヴァルツ

★★★★★★

狙撃クラス内で最も強い装甲貫通能力を持っている。

スキル3はどの敵に対しても大ダメージを与える。

ただし、特殊な射程により配置場所の厳選が必要。

★5プロヴァンス

★★★★★

スキルと素質とも高い攻撃力ボーナスがある。

★6シュヴァルツの貫通能力と違い、

プロヴァンスはHPの高い紙装甲敵に対して効果的である。

スキル2はHP80%以上の敵を攻撃しないというデメリットがあるため、

使用タイミングに注意。

 


範囲狙撃

特徴と定義

配置コストが高価だが、通常攻撃は範囲ダメージでありながら、最大3x5の長射程も有している。

よく敵の群れ処理に使われる。

該当するオペレーターは、★6 W(限定)、★5 シェーシャ★5メテオリーテ

★4シラユキ★3カタパルト

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★6 W

(限定)

★★★★★★

アークナイツ2人目の限定オペレーターとして、

Wはキャラクターデザインでもステータスでも、

ドクターたちを発狂させるに足るだろう。

素質1のダブル回避ヘイト減軽効果により、

高コストの高台キャラの配置タイミングが遅く

攻撃されやすいという欠点が解決された。

素質2のスタン中の敵に対するダメージ上昇効果と

スキルのスタン効果とのコンビも非常に強力である。

スキル1のCDとダメージは平凡だが、制御が簡単で安定性がよい。

スキル2の地雷配置は、敵がいない時間が無駄でなくなり、

更に高圧WAVEが来る前に防衛線で地雷を置くことで、

敵の前進を遅らせることもできる。

スキル3は1度に最大4人に爆弾を張り付け、

広範囲の爆発ダメージ牽制効果を出せる。

範囲攻撃キャラとしての★6 W爆発力もあり、牽制能力もあるため、

間違いなく彼女は同タイプのオペレーター内の天井と言っても過言ではない。

★5シェーシャ

★★★★★

素質は★5スカイフレアの物理バージョンで、

ブロックされているすべての敵の被物理ダメージが上昇する効果である。

スキル1特別な効果がないが、

上昇量が高く(特化3で100%)継続時間(30s)も十分。

スキル2の効果は独特であり、防衛ライン前の敵群れ処理に適用される。

大ダメージを与えながら敵攻速を削ることによって

自陣の圧力を減らすこともできる。

逆に言うと、スキル2によって彼は短距離の雑魚掃討マシーンとなり、

範囲狙撃の特徴である長射程が発揮されなくなる

★5イグゼキュターのような近距離狙撃にこの素質を付けたほうが

いいのでは?

★5メテオリーテ

★★★★★

素質は一定確率(15%→30%)でダメージ増加効果(+60%)である。

スキル1は広範囲の爆発ダメージを与える。

スキル2は広範囲の防御力Debuff効果がある。

また、彼女自身の攻撃力が極めて高いため、

素質とスキルが同時に発動すれば恐ろしいダメージを期待できる。

★4シラユキ

★★★★

火力は★5メテオリーテよりやや劣るが、

スキル2の術ダメージ減速効果が非常に優秀である。

スキル1の射程は2マスも伸びるが、

防衛ポイントに一番近い敵を優先に攻撃するせいで、やや使いにくく感じる。

★3カタパルト

★★★

ほかの範囲狙撃オペレーターと比べて配置コストが非常に低い(21→23/21)。

ただし、火力キャラとしてはスキル・素質共に

ダメージボーナスがない点が痛い。

 


暗殺型狙撃(長射程)

特徴と定義

本物の狙撃手(スナイパー)

スナイパーの如く広い射程を持っている。

攻撃も狙撃銃のように極めて高い攻撃力遅い射撃速度を持っている。

ほかには防御力が一番低い敵を優先に攻撃する索敵メカニズムがあり、

乱戦中に紙装甲の高火力敵を優先に処理してくれる。

該当するオペレーターは、★5ファイヤーウォッチ★4アンブリエル

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★5ファイヤーウォッチ

★★★★★

素質は遠距離武器を装備している敵(注に参照)

に対して高いダメージボーナスがある。

加えて生存スキル敵掃討スキルを持っている。

スキル1のステルス効果により、遠距離敵の標的にならないため、

多くの作戦においては無敵と見なしてもよい。

スキル2は極めて高い火力を出せる。

★4アンブリエル

★★★★

素質のスタン効果とその継続時間は非常に優秀ではあるが、

発動確率の低さ(25%/28%)や発動条件(実質スキル2アクティブ中のみ)

の厳しさによって過信してはいけない

スキル1は更に射程を伸ばしながら減速効果もついている。

もし敵術師などの高脅威ユニットを届ければ自陣への圧力を減らせるだろう。

スキル2は初めての射程無限スキルとなる。

ただしのそ代価は極めて長い攻撃間隔とモーションである。

面白いスキルではあるが、スナイパーなりの敵掃討能力が不足している。

 

(下の「+」をクリックすると開く)

+-

参考リンク:愿你沉重的复仇,能连同枯叶掩埋在一起——守林人测评

該当する敵は下図の通り(6章まで)

 


並み外れた素質の持ち主

特徴と定義

定義・スキル・射程も独特なオペレーターである。

該当するオペレーターは、★6ロサ★5イグゼキュター

オペレーターリスト

 
名前 レア度 特殊能力と評価

★6ロサ

★★★★★★

 

★5イグゼキュター

★★★★★

範囲狙撃と重型狙撃を足して二で割ったような独特なオペレーターである。

通常攻撃の射程は短いが、極めて高い範囲ダメージを与えられる。

素質の防御力無視効果により彼の重装甲敵に対する火力も期待できる。

 


重装

クラス定義

 

ブロック数が最も多いクラス、大量のダメージを耐えられるタンクパパ

物理(防御特化)型重装

特徴と定義

最も基本的な重装タイプ、最も高い物理防御力を有し、大量の物理ダメージを耐えられる。

ただし術耐性が0がほとんどであるため、術ダメージが苦手

該当するオペレーターは、★6ホシグマ★5バイソン★5クロワッサン

★4クオーラ★3ビーグル★2ノイルホーン

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★6ホシグマ

★★★★★★

攻防一体の重装である。龍門近衛局のオペレーターとして

★6チェンのような攻撃範囲となる。

スキル2のカウンター効果はヘイト管理次第で

遠距離敵に多くのダメージを反射できる。

スキル3アクティブ時のホシグマはタフでありながら火力も強く、

脆い敵を素早く掃討できる。

★5バイソン

★★★★★

イベント配布オペレーター、現状(中国鯖では)入手不可能。

味方に一定の防御力ボーナスを提供できる。

スキル2は現状唯一のヘイトスキルである。

★5クロワッサン

★★★★★

素質にダブル回避の支援効果があり、

スキル2は周囲の敵を突き飛ばす効果となる。

★4クオーラ

★★★★

現状最も高い防御力を持っている。

スキル2は最大1500防御力となり、4人をブロックできる。

★3ビーグル

★★★

素質とスキル効果は★4クオーラと一致するため、

完全に下位互換となってしまう。

★2ノイルホーン

★★

スキルなし

ただし、彼は配置コストが最も低い(14/12)ブロック3オペレーターであり、

たまにはこの性質を利用して作戦初期に敵の足止めに使う。

 


治療型重装

特徴と定義

初期ブロック数2、昇進1以降は3となる

10点の基礎術耐性を持っているため、より均衡的な生存能力となっている。周囲の味方を治療できる。

よく追加の回復手段として採用され、もしくは配置枠が緊張している作戦に、敵のサブ前進ルートに配置される。

ただし、ステータス的には大ダメージを耐えるには不向き

該当するオペレーターは、★6サリア★5ウン★5ニアール

★4 グム★3スポット

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★6サリア

★★★★★★

公認幻神、味方にSPチャージできる充電器の一人である。

素質は治療時に追加1SPを回復する。

スキル2の治療範囲は広く

1人で自陣の回復を兼任できる。

スキル3に回復・減速・追加術ダメージ効果があり、

術ダメージ縛り編成の最適解。

★5ウン

★★★★★

素質は後ろ1マスの高台オペレーターへの治療量増加効果であり、

回復対象の高台オペレーターの生存能力はこの効果によって大幅に上昇する。

スキル効果は★5ニアールよりいいが、

被攻撃時SP回復のため攻速の遅い敵(例)と、

死にやすい犬・類相手ではやや不向きである。

同期の★6ア被攻撃系スキルへのSPチャージ効果があるため

この2人はいいコンビになる。

★5ニアール

★★★★★

素質の回復量増加効果は非常に有用であり、

スキルも治療系で★6サリアとの重複度が高いため、

場合によっては非常にいいコンビである。

★4 グム

★★★★

HP半分以下という制限がないため、回復量が浪費されることはあるが、

味方が瞬殺されることもある程度防げる

スキル2は治療型重装の中では希少な防御力ボーナス効果があるが、

持続時間は10秒のため活用するにあたっては使用タイミングに注意。

★3スポット

★★★

スキルアクティブ時以外ではあまりやることがないので、

通常プレイにおいては微妙

 


術耐性・HP強化型重装

特徴と定義

素質とスキルは術耐性HP強化効果であり、術ダメージの吸収に長じている。

該当するオペレーターは、★4マッターホルン★3カーディ

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★4マッターホルン

★★★★

素質は術耐性増加効果であり、スキルも術耐性とHP増強効果がある。

現状唯一の術ダメージ吸収特化重装である。

★3カーディ

★★★

ステータス上のHPが高く、素質も最大HP増強効果である。

スキルはHPの瞬間大量回復効果である。

術耐性はないが極めて高いHPで無理やり大量の術ダメージを耐えることが可能。

場合によっては敵のサブ前進ルートの防衛を彼女一人で担当させることも可能。

 

特別代替オペレーター

治療型重装:全員基礎術耐性10を有しており、スキルの回復効果もHP増強と見なすこともできる。

術ダメージがそれほど強くない戦闘では代替可能。

 


並み外れた素質の持ち主

特徴と定義

独特なスキルと定義を有してるオペレーターである。

該当するオペレーターは、★6ニェン(限定)、★5ヴァルカン

★5リスカムRAZER★5アスベストス★4ジュナー

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★6ニェン

(限定)

★★★★★★

公認幻神。初めての限定オペレーターであり、リリース以来

初めての初期幻神たちを超えられるほどの強力オペレーターと言われている。

彼女の素質のスキルはいずれも極めて貴重である。

素質1は重装味方のHPを最大20%を増強させる効果があり、

対物理でも対術でも生存能力が大きく増強される。

素質2のシールドによって、重装を瞬殺できるほどの高火力ボス相手でも

少なくとも敵攻撃4回分の時間を稼げる。

スキル1の効果は群攻前衛と類似しており、

彼女は重装でありながら前衛レベルの攻撃力まで増強され、

一時的に重装と前衛の仕事を兼任できる。

スキル2は★4クオーラスキル2効果を加え、

ダメージ反射(反射攻撃が術ダメージとなる)効果と

特殊能力無効化が追加されるため、

サルガス術師の縛り効果を無効化させることも、

★6ホシグマのように遠距離敵へ大ダメージを与えることも可能。

それに、彼女の素の攻撃力はホシグマより200も高く、

反射ダメージも術ダメージであるため、火力も当然★6ホシグマより高い。

スキル3の強さは防衛系の真・銀・斬と言われている。

前衛レベルの火力になるだけでなく、

味方に防御力・ブロック数特殊状態耐性ボーナスを提供できるため、

強 さ 爆 発

総じて言うと、

このようなクッソ長文で彼女を評価する原因は、彼女の段違い強さである。

防御系の人権キャラとなる条件をすべて有しており、

特に6章以降、牽制スキル持ちの敵が多くなり

現状対策手段が少ない中に彼女の存在によって

攻略難易度を大幅に減軽することが可能となった。

★5ヴァルカン

★★★★★

最も希少なオペレーターの一人である。

現状攻撃力が最も高い重装オペレーターであり、

練度次第で素の攻撃力が一部の低レア度前衛を上回ることも可能。

味方からの治療効果を受けない

スキル選択によって火力型と防御型の全く違う2つの使い方に分かれている。

スキル1の効果は★4クオーラスキル2のように

ブロック数と防御力が強化される。

スキル2は高い攻撃力ボーナスがあり

(昇進1スキルLv7の状態では攻撃力1000以上の群攻前衛と化する)、

ブロック中のすべての敵を攻撃可能となるため、使い方は前衛と類似

★5リスカム

★★★★★

味方にSPチャージできる充電器の一人である。

支援型前衛の射程を有しており、通常攻撃が対空可能

ステータスは物理強化型重装と類似し、素質も術耐性強化のため、

被ダメージ性能がより均衡的になる。

スキルはすべて被攻撃回復型であるが、

素質は攻撃される度に自身と周囲ランダムの味方1人のSP追加回復できるため、

殴られるほど強くなる充電器とも言える。

ヘイト管理がうまくいけば彼女と周囲味方のスキルを頻発させることも可能。

スキル2は高い範囲(最大4人)術ダメージを与えられるが、

スキル後に自身もスタン状態になってしまうため、使用タイミングに注意。

★5アスベストス

★★★★★

 

★4ジュナー

★★★★

素質は若干防御力ボーナスがあるが、

それ以外は被ダメージ性能強化効果が全くないため、

ほかの重装のように大量のダメージを耐えることには不向きである。

スキルはすべて火力強化かつ術ダメージ変化効果であり、

高台マスが緊張・コストが緊張している一部の戦闘では火力担当ができる。

 

特別代替オペレーター

群攻前衛:昇進2以降は重装のようにブロック3になり、その上より強い火力があるため、

火力の弱い敵が多量に出るステージにおいては、群攻前衛で代替するほうが敵漏れのリスクを減軽できる。

 


医療

クラス定義

火力のない回復クラス、治療の主力である。

 

単体医療

特徴と定義

配置コストと単体治療回復量が比較的に高く、ヘイト中心となる味方オペレーターのへのHPラインの維持に欠かせない。

該当するオペレーターは、★6シャイニング★5サイレンス★5フォリニック

★4カヴィル★4ミルラ★4ススーロ★3アンセル★3ハイビスカス

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★6シャイニング

★★★★★★

素質は攻撃範囲内の味方への防御力ボーナスである。

スキルはさらに攻撃範囲内の味方の物理生存力を増強させ、

特に高台オペレーターへの生存圧力を効果的に減軽できる。

一つ注意すべき点は彼女のスキル2のシールドは、

単純な物理防御力増強効果ではなく、

最大半分のダメージをカットできる効果もついている。

★5サイレンス

★★★★★

スキル2は任意の配置可能マスに本体医療ドローンを配置できる。

緊急治療に使うのもよし、

敵サブ侵入ルートの治療に使って配置枠を節約するのもよし、

使い方は非常に自由である。

★5フォリニック

★★★★★

 

★4カヴィル

★★★★

2つのスキルも味方への回復力ボーナスがあり、

味方のHPが低い時に非常に効果的である

★4ミルラ

★★★★

2つのスキルも同時に2人の味方を治療できる。

スキルCDと治療量も★5セイロン様より高く、

群体医療が不足している場合は彼女で代替可能。

★4ススーロ

★★★★

スキル2は同タイプ内最も高い回復能力を有している。

味方へのダメージが非常に高い時に無理やりHPを維持できる。

★3アンセル

★★★

素質は一定確率(最大18%)で味方1人を追加回復できる。

スキル中は同タイプ内最も広い回復範囲となる。

★3ハイビスカス

★★★

素質とスキルは平凡で実用的であり、

特殊なところはないが★3としてステータス的には優秀。

 


広範囲医療

特徴と定義

より広い射程を有しているが、遠い味方への治療効果は減軽される。

このタイプの回復量は単体と群体医療の間であり、治療量が単体医療より低く、同時治療数は群体医療医療より少ない

治療圧力がきつくないマップでは広い射程を利用して、1人で全員をカバーして配置枠を節約できる。

現状このタイプの医療オペレーターは全員味方に異常状態耐性(レジスト)を付与できるため、

一般的には回復能力よりもレジスト効果のほうが重視される。

該当するオペレーターは、★5セイロン★4セイリュウ(未実装)

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★5セイロン

★★★★★

イベント配布オペレーター、現状入手不可能

無料キャラの犠牲者として、彼女の素質はほぼ使えない

ただしレジスト効果のあるスキル2のCDは長いが、

広い射程を利用して異常状態がきついマップでも比較的に高い戦略的価値がある。

★4セイリュウ

(未実装)

★★★★

公益コラボのオペレーターとして、

彼女は絵柄でも強さでも★4オペレーターの中の清流(漢字名も清流)だろう。

立ち絵はメイン美術担当の唯@W先生自ら担当し

★5アーミヤと同じ顔と髪型を持っている

スキルも広範囲医療の特徴である

「カバー範囲が広く、支援効果が治療能力より大きい」を継承した。

スキル1は★4カヴィルスキル2と似てるが、

より広い範囲即時回復効果を持っている。

スキル2中は極めて速い攻速となり、希少なレジスト素質と組み合わせれば

射程内の味方を効果的に敵からの牽制圧力を減軽できる。

 


多目標医療(群体医療)

特徴と定義

配置コスト1回の回復量はやや低く、複数の味方オペレーターが同時に攻撃された時によく使われる。

現状群体医療は微課金・無課金ドクターの初期にとって入手難易度がやや高く、群体医療が不足している場合は

★5サイレンス★4ミルラのような複数治療できる単体医療を一時代替できる。

該当するオペレーターは、★6ナイチンゲール★5フィリオプシス★5ブリーズ

★4パフューマー

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★6ナイチンゲール

★★★★★★

素質は射程内の味方ユニットに術耐性と術回避ボーナスを提供できる。

術耐性がないオペレーターにとって、

敵の術攻撃が物理防御力を貫通してリアルダメージになり

また、多くの術攻撃敵は遠距離攻撃で高台の味方を攻撃できる。

一部序盤から敵術師が出現するマップにおいては、

彼女の有無によって難易度が劇変し、唯一指定幻神といっても過言ではない。

スキル3は同タイプ内最も広い射程となる。

昇進2以降は最大2個ストック可能鳥かごを配置できるようになり、

配置枠に見なせずヘイト効果もあり非常に強力な素質である。

★5フィリオプシス

★★★★★

味方へSPチャージできる充電器の一人、

素質のSPチャージ加速効果は味方全員に有効で極めて実用的である。

スキル2は攻撃範囲が拡大され攻撃間隔が短縮され、

攻撃範囲内すべての味方のHPを無理やり維持できる。

翻訳者の推しキャラ。

育てろ!強くてかわいい子を育てない理由ないだろ!

★5ブリーズ

★★★★★

素質は医療・補助にレジスト効果を付与することによって、

全線にいる味方への回復行動が中断されにくくなる。

スキル中の単体治療量は非常に強力で、スキルモーションも面白い。

★4パフューマー

★★★★

素質は回復効果を受けないオペレーターを含む

すべてのオペレーターHP自然回復効果を付与する。

スキル2は単体治療量が低くないが、攻撃間隔が長いため、

重装などのタフなオペレーター対象が理想。

一つ注意すべきなのは、彼女のスキルによる攻撃力ボーナスは素質にも有効

 


支援型医療

特徴と定義

治療能力のほか、支援能力も有している。よく支援要員として採用される。

該当するオペレーターは、★5ワルファリン

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★5ワルファリン

★★★★★

味方にSPチャージできる充電器の一人である。

優秀な単体医療の基本能力がある上に、

SPチャージの素質と攻撃力バフスキル2があるため、

スキルの選択によって全く違う使い方ができる。

スキル1は迅速に瀕死な味方を救える

HP半分以下の制限も無駄発動をある程度防げる

スキル2は射程内のランダムの味方一人に攻撃力バフを与え、

よくメイン火力の専属充電器+医療としてスキル効果を最大限活用する。

 


人 外

特徴と定義

人間ではないため配置人数としてカウントされない

しかし再配置時間が極めて長い(200s)ため、一部のステージにおいては1回きりの配置と見なす。

該当する人外は、★1 Lancet-2

人 外 リ ス ト

名前 レア度 特殊能力と評価

★1 Lancet-2

素質の配置即時回復効果は★4ミルラと同じ、

一部のオペレーターの専属回復として1ルートの防衛に使われる。

ただしより多くの場合では配置枠にカウントされない特徴を利用して、

敵スキルの誘発人柱に使われる。

 


補助

クラス定義

現状登場率が最も低いクラスである。定義がやや曖昧で、優先的に育成することはおすすめできない。

術師と同様に通常攻撃が術ダメージとなり、配置コストは術師よりはるかに低いが、

代償としてほとんどの補助オペレーターが火力不足である。

スキルは牽制と弱化を通じてほかのオペレーターにサポートできる。

減速型補助

特徴と定義

通常攻撃は減速効果あり、スキルの多くも減速効果の強化であり、よく高脅威敵の足止めに使われる。

該当するオペレーターは、★6アンジェリーナ★6スズラン★5グラウクス

★5イースチナ 、★4アーススピリット★4ポデンコ★3オーキッド

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★6アンジェリーナ

★★★★★★

いろんなクラウンスレイヤー迫害動画で彼女の姿がよく見られる。

現状補助オペレーター内で登場率が比較的に高い。

素質は味方全員にHP自然回復効果を提供する。

スキル2は悪くない短時間火力があり、

素質の攻速ボーナスと組み合わせてより効率よく敵単体の前進速度を遅らせる

スキル3は高い火力がありながら独特な反重力効果もある。

強制移動特殊とのコンビはエフェクト満点

★6スズラン

★★★★★★

 

★5グラウクス

★★★★★

素質は★4メテオのような対空ダメージボーナスである。

現状唯一の対空ボーナスがある術ダメージキャラである。

スキル1は二重攻撃となり、

スキル2は希少なAOE火力牽制効果がある。

★5イースチナ

★★★★★

素質とスキルも火力増強効果のため、

比較的に高い火力を出せる。

ただしステータス上非常に脆く配置位置に注意が必要。

★4アーススピリット

★★★★

素質は減速効果の増強である。

スキル2は希少な攻撃範囲内の全体減速効果だが、光るステージがまだない

★4ポデンコ

★★★★

 

★3オーキッド

★★★

素質とスキルも火力強化であり、

ほぼ★5 Истина の下位互換とも言える。

 


召喚型補助

特徴と定義

オペレーターのレベル上昇と共に強化される召喚物を配置できる。

スキルは召喚物強化召喚物特殊能力(牽制)の2種類となる。

ただし、召喚物は配置枠を使うため、召喚型補助の登場率が大きく影響されている。

該当するオペレーターは、★6マゼラン★5メイヤー★5シーン(未実装)、★4ディピカ

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★6マゼラン

★★★★★★

ステータスのバランスが良く、スキル選択次第で

範囲減速もできるし、高火力も出せる。

★5メイヤー

★★★★★

スキル1は召喚物にダブル回避ボーナスを付与する。

スキル2は召喚物を悪くない火力牽制効果を出せる。

★5シーン

(未実装)

★★★★★

 

★4ディピカ

★★★★

スキル1は召喚物の生存能力と作戦能力を向上させる。

スキル2は攻撃範囲内の味方に物理回避を提供できる。

しかしそれ以外の点はやや微妙

 


弱化型補助

特徴と定義

非常にTDゲームらしい定義のタイプ。素質とスキルは敵の弱体化によって味方の火力を増強させる。

ほかに注意すべきなのは、このタイプのオペレーターの潜在4(3凸)の効果は術耐性強化(+8)であり、

固有術耐性は最大33になるため、★6ナイチンゲール聖域では術ダメージ無効も可能、

極めて優秀な高台術避雷針とも言える。

該当するオペレーターは、★5シャマレ★5プラマニクス★5ツキノギ

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★5シャマレ

★★★★★

(大陸版)実装直後に広く好評されている弱化型補助の子。

素質の弱化数値は★5プラマニクスと全く同じである。

スキル1はチャージ完了後に

攻撃力と素質強化ボーナスが得られて非常に実用的

配置コストもとても低く高圧Waveが来る前にチャージも大体終わった。

スキル2の使い方は★5サイレンスドローンと類似し

配置のタイミングと場所も非常に自由で、

高脅威敵の殲滅に効果的にサポートできる。

★5プラマニクス

★★★★★

素質は攻撃範囲内の敵への被ダメージ上昇効果である。昇進2で2体攻撃となる。

スキル2は攻撃範囲内の敵へのダブル耐性弱化である。

多くの場合において、

弱化によるサポート効果はもう1人火力を追加するよりも低いが、

固さがとてつもなくおかしい敵が登場する高難易度ステージにおいては

いい効果を期待できる。

★5ツキノギ

★★★★★

 

 


並み外れた素質の持ち主

特徴と定義

独特なスキルと定義を有してるオペレーターである。

該当するオペレーターは、★5ソラ

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★5ソラ

★★★★★

見た目はひ弱いようだが、

特殊オペレーターを除く防御力が最も高い高台オペレーターである。

アイドルが出演時に防弾チョッキを着るのが普通だろjk。

高台タンクとして若干のダメージ吸収効果は期待できる。

たたかいはできませんが、ちりょうのつえがつかえます、

特性によって攻撃範囲内すべての味方を継続的に回復を行える。

スキル1は暫く地面の敵を完全に足止め

スキル2は味方へ攻撃力ボーナスを提供できる。

5~7コストだけであなたの気持ちをサポートできるアイドルライブを見れるぞ

 


術師

クラス定義

術ダメージの主力である。多くの敵は術耐性が乏しいため、術ダメージが非常に有効的である。

ただし対応する術師オペレーターの攻速はやや遅く配置コストも非常に高いため、作戦初期の配置にはやや不向き

そのほか、術師オペレーターは狙撃オペレーターよりもHPが少し高く固有術耐性20もあるため、

合理的にヘイト管理ができれば、自陣への圧力を大きく減らせるだろう。

単体術師

特徴と定義

通常攻撃が単体の術攻撃となる。

該当するオペレーターは、★6ケオベ★6エイヤフィラトラ★5アーミヤロバ

★5ナイトメア★5アブサント★4ヘイズ

★4カシャ★3スチュワード★2ドゥリン

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★6ケオベ

★★★★★★

幻神

素質1により彼女は物理防御力の高い敵に対して、

防御力が高ければ高いほどより高い火力を出せる。

昇進2無凸の状態で1000防御・0術耐性の赤ハンマーくんに対して、

素質によって追加の400ダメージを与えられる。

素質2の攻速ボーナスは実用的だが、

多くの場合において術師は医療などのほかの味方援護が必要のため、

活用のチャンスも「隣接に味方がいない」の発動条件に制限されている。

彼女のスキルもアホの子設定によく似合っている。

簡単に言うとK・B・S、K=簡単効果、B=暴力ダメージ、S=専門目標。

三つのスキルは三つの違う優先攻撃目標になるため、

どんな環境でも高脅威敵を優先的に攻撃できる。

例えばスキル1の縛り+未ブロック優先はゴースト系

スキル2の高攻速+高防御力優先はハンマー・大盾系

スキル3の物理瞬間火力+低装甲優先+特殊能力無効化は

自爆虫・大斧・サルカズ系への対策である。

★6エイヤフィラトラ

★★★★★★

初期幻神

素質は術師オペレーター全員への攻撃力ボーナスである。

昇進2以降は配置後の追加SPがあり、さらにスキルチャージを加速させる。

スキル2は範囲火力となり、敵への術耐性弱化効果もある。

スキル3は最も強い火力スキルの一つである。

スキル2運用で部分的に範囲術師を代替できる。

★5アーミヤ

★★★★★

信頼度と潜在能力のボーナスにより、

彼女は極めて高いHPで撃破されるリスクは比較的に低い。

スキル2の火力は悪くないが、スキル後スタンになるデメリットがあり、

自動発動のため発動タイミングを制御しにくい

スキル3は非常に強いデメリットも同様に大きい

適切なタイミングで発動できればボス級の敵も倒せる

スキルCDはいずれも長いため、

昇進2でSP吸収素質を習得してからよりいい効果を発揮できる。

★5ナイトメア

★★★★★

スキル効果は良さそうに見えるが、

CDが長く安定性もよくないため、彼女の登場チャンスも少なくなる。

★5アブサント

★★★★★

 

★4ヘイズ

★★★★

素質はいい弱化能力である。最新の研究により、

彼女自身の通常攻撃は必ず素質の効果に影響されるが、効果時間が短く

ほかの味方の役に立てるかどうかも運次第である。

スキル2は悪くない火力だが、

75%の最大HP減少があるため事故率も高い。配置場所の厳選が必要。

★4カシャ

★★★★

 

★3スチュワード

★★★

防御力の高い敵を優先的に攻撃する素質により、

重装甲敵と雑魚的が混じてる時では非常に効果的である。

スキルは自動発動で簡単・安心できる。

唯一の欠点はレア度によるステータスの低さである。

★2ドゥリン

★★

配置コストが最も低い術火力キャラである。

素質の50%術回避はよく敵術師のヘイトを集める運ゲーに使われる。

 


範囲術師

特徴と定義

通常攻撃は範囲攻撃となり、配置コストも全タイプで最も高い。よく重装オペレーターの近くに配置される。

該当するオペレーターは、★6モスティマ★5スカイフレア★5レオンハルト

★4グレイ★4ギターノ★3ラヴァ★2 12F

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★6モスティマ

★★★★★★

術師オペレーターにSPチャージできる充電器

ただしこのSPチャージ素質は★5フィリオプシス重複できない

スキル2と3には高い火力と牽制効果があり、非常に強い

★5スカイフレア

★★★★★

素質はブロックされている敵への術ダメージ増加効果であり、

範囲術師の(タンク前の敵掃討)役割と合っている。

スキル2は悪くない火力と牽制効果がある。

唯一の欠点は攻撃範囲の短さにより火力がある程度制限されている

★5レオンハルト

★★★★★

 

★4グレイ

★★★★

素質は通常攻撃による牽制効果である。

スキルは攻速強化と素質強化(S2)であり、

TDゲームらしい設定となっている。

しかし高いコストの代わりに、スキルと素質も攻撃力ボーナスがない

★4ギターノ

★★★★

よくスカイフレアdissに使われている。

スキル2は3x4マスの射程内の全体攻撃となる。

スキル後は長いスタン期間があるとしてもこのスキルの強さを隠せない。

発動タイミングに注意。

★3ラヴァ

★★★

素質の配置後追加SPにより、

彼女は配置後に速くスキルを発動して短時間の高火力を与えられる。

ただし、攻撃力ボーナスがなく、高難易度ステージでは物足りない。

★2 12F

★★

配置コストは同タイプのほかのオペレーターよりはるかに低い

素質の50%物理回避は時々ヘイトを集まる運ゲーに使われる。

CE-5などのような初期コストが不足しているステージでは優れた効果がある。

 

特別代替オペレーター

★6アンジェリーナ:配置マスが少ない・術師禁止などの高難易度ステージの代替術火力担当となり。

スキル3は小規模なイラプションと呼ばれるほどの火力があり、配置コストも範囲術師よりはるかに低い。

 


並み外れた素質の持ち主

特徴と定義

独特なスキルと定義を有してるオペレーターである。

該当するオペレーターは、★6イフリータ★5レイズ★5ビーズワックス

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★6イフリータ

★★★★★★

幻神

火力が最上級の上に強い弱化効果もついており、

仮に術耐性の高い敵であっても大ダメージを期待できる。

ただし独特な射程に制限されたため、地形に左右しやすい。

★5レイズ

★★★★★

彼女の定義については非常に悩ましい。

単体術師の攻撃範囲なのに、攻撃力は単体術師より低く

配置コストは範囲術師並に高い

そして......単体術師の中で最も遅い攻速を持っている。

どう考えても2種類の術師のデメリットを足して2に割った感じになっちゃう。

ライトニングチェイン式の通常攻撃は

敵が密集していない時に範囲術師より効果がいい。

しかし攻撃力の低さと攻速の遅さによって、彼女は素質の

ブロックされていない敵への攻撃力ボーナス」を頼らざるを得ない。

こうして彼女の定義は自陣前方に一定の火力を提供しながら、

敵の前進速度を遅らせる役割になってしまう。

しかし問題とされているのは、

高台キャラは多くの場合においては近距離と医療の味方からの援護が必要

一人でマップ中心部からひたすら攻撃できるマップは極めて少ない。

そして重装の近くに配置すると、

防衛ポイントに近い敵を優先的に攻撃するというメカニズムによって、

彼女はどうしてもブロック中の敵を攻撃する傾向となる。

素質の発動も制限されてしまい、最終的に火力も影響される。

スキル2のダメージボーナスと素質の攻撃力補正は強いが、

(特化3でも)配置から発動まで30SPが必要となり、

80のCDも彼女の攻速と攻撃力を考えるとやはり長く感じてしまう。

個人的な感想は、少なくとも「ブロックされていない敵を優先的に攻撃する」

という特性があるべきじゃないかと思っている。

★5ビーズワックス

★★★★★

 

 


特殊

クラス定義

サーカス団員。登場率は高くないが、一部のステージにおいては彼らの登場によって難易度が激減させること楽になる。

高速再配置型特殊

特徴と定義

配置コストは低く再配置時間も非常に短い同じステージで数回配置できる。

重要敵の足止め、高火力敵のヘイト集め、牽制、軽装甲・高火力敵の撃破、使いどころは非常に多い

該当するオペレーターは、★6ファントム★5レッド★5ワイフー★4グラベル

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★6ファントム

★★★★★★

このタイプの初めての★6オペレーターである。

彼の3つのスキルは★5レッド★5ワイフー★4グラベル

の特性を集合したものだと考えてもいい。

そして彼自身は若干攻撃力の低い・同じスキルを使える分身を配置できる

(実質2人)。

防御・火力・牽制の3つの能力を身に付けた彼は

間違いなく同タイプ内の天井級オペレーターである。

★5レッド

★★★★★

スキル1は良いダブル回避効果があり、

かっこいいキャラデザと同じように敵を暗殺して撤退するような爆竹スキル。

スキル2は希少な牽制効果があり、敵をスタンさせることや、

サルカズ術師のスキルを中断させることに使える。

ちなみに、のような攻速の遅い敵の攻撃も中断できる。

★5ワイフー

★★★★★

素質は攻撃時に低確率で敵を少し突き飛ばせるが、

多くの場合はないものと思っていい。

ひどい時は敵をブロック範囲外に飛ばして逆効果になってしまう。

スキル1は希少な攻撃力弱化効果であり、

スキル2は希少な特殊能力無効化があり、

爆弾虫があるステージでは非常に有効である。

また、スキル2は敵のスキル発動の中断や、

ハンマーくんのスタン効果のキャンセルなどの牽制効果がある。

★4グラベル

★★★★

極めて低い配置コストと配置後の短時間生存能力強化がある。

敵の足止め、遠距離敵のヘイト集めなどのことに使える。

または敵スキルの誘発にもよく使われる。

特別代替オペレーター

★2ヤトウ

再配置時間は高速再配置オペレーターよりやや長いが、普通のオペレーターよりはるかに短い。

高速再配置オペレーターが不足している場合は彼女で代替可能。

例えば4-8に彼女とグラベル2人でサルカズ術師のスキルの全部誘発させることも可能。

召喚型補助:

召喚物も同様にブロック・ヘイト集め・敵スキル誘発ができるが、同時に配置枠としてカウントされている。

 


突き飛ばし型特殊

特徴と定義

2体ブロック・攻撃能力を有している。スキルは敵の重さに応じて敵を一定の距離突き飛ばす

よく地形殺しのステージや、ゴースト系などの特殊敵の侵入防止に使われている。高台でも地面でも配置できる

また、ステータスは近距離寄りのため、高台に配置して敵のヘイトを集めてほかの高台を守る使い方もある。

該当するオペレーターは、★6ウィーディ★5エフイーター★4ショウ

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★6ウィーディ

★★★★★★

初めての突き飛ばし型★6オペレーターとして、

彼女は強さでも楽しさでもドクターたちに失望させなかった。

素質のウォーターキャノンは若干の火力を提供しながら、

配置場所次第でクラウンスレイヤーの飛行ルートも変えられる。

スキル1は突き飛ばし効果を加えてスタン効果もある。

スキル2によって彼女は初めての群体攻撃強制移動オペレーターになった

ただし、攻撃間隔は3.84sまで増大。

スキル3はウォーターキャノンと合わせてより強い力で突き飛ばすことができる

突き飛ばした距離に応じて相応のリアルダメージも与えられるし、

強さでもエフェクトでも非常に優秀。

★5エフイーター

★★★★★

特殊クラス内で最も高い防御力を有している。

素質は物理回避ボーナスがあり、

高台に配置して大量の物理ダメージを吸収できる。

スキル1は減速効果がついてる。

スキル2の攻撃範囲は非常に長い

★4ショウ

★★★★

素質の術耐性ボーナスによってより多くの術ダメージを耐えられる。

スキル2射程は★5エフイーターより短い制御しやすい

 


引き寄せ型特殊

特徴と定義

対空攻撃可能

スキルは敵の重さに応じて敵を一定の距離から引き寄せる

よく地形殺しのステージや、ゴースト系などの特殊敵の侵入防止に使われている。高台でも地面でも配置できる

また、ステータスは近距離寄りのため、高台に配置して敵のヘイトを集めてほかの高台を守る使い方もある。

該当するオペレーターは、★5スノーズント★5クリフハート★4ロープ

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★5スノーズント

★★★★★

イベント配布オペレーター。(大陸鯖現在入手不可能)

素質は感染生物を引き寄せる時に特殊能力を無効化させる。

爆弾虫系、特に6章以降の氷爆弾虫へのいい対策になる。

しかし、無効化のタイミングは引き寄せ後のため実用性がやや低い。

スキル1は自動発動のため制御しにくい

スキル2のCDはやや長い

ほかの特殊能力無効化系のキャラが所持していなければ、

彼女はいい代用オペレーターである。

★5クリフハート

★★★★★

スキルは術ダメージ/リアルダメージとなり、

例えば5-7のドローンに対していい効果がある。

スキル2はリアルダメージになるが、

多くの場合は広い射程とスタン効果のほうが利用される。

★4ロープ

★★★★

素質は物理回避ボーナスのため、

高台に配置して物理ダメージ避雷針として使える。

スキル2は長い射程となっている。

 


潜伏型特殊

特徴と定義

地面マスに配置し、攻撃範囲内のすべての敵を同時攻撃可能。

ブロック数が0のため近接攻撃敵・サルカズ術師のスキル・バクダンバチの標的にならない

50%のダブル回避があるため遠距離ダメージも受けにくい。よく前線の追加火力と牽制要員として使われる。

該当するオペレーターは、★5マンティコア★4イーサン

オペレーターリスト

名前 レア度 特殊能力と評価

★5マンティコア

★★★★★

スキル1は減速効果がついている。

スキル2は発動時に攻撃がスタン効果があり、

サルカズ術師の縛りなどの敵スキルを中断させることが可能。

★4イーサン

★★★★

素質は一定確率で敵を縛る。

スキル1は術ダメージが追加され、いい補充火力となる。

スキル2は素質の発動確率を上げ、

更に効率よく攻撃範囲内の敵を遅らせることが可能。

 


並み外れた素質の持ち主

特徴と定義

独特なスキルと定義を有してるオペレーターである。

該当するオペレーターは、★6ア

オペレーターリスト

 

名前 レア度 特殊能力と評価

★6ア

★★★★★★

初めての★6特殊オペレーターとして、彼の独特性も★6級である。

攻撃方式が多くの狙撃オペレーターと類似している。

配置後は徐々にHPが減少する。

25%の確率で攻撃時に回復できるという特性があるが、

それでも彼は回復なしの状態で長く持ちこたえられない

素質の2つの運ゲー効果(自律殺し)に関しては、過信してはいけない

スキル2と3は初めてのフレンドリーファイアのスキルである。

スキル2の防御力と最大HPボーナスは彼の生存能力を大きく上げる。

スキル3の攻撃力・攻速ボーナスはいい感じに見えるが、

(500-味方の防御力)x15のリアルダメージ

ほとんどの味方高台一部の前衛瞬殺できるため、

使用する前には必ずHPをよーく計算しておくこと

この2つの独特なスキルについて注意すべきなのは:

1、★6シャイニングの素質とスキル3は

上述スキルの使用条件を効果的に減軽できる。

物理回避ボーナス効果によって、FFダメージは15回の攻撃と見なし、

一部のダメージは回避できる

2、味方への15回攻撃効果は被撃回復系スキルのチャージにも有効であり、

例えば★5リスカムの素質1とスキル。

また、同期のオペレーターである★5ウンとはいい相補関係である。

 

 


人 外

特徴と定義

人間ではないため配置人数としてカウントされない

しかし再配置時間が極めて長い(200s)ため、一部のステージにおいては1回きりの配置と見なす。

該当する人外は、★1 THRM-EX

人 外 リ ス ト

名前 レア度 特殊能力と評価

★1 THRM-EX

大きく期待されている自爆キャラがようやく実装された。

実装前のによると彼がLv1の時の自爆ダメージは爆弾虫と同じで、

Lv Maxの時は赤爆弾虫と同じだというスレを見て、

★5メイヤーがこいつの中に爆弾虫でもいれたのって思った(笑)。

術耐性は50%もあり、使い方も直接で簡単:

1、配置

2、撃破されない程度のヘイトを集め

3、自爆+デバフ。

新人ドクターの友、サルカズ術師永遠の敵と言ってもいいだろう。

また、彼の自爆は敵の牽制に中断されることはできない

 


このページの累積ビュー数: 203776

今日: 55

昨日: 184

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
管理人 ID:MzVkODMyY
>> 返信元

リアルダメージ=トゥルーダメージ=防御無視ダメージですね。
書いてる人によって表現はまちまちです。

返信
2020-12-08 00:45:12

名無し ID:NmFjZDY0Y

ところでリアルダメージってトゥルーダメージって事ですよね(念の為失礼)。

返信
2020-12-08 00:28:43

管理人 ID:NGViODI1Y
>> 返信元

ありがとうございます。指摘を元に軽く修正してみました。

返信
2020-11-15 20:30:49

名無し ID:MmZmZTU4M
>> 返信元

こっちのリストには「群攻术士的部署费用」「术士里最慢的攻击速度」との記載がありますが、レイズ単体の論文の方には「群法的慢攻速」とあります。
コストの方が誤訳で、攻撃的レートの方が要更新って感じでしょうか。

返信
2020-11-15 16:13:18

名無し ID:ZjVjOGM5N

レイズの「特殊能力と評価」の記載にいくつか間違いがあるように思います。
・"配置コストは範囲術師より高い。"
→コストはレアリティで変化するので☆5範囲術師と比べるものと思われますが、レイズはスカイフレアより1コスト低くなります。
範囲術並みに高いと記載するほうが適切かと思われます。
・"全術師の中で最も遅い攻速を持っている。"
→レイズの攻撃速度は2.3秒なので、範囲術師よりは速いはずです。

返信
2020-11-15 15:33:16

管理人 ID:Y2M1YjIzN
>> 返信元

ありがとうございます。
確かにブローカは足止め効果なので修正しました。
翻訳元も間違えているので著者の勘違いかな?

返信
2020-10-30 17:27:14

名無し ID:M2E4OGNjM

ブローカの説明で「敵へのスタン効果もある。」とありますが、足止めが正しいように思います。

返信
2020-10-30 16:48:45

名無し ID:NzUxNmRmN
>> 返信元

敵の攻撃範囲内に、マンティコアもしくはイーサン以外のオペレーターがいない場合、攻撃の対象になります。
敵の攻撃範囲内に別のオペレーターがいる場合、ターゲット優先度が最下位になるため、対象にはなりません。
記載の修正が必要ですね。

返信
2020-09-18 12:15:34

名無し ID:MmNhNjgyZ

マンティコアとイーサンは普通にバクダンバチやサルカズ術師の対象になりませんか?
マンティコアのステルス中は別として

返信
2020-09-18 06:06:46

管理人 ID:ZWIzODQ2Z
>> 返信元

修正しました。ありがとうございます。

返信
2020-09-18 00:30:44

名無し ID:ZDI1YjFjN

このページのニアールの"ニ"が漢字になっています(Ctrl+Fでニアールがヒットしません)

返信
2020-09-17 17:29:11

管理人 ID:MTdkZWE0M

よく勘違いされる方がおりますが、評価論文とは参考の一助にするもので
「この評価が無条件に正しい」とするものではありません
各オペレーターの評価論文(別の執筆者)は「大陸論文まとめ」等に
まとめておりますので、読み比べてご利用ください

なお大陸ではTier分け等のランキングは「無意味」と断じられております
この評価論文もオペレーターの体系的なカテゴリ化が目的でTier表ではありません

返信
2020-08-27 09:06:45

管理人 ID:MTdkZWE0M
>> 返信元

この論文の原文は更新が止まってるので、
この論文の翻訳を担当した中国人ドクターが他の論文から引用する予定です

返信
2020-08-27 08:55:03

管理人 ID:MTdkZWE0M
>> 返信元

原文(中国語)にそう書いておりますので、忠実に翻訳しております
原文の執筆者は幻神評価が甘いところはありますが、
体系的に全オペレーターがまとめられている論文は多くなく、大変貴重な資料です

返信
2020-08-27 08:54:02

名無し ID:ZDQzYmRhO

大陸でもすさまじい評価のソーンズは果たしてなんと書かれるのか気になりますね

返信
2020-08-27 04:54:47

名無し ID:ZDQzZDk4Y

ケオべとニェンはどう考えても幻神じゃないよ

返信
2020-08-27 02:09:00

名無し ID:NmE3NmQxZ

高台に置ける特殊キャラの中で一番高い防御力を持つキャラについて、クリフハートは素質(攻防14%バフ)込みで考えるとエフイーターより高い数値を持つと思います(耐久は回避持ちのエフイーターの方が高いと思いますが一応)

返信
2020-08-24 20:07:24

名無し ID:NjU0OTg3Y
>> 返信元

翻訳でそうなってたんですね。
返信ありがとうございます。

返信
2020-08-17 19:51:00

管理人 ID:OTdiYjI5M
>> 返信元

原文が「是当之无愧的6星天花板级别干员」で
「奴は☆6の中でも天井級」なのであってます
つまり「幻神級に強くて」「☆6の中でも天井級の強さ」と言いたいのかなと
※この著者は幻神の基準がゆるめです。公式にはアッシュ、エイヤ、エクシアが三幻神

返信
2020-08-17 17:07:24

名無し ID:NjU0OTg3Y

ブレイズって幻神級と天井級の両方が書かれていますがどちらなのでしょうか?
大陸版でもどちらか議論されていて明確に決まってない?
それとも単純な書きミス?

返信
2020-08-17 15:23:47